人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 宗教の時間です!

いやいや、驚きました。

中学校でこんな内容を教えているんですね。

娘が通う学校は曹洞宗なのですが、宗教の単位もあって、週に1コマ授業が行われているんです。

先日、一緒に夕食を食べていると、娘が

  今日の宗教はメッチャ変な話だった

というから、その内容を尋ねてみると、お~、日本神話なんですねえ。

曹洞宗ということなので、てっきりお釈迦様や道元禅師のことを学んでいると思ったら、広く宗教について教わるようです。

その日、授業で配られたプリントを読んでみると、

造家三神、イザナキ・イザナミの国生み、黄泉の国を訪ねるイザナキ、天の岩戸伝説

あたりが網羅されています。

まさに古事記の世界。

それにしても、この内容、おそらく多くの大人達は知らないのではないでしょうか。

正直、ちぇりーさんも断片的には知っていましたが、先日ご紹介した阿刀田高さんの『楽しい古事記』とお正月に購入していた『一個人2月号・日本の神様入門』を読んでいなかったら、娘と対等に話ができませんでしたね。

ちぇりーさん、読んでいて良かった!

ただ、知っているのと、わかりやすく説明できることとは雲泥の差。

ちぇりーさん、まだまだ書物を見ながらでないと、スラスラお話しすることができません。

少し心配になって、宗教の先生(曹洞宗の僧侶)はお話しが上手なのか確認すると、クラスの半分は爆睡しているようで・・・起きている生徒も内職をしている者が大半だそうです・・・まあ、わからなくもありませんが・・・

でも、ちょっと羨ましいのは、中学校でカリキュラムとして宗教について体系的?に教えてもらえることですね。

実際、中学生の立場だったら、ちぇりーさんもおそらく爆睡組だったと思いますが、40過ぎの多感なオジサンとしては、ホントそう感じてしまいます。

そんな中、タイミングというか、先日お客様訪問時、日本の神様について興味深いお話しを聴かせていただきました。

これについては、また長くなりそうなので、改めてコネタにさせてください。

はい、先日のお伊勢さん詣りでお札も新しくなったことですし、新たな気持ちでこの2011年を進んでいきましょう!

ではでは。

by cherrylayla | 2011-02-06 08:04 | Comments(2)

Commented by 美味しいお酢とカニ好き男 at 2011-02-06 09:38 x
確かに国の始まり(実証ではなく、伝承神話であっても)について、公立学校では何にも教えないというのはいかがなものかと思いますねぇ。

前にブログでも紹介しましたが、「図解古事記・日本書紀」 (歴史がおもしろいシリーズ!) がマンガ入りで結構面白いですよ。娘様に是非。
Commented by cherrylayla at 2011-02-07 04:28
美味しいお酢とカニ好き男さん、コメントありがとうございます。
ブログを読んだ娘も、推薦図書を読んでみたいとのこと(笑)。感謝!
池上さんではないですが、わかりやすく伝えることはホント大切ですよね。
両village劇場はどうかと思いましたが・・・汗
ではでは!

<< Village People 感動の力が運命を好転させる >>