人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 道は開ける

菅改造内閣の閣僚が発表されました。

小沢グループから1名も登用されていないという批判的な意見もあるようですが、経済財政大臣は一新会所属だったような・・・勘違いでしたっけ???

まあ適材適所の結果ということですが、あんな代表選の後だけに、面白おかしく報道されるのは仕方ないところかも知れませんね。

適材適所でないのは、TOPと◎◎◎◎だけと思うのは、ちぇりーさん、ちょっと一部のマスコミに踊らされているのかも。

とにかくサクサク国政をあるべき方向に進めていただきたいものです。

さて昨日のこと、公私共々お世話になっているお客様からメールが届きました。

久しぶりにJAZZのLIVEでも聴きながら懇親を深めましょうかということで、アポ調整が主旨だったのですが、メールの文末にこんなお話しが。

  今久々にカーネギーの『道は開ける』を読んでいます。
  本箱を整理していて、ふと開いたら、心にしみるというか、
  こういう本は、朝の野菜ジュースのように、毎日少しずつ読んでいくと
  よい感じがします。


『道は開ける』

ちぇりーさん、1年以上前にブックオフの105円コーナーでゲットしたまま、積読状態でした。

デール・カーネギーといえば、『人を動かす』は読んでいましたが、『道は開ける』の方は、何故かページをめくる気にならなかったんですよね。

今回、ご紹介いただいたのも何かの縁と受けとめ、本日から少しずつ読み始めてみようと思っています。

原題は、

How to Stop Worrying and Start Living

というものですが、

訳者のまえがきを読み始めると、こんなフレーズに出くわしました。

  ・・・・・・しかし経済的に人間が充たされたとき、いよいよ人間本来の悩みが、大きくクローズアップされたように感じる。現代がまさにその時代ではないだろうか。

これ、最近記されたフレーズではなく、1978年10月となっています。

自殺者がコンスタントに3万人を超過するご時世ですが、この30年間、世の中は進歩が全くなかったのか・・・

いや、一人ひとりが意識を高めることで、良き共感を生みだし、世の中を変えることは可能なことかもしれません。

引き続き怠らず努めよ

はい、会社は3連休をいただきますが、ちぇりーさん、今日明日としっかりお仕事モードで走り抜きます。

皆さんもすてきな週末を!

ではでは。

by cherrylayla | 2010-09-18 07:52 | Comments(0)

<< 『日本人のための戦略的思考入門... 『もしドラ』とミッション・ステ... >>