人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 感動溢れるPTA会長のスピーチ

朝晩はずいぶん涼しくなりましたね。

白露も過ぎましたから、どんどん秋に向かっていくのでしょう。

その白露の一昨日月曜日の夜、那古野塾の9月例会にて講演。

座長のKさんからの依頼で、実現することになりました。

テーマは、「ユビキタスネット社会に備えて」。

このテーマでは、様々な団体、企業様でお話しさせていただいておりますが、今回は少し趣が違います。

というのも、那古野塾というのは、もともと名古屋商工会議所主催の勉強&交流会だったのですが、現在はそのOB会ということで参加者の平均年齢が高いのです。

一昨日の参加者は30名弱、流石にケータイは全員がお持ちでしたが、インターネットを活用されているのは少数派なんですね。

それもそのはず、平均年齢は65歳前後でしょうか。

予想通りと言いますか、驚いたと言いますか、講演中に投げかけてみると、マクドナルドのケータイメール会員はゼロでした。

これは初めての経験でしたね。

プレゼン資料の中に動画を準備していましたので、現在のモバイル活用事情はご理解いただけたと思いますが、自分には関係ないというスタンスの方も相当数いらっしゃったような気がします。

それでも、反応は概ね好評でしたね。
☆居眠りされていた方も若干名いらっしゃいましたが・・・

講演終了後、こんな興味深い話ならお金を払って定期的に開催すべき、なんてリップサービスもいただきましたが、現状たいしたお金を取れるほどのレベルではありませんので、今後も講演力を磨いて、価値ある情報を届けていきたいものですね。

さて、講演力という意味では、ちぇりーさん、凄いスピーチに出逢っていました。

ご縁は、本の中、以前コネタにさせていただいた平野秀典さんの「人を幸せにする話し方」の冒頭で紹介されています。

もうこれは感服するしかないと思わされたスピーチです。

今回、勝手に全文紹介して良いモノか迷いましたが、ネットでも紹介されていますので転載させてください。

福岡県の片江小学校の入学式において、PTA会長の小浜輝彦さんがお話しされた会長挨拶です。

少し長いですが、存分に楽しんでみてください。


一年生のみなさん、ご入学おめでとうございます。私は、PTA会長のこはまと申します。
PTAって知ってますか?聞いたことがある人?(と手を挙げてもらうと5~6人の子供が手を挙げる)
うわぁ~すごいね。知ってるんだ~。このPTAって言葉は、実は英語でできているんですよ。英語のPとTとAです。

さぁ、問題です。PTAのPはどんな意味でしょうか?分かる人?(一人が元気よく手を挙げる!)おぉ!(その子を指さして)はいどうぞ!
子ども「駐車場!」(会場からどっと笑いが起こる)。そうかぁ~、駐車場。確かにそうだね。あちこちにいっぱいPのマークがあるもんね。よく知ってるね。すごいね。ありがとう。これはちょっと難しかったかな。
PTAのPはParentsと言って、お父さん、お母さんのことです。もっと広い意味では、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、
とにかくみんなと一緒に住んでいてみんなを守ってくれている人のことです。保護者ってもいうんですよ。

はい、じゃぁ、Tはどうかな?分かる人!(今度は誰も手を挙げない)Tはね、Teachersと言って先生のことです。

じゃ、最後のAは何でしょう?これは、ちょっと難しいと思うのでおじさんが言いますね。大学生のお兄ちゃんでも知らない人は多いんですよ。
PTAのAは、Associationと言って、日本語では、集まり、仲間です。

だから、PTAは、お父さんやお母さん、そして先生たちの集まりで、そして仲間なんですよ。
どんな仲間かというとみんなが学校で楽しくお勉強したり、安心して遊んだりできるようにするにはどうしたらいいかな~って一緒に考えていろいろなことをしてくれるんです。だから、みんな安心して学校に来てくださいね。

それじゃ、これからお世話になるその仲間にご挨拶しましょう。おじさんも一緒にやりますから、大きい声で言いましょうね。
はい、じゃ、立ちましょう。(1年生みんな起立)


まずはPTAのT、ティーチャーにごあいさつしましょう。みなさんはこれからいっぱいいろんなことを先生から教えてもらいます。
はい、その先生方へ「よろしくおねがいします」ってごあいさつしましょういいですか?大きい声で言えるかな?じゃ、一、二の三で言いましょう。
一、二の三!「よろしくおねがいします」(子供達の声が体育館に響く)

大きい声だね~。おじさん、嬉しくなってきました。
はい、じゃ、こんどはお父さんお母さんの方を向きましょう。
みなさんは、これまでいっぱいおうちで愛されて、ここまで元気に大きくなりました。
じゃぁ、まずそのことに「ありがとうございます」と言いましょう。
はい、一、二の三「ありがとうございます」
そして、これからもずーとお世話になりますから、「よろしくおねがいします」ですね。
はい、一、二の三「よろしくお願いします」

うわぁ~すごい、大きな声ですね。おじさんは、みなさんの声を聞いてとっても元気になりました。
そして、実はみなさんを助けたり守ったりしてくれる仲間は、先生やお父さん、お母さんだけではありませんよ~。
ほ~ら、お父さんお母さんの前に座っている人たちを見てください。なんとかっこいい、素敵なお兄ちゃんお姉ちゃん達でしょう。6年生のお兄ちゃんお姉ちゃんですよ~。
みんなも学校で5年間お勉強して遊んだら、あんなに素敵なお姉ちゃん、お兄ちゃんになれるんですよ。楽しみだね~
皆さんが困ったときには、きっとこのお兄ちゃん、お姉ちゃんが助けてくれます。じゃぁ、お兄ちゃんお姉ちゃんにもご挨拶しましょうか。
はい、「よろしくお願いします」

そして、そして、みんなを守ってくれる仲間は、これだけじゃないんですよ。まだ、ご挨拶してない人がいますね~ さぁ、どこかなぁ~?(こどもがあっちと来賓席を指さす)
そうだね~、あちらにたくさんの人が座っていますね。地域の皆さんです。今日は、みなさんの入学のお祝いに集まってくださいました。
地域の皆さんは小学校の近くに住んでいたり、みなさんのお家のそばに住んでいます。そして、みんなが学校や公園や公民館、道ばたでちゃんと遊んでいるかなぁ~
危ない車や人が来ていないかな~って、みんなを守ってくれているんですよ。
みんなが学校の行き帰りの道に立って、見守ってくれたりもしています。じゃあ、地域のみなさんにもご挨拶しましょう。
「よろしくお願いします」(来賓のみなさんから拍手が起こる)

は~い、ありがとうございます。みなさんの声を聞いて、会長のおじさんは、とっても元気になりました。
みなさんが元気に挨拶するだけで周りの人はとっても元気になるんですよ~。みんなは、大人を元気にする見えない力を持っているんですよ。
でも、みんなの持っている力はこれだけじゃありません。じゃぁ、みんなのお手々を出してください!(子ども達が一緒に手を挙げる)

例えば、あいたたたぁ~!(とお腹が痛くなったふりをする)そのとき、みんなの手はどこにありますか?痛いお腹に当てますね。そうすると、お腹の痛みが少し弱くなるんですよ。
頭が痛いってときどうしますか?頭を手で押さえますね。そうすると頭の痛みが少~しずつなくなっていくんですよ。
みんなは、お父さんお母さんと手をつなぐよね。そうするとどんな気持ちになる?悲しい?(ううんと子どもが首を振る)

安心するよね。うれしくなるよね~ それは、お父さんお母さんの手の見えない力がみんなを安心させてくれるからなんですよ。
でもね、それだけじゃなくて、お父さんお母さんも、みんなの手から見えない力をもらって、元気になるんですよ~。
みなさんは、見えない大きな力をもっているんです。大人を元気にする力があるんです。そんな大きな力がお手々にあるんですよ~。

それで、おじさんから、みんなにお願いがあります。そのお手々の見えない力をたくさんたくさん使って欲しいんです。
もし、母さんがお家で泣いていることがあったら、みんなの手をお母さんの肩にそ~っと当ててください。お母さんの手をそ~っとつないでください。そしたら、きっとお母さんは元気になります。
お友達が泣いていたら、肩にそーっと手をあててください。友達が元気になります。
一人で寂しそうにしているお友達がいたらそのお友達のそばに行って、お手々をつないであげてください。
みんなの手の温かさがそのお友達に伝わって笑顔がでてきます。新しいお友達とたくさんたくさん握手してください。とにかくクラスのお友達と一杯いっぱい握手してください。
それだけで、みんなどんどん元気になって、たくさんのお友達ができるんですよ。

外で、地域のみなさんに会ったらご挨拶してください、そして握手してください。
地域のみなさんは、お父さんお母さんとはまた違った大きな力を持っていてみんなを元気にしてくれるし、地域の皆さんも、みんなと握手するととっても元気になるんですよ。

校長先生が朝、門のところに立っていますから、ご挨拶するときに握手してください。
きっと、校長先生はみんなの手の力で元気いっぱいになります。あんまり元気になりすぎて、宙返りしてしまうかもしれないなぁ~。校長先生は体育の先生ですからね。
は~い、それでは、今から大人の人にご挨拶しますからちょっとだけ待ってくださいね。

先生方、保護者の皆様、地域の皆様、ごらんのように彼らは大きな力を持っています。そして、多くの可能性に溢れています。
どうぞ、彼らが本来持っている力を存分に発揮し、素敵な少年少女となれますよう、学校行事、そしてPTA活動にご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

はい、それでは、これでPTA会長のお話を終わります。



う~ん、これぞ人間力溢れるスピーチですね。

今回、この平野さんの著作を再読して、大切な教えをすっかり忘れていたことに気づきました。

実はこのスピーチの後に、劇作家の井上ひさしさんの言われた伝わる力の極意が紹介されているのですが、これって以前コネタにしたNHKラジオの話じゃないですか!

  難しいことをやさしく。

  やさしいことを面白く。

  面白いことを深く。

2ヵ月前に読んでいたばかりなのに・・・

ホント、腹に落ちないと知識って直ぐに忘れてしまいますねえ。

いや、知識以前の問題で記憶に残っていなかったんですねえ。

やはり、良書は再読すべし、という原点を改めて教えていただきました。

講演力の向上も人間力を磨くことから始まるんですね。

そのベースはやはり読書。

8月の反省からか、9月はそこそこのペースで読書に向き合うことができています。

秋といえば読書。

何とか時間を捻出して、アウトプットのためにも引き続き楽しみながら取り組んでいきたいですね。

ではでは。

by cherrylayla | 2009-09-09 05:28 | Comments(0)

<< 愚民は良民を駆逐するのか? ノーケアの処方箋 >>