人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 客の好むものを売るな、客のためになるものを売れ

昨日、朝礼時に早速最新情報を共有なんてカタチで締めくくりましたが、社員さんからも嬉しい報告がありましたね。

あるお客様に新商材のデジブックをご提案にうかがったところ、即決で採用され、来週以降、早速詳細について打合せの運びとなったという情報です。

良いモノは直ちに導入決定、という組織風土は我々も見習わなければいけませんね。

もちろん、商材だけでなく、これまで培ってきたお客様との信頼関係がベースにあることが前提ですが(笑)。

デジブックについては、お隣の韓国が2013年から小中高の学校で教科書として使われるという情報もあります。

ちぇりーさん、我が国でも、今後益々普及していくのではないかと感じています。

そういう意味では、我々のお手伝いの場面が拡がる予感ですね(笑)。

さて、素早い判断というのは、この激動の時代、必須条件と思われますが、その激動の中心となっているのはインターネットだということは間違いないところですよね。

象徴的なのは、インターネット業界で成功している会社のほぼ全てが、ベンチャー~中小企業ということ。

Yahoo、amazon、google、楽天、一休・・・

一方でインターネットに不可欠なコンピューターを製造している歴史のある大手メーカーは、プロバイダ事業をはじめ、インターネット事業では成功を収めることが難しいようです。

もちろん、その陰には敗れ去った数多のベンチャーが存在するわけですが・・・ぶっちゃけ、ちぇりーさんの会社もその分野では敗者でしたね・・・もう10年前のことですが・・・

とにかく今後もへこたれることなく、お客様にお役に立つ情報発信、サービス提供に拘っていきたいものです。

昨日から移動時間に読み始めた

『社長になる人に知っておいてほしいこと』 松下幸之助述 PHP総合研究所編

にも、こんなメッセージが記されていました。

  「無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ」<p26>

流石、経営の神様。わかりやすい表現ですね。

  一つひとつをキチンと正しくやれば、おのずと道がついてくるんです。

まさにそのとおりですね。

刹那的な対応では永続きしないことは、過去の歴史からも明らかです。

過去といえば、激動の時代と前述しましたが、幸之助翁のこんな言葉も紹介されています。

  ・・・・・・今までと同じことをやっておってはいけないということであります。もう世界は非常に進歩が激しいのでありますから、絶えず新しい道、新しいやり方というものを考えて、そこに興味をもっていかないと・・・・・・<p28>

このお話、ちぇりーさんが生まれる前、1965年の言葉なんだそうです。

変化・進歩の激しさは、今に始まったことではないんですよね。

基本は変わらないということ。

全て経験するには時間が足りませんので、今後も良書から、そして歴史から学んだことを活かしていきたい。

そんなことを感じる今朝のちぇりーさんです。

本日もすてきな一日でありますように!

ではでは。

by cherrylayla | 2009-09-05 06:46 | Comments(0)

<< 社長になった人でもできていない... 東京からU先輩がやって来た! >>