人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 北島先生の教えに原点回帰

『坂の上の雲』のアリアズナを優先してしまいました・・・苦笑

一昨日の日曜日、TV観戦した関東大学ラグビー対抗戦グループ。

いやあ、20年以上前の早明戦を見ているようでした。

FW戦にこだわるも、早稲田の鉄壁ディフェンスの壁をこじ開けられず、隙をつかれて早稲田がトライ!

メイジらしいといえば、メイジらしい闘いぶりですが、吉田監督も納得のコメントですから、結果はともかく良かったのではないでしょうか。

思い出すのは、87年・雪の早明戦。

「壊し屋」大西一平というタレントを擁しても、こじ開けられませんでしたから、まさに伝統ですよね。

そういえば、この試合は吉田監督の選手としての早明戦デビュー戦でしたね。

23年前ですが、昨日のことのように憶えています・・・というのは冗談ですが、大変印象深い試合だったことは確かですね。

この時の早稲田FW、今から考えると史上最強だったかもしれません。特にフロントローとバックローは、スゴイ面子でしたね。

堀越、今泉の1年生コンビも輝きを放っていました。

一昨日の試合は、密集からのメイジの球出しが遅いとOBの元木氏が再三解説されていましたが、ちぇりーさんの素人判断でもそれだけ早稲田FWのプレッシャーがキツかったんだと思います。

SHの秦君がポロポロやったり、早いパス出しが出来なかったことが表していますよね。

それでも、ちぇりーさん、一昨日の闘いぶりは北島先生のラグビーへの原点回帰という意味では、意義があったのではと思います。

  前へ!

その理念をベースに、レベルアップしていくことなんでしょうね。

本当の重戦車復活には、まだまだしばらく時間がかかりそうですが、方向性は間違っていないように感じますし、今後も当たり前ですが、エールを贈り続けます(笑)。

ところでラグビーといえば、ちぇりーさん、競技者ではないのでホントのことはよくわかりませんが、日本のラグビー人気が下降線を辿っている原因は、ワールドカップの導入にあると思っています。

確かに競技として考えると、トップレベルの技能は格段に向上したような気がしますが、やはりラグビーは対抗戦スタイルでやっていただきたいというのは、昔のファンの戯言でしょうか(5カ国対抗なんて、ホント独特の世界と重みがありましたよね)。

タイツのようなジャージが普及したり、プロ化が進んだり・・・

やっぱり戯言ですかね(苦笑)。

そして楽しみなのは、年末から始まる大学選手権。

早明両校が順当に?勝ち進めば、正月2日は再び相まみえることになります。
☆そんなこと言ってると、その前にやられちゃったりして・・・筑波も流通経済大も強そうですからね。

当初の予定では、2日の早朝に大泉を出発しようと思っていましたが、チケット確保して国立に寄ってから名古屋に帰って来ようかな?

おっと、その前に校友会広報誌の取材も兼ねて、瑞穂にも出かけないと!

はい、お楽しみが増えたということで、本日もしっかりやりきっていきましょう!

ではでは。

by cherrylayla | 2010-12-07 06:46 | Comments(2)

Commented by 雪の代々木門で2泊3日した男 at 2010-12-08 07:39 x
なつしいいなぁ、№8大西一平、SHは南君だったでしょうか。
ゴールポストの真裏に居たので、最後は目の前で見てました。

早稲田のWTBは桑島君という超地味な都立高出身の苦労人。

SO前田君は商学部一般入学なので、よく掲示板の前で見かけましたね。今の推薦入学スター軍団とはちょっと雰囲気が違いましたな。

どっちも東海にやられぬようしっかり応援しましょう。

Commented by cherrylayla at 2010-12-08 09:08
雪の代々木門で2泊3日した男さん、コメントありがとうございます(笑)。実は、ちぇりーさん、当日はデートを兼ねていたこともあり、奮発して指定席で観戦していました。
あの年のSHはちぇりーさんと同級生の安東君でした。
彼は翌年主将を務めて前年の雪辱を果たしてくれました。卒業年度でしたから嬉しかったですね。

桑島君、憶えてますよ。確か、日本選手権でもトライを決めて大活躍されたような。ヘアスタイルが印象的でした。
前田君、いましたね~。彼は少し線が細かったような気がしますが、早稲田のSOらしい選手でしたね。
いや、懐かしすぎて止まりません(笑)。

はい、やはり早慶明、関西は同志社が強くないと・・・そういう意味では同志社、顔晴ってほしいですね。

ではでは!

<< うまいんだな、これが♪ グマナスティ >>