人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 RADIO―i 放送停止へ

昨日出勤前、朝刊をめくっていると思わず声をあげてしまいました。

  「RADIO―i」赤字拡大で終了へ 東海唯一の外国語FM局

うわ~、マジっすか・・・

ちぇりーさん、移動中の車内では、BGM代わりにNHK第一放送、NHK-FMそしてRADIO-iと、この3局が定番だったので、超ショック。

先日開局10周年を迎え、これからも楽しませていただこうと思っていた矢先・・・

ちぇりーさん、何故、RADIO-iが気に入っていたかというと、その選曲のセンスなんですよ。元洋楽好きのちぇりーさんにとっては、楽しさ一杯の放送内容だったんです。

報道によると、広告減による経営悪化のため9月30日で放送を終了、年内に会社を清算する、とのこと。

想像以上に放送業界は厳しいようですね。

今回の措置は、放送免許も返上し、身売り先も見つからず、放送を停止(電波を停止)するというもの。このような事態は、全国的も珍しいようです。

日本初の民放ラジオ局(CBC中部日本放送)も日本初?の放送停止ラジオ局(RADIO-i愛知国際放送)も共に名古屋、というのも何だか感慨深いモノがあります。

インターネット広告に押されて、ラジオ広告を始めマス媒体市場が縮小しているなんて解説もありますが、『FREE』で提唱されていたフリーミアムの概念も参考に考えていかないと、インターネット広告も同じ末路を辿る可能性が高いように感じます。

インターネットの話題といえば、先日、Youtubeに発売前のマンガ雑誌のコンテンツを違法アップロードしていた中学2年生が逮捕されましたが、彼も名古屋在住なんですよね。

この事件は、法律論やモラル論の次元では解決できない、深~い問題を抱えているように感じます。報道で紹介される専門家?の解説はどれも噴飯モノですし・・・

そんな中、かなり前に坂本龍一キョージュがこんな話をされていたことを思い出しました。

  僕が今の時代、社会に出る前の若者であれば、音楽家を目指さないだろう

音源をデジタル違法コピーすることに罪悪感を感じないことが当たり前の世の中を、予言されていたんですね。

ドラッカー先生ではないですが、すでに起こった未来を見極め、ちぇりーさんも事業のブラッシュアップに引き続き取り組まなければ。

本日は相当暑い一日になりそうです。

引き続き、心身共に水分・栄養補給も欠かさずに。

ではでは。

by cherrylayla | 2010-06-17 06:42 | Comments(0)

<< 守護神、守宮発見! 腰椎分離症 >>