人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 ある印刷機メーカーの倒産

与謝野さん入閣以外は、インパクトに乏しいと感じてしまう菅改造内閣の発足。

その一方で、今週になって、ちぇりーさん的にインパクトのあるニュースが飛び込んできました。

創業90年を超える老舗印刷機メーカー・シノハラさんが民事再生法を申請されたとのこと。

エ~、という驚きの一方で、本音はやっぱりなあ、という感想・・・

ちぇりーさん、6年前に工場を閉鎖する際、現役のマシンとして活躍していたのがまさにシノハラさんの印刷機でした。

当時から印刷業界は設備過剰に陥りかけていたので、価格競争が激化することを予想した上での撤退政策でしたから、逆にいえば2011年までよくもったとも言えるかもしれません。

そういえば、先日業界トップであるハイデルの日本法人トップがデンマーク人に代わりますという案内状が届いたりと、業界も遅ればせながら再構築に躍起といった印象です。

しかしながら、完全に世の中の潮流からは置いていかれてしまったと言わざるを得ませんよね。

確かに綺麗な仕上がりの印刷物は気持ちの良いものですが、商業印刷のお客様の大多数は仕上がりよりも、集客&売上UPに重きを置いています(当たり前ですね)。

だからこそ、ちぇりーさんの会社も早くからWEBやシステム開発を手掛けたり、近年ではモバイル販促、最近ではフラッシュ・マーケティングにも守備範囲を広げているわけですが、原点はお客様の集客&売上UPのお手伝いですから、事業ドメイン内で新しいことにチャレンジする機会が多いのは、なかなか楽しくエキサイティングです(笑)。

もちろん、印刷という業態は、美術印刷や高級車のカタログ等、クオリティの高いモノを求められるニーズもあることにはあります。

ただ、市場規模としては・・・

それでも、その世界で生きようという志があるなら話は別です。

何れにしろ、変化の激しい時代、とはいってもラッダイト運動などが許されるはずもないネット社会ですから、今後もアンテナをしっかり張りながら、そしてヨコ連携で情報を共有しながら、舵取りに取り組んでいきたいものです。

本日は、朝から取引先に新規案件商談、ランチミーティングはフラッシュ・マーケティング関連をテーマに、夕方は中国語講座、夜は傷んだ身体のメンテナンスに稲葉先生のもとへとなかなか濃いメニューが待っています!

明日の日曜日は天候を考えると外出しない方が得策とも思えますので、今日一日しっかり活動していきましょう!

ではでは。

by cherrylayla | 2011-01-15 07:40 | Comments(4)

Commented by けん at 2014-06-20 17:38 x
価格競争が根本的問題ではなくて、2002年をピークに印刷機の需要は次第に減り続き、2008年のサブプライム・バブルが弾けて、急激に印刷機の売れ行きはがた落ちで、天下のハイデルバーグは十年近くの赤字経営で政府の援助で何とか経営したぐらいで、本当に黒字だったにはKBA一社でしょう。
ハイデルバーグは立派な会社で、我々メカニックは一年に二回はテクニカル・トレーニングで20年間、年の内一ヶ月以上は綺麗なハイデルバーグで過ごさせてもらいました。 
その後三菱に勤めて三原工場にトレーニングで行ったら、ハイデルバーグには比較にならない収穫のない、程度の低さにがっがり。 先ず経営人物が大違い、プロとアマチュアの差がはっきり。 すぐ首を切られる欧米の社長とのんびりした印刷に知識もない社長では当たり前の違い。
責任感とリーダーシップの違い。
違いがあまりにもありすぎるそうです。
Commented by cherrylayla at 2014-06-21 08:15
けんさん、コメントありがとうございます!
そうなんですね・・・そこまでの内情は知りませんでした(・。・;
責任感とリーダーシップ、ちぇりーさんも肝に銘じて、引き続き邁進したく存じます<(_ _)>
気づきに感謝(^o^)丿
ではでは♪
Commented by けん at 2014-06-22 06:31 x
ちぇりーさんは印刷関係のご商売されtますか?
僕は日本育ちながら日本で働いた経験は殆どないので、日本の印刷業界全般に興味があって時々日本へ行きます。
メカニックでありながら、いろいろな印刷機製造会社に働き、それぞれの経営の仕方、社長の人物とそのリーダーシップなどいろいろ観察すると、メジャーリーグの監督、GMの腕前の優劣と同じく、見劣りするリーダー、もっと話を聞きたいリーダー(社長)といろいろですね。
明らかなことは日本の会社は技術は優れていても、経営は落第生で、ドイツは黙ってにやにやと笑っているように思えます。
リョービー三菱グループは一体どうしようとしてるのでしょう?
Commented by cherrylayla at 2014-06-22 10:55
けんさん、コメントありがとうございます!
はい、カキコの通り9年前まで印刷機を持っておりましたが、工場部門を閉鎖したのは、大正解だったと感じております。
現在でも印刷物は受注しておりますが・・・(^_^;)
日本では、リーダーシップ、オーナーシップ、マネジメントを混同して、目的と手段、戦略と戦術をはき違えているケースが少なくないですよね・・・(@_@;)
反面教師にして、引き続き一歩ずつといったところですが・・・<(_ _)>
ではでは♪

<< 日本三景・松島訪問 牛丼の価値 >>