人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 八百屋の長兵衛さんの気持ち・・・徳俵での踏ん張り

大揺れに揺れている大相撲八百長問題。

語り尽くされたことですが、スポーツか興行かという視点とともに、識者といわれている方々の発言には?と感じることが多いですね。

興行という性格上、体質的にダークな(見なくてもいい)部分があっても致し方ないと思われますので、そもそも公益法人格を持っていることが問題なのかもしれません。

首相が「重大な国民に対する背信行為だ!」という発言をされたようですが、臆面もなくよく言えるよなあというのが率直な感想。

おっと、早くも脱線・・・汗

単純に、公益法人格は返上され、民間事業会社として再スタートをきればよいのではないでしょうか。

もちろん、これまで、応援をされてきたファンや、逆風の中でも支えてこられてきた後援者の皆さんには、本当に辛い現実だと思います。

デーモン閣下も半ば匙を投げられていますが、

  自身の力で立ち直ってもらうしかない

という発言は最大級のエールではないでしょうか。

ちぇりーさん的にも、熱心なファンではないですが、やはり今の白鵬の相撲が見られないのは、モッタイナイです。

マジメに一所懸命、心技体の精進に勤しんでいる力士も少なくないと思います。

白鵬を1時間もかけて聴取するとは・・・悔しいでしょうねえ・・・

  ないということしか言えない

平成の大横綱にこんな発言をさせちゃダメでしょう・・・涙

ここは、何とか徳俵で踏ん張って、新しい相撲界を創造するターニングポイントに活用してもらいたい。

得ではなく徳志向で!

無責任ながら、そんなことを思ってみたりする今朝のちぇりーさんです。

それにしても、何で日本の報道ってこうダメなんでしょうかねえ・・・

ではでは。

by cherrylayla | 2011-02-11 05:57 | Comments(0)

<< 無縁社会の現実 明日からマナカ >>