人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 初体験!豊橋カレーうどん

いや、予想以上に美味しかった!

初体験、豊橋カレーうどん。

一昨日、豊橋で開催された師匠とバグジー久保社長さんとのジョイント講演会のタイミングで、久しぶりに遠征。

せっかくなので、併せて2つのミッションを遂行。

1つは、普段距離的な問題でなかなか足を運べていないお客様を訪問。

経常的に電話等でご発注いただいておりますが、今回当日アポながら快く訪問をお許しいただき、新しい担当の方もご紹介いただきました。ツイてる!

お困り事等のヒアリングもできましたので有意義でしたね。

2つ目は、お昼ご飯に豊橋カレーうどんを食すこと。

以前から、是非一度はと思いを募らせていましたが、今回ようやくその恩恵に与ることが出来ました。

はい、こちらの逸品です。

d0004717_6171838.jpg


お店は、豊橋駅から車を10分前後走らせた住宅街の中にある『そば藤』さん。

実は、今回豊橋の移動を、すてきなご縁で仲良くさせていただいている奧山さんに全てお世話になってしまいました。

駅から、『そば藤』さん、お客様訪問(豊橋駅からバスで片道30分以上かかるんですよ)、夜の講演会と移動中、愛車の助手席を占有してしまい、恐縮しております。

せめて師匠のお面でも持参していればと、芸の無さを反省しております(爆)。

奧山さん、ホントありがとうございました!

さて、豊橋カレーうどんの話に戻りますが、これはいわゆる町興し事業として今年の春にスタートしたもので、歴史がある食べ物ではないようです。

ちなみに豊橋カレーうどんを名乗るためには、5箇条のルールがあるそうで、

1.麺は自家製麺とする
2.器の底から、ご飯、とろろ、カレーうどんの順に入れる
3.豊橋産のうずら卵を具に使用する
4.福神漬または壺漬けを添える
5.愛情を持って作る

と、なかなかユニークな縛りがあるんですね。

しかも、食べ方にもルールがあって、

1.カレーうどんをふつうどおりに味わう
2.うどんを完食した後、とろろがのったご飯が出てきたら、カレーつゆと絡めて2度目の味を楽しむ

というものなんですね。

ちぇりーさん、奧山さんのご指導の下、作法通り食すことが出来ました。

所謂B級グルメの範疇に入るものと思われますが、先日報道されていたB級グルメ大会には、単価が少々高いのでエントリーは難しいのかもしれません。

それでも、今回食した『そば藤』さんのカレーうどんは、納得のお値打ち感でしたね。

それもそのはず、奧山さんの会社の豊橋カレーうどん専門家とも言える社員さんがイチオシされていたお店だったんです。

麺はモチモチ、具もたっぷり、特にウズラの卵のフライは絶品でしたね。

駅で配布されていた観光コンベンション協会のパンフレットには約40軒掲載されていましたので、豊橋再訪の際はオススメ情報を頼りに、楽しみたいと思っています。

そういえば、講演会の休憩時、師匠も食べたがっていましたね。

はい、その講演会からの気づきについては、またの機会ということで・・・

う~ん、最近このパターン多いなあ。

ではでは。

by cherrylayla | 2010-09-26 06:17 | Comments(0)

<< 学レキではなく学リョク・・・磨... 営業とは下坐の行 >>