人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 牛丼の価値

またまた始まりました。

牛丼チェーンの値下げセール。

業界トップ(になってしまいましたね)の「すき屋」さんが250円(定価280円)。

老舗の「ヨシギュー」さんが270円(定価380円)。

学生時代に最もお世話になった「松屋」さんが240円(定価320円)。

今となっては、「ヨシギュー」さんしか行かないちぇりーさんですが、よく考えると、年間に5~6回しか利用しないことに気づきました。

それにしても、定価販売でも十分安いと思うのに、そこまでしなくても・・・

そのうちセール時は、100円台に突入してしまうのではないでしょうか。

実はちぇりーさん、そのセールの初日、打合せが終わって遅めのランチに「ヨシギュー」さんを利用しました。

市内の中心街にある店舗でしたが、時間が遅かったせいか、店内はそんなに混雑している様子もなく、約30%OFFの効果が出ているとは思えませんでしたね。

いや、そんなことなら「ヨシギュー」さん、400円で売りましょうよ!

ちぇりーさん、学生時代は、味噌汁が付かないのに「松屋」さんより高い「ヨシギュー」さんには、滅多な事では利用しませんでした。

若気の至りですが(誤用かな?・・・汗)、むしろ「松屋」さんの味付けが年齢に合っていたのかもしれません。

ところが、ここ10年振り返ってみても、「すき屋」さんならびに「松屋」さんを利用したのは、片手で足りると思います。

牛丼チェーンを運営する企業が、平均年間利用回数をどのあたりに設定しているのかわかりませんが、付加価値を高めることで400円という価格で安定供給していただきたいというのが、ちぇりーさんの本音ですね。

まあ、あまり熱心な利用者ではないので、説得力は全然ありませんが。

全く違う業界というだけでなく、事業規模からいっても、安値戦略は立てられない(したくもありませんが・・・)ちぇりーさん、反面教師といいながらも、「ヨシギュー」さんには残って欲しい。

そんなことを強く感じる今日この頃です。

まあ、事業規模に応じたボリュームでお客様に必要とされ続ければ、大丈V!

いや、それがなかなかできないのが辛いところで・・・汗

ではでは。

by cherrylayla | 2011-01-14 05:57 | Comments(0)

<< ある印刷機メーカーの倒産 睡眠が良薬 >>