人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 看護官という志事

いやいや、すっかり時間感覚が狂ってしまいました。

昨日は未明に目が覚めてしまい、そのまま活動をスタートしたのですが、体調不良を吹っ飛ばそうと昼酒を楽しんだところ、15時過ぎには寝てしまい気づいたら22時・・・

結局25時頃布団に入ったのですが、3時半には起きてしまいました。

ただ、身体がイマイチ、重いというかスッキリしないですねえ・・・

週初めからマズイので、どこかでアジャストしないといけませんね。

さて、そんな昨晩の深夜にTVをつけていたら、ある若き女性を特集されていました。

お仕事は看護官。

看護師の資格を持った自衛官なんですね。

平時は自衛隊の病院で、看護士として勤務され、有事の際、また現実的には被災地や諸外国への人道支援活動の際、遠征され医療行為に従事される方なんです。

取材されていたのは、世田谷三宿駐屯地内の自衛隊病院に勤務されている高原さんという女性。

25歳前後とお見受けしました。

結構、チャーミングな方でしたね。

楽しみは、ツキイチで渋谷のエステに通うことなんて感じでしたので、プライベートは普通のOLさんって雰囲気でしたが、これが海外派遣の訓練となると・・・

迷彩服に迷彩メイク、重い装備と自動小銃を手に、原野の中を匍匐前進あり・・・

いや、凄い迫力です。

訓練中は何日も風呂なしの野営生活。

仕上げの訓練は、20kgの装備を背中に、30キロの歩行訓練。

途中で熱中症になる隊員も続出で、正直とてもちぇりーさんには務まりそうにありません・・・涙

ビックリしたのは、高原さんだけでなく、他の若い女性隊員さんみなさんが、イイ顔をされているんですよ。

志の塊といった印象でした。

番組では、実戦でも銃を撃てますか?、という意地悪な質問も投げかけられていましたが、敵から患者さんを守るためにはやらなければならない、という強い意志を示されていました。

何だか人間力の差を見せつけられて、見ていて辛くなってしまいましたね。

尖閣諸島付近の漁船拿捕で、中国と揉め事が発生していますが、孫崎さんの新刊を読んだまさにその日だっただけに、いろいろと考えてしまいました。

ちぇりーさん自身を含めて、今の多くの日本人には、何か大きなモノが欠落している・・・

そんなことを感じますね。

平和って当たり前じゃないかも知れません。

だから、今、この時に感謝。

アジャストなんて、甘っちょろいこと言ってはいけませんね。

はい、今週もフルスロットルで発進!

ではでは。

by cherrylayla | 2010-09-13 07:17 | Comments(0)

<< ちょっこし・・・ 離婚式・・・ガチョーン! >>