人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 セックスレス亡国論

いやいや、これは面白かった!

昨日は、偉そうに亡国の愚民なんてまとめをしてしまいましたが、本日はちぇりーさんらしいコネタということで・・・苦笑・・・リラックスしていきましょう!

さてさて、日本性科学会(凄い学会名だなあ・・・)の定義によると、『セックスレス』とは、

特殊な事情が認められないのにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシュアル・コンタクトが1か月以上もなく、その後も長期にわたることが予想される場合

とのことです。

ちぇりーさん家は、もろハマリですね(涙)。

皆さんのお宅はいかがですか(余計なお世話だろう!)?

そして本日の元ネタが、タイトルどおりのこちらの1冊。

『セックスレス亡国論』 鹿島茂著 聞き手・斎藤珠里 朝日新書

GW前に読了していたのですが、なかなか紹介できませんでした。

ということで、忘れないうちに今回のご紹介。

ちぇりーさん、セックスレスを指摘されると、

だって家族だから近親相姦になっちゃうよ!

と切り返すのですが、まず大切なことは夫婦間にセックスは必要か否かということ。

まあ、前提条件として健全な心と体を持った夫婦ということになりますが、目指すべきは茶飲み友達で良いのかなあと思っています。

でも、コチラの方がセックスレス解消より難しいかも?

安岡先生の酔古堂剣掃によると、茶飲み友達はお互い相当レベルが高くないとというか、人生において研鑽を積まないといけませんよね。

こんな感じで語られていました。

  老夫婦のことを茶飲み友達という。あれを世間の人は、夫婦が歳をとって、もう色気も面白味も何もなくなってしまった。つまらない老夫婦の仲というふうに考えている。これはとんでもない間違いである。本当は人生の酸いも甘いもなめ尽くして、なんともかんとも言えん情味のある話のできる語らいが、年寄りの茶話というものなのです。・・・・・・茶飲み友達なんていうのも、実はなんとも言えん味のある友達ということであります。<酔古堂剣掃・p28>

こんな関係を構築したいものですねえ。また目標ができましたね。

おっと脱線、本題の『セックスレス亡国論』に戻りますが、こちらもホント楽しみながら考える機会をふんだんに与えてくれます。

  私はこれまで、こんなふうに考えてきました。人間は本能があるからセックスする。本能に任せて衝動的にセックスする生き物である。だから、それを抑えるために、法律や宗教、それに禁忌の文化などが発達してきた。・・・・・・ところが、実はそうではなかったのです。逆だったのです。つまり、人間は放っておくと、セックスをしなくなるのですよ。<p16>

  ・・・・・・現代社会で資本主義が異常発達したのはなぜだと思いますか?・・・・・・贅沢をしたいという気持ちよりも、面倒くさいことはしたくないという気持ちの方がはるかに強いし、それに普遍的なんです。・・・・・・現代の資本主義のほとんどは、この面倒くさいことの代行業で成り立っているのです。・・・・・・生活がどんどん便利になって、最後に残った最も面倒くさいもの、それが恋愛とセックスですよ!<p18-19>

  二本足で立つようになって、目で見るようになり、視覚誘導が生まれた。と同時に、美男美女をめぐる激烈な競争が始まった。ところで、あぶれた男は、ヤラせてもらえる相手がいない。そのとき、ふと手が空いていることに気づく。その手は、性欲爆発状態になると、おのずと自分の股間に伸びるようになる。<p46>

  では、なぜ、セックス面での面倒くさがり屋が経済面でも負け組に?それは、面倒くさいことの嫌いな男というのは、受験勉強とか、就活とかいう面倒くさいことは全部なしで済ませたいと思うからです。つまり、面倒くさいことは嫌いだと言っているうちに、恋愛でも経済でも、自分の可能性を片っ端から閉じてしまうわけです。<p103>

  ・・・・・・西洋のキリスト教社会では、セックスは、あくまで子孫繁栄のためとされていました。とはいえ、昔は死産率がとても高かったので、夫婦一対一では、子どもの数が足りなくなってしまう。それで、女中に庶子を生ませたり、妾をもったりするわけですが、疫病や飢饉で人口が減少すると、それでも足りなくなることがある。そうした場合には、ほかの異教徒の土地に攻め込んで、女を奪っては子どもを産ませていました。男はその場で殺されるか、奴隷にされるかです。<p118-119>

  夫婦の寝室は別で、子づくりが成功すれば、あとはそれぞれ自由に恋愛を楽しむというわけですね。それはキリスト教精神にも合致していました。キリスト教のセックスの教えは、「妻を愛人のように愛してはいけない」。つまり、妻とセックスを楽しんではいけない、「セックスは子づくりのためだけよ」ということです。・・・・・・セックスを楽しみたかったら愛人とやりなさい、愛人となら楽しんでもしかたがない、と。キリスト教の教えを忠実に実行すれば、そうなるのです。<p130-131>

  ・・・・・・19世紀のセックス指南書には、すごいことが書いてありました。「男はセックスしたら3分以内に出せ」・・・・・・あまり持続すると、女が気持ちよくなってしまう。女の性欲を爆発させてはいけない。女がもっともっと、とせがむようになるからいかんと。・・・・・・女の性欲が爆発すると、正秩序が乱れて、社会が混乱する、と考えたのでしょうね。<p132>

  フランス人が人前でキスするというのは、ハリウッド映画を見てから始まったのです。<p145>

  日本は、例外的に、恋愛とセックスが始めから合体していたという、世界的に見てもとても珍しい国です。・・・・・・大昔から、「セックス謳歌」がされた国というのは世界でもあまり例がありません。・・・・・・日本において禁欲系は仏教にもなく、神道にもありません。ではどこにあったかというと、儒教です。<p148-149>

  16世紀に西欧社会から来たイエズス会士が夜這いや道祖神などの民衆の性風俗を目撃して、「なんと日本人は淫乱な国民であることか」と、びっくりしたほどでした。<p150>

  恋愛、快楽は男同士。子づくりは家庭でする。これが武士の考え方です。・・・・・・今でいうジャニーズ系の若い美少年です。日本のホモセクシャルは、若い男でなければならない。・・・・・・元服して一人前になったら、今度は掘る側に回らなくてはいけない。それが日本における衆道の原則です。3代目将軍家光は、年をとっても「掘られるの大好き」で、周りの者が困っていました。・・・・・・戦国時代から江戸時代の初期までです。平和な時代になると、戦いがなくなり、武士も役人化し、立身出世ばかりを考えるようになる。すると男たちは家庭に戻り、男女間のセックスが普通になってきます。<p152>

  欧米のポルノ解禁のときのエピソードです。・・・・・・実験したところ、男たちはオナニーにふけるだけで、現実の行為には移らないということ判明したんですよ。つまりポルノを解禁しても社会的な危険(レイプなど)はなく、かえって危険が減るという結果が出た。<p173>


朝から、こんなことコネタにしているちぇりーさんも、どうかと思いますが、転載しながら、やはり平和が一番と改めて感じることができましたね。

ようし、目指せ、茶飲み友達!・・・・・・全然違うだろ!

ではでは。

by cherrylayla | 2010-05-22 05:25 | Comments(2)

Commented by 鼻血ぶーこ at 2010-05-22 10:24 x
面白く読ませて頂きました。是非次回飲み会のテーマに取り上げていただきたいものです(笑)
Commented by cherrylayla at 2010-05-23 04:12
鼻血ぶーこさん、おはようございます。
次回の前にリクエストにお応えして、またまた関連のコネタを披露いたしました。
はい、集中して盛り上がりましょう!
ではでは。

<< セックス格差社会 『遊就館』・・・2度と戦争は起... >>