人気ブログランキング |

自動車保険配布スキンパーツ1 Speak to Win

皆さん、日食は観測できましたか?

残念ながらちぇりーさんのベースの名古屋地方は、朝から雨が降ったり止んだりで、そんな状況ではありませんでした。

かわいそうなのは、マスコミでも頻繁に取り上げられた悪石島。

土砂降りだったようですね。

肉眼で観測できなくても皆既日食の発生は止められないということで、報道によれば昼間から足元も見えないくらい暗くなったようです。

大満足ではなかったとは存じますが、ツアーに参加された方は、皆既日食を体感できて有意義だったのではないでしょうか。

さて、有意義だったのは休み明け、火曜日の夜。

ちぇりーさんのブログのファンというご縁で仲良くしていただいている、T市のHMさんと久しぶりに会食の機会をいただきました。

お互いスタートからテンション高めで、18時過ぎから23時前まで、アッという間でしたね。

ビジネスの面でもお手伝いのチャンスもいただき、早速、営業担当のM山君に、資料を届けながらヒアリングの機会をいただく予定です。

きっとお役に立てることと確信しております(笑)。

さて、そのHMさんとのお話の中で、話題となったのが、先日ご紹介させていただいた『話し方3部作』のコネタ。

HMさんから、

ちぇりーさんは3冊の中でどれが一番良いと思いますか?

と質問をいただき、1冊目と2冊目が良くて、3冊目は悪くはないけど、少し次元が違うような・・・と即答すると、HMさんの期待されていた答えだったようで、またまた心が急接近!

なんでも、HMさん、お勤め先の近くの本屋さんで1冊しか見つからず、残り2冊は取り寄せて、読まれたそうなんです(行動力に感動&感謝)。

その中でも、その1冊目は、ドンピシャに琴線に触れたようで、神棚級とアツく語っていただきました。

その1冊とは、あの元amazonカリスマバイヤー土井英司さんご推薦の1冊。

d0004717_15124876.jpg


原題は、『Speak to Win:How to Present with Power in Any Situation』

邦題は、『ブライアン・トレーシーの話し方入門』

この本、会話力向上というよりも、プレゼンや研修講師等向けの、講演力向上について的が絞られています。

ですので、ある意味読み手を選ぶかもしれませんね。

土井さんも、

読むだけでも興味深い本ですが、実際に試して成果があがれば、これほど安い本はないと思います。

なんて紹介をされています。

ちぇりーさん、書き込みした箇所は、こんなところです。

  あなたの最も重要な美点は何だろう?それは「知性」である。人間の最も重要な能力は、よく考え、自分をはっきり表現できるということだ。<p2>

  上手に説得力のある話し方ができれば、それだけ自分を好きになれる。<p5>

  どんなことでも、上達するには自分の安全地帯から出て、安全でない場所に入らねばならない。<p6>

  アリストテレスの「説得の三要素」。
  「ロゴス(論理)」と「エトス(倫理)」と「パトス(感情)」<p14>

  あなたが話をする前にすべき重要なことは、結末から考えることである。<p21>

  「ものを書くことを身につける方法はただ一つ、書いて、書いて、書いて、書いて、書いて、書いて、書くことだ」エルバート・ハバード<p23>

  アーネスト・ヘミングウェイは言っている。「一語書くには、それに代わる10語の言葉を知っていなければならない。さもなければ、読者は、これは本当のことではないと気づくだろう。」しかし、スピーチでは、話す言葉すべてについて100の言葉を読んだり調べたりしなければならない。さもなければ、聴衆は、あなたがあまり考えないで話しているのがわかるだろう。<p28>

  スピーチの導入部は念入りに練り上げることが大事だ。一語一句よく考え、頭の中で言ってみたり、鏡の前で言ってみたりして、何度も練習する。<p41>

  まず人々に心から聞いてほしいと思うメッセージがなければならない。<p57>

  聴衆はあなたを応援している。・・・・・・あなたの話がうまくいき、楽しいものになることを心から願い、期待している。<p58-59>

  聞き手を大爆笑させ、一瞬で心をつかんでしまうスピーチのプロがいるが、これは職人技だ。ジョークを使いこなすには、それだけの器が必要なのである。<p78>

  説得力と影響力を高めるカギは、簡単なことだ。それは相手を大切にすることである。<p89>

  どんなに準備しても、準備しすぎるということはない。<p96>

  全員が無言で賛成するというのは、全員がその議題について真剣に考えていないということなのだ。<p104>

  スピーチの時間が短いほど準備や練習に時間がかかるということだ。<p110>

  どんな講演やセミナーに出席するにしても、できるだけ講師と直接会い、握手するようにしよう。<p148>

  一流のプロ講師は徹底的に準備する。1時間の講演のために、読み、再調査し、まとめ直し、練習するのに10時間を費やすこともある。<p149>

いやいや、ちぇりーさん、ブログのコネタにする意味でも、今回改めて読み返すチャンスをいただき、更に気づきが深まりましたね。

そんなきっかけをプレゼントしていただいたHMさんに、感謝∞!

やっぱり良書って、すてきですね。

そして新しく迎える日も、すてきな一日でありますように!

ではでは。

by cherrylayla | 2009-07-23 00:16 | Comments(0)

<< やさしく、ふかく、おもしろく 健康は有り難い! >>