人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 事業廃棄の必然性

どんな理由があるにせよ、遅刻は良くないですよね。

話題を提供してくれたのは原口総務大臣。

先日の開始時間の勘違いに続き、一昨日も。

しかも何れも参議院ですから、軽視しているといわれても反論はできないでしょうね。

流石に自粛モードなのか、あれだけ頻繁につぶやいていたツイッターも、丸一日更新されていませんでした。

月初の予算委員会は、事務方もしくは秘書の大ボケが原因?

今回の総務委員会は、衆院の採決が遅れてしまったための不可抗力?

でも、これって見方を変えると参議院の存在価値を考える良い機会かも?

要らないのかも知れませんね。

特にこれだけ財政が逼迫している状況では、ホントよく考えてもらわないと。

そういう意味では、ちぇりーさん、こんな時代だからこそ、何もかもやるのではなく、やらなくて良いもの、もっと突っ込んで言うと、棄てるべきものを見極めて廃棄し、新しいもの、やるべきことに集中しないといけません。

不適切な事業は廃棄することが、未来へのスタートだと、ドラッカー先生も教えていただいております。

ポイントは、すでに起こった未来を利用し、来るべき未来を発生させること。

おかげさまで、昨日も予定通り新規の契約が3件。

夕方、営業さんからも、新規の契約をいただいたと報告がありました。

ツイてる!

数年前には手がけていなかった事業が、ここに来て花を開きつつあります。

新年度から更に加速度がついてくる予感ですね。

大変な時代は大きな変化の時代という意味、と確認できれば変化も当たり前です。

引き続き変革志向で前進ですね。

ようし、本日も張り切っていきましょう!

ではでは。

by cherrylayla | 2010-03-18 05:31 | Comments(0)

<< 何はともあれ さよなら、フェルプス君 >>