人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 心の中に素晴らしい明日がある

昨日発見した日経WEBサイトのPR広告。

  『我が社の明日が見えた』ワタミ会長の「コンプライアンス」論[富士通]

美樹様の名前に、古巣のF社ということであれば、クリックしないわけにはいきません。

語られているエピソードは、美樹様が窮地に陥った有名な実話なのですが、それを踏まえてこんなまとめ方で語られていました。

  誰よりも早く会社へ来て、24時間努力するのは当たり前です。それをやっているからといって、成功する人ばかりではありません。それは必要条件であって、十分条件は運なのです。私は精一杯努力し、お取引業者様に誠実であることを心掛けてきましたし、人としても正しく生きようとしてきました。その上で、天命を待つ。これが私の人生観です。私にとって仕事は生きることそのものですから、それが私の経営観でもあります。

  そういう態度で経営をしていれば、誰でも助けてもらえるわけではありません。それを考えると、私は運がよかったのです。今まで成功できたのは9割は運、運で支えられたと思います。

  そもそも企業は社会的な存在で、社会に対してよい影響を与え続けていかなければなりません。・・・・・・最も大事なのは社員の意識です。その意味で最後の砦は社員一人ひとりの良心です・・・・・・



運を導くためには、小善を積み重ねること。

中江藤樹先生の教えにも通じますね。

その範たるのはTOPの姿勢。

そして厳しい経営環境でも常にポジティブな姿勢は、やはり見習いたいですよね。

  今は非常に混沌としていて、ものすごく大きな変化がある時代だと思います。こうした時代は様々な企業にとって、大きなチャンスがあります。私は大小問わず様々な企業経営者によく会うのですが、彼らは2つのタイプに分かれます。例えば総菜屋さんであれば、近くにコンビニができたからダメだとあきらめている人と、作りたて、揚げたてをアピールして、コンビニに勝っている人です。同じ条件でありながら、2つのタイプがあるわけで、それは自分が持っているものをきちんと認識して、顧客をしっかり見て、高い付加価値を提供すれば、勝てる時代だということの証明にほかなりません。ですから、問題は経営者の心にあります。闘う前にダメだとあきらめず、「心の中に素晴らしい明日がある」と思えば、方法は無限大にあると思います。


打つ手は無限!

ベースは感謝の心を持って、すてきな明日に向けて努力を怠らないこと。

結局当たり前の結論に導かれてしまいました。

魔法はないってことですよね。

気づきをありがとうございました!

本日の名古屋地方、曇り空のスタートですが、心は晴れやかにいきましょう!

ではでは。

by cherrylayla | 2010-10-20 07:37

<< CSについて思うこと 世界のミセス・ワタナベ・・・楊夫人 >>