人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 生きるチカラ・・・恋をしよう!

9月とは思えない暑さ・・・すぐ隣の東海市は38.8度・・・ヤバイを超えていますよね!

そんな猛暑の中、昨日は午前中から娘と二人でタイ・フェスティバルに足を運びました。

お世話になっているNさんの会社(建設業)が、何故だか出店されるということで、デートを兼ねて遊びにいったのですが、凄い人出でしたね。

名古屋に、こんなにタイ人がいるのか!と思ってしまいました。

結局昼間っからビールを浴びるように飲んでしまいましたが、たまにはこんな過ごし方も良いですね。

流石にお昼過ぎには、空調の効いた書店に逃げ込みましたが、娘も楽しそうにしていまいたので、暑い中出掛けた甲斐がありましたね。

それにしても、タイの皆さん、パワーに満ち溢れていました。

フェスティバルですから、当たり前かもしれませんが、笑顔だらけでしたね。

一方で、日本という国は、政治経済そして社会に不安感が拡がりつつあるようです。

先日のインターネットラジオでも、藤原先生が、不安感の表れがパワースポット巡りの流行に繋がっている、なんてことをお話しされていました。

確かにそういう側面はあるかもしれませんね。

まあ、自分自身が気持ちよくなれる場所や空間であれば、良いわけで・・・

そういう意味では、昨日のタイ・フェスティバルに参加している皆さんは、よくわかってますよね。

とにかく楽しんでます。

楽しむといえば、人を好きになる行為は、自分自身をとても気持ちよくしてくれますよね。

もちろん、場合によっては、時には切なく苦しい思いをすることもあるかもしれませんが、この歳になると、それ以前に、人を好きになること自体に有り難さを感じます。

TVで見かける芸能人、ネット動画で見かける女優さん(爆)、街を歩く女性、ご縁をいただく方々・・・

ちぇりーさん、ついつい見とれてしまうことが多いんですよね。

そういえば、先週乗車した、名鉄電車の車掌さん。米倉涼子さんのような女性で、胸がトキメイテしまいましたね。
☆流石に声をかけられませんでした・・・う~ん、未熟者・・・

単なるエロオヤジという言い方もできますが、そう感じてしまいますから、止められません。

こんな感性もこれから大切にしていきたいものです。

さて、今朝は、そんな気持ちを肯定いただけた植島さんの新作『生きるチカラ』(集英社新書)のご紹介。


  旅とは日常では経験できないことを実行する絶好の機会だ。それが観光と大きく違うところで、出発時間から集合場所、宿泊地、交通手段、レストランなどすべて決められているのが「観光」で、そういう制約から自由で、この先どうなるかわからないというのが「旅」の特徴だ。いうなれば「非日常」とでもいうのだろうか。<p31>

  人生においてもっとも大切なことの一つは好きな人を選ぶことである。それ以上に大切なことはないといってもいいかもしれない。それにしても、われわれの抱える大きな困難は、恋愛、進学、就職という人生でもっとも大事なことが、人生のごく初めの頃にまとまってふりかかってくるところに起因している。自分にとっていちばん好きな人を選ぶとき、最初はどうしても間違えやすい。そして、間違えたまま人生が終わってしまうことも少なくない。<p37>

  一生の伴侶を選ぶというような、ある意味ではとりかえしのつかない事柄の場合、むしろ正しい判断を下すほうがむずかしいと思い知るべきである。すべての選択には、それ自身、間違いが含まれている。つまり、正解と不正解があるわけではないのだ。そんなとき、いかなる振る舞いをするかで、その人間性が知れることになる。・・・・・・人はどこかで選択を余儀なくされる。そして、それによって失望し、落胆し、後悔することもあるだろう。・・・・・一方を選んだことによってもう一方を選べなかったという事実からして、人は必ず後悔せざるをえない状況に置かれてしまうのである。「好ましい選択」と「誤った選択」があるのではない。・・・・・・<p50-51>

  貧乏人はお金があれば幸せになれると思っているが、お金があるとそれだけ不幸になる確率もさらに高くなるものである。金持ちはあらゆる意味で困難を抱えてしまう運命にある。ここに詳しく書けないが、いわゆる有名人のほとんどが人知れぬ大きな不幸を身内に抱えていることはよく知られた事実である。あまりに当人が突出した富を得たりすると、その災いは周囲の一番大切な人物のところにふりかかることがある。もしあなたが自分の子どもを心から大切に思うならば、幸運を独り占めすることはやめたほうがいい。だれかを蹴落としたり傷つけたりすることも避けるべきであろう。幸運は自分のもっとも弱いところに不運となって戻ってくるからである。<p91>

  ・・・・・・自分がポジティブになって全てを受け入れられれば、成功じゃないか・・・・・・何かに対して怯えがあるうちは、人はけっして幸せになれない・・・・・・<p112-113>

  とにかく、人を好きになる訓練ほど大切なものはない。それはだれも教えてくれないが、あなたの人生をもっと実り多いものにしてくれるはずである。<p135>

  ・・・・・・いかなる場合でも、たしかに谷底から見ないと人生がどのようなものかはわからない。・・・・・・自分が「幸せ」であるという側から世界を見ると、大切なものは何も見えないからである。人を理解するとは、自分が抱えているコンプレックスやマイナス部分を基準にして、相手の弱い部分を理解して(癒して)あげることである。それなくして人を理解するなどできるはずがない。<p142-143>

・・・・・・ふりかかった災難こそ人生のきっかけなのだ。自分が下した決断は正しいと思うべきだし、それを支持する自分もけっして間違ってはいない。何かこれまでにない悪いことが起こったとしたら、それはあなたにとって好ましい変化の前触れであるということを深く認識する必要があるだろう。<p143>

  ・・・・・・ただ、起こったことをどのように受けとめるかでそれ以降の人生は決まってしまうことになる。<p184>

  ・・・・・・大きな困難に陥っているということは、そのまま人生のチャンスであり、それを生かさない手はない。・・・・・・生きるというのは、多くの困難と出会い、そこで「生きるチカラ」を獲得し、何度も変化を重ねつつ、何もおそれるものがない状態まで持っていくことなのである。<p210>



人生勝ちも負けもない。

選択をすることはスリリングだけれども、そこに人生の楽しみが満ち溢れています。

そういえば、先日、故池田晶子さんの大好きな言葉をそのまま体現したようなことがありましたね。

  ご縁は奇跡、人知を超えた出来事なのです。

感性を高めることで、引き続きすてきなご縁をたくさんいただけますように!

それには、やはり、まず楽しむことですね。

ようし、これからもイッパイ恋心を抱いちゃうぞ♪

ではでは。

by cherrylayla | 2010-09-05 05:52 | Comments(0)

<< ちぇりーさんのお店・・・心太で... 偶然のチカラ・・・すべてはなる... >>