自動車保険配布スキンパーツ1 娘と一緒に白熱教室

遅ればせながら初めて視聴しました。

サンデル教授の白熱教室。

ちぇりーさん、本家ハーバードではなく、今年の夏に東京大学安田講堂で開催された特別バージョンを、昨日の午後、娘と二人で見ました。

講義の成功は、始まる前から決まっていたようなものですが、積極的に発言する参加者のプレゼン能力の差に幅があって興味深かったですね。

あっ、成功が決まっているというのは、参加者全員がサンデル教授をrespectしているからです。

面白かったのは、設問について娘の意見を聴くことができたこと。

こういう番組も嫌いじゃないみたいですね。

娘は、自分も参加者のように英語で討論してみたいと目を輝かせていましたが、今から目標持って臨めば、全然大丈夫だよと伝えてあげました。

娘は、チャングムの影響か、韓国が大好きなのですが、夕食時も、歴史教育の大切さをわかりやすく伝えると彼女なりの考えを聴かせてくれて大変有意義でしたね。

サンデル教授の白熱教室でのアプローチが、いろんな場面で活かされると、この国も少しは変化の兆しが見えてくるかもしれません。

それにしても改めて感じたのは、outputには最低10倍のinputは必要だなあということ。

議論を深めるためにも必須条件ですね。

明日は新嘗祭。

ご縁も稔りが多くありますように。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2010-11-22 07:42 | Comments(0)

<< 新嘗祭に東福寺? 待ちに待った18年・・・ストイ... >>