人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 発展繁栄の法則

何だかアホらしくなってきましたね。

確かに大変革の時代、朝令暮改も時には必要でしょう。

しかしながら与党の舵取りは、軸が無さ過ぎる。

高速料金見直し撤回・・・

これぞ、迎合なりゆき政権の真骨頂?

目先の選挙のことしか考えていませんね。

この国を良い方向に導くリーダーはいつになったら・・・

不得意な政治ネタで切り出してしまいましたが、この手の発言はtwitterの方が向いているのかなあ・・・正直twitterも、なんだかなあと感じる今日この頃ですが・・・苦笑

さてさて、朝から妙なトーンでスタートしてしまいましたが、やはり朝はしっかりした挨拶から。

ちぇりーさん、会社では、

挨拶、時間厳守、ホウレンソウ

と、基本項目3本柱として、朝礼等を通じて、常日頃から発信を続けているのですが、これがなかなか深い!

自身も含め、そこそこ出来ているレベルだとは思うのですが、昨日木鶏で取り上げた「致知4月号」の総リード『発展繁栄の法則』に記されている基本事項なんかも、なかなか完全には徹底出来ていないんですよね。

組織改革は自身の改革からという切り口で、『自分を育てる三つのプロセス』ということで

1.笑顔

2.ハイと肯定的な返事ができること

3.人の話を肯きながら聞くこと

という3本柱が紹介されていましたが、どれだけ徹底できているかと振り返ると、冷や汗ものです。

いや、もちろん、常に心掛けてはいるのですが、これらのことは表面上取り繕っている(努力しているという意味ですが)のでは、意味がない!

心の底から、相手を認めて、受け容れて、初めてすてきな最高の笑顔が発信できると思うんですよ。

肯きも同様。

機械的に肯くのではなく(最初は必要なことですが)、心の底から相手の意見を受け止めることが出来るようにならないと、成果はなかなか見えてきませんよね。

こうやってカキコしていくと、やはり一番大切なのは素直な心と感謝の気持ちということが解ってきました。

そういえば、同じ「致知4月号」のp101に、合気道の植芝守央さんのこんな言葉が紹介されていました。

・・・・・・稽古を通して「相手を理解する」「共に歩む」という日本の伝統精神・・・・・・

“稽古”を“職場”という言葉に置き換えると、スッ~と腹に落ちてきます(笑)。

気づけば、アッと言う間に金曜日。

すてきな会社を目指して、本日も実践あるのみですね。

ではでは!

by cherrylayla | 2010-04-23 06:54

<< 挨拶の本当の意味・・・『酔古堂... 私は愚かな・・・出処進退の原則 >>