自動車保険配布スキンパーツ1 <   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 今年もお世話になりました・・・後半10冊

残りの人生9,572日目の本日から東京滞在です!

厳密には、昨日19時池袋駅集合ということで、昨晩から学生時代の仲間と飲んだくれておりました♪
☆今年は久しぶりに山の神同伴で・・・(^_^;)

以前に比べ、東京の実家へ足を運ぶことも少なくなったような気がしないでもないですが、ちぇりーさんにとって、名古屋の実家以上にゆっくりできる場所なんです(^o^)丿

有難いことですよね<(_ _)>

そして有難いといえば、昨日に引き続き有難い書縁のご紹介ということで、後半にまいりましょう♪


『欲望の美術史』・・・ヌードで行こう(^o^)丿
http://cherrychan.exblog.jp/19567442
71.『<オールカラー版>欲望の美術史』 宮下規久朗著 光文社新書


房中術・・・セックスもフローで行こう♪
http://cherrychan.exblog.jp/19580915
74.『フロー・セックス: 中医学に学ぶ安らぎと幸福の性愛術』 瀬尾港二著 アスペクト

読書週間も終盤です
http://cherrychan.exblog.jp/19933422/
90.『伊勢神宮と天皇の謎』武澤秀一著 文春新書

京都早起き案内・・・歴史を手中に収めながら
http://cherrychan.exblog.jp/19970723
92.『京都早起き案内』 麻生圭子著 PHP新書

『父の暦』・・・『岡むら浪漫』さんへ行ってきました(^o^)丿
http://cherrychan.exblog.jp/19986249/
94.『父の暦』 谷口ジロー著 小学館文庫

愛の表現方法・・・芸術は爆発だ!
http://cherrychan.exblog.jp/20040187/
95.『芸術は爆発だ! 岡本太郎痛快語録』 岡本敏子著 小学館文庫

課題図書を読了しました!・・・その1・・・経営は直球勝負♪
http://cherrychan.exblog.jp/20055727/
96.『直球勝負の会社 日本初! ベンチャー生保の起業物語』 ダイヤモンド社

Executionから学ぶ「吾唯知足」と「報恩感謝」
http://cherrychan.exblog.jp/20100607/
101.『「韓非子」を見よ! 』 守屋洋著 知的生きかた文庫

そして、ここからは今回が初めてのご紹介ということで、年末に読んだ逸品を!


d0004717_1949890.jpg


106.『官能教育 私たちは愛とセックスをいかに教えられてきたか』 植島啓司著 幻冬舎新書
☆私的に最高です♪・・・こちらがイチオシと言ってしましましょう(#^.^#)


d0004717_19492912.jpg


107. 『完本 日本語のために』 丸谷才一著 新潮文庫
☆京都の師範にオススメいただき、往路の新幹線で読了しました<(_ _)>


両方とも、文句なしに20冊に堂々入る逸品ですね!

詳しい書評?については、機会を見つけてコネタにしたく存じます!

それにしても前半とは一転して、文庫・新書ばかりですね・・・(^_^;)


そして、後半の朝のルーティンは、こちらの逸品
108. 『「易経」一日一言』 竹村亞希子著, 編集 致知一日一言シリーズ

d0004717_7392242.jpg



いやいや、これは素晴らしかったです!

素晴らしすぎて、来年もルーティンに加えることを決めました(^o^)丿

致知の一日一言シリーズの中でも、屈指の内容ではないでしょうか!

おっと気づけば、今年は108冊読了ということで、煩悩の数と同じですね!

はい、除夜の鐘とともに、今年の書縁を噛みしめてまいります(^o^)丿

そして、皆さん、すてきな新年をお迎えくださいませ<(_ _)>

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-12-31 03:58 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 今年もお世話になりました・・・前半の10冊編

2013年もフィナーレが近づいてまいりました。

残りの人生9,573日目の本日は、月曜日ということで、金融機関は営業日なんですね!

ちぇりーさん、野暮用ということで、後程利用させていただこうかと思っておりますが・・・

そんな大詰めということで、恒例というか、今年の書縁を振り返ってみようかと・・・

沢山の良書に恵まれたように感じますが、その中でも特に印象に残っている20冊を改めてご紹介させていただきます<(_ _)>

先ずは、本日は前半の10冊ということで・・・(^_^;)


『相撲よ!』
http://cherrychan.exblog.jp/17602212/
6.『相撲よ!』 白鵬翔著 角川書店


日本国民必読の書・・・『留魂録』
http://cherrychan.exblog.jp/17643544/
9.『[新訳]留魂録』 松浦光修編訳 PHP研究所


1月の書縁・・・残り分のご紹介!「多読家」に仕事のできる人は少ない
http://cherrychan.exblog.jp/17736803/
14.『一流とは何か (男のVシリーズ) 』 大鵬(納谷幸喜)著 KKロングセラーズ

『出光佐三 反骨の言霊』
http://cherrychan.exblog.jp/18577494/
30.『出光佐三 反骨の言魂  日本人としての誇りを貫いた男の生涯』 水木楊著 PHPビジネス新書

『女体の森』の神秘
http://cherrychan.exblog.jp/18721345
40.『女体の森』 みうらじゅん・リリー・フランキー著 扶桑社

人間はなぜ戦争をするのか・・・ちぇりーさんはなぜ経営をするのか
http://cherrychan.exblog.jp/18874716/
45.『人間はなぜ戦争をするのか 日本人のための戦争設計学・序説』 日下公人著 クレスト社

『姫神の来歴』・・・「日本人の心性」に迫る
http://cherrychan.exblog.jp/19008423/
52.『姫神の来歴 古代史を覆す国つ神の系図』 髙山貴久子著 新潮社

死生観を問いかける本・・・『想像ラジオ』
http://cherrychan.exblog.jp/19416800/
64.『想像ラジオ』 いとうせいこう著 河出書房新社

こうして日本は戦争に突入した・・・のかもしれない・・・『昭和16年夏の敗戦』
http://cherrychan.exblog.jp/19422896/
65.『昭和16年夏の敗戦』 猪瀬直樹著 中公文庫

お盆の課題図書・・・その2・・・知人からのオススメ
http://cherrychan.exblog.jp/19464901/
67.『広告コピーってこう書くんだ!読本』 谷山雅計著 宣伝会議


振り返りをリンクで済ませて恐縮です・・・(^_^;)

意外だったのは、文庫・新書スタイルの書籍は、3冊だけだったんですね・・・(@_@;)

そして、この中で、1冊選ぶとすれば、迷いに迷ってこちらの逸品でしょうか・・・


d0004717_1935762.jpg



最高に愉しませていただきました<(_ _)>

そして、前半といえば、朝のルーティンで勉強させていただいたのが、こちらの1冊!

『論語』の読み方・・・ちぇりーさんの場合
http://cherrychan.exblog.jp/19575473/
72.『論語』 金谷治訳 岩波文庫

これだけメモを書き込んだ書籍も初めてかもしれません・・・この先もないような気がします・・・<(_ _)>

はい、明日は大晦日、今年最後のカキコは後半をご披露いたしますね♪

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-12-30 03:58 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 日曜版ファンの皆様へ・・・幻の日曜版画像編

本日は残りの人生9,574日目・・・2013年最後の日曜日。

はい、2013年最後の日曜版なんですね<(_ _)>

一部の熱心なファンに支えられて、何とか今年も継続することができました♪

今回は、日頃の感謝の気持ちを込めて、1年間の全ての記事をコピペ紹介しようかと思いカキコを始めたのですが、大事なことに気づきまして・・・
☆50回以上ありますから、それはそれで大変ですし・・・(^_^;)

そう、やり残したことがある・・・<(_ _)>

はい、2013年12月1日の日曜版は、Excite新管理画面の不具合?から画像がアップロードできなかったんですよね!

日曜版にとっては、前代未聞の異常事態・・・

そのカキコはこちらでした・・・

直球勝負の太田千晶・・友情出演山田さんに感謝<(_ _)>
http://cherrychan.exblog.jp/20041847/

この時は、盟友山田さんに友情出演していただき、何とか体裁を保つことができましたが、環境が整いましたので、画像をアップするなら、

  今でしょ(*^。^*)

ということで、改めて、山田さんに登場していただき、紹介することにいたしましょう♪

それでは、善は急げで早速・・・(^_^;)


出社したら、こんな笑顔で、おはようございます♪・・・なんて、如何ですか?山田さん・・・(^o^)丿

d0004717_18202621.jpg


企業展にこんな女性が乱入してきたら・・・なんて、如何ですか?山田さん・・・(^o^)丿

d0004717_18205959.jpg


山田社長さん、展示会終わったら、ご飯連れてってくれますか~?

d0004717_1822225.jpg


山田さん、私のハートも食べ残さないでね♪

d0004717_18221542.jpg


山田さん、グロービスの勉強会とどっちが大切なの???

d0004717_18222517.jpg


あんまりイジワルしちゃ、嫌われちゃうかな・・・(^_^;)

d0004717_18223933.jpg



  あっ、山田さん、コスプレはお好みではない・・・(@_@;)

  それは大変失礼しました・・・<(_ _)>

  今度こそ、直球勝負で参りましょうか!


山田さん、やっと二人きりになれたわね・・・

d0004717_1852187.jpg


えっ、もうそんなことしちゃうの?

d0004717_18523718.jpg


山田さん、奥様もいるくせに・・・

d0004717_1853436.jpg


出来る社長さんは、何でも早いのね・・・(#^.^#)

d0004717_18531944.jpg


今日のことは二人だけの秘め事よ・・・

d0004717_18533517.jpg


山田さん、今日はとっても楽しかったわ~(^o^)丿

d0004717_19145636.jpg


気持ちよくさせてくれて、あ・り・が・と・う・・・(^・^)

d0004717_19154898.jpg


山田さん、明日からのお仕事もガンバッテね♪

d0004717_1916696.jpg


また、メール待ってるから!(^^)!

d0004717_1917647.jpg


でも、寂しくなったら電話かけてもいいかな・・・

d0004717_19172852.jpg


ホントに~♪

d0004717_1917574.jpg


やった~♪

d0004717_19183815.jpg


だから、山田さん、大好き~(*^。^*)

d0004717_19184868.jpg


また、気持ちいいことしようね・・・(#^.^#)

d0004717_1919115.jpg



今度はお友達も呼んでいいかな(^o^)丿

d0004717_19201819.jpg


こんなことして、楽しんじゃお(*^。^*)

d0004717_19211443.jpg



  太田千晶さん、貴女と会えて本当に良かった・・・山田さん談


d0004717_19213599.jpg



はい、今回も友情出演、ありがとうございます<(_ _)>

そして、皆さん、来年も日曜版を山田さんともども、よろしくお願い申し上げます<(_ _)>

ではでは♪
[PR]

by cherrylayla | 2013-12-29 03:58 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 『論語と算盤』・・・年末年始も「苟日新、日日新、又日新」

実は、ずいぶん前(3~4年くらい?)から積読になっていました・・・((+_+))

改めて手に取ることができたのは、今年の朝のルーティンのおかげです。

はい、不朽の名著と誉れ高いこちらの1冊!


d0004717_15303326.jpg


105. 『論語と算盤』 渋沢栄一著 角川ソフィア文庫


渋沢翁が鬼籍に入る4年前に著された濃縮の1冊・・・<(_ _)>

しかしながら、読了して感じたのは、大変読みづらいこと・・・(@_@;)

これが、長らく積読になっていた原因の一つだと思われますが、今回は『論語』の原書?を読破していたせいか、何とかゴールまで辿り着くことができました♪

それでも、工夫されているなと思ったのが、各章の先頭に、「・・・この章ではここに注目・・・」と、予めポイントが抜き書きされていること。


d0004717_15313633.jpg



ちぇりーさんも、章毎に、先ずポイントを通読し、本文と向き合い、改めてポイントを読み返すことで、理解度を深めることができました(^o^)丿

そこで、今回は、マーカー部でポイントと重ならないフレーズを抜き出してみたく存じます!


  ・・・・・・「初見の時に相すれば人多く違わじ」という句さえある。初めて会った時によくその人を観れば、一斎先生の言のごとく多くは誤たぬもので、たびたびあうようになってからする観察は考えすぎて、かえって過誤に陥りやすいものである。<p29:処世と信条>

  事の成るは成る日の日に成るに非ずして、その由来する所や必ず遠く、秀吉が稀世の英雄に仕上がったのは、一にその勉強にある。<p68:立志と学問>

  何か一と仕事しようとする者は、自分で箸を取らなければ駄目である。<p71:立志と学問>

  ・・・・・・小事を粗末にするような粗大な人では、所詮大事を成功させることはできない。水戸の光圀公が壁書の中に「小なることは分別せよ、大なることは驚くべからず」と認めておかれたが、独り商業といわず軍略といわず、何事にもこの考えでなくてはならぬ。<p72:立志と学問>

  余は常々人に語っているが、昭憲皇太后の、
     もつ人の心によりて宝とも 仇ともなるは黄金なりけり  
との御歌は、実に感佩梅敬服に堪えぬのである。<p128-129:仁義と富貴>

  金に対して戒むべきは濫費であると同時に、注意すべきは吝嗇である。<p150:仁義と富貴>

  現に家康が遺訓の一つとして今日まで人口に膾炙する。「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なく、心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。勝つことばかり知りてまくる事を知らざれば、害その身に至る。おのれを責めて人をせむるな。及ばざるは過ぎたるにまされり」について考えてみるに、皆経学中に求めたものである。<p202:人格と修養>

  現代青年にとって、最も切実に必要を感じつつあるものは、人格の修養である。<p216:人格と修養>

  ・・・・・・ことに孔子に対して信頼の程度を高めさせる所は、奇跡が一つもないという点である。基督にせよ、釈迦にせよ、奇跡がたくさんにある。耶蘇は磔せられた後三日にして蘇生したというがごときは、明らかに奇蹟ではないか。・・・・・・しかし、これを信ずれば迷信に陥りはすまいか。<p227-228:算盤と権利> 

  余が史籍を通じて尊敬しおる支那は、主として唐虞三代より後きも、殷周時代であって、当時は支那の文化、最も発達し、光彩陸離たる時代である。・・・・・・国民全体として観察するときは、個人主義利己主義が発達して、国家的の観念に乏しく、真個国家を憂うるの心に欠けたることにて、一国中に中流社会の存せざると、国民全般に国家的観念に乏しきとは、支那現今の大欠点なりというべきである。<p252-253:実業と士道>

  孝行は親がさしてくれて、初めて子ができるもので、子が孝をするのではなく、親が子に孝をさせるのである。<p274:教育と情誼> 

  昔の青年と今の青年とは、昔の社会と今の社会の異なるがごとくに異なっている。<p276:教育と情誼>

  しかし今日の支那が悪いからとて、孔子の徳が変遷する訳はない。<p283:教育と情誼>

  現代の人の多くは、ただ成功とか失敗とかいうことのみを眼中に置いて、それよりもモット大切な天地間の道理を見ていない。・・・・・・智者は自ら運命を作ると聞いているが、運命のみが人生を支配するものではない。智恵がこれに伴って、初めて運命を開拓することができるのである。<p311-312:成敗と運命>



確かに、こうやって転載しようとPCで入力を試みても、まともに変換されないというのは、現代人にとっては読みづらい表れかもしれません・・・(^_^;)
☆一度チャレンジしてみてください・・・<(_ _)>
☆そういえば、「支那」が変換されなかったのは、ちょっと恐怖を覚えてしまいました・・・(+o+)

また、『論語と算盤』というタイトルにはなっていますが、内容は『論語』だけでなく、上記のとおり、様々な文献や歴史上の人物の発言に基づいた渋沢翁の考察が述べられていて、大変興味深いです!

ちぇりーさんが、大好きな湯王の洗面器のエピソードも複数回出てきますし・・・(^o^)丿

  苟日新、日日新、又日新

未読のみなさん、年末年始、こんな本に向き合ってみるのも、大変有意義なのではないでしょうか?

その年末年始、残りの人生9,575日目の本日から、何と9連休・・・(@_@;)

それにしてもホント休みの多い国になったものですね・・・生産性が高まらない限り、国力が落ちるわけですね・・・((+_+))

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-12-28 03:58 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 『罪と罰』・・・痛恨の極みとならないように

突然の首相靖国参拝・・・(@_@;)

d0004717_843998.jpg


実はちぇりーさん、その日の朝礼で、ソチ五輪フィギュアスケート代表選考について一言物申す社員さんの発言を受け、スポーツに限らず、政治経済、国際情勢に問題意識を持つことは良いことだと切り出しました。

その上で、戦後今ほど戦争に巻き込まれるリスクが高まっている時はない・・・と話をしていたばかりでしたので、お昼前のNHKラジオで第一報を耳にした時は、ドキッ!としてしまいました。

ちぇりーさん、右中間スタンドあたりと自覚していますし、靖国神社へ参拝するのは、日本人として当たり前のことと思っております。

過去の関連カキコも下記のような感じでして・・・<(_ _)>


☆『遊就館』・・・2度と戦争は起こさない
http://cherrychan.exblog.jp/11151469/

☆歴史から学ぶ国へ
http://cherrychan.exblog.jp/19623586

☆女子高生と噛みしめる「花嫁人形」・・・親として伝えるべきこと
http://cherrychan.exblog.jp/19959588

☆再度、東京オリンピックを幻に終わらせないために・・・『民間防衛』を読もう!
http://cherrychan.exblog.jp/20122654


しかしながら、今回の参拝は、外交戦略に基づいたものなのでしょうか・・・

河野談話すら野放し状態であるのにも関わらず・・・

頼みのアメリカさんも失望されているようですし・・・

その前に優先順位の高いことは、山積しているように思います。

時の首相の「罪」が、我々国民に「罰」として降りかかってくることのないよう、しっかりこの国をリードしていただきたい・・・そう切に願うばかりです<(_ _)>

ところで、話は突然変わって、読書ネタへ・・・と言っても、TV番組がメインなのですが・・・(^_^;)


d0004717_855973.jpg


104.『「罪と罰」ドフトエフスキー 100分de名著 2013年12月』亀山郁夫 NHK出版

ちぇりーさん、もちろん?原典は未読ですが・・・ロシア文学なんて1冊も読んだことないですね(+o+)・・・内容はしっかり押さえることができました。

その内容は・・・(^_^;)

はい、残りの人生9,576日目の本日は仕事納めということで、やり残しのないよう、しっかり取り組んで参ります<(_ _)>

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-12-27 08:07 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 セブン セブン セブン

いよいよ、今年も1週間を切りましたね!

新しい1年を迎える前に、しっかり今年1年を振り返ることも必要かと存じますが、皆さん如何でしょうか?

まあ、細かいことは気にしても仕方ないし、人生楽しく!・・・なんて方もいらっしゃると存じますが、そんなマインドを地で行くすてきな女性の著書を拝読させていただきました<(_ _)>


d0004717_15594870.jpg


103.『セブン セブン セブン アンヌ再び…』 ひし美ゆり子著 小学館文庫


いやいや、ホントに可愛い女性ですね♪

おてんば娘がそのまま大人になっていく・・・そんな一人の女性の成長というか変遷を、軽快な語り口で綴られていきます♪
著者のひし美さんは、以前日曜版にも連続でご登場いただきましたね♪
『隊員服を脱いだ私・・・温故知新』
→ http://cherrychan.exblog.jp/19691217

しかしながら、ちぇりーさん、今回ご紹介する本を読んで罪悪感に苛まれることに・・・((+_+))

というのも、その連続2回目でこんなカキコをしていたのですが・・・
『本日は「art」です!』
 → http://cherrychan.exblog.jp/19731436/

  しかし、いまだに怒りを覚えることもあります。・・・・・・ついでだから書いておきます。それは肖像権の問題です。私は映画だから脱いだのです。以前、そのころの映画を某テレビで放映したことがありましたが、「名作劇場」などのタイトルでやられると本当に困るんです。私は、すでに結婚していて、子どももいるんです。お茶の間に私のヌードが出て、それを家人に見られたらどうすればいいんですか?「あなたは昔、こんな映画に出ていたのネ」などといわれたら、たまったものではありません。こんな場合にこそ、肖像権を主張して放映中止の権利を持ちたいと思います。繰り返しますが、映画だから脱いだんです。<p186>

ちぇりーさん、一瞬申し訳ない気持ちで胸が詰まりそうになりましたが、今回の単行本が出版されたのは1997年とインターネット黎明期・・・

まさか、今の世の中のように、ここまで手軽にハダカが氾濫してしまう世の中が来てしまうとは、彼女も予想だにしなかったことでしょう・・・

そういう意味で、出版当時よりはお気持ちも緩やかになったと期待して、そのままカキコを残しておきますが、もしご本人様から削除の要請があれば、ちぇりーさん、素直に非公開扱いに設定変更させていただくことをお誓い申し上げます<(_ _)>
☆削除じゃないということは・・・全然素直じゃないっすねえ・・・だって、もったいないんだもん・・・彼女のnude好きだし・・・(^_^;)

いや、そういうことだけでなく、彼女も発言の中で「ヌード」と表現されていますので、これは「art」の範疇ということで・・・(^o^)丿

全然説得力もなく、著書をマトモに紹介せずカキコを終えてしまうのは、心苦しい限りですが・・・<(_ _)>

しかしながら、これだけは断言できます!

『セブン セブン セブン』・・・面白いですよ♪

お宝写真も満載ですし(*^。^*)

d0004717_1621380.jpg



そして次なる課題図書は、こちらでしょうか!


d0004717_1613485.jpg


『アンヌとゆり子―隊員服を脱いだ私』 ひし美ゆり子著 同文書院


彼女自身、今回紹介した文庫本あとがき風のページでも、こんな紹介をされています。

  そして、西暦2000年。大きな区切りの年に、第二エッセイ『アンヌとゆり子』を上梓することができました。本書『セブン セブン セブン』では「アンヌ隊員としての私」を中心に書きましたが、『アンヌとゆり子』では「アンヌを離れたひし美ゆり子」を知っていただきたくて、セブン以外の出演作や家族のことにも、踏み込んで書いています。未読の方は、ぜひ第二エッセイも手に取ってみてください。本書と『アンヌとゆり子』を併読していただけると、「私のすべて」がわかっていただけると思います。<p234>

ちぇりーさん、もちろん未読ですので、直ぐゲットと思ったら、中古本でも結構なプレミアム価格なんですね・・・(@_@;)

ご縁をいただけるまで、今しばらく時間が必要かもしれませんね<(_ _)>

はい、そんな言いたいことを綴っているちぇりーさん、残りの人生9,577日目の本日は、昨日に続き、夜の街へ・・・(^_^;)

あっ、趣旨はご縁を大切にするということですから・・・違うような気も・・・自爆

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-12-26 03:58 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 クリボッチ

メリークリスマス♪

ちぇりーさん、昨日はfacebookで悪魔の誘いもあったりしましたが(爆)、宣言通り、昨日の聖夜は、クリボッチということで休肝日にさせていただきました。

といっても、これでようやく今月7日目ということで、残り設定できそうなのは1日だけですので、どうやら超久しぶりにノルマ未達成の月を記録してしまうのは間違いないようです・・・(^_^;)

そんな聖夜は、昨日のカキコ通り、クリスマス・キャロルを愉しみながら、年賀状書きの残り半分ということで、宛名を書きながら一人ひとり顔を思い浮かべ、一言メッセージをひねり出していました(^o^)丿

こんな時間が確保できるのも大変有意義ですよね♪

有意義といえば、昨日プチ遠征先の温泉旅館から遅めに出社した際、社員さんから感謝の言葉が・・・

そうなんです、今回、細やかなクリスマスプレゼントを皆さんに振る舞ったのですが、素直に喜んでいただけたようで・・・(*^。^*)

高価なものではないのですが、こういうのって、嬉しいですよね♪

そういえば、昨日は日経新聞でも一面コラム春秋で、

  きっと君は来ない ひとりきりのクリスマス・イブ・・・

なんて書き出しで始まっていましたので、世の中、浮かれ気分だったことは否めませんね♪
☆平和な証拠ですね<(_ _)>

コラムでは、88年に一世を風靡したJR東海のコマーシャルについて言及されていましたが、丁度四半世紀前・・・ちぇりーさんも懐かしい想い出がいっぱいですね(^_^;)


d0004717_646361.gif


☆こちらが四半世紀前のCMヒロイン・・・before


d0004717_6461442.jpg


☆こちらが現在の彼女・・・after



牧瀬里穂さん、当時は凄い人気でしたよね・・・(^_^;)

それにしても、この山下達郎さんの「クリスマス・イブ」もそううなんですが、改めて不思議だなあと思うのが、クリスマス・ソングって、意外にも悲しい曲が少なくないこと。

達郎さんの曲同様、日本のクリスマス・ソングでも、人気投票で必ず上位に顔を出す、辛島美登里さんの『サイレント・イヴ』も、

  さようならを♪ 決めたことは♪ けっしてあなたのためじゃな~い♪

なんて感じの破局の曲ですし、他にも、浜田省吾さんは、『MIDNIGHT FLIGHT-ひとりぼっちのクリスマス・イブ』なんて曲も歌っているんですね・・・
☆ハマショーさんの曲は聴いたことがありませんが・・・(^_^;)

そして、この傾向は洋楽の世界でも同様だったりして・・・

はい、ちぇりーさん世代にとっては、リアルタイムで流行したWham!の『Last Christmas』。

実は、この曲、楽しげなメロディーに反し、歌詞はメチャ哀しいというか、未練たらしい情けない男の独り言なんですよね・・・(@_@;)

  Last Christmas
  去年のクリスマス

  I gave you my heart
  僕は君に愛を捧げたね

  But the very next day you gave it away
  けど君は翌日、それを捨て去ってしまった

  This year, to save me from tears
  今年はもう泣きたくはないから

  I’ll give it to someone special
  他の特別な誰かに捧げることにするよ

  Once bitten and twice shy
  “一度かまれると二度目から用心する”と言うだろう

  I keep my distance
  僕は(君から)距離を保つことにしたんだ

  But you still catch my eye
  でも君はやっぱり僕の目を引くよ

  Tell me baby
  ねえ教えてよ

  Do you recognize me?
  そんな僕に気づいているかい

  Well, If it’s been a year
  まあ、もうあれから1年も経ってるから

  It doesn’t surprise me
  気づいてなくても驚かないけどね

  “Merry Christmas”
  「メリー・クリスマス」

  I wrapped it up and sent it
  僕は君に心からの愛を捧げたよ

  With a note saying “I love you”
  「愛してる」とメッセージを添えて

  I meant it
  本当に愛してたんだ

  Now I know what a fool I’ve been
  今になれば、自分がどんなにバカだったか分かるよ

  But if you kissed me now
  でももし君がいま僕にキスをしてきたら

  I know you’d fool me again
  僕はまた同じ過ちをくりかえしてしまうかも

  Ooooo

  Oh oh baby

  A crowded room
  にぎやかな部屋で

  Friends with tired eyes
  疲れた目をした友人たち

  I’m hiding from you and your soul of ice
  僕は君と、君の氷のような心から隠れてるんだ

  My god, I thought you were someone to rely on
  何てバカだったんだろう、君を心から信じていたなんて

  Me?
  僕?

  I guess I was a shoulder to cry on
  僕は多分、(君にとって)寂しさを埋めるだけの相手だったんだろう

  A face on a lover with a fire in his heart
  心に炎を燃やし 恋をしている男の顔

  A man under cover but you tore me apart
  ひっそりと抱いていた君への想いを引き裂かれた男

  Oh oh

  Now I’ve found a real love you’ll never fool me again
  僕は今度こそ本当の愛を見つけた もう二度と君に振り回されたりしない

  SPECIAL
  特別な誰か・・・

  A face on a lover with a fire in his heart ( Gave you my heart)
  心に炎を燃やし 恋をしている男の顔(君に愛を捧げたね)

  A man under cover but you tore me apart
  ひっそりと抱いていた君への想いを引き裂かれた男

  Maybe, next year I’ll give it to someone
  次こそは誰かに捧げたい

  I’ll give it to someone special
  僕の心を誰か特別な人に

  Special
  特別な人に・・・


☆上記歌詞&和訳は、「英語日常会話マスターブログ」さんから転載させていただきました<(_ _)>
  → http://xn--6oq618aoxf2r6an3hvha.jp/516.html

同世代の皆さん、ご存知でしたか?

これをBGMにしてロマンティックな気分になっていたことを考えると・・・(^_^;)

まあ、色恋沙汰の想い出話はさておき、ちぇりーさん、クリボッチながら、心温まるプレゼントをいただきまして・・・

d0004717_6562119.jpg


d0004717_6563460.jpg


はい、良い子に育ってくれて、本当に嬉しいですね(^o^)丿

ちなみに中身は・・・

d0004717_6565769.jpg


はい、本当に良い子に成長しているようですね・・・(^_^;)
☆これじゃ、サンタさんのお腹、一直線だっちゅうの!

そんな嬉しい気分のまま、新しい1年が迎えられるよう、残りの人生9,578日目の本日も、引き続きやり残しのないように<(_ _)>

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-12-25 06:57 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 クリスマス・キャロルは、いざ、奏でられん♪

女性陣は、まだ夢の中なのでしょうか・・・

ちぇりーさん、ご縁をいただき、クリスマス・イブの朝を温泉旅館で迎えていますが、吉松育美さんのような女性とモーニング・コーヒーを愉しんでいるわけではなく、ちぇりーさんより年上のオジサマたちと団体ということで・・・(^_^;)

早めにお風呂に入って、朝食を食べたら、ソッコーで自宅へ戻って着替えを済ませオフィスに向かう予定ですが、一足早く女性陣は上京の途についていることでしょう<(_ _)>

そうなんです・・・ちぇりーさん、クリスマス・イブに置いてきぼりということで、今宵は、自宅で一人クリスマスを愉しむ予定でして・・・((+_+))

まあ、このところ散々飲み倒していますので、休肝日を確保するには丁度良いかもしれませんね(^・^)

そして、聖夜といえば、クリスマス・キャロル♪

先日お世話になった同級生のF邸でも(13時過ぎから20時半まで食べ続け、呑み続けでしたね・・・)、後半、クリスマス曲のベスト・トラックを1曲ずつということで、こんな曲が・・・

先ずは、家主のF選手からは、四半世紀以上前、上京時にアナログ盤で手に入れた想い出の1曲♪

『Countdown to Christmas Party Time』 The Three Wise Men
→ http://www.youtube.com/watch?v=dwocnJQ3Lr0

d0004717_1595746.jpg


ちぇりーさんも、大好きな1曲なのですが、まあ知る人ぞ知るマニアックな作品かもしれません・・・(^_^;)

好きな方には説明不要の1曲ですが、ちぇりーさん学生時代に溺愛していたバンドの変名ユニットです♪

ちなみにこの曲はアナログ盤のB面ですが、A面はこちらの逸品・・・これは知ってる人も少なくないのでは・・・<(_ _)>

『Thanks for Christmas』 The Three Wise Men
→ http://www.youtube.com/watch?v=kdnRcPUF-II

d0004717_15155335.jpg


いや、あんなり知られていないかもですね・・・(^_^;)

でも曲調は、XTCそのまんまですよね♪

続いて、メタル命のM選手からは、こちらの1曲が♪

『Stars』 Hear N' Aid
 → http://www.youtube.com/watch?v=G5H94GHb-10

d0004717_15114474.jpg


ちぇりーさん、実は今回初めて聴きました♪

メタルの世界でもBand Aid<1984年>やUSA for Africa<1985年>のような企画があったんですね・・・ちなみに1986年の作品のようですが、そう考えると、ボブ・ゲルドフって凄いなあ・・・

そのM選手からは、もう1曲ということで、こちらの逸品もリクエストがありましたが、実は、ちぇりーさんも5本の指に入れても良いくらい好きなクリスマス曲なんですね♪

『I Believe in Father Christmas』 Emerson Lake & Palmer
→ http://www.youtube.com/watch?v=t8facHjO_mU

d0004717_1512276.jpg


しかしながら、ちぇりーさん、実はvocalを担当する、Greg Lakeのソロ名義のバージョンの方が好みでして・・・(^_^;)

『I Believe In Father Christmas』 Greg Lake
→ http://www.youtube.com/watch?v=RXCEdrnaFlY

d0004717_15133197.jpg


歌い手は同一人物なのですが、こうやって聴き比べると、面白いですよね♪

今回、F選手の奥方にも声掛けしたところ、渋い1曲を挙げてくれました!

『Fairytale Of New York』The Pogues Featuring Kirsty MacColl
 → http://www.youtube.com/watch?v=j9jbdgZidu8

d0004717_1513423.jpg


ポーグス・・・懐かしい♪

この辺りは、ちぇりーさん、完全にピーター・バラカン氏の影響と認めさせていただきます<(_ _)>

そして、満を持してちぇりーさんの出番ということで、こちらの名曲を♪

『The Christmas Song』 Mel Torme
→ http://www.youtube.com/watch?v=wap-4v5CZLM

d0004717_15135937.jpg


ちぇりーさん、一人歌手を選べと言われたら、彼に・・・それくらい好きなシンガーですね(*^。^*)

そして大好きなシンガーでクリスマスといえば・・・

『Forbidden Colours』 David Sylvian & Ryuichi Sakamoto
→ http://www.youtube.com/watch?v=1aokGEMTCWg

d0004717_15144078.jpg


純粋なクリスマス曲ではないのは承知ですが、関連ということでご容赦ください・・・<(_ _)>

キョージュと蜜月の時代・・・最高の歌声ですね・・・!(^^)!

どうやら、残りの人生9,579日目、今宵愉しむメイン曲は決まったようです♪

皆さんも、楽しい聖夜を♪

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-12-24 03:58 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 宗教と性の民俗学

本日は天皇誕生日。

ということは、未だスタイル確立ができていない祝日版ですね!

ところで、皆さん、祝日と祭日の違いってご存知ですか?

wikipediaでも確認いただけますが、現在の日本には、法律で定められた祭日というのは存在しないんですよね。

この辺りの史実についても、できれば押さえておきたいところですが、できればではなく必須として押さえていただきたいのが、こちらの知識。


d0004717_12585113.jpg



102.『宗教と性の民俗学』 赤松啓介著 明石書店


いやいや、全編、赤松節炸裂です(^o^)丿

赤松さんの著作といえば、昨年の大晦日のカキコで少しだけ触れておりましたが、是非我々大人が語り継がなくてはいけない内容だと存じます。

コピペ紹介ですが、ちぇりーさん、短めにこんなカキコをしていましたね!

  128. 『夜這いの民俗学・夜這いの性愛論』 赤松啓介著 ちくま学術文庫
  ☆こういう本に批判の矛先を向けるのは難しいことではないと思いますが、この本の価値は、やはり、以前からちぇりーさんが何ども言及しているとおり、維新前に戻らないと日本人のココロは置き去りにされてしまうような・・・とにかく、読んでみればわかります(笑)・・・もちろん、超オススメですよ♪

d0004717_12594115.jpg



はい、こちらは現在でもAmazon等で簡単に手に入ると思いますので、是非是非!

というのも、今回ご紹介する赤松さんの著書は、現在中古本しか流通していないようで・・・(@_@;)

そういうちぇりーさんも、ブックオフにて350円で手に入れたのですが、Amazonマーケットプレイスを覗くと本日現在817円が最低価格なので、良い買い物をしたと言えるかもしれません・・・(^_^;)

先程、赤松節と表現しましたが、まあ、終始こんな感じでして・・・

  これだけ民間信仰の実態を知りつくした私であるから、その気になれば巨大な教団の一つや二つ、たちまち作って教祖と奉られ、若い女子衆の奉仕で若返っておられるはずだが、こんな原稿を書いている始末だ。<p26>

その上、こんな言葉がそこら中に・・・

  ムラ、ミイサン、オコモリ、イトサン、ゴリョニンサン、オイエサン、ボンサン、ザコネ、ヘソくらべ、オガミヤ、ウラナイヤ、イッパツヤ、オタスケヤ、イチゲンヤ、デミセヤ・・・・・・

まあ赤松さんは、関西を拠点に実体験を重ねられていますので、日本全国全てこの通りだったという訳へは無いでしょうが、多かれ少なかれ、同じような状況であったことは、想像できるところです<(_ _)>

あの『千夜千冊』の松岡正剛さんのサイトでも、赤松さんの著書が紹介されていますので、一人でも多くの現代人に、是非素直な気持ちで向き合っていただきたいですね!
『非常民の性民俗』 赤松啓介 明石書店 1991 ISBN:4750303542
→ http://1000ya.isis.ne.jp/1135.html

d0004717_1304460.jpg



ちなみに、ちぇりーさん、上記の本、近いうちに手に入れて、愉しみたいですね・・・来年の課題図書にしようかな♪
☆柳田民俗学については、未だ1冊も読んだことがありませんが・・・(^_^;)

おっと、今回は『宗教と性の民俗学』でしたね!

とにかく、宗教・・・所謂民間信仰とやらについては、そのからくりが大変わかりやすく論じられています。

基本、現世利益を標榜する団体には、近寄らない方が無難だと言えるのではないでしょうか!
☆そうなると、ほとんどの神社仏閣が対象となってしまいますが、そこは分かった上で愉しむのがちぇりーさん流なのですが・・・(^_^;)

赤松さんも、前半をこんな表現で結ばれています。

  ・・・・・・おそらく地球が絶滅する瞬間まで、われわれは宗教や信仰から離れられないだろう。そうと割り切って考えれば、われわれがどのように宗教や信仰とつき合ってゆくのが、人類にとって幸いであるかという方法論の問題になる。・・・・・・<p41>

ちぇりーさん、思わずニンマリです・・・(^・^)

もちろん、こんな表現もたくさん出てくるわけでして・・・

  生駒の聖天さんが繁昌したのは、聖天さんが性交、つまり夫婦和合の神様ということになるが、門前町では参詣者が性的解放を楽しむような機能を備えていた。伊勢神宮でも、古市に大遊郭があり、ここで性的解放を楽しんだわけだが、その上に爆発的に、周期的に起こった「抜け参り」では、男女老若のはばからぬ性的解放が公然と行われたのである。民間信仰的教団や教会では、そうした公然、あるいは半公然の性的解放を楽しめるような機能を、別にもつことは困難であった。<p23-24>

また、前半で面白かったのは、今東光和尚のお話。

ついつい、こちらの世界にも興味が湧いてきましたね♪
☆だから読書って面白いんですよね(^o^)丿

中盤から後半も、

  船場の性風俗、民間信仰の教団に潜入、「淫祠邪教」の実態、オコモリのザコネ、ムラの自由性交風俗、真言立川流の秘儀・・・・・・等々、

興味深いテーマが続きます!

近年のパワースポットブームで、疑いなく神社仏閣に興味を持ち始めた皆さんには、バランスという意味でも是非知っていただきたい情報満載ですから、古本屋さんで見かけた際は、レジへ直行!

まあ、古本屋さんに足を運ぶ層も限られてしましますが・・・(^_^;)

はい、そんな言いたいことを綴っているちぇりーさん、残りの人生9,580日目の本日は、ご縁をいただき、夕方からお泊りでの忘年会に参加!
☆オコモリではありませんので念のため・・・自爆

翌日、クリスマス・イブの朝は、お宿の朝食の予定なので、バナナは・・・(@_@;)

その上、女性陣は、ちぇりーさんのいない間に、名古屋脱出の予定だそうで・・・(^_^;)

まあ、それくらいの方が、お互い気を遣わなくて良いかもですね・・・(^o^)丿

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-12-23 03:58 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 Japan’s silent press・・・吉松育美さんを応援しよう♪

先日決定したミス・インターナショナル!


d0004717_11194286.jpg



見事その栄冠に輝いたのは、フィリピン代表のベア・ローズ・サンチャゴさん!


d0004717_112059.jpg



ミス・インターナショナルに相応しい美貌ですよね♪

残念ながら日本代表の高橋有紀子さんは入賞を逃してしまいましたが、これは順当な結果と言えるかもしれません・・・(^_^;)


d0004717_11204480.jpg



☆日本代表選考会時の写真です

まあ、好みの問題でしょうが、ちぇりーさん的には、高橋さんより、こちらの女性を代表に選んでほしかったなあ・・・なんて


d0004717_11213147.jpg



小林眞琴さん・・・単に好みという話ですが・・・(*^。^*)


d0004717_1122018.jpg


☆ちぇりーさんが審査員だったら・・・

d0004717_11223455.jpg


☆萌え~(*^。^*)

d0004717_1123338.jpg


☆一緒に温泉旅行に行ってみたい♪

d0004717_112459.jpg


☆流石オスカー・プロモーション、人材豊富ですよね♪


そういえば、ちぇりーさん、1年前にもミス・インターナショナルのコネタにしていたんですね!
『みんなで行こう、総選挙♪』
 → http://cherrychan.exblog.jp/17436237/

そうなんです、実は、昨年世界一に選ばれたのは日本代表だったんですね!


d0004717_11282712.jpg


☆吉松育美さん♪

ちぇりーさん、その1年前のカキコでチーママみたいなんて失礼な発言をしておりましたので、この場を借りて改めてお詫び申し上げます<(_ _)>

オトナの女性という表現がピッタリかもしれません♪

ところが、その吉松育美さん、実は今大変なことに巻き込まれているようで・・・(@_@;)

『脅迫被害を訴えた前ミス吉松育美さん、世界大会を欠席』
 → http://www.j-cast.com/2013/12/18192036.html

なんと、プレゼンターを務めるはずの前年の女王が、参加できないという異例の事態で・・・((+_+))

『芸能界の闇か!? ミス・インターナショナル吉松さんの告発にマスコミが沈黙する背景』
 → http://n-knuckles.com/media/mass/news000950.html

この問題、海外では大きく扱われているというのに、日本のマスコミは黙殺を決め込んでいるようで・・・

d0004717_11354427.jpg


先日、日本外国特派員協会でも会見を開いたばかりなのですが・・・

『日本では報道されず!ミス・インターナショナルの吉松育美さん、芸能界の闇を告発「命を狙われてる」⇒海外で一斉報道!』
 → http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1401.html

そんな事態に、こんな著名人が行動を・・・

『茂木健一郎氏、脅迫被害のミス世界一・吉松育美さんの支援呼びかけ』
 → http://www.rbbtoday.com/article/2013/12/19/115161.html


マスコミの暗部が浮き彫りにされても、当のマスコミは無視・・・世の中の闇は怖いですね~・・・恐ろしいですねえ・・・((+_+))
☆先日の猪瀬氏辞任騒動も、本物の悪党は他にいるんでしょうね・・・ある意味利用されてしまったのかも・・・(@_@;)

ちぇりーさん、そんな吉松さんをお詫びの気持ちも兼ねて応援ということで、改めてご紹介させていただきます(^o^)丿

d0004717_11445412.jpg


☆こちらが彼女のブログです!
 → http://ameblo.jp/ikumi-621/

d0004717_11524254.jpg


☆世界一の美しさです・・・<(_ _)>

d0004717_11531785.jpg


☆マジ、綺麗っすね・・・<(_ _)>

d0004717_11535453.jpg


☆どうやったら、こんな美女が生まれてくるのでしょうか・・・<(_ _)>

d0004717_11542712.jpg


☆美しいだけでなく、こんな表情も・・・<(_ _)>

d0004717_11551587.jpg


☆AND PHOTO様のサイトからお借りしました・・・<(_ _)>

d0004717_11572672.jpg


☆こんな美女を酷い目に遭わせるなんて・・・<(_ _)>

d0004717_11582980.jpg


☆かの国からも馬鹿にされてしまいますぞ・・・<(_ _)>

d0004717_11591316.jpg


☆でもお父さんがついています・・・<(_ _)>

d0004717_11594753.jpg


☆ちぇりーさんは、ついて行きます・・・<(_ _)>

d0004717_1202963.jpg


☆ホント、見れば見るほど萌え~・・・<(_ _)>

d0004717_1211234.jpg


☆マスカラのみのすっぴんでコレですから・・・<(_ _)>

d0004717_1214728.jpg


☆異次元の美しさと言わさせていただきましょう・・・<(_ _)>

d0004717_1224748.jpg


☆新幹線で隣にこんな方がいたら・・・匂い嗅いじゃいます・・・<(_ _)>

d0004717_1232976.jpg


☆カキコしながら二人旅の妄想モード・・・<(_ _)>

d0004717_124979.jpg


☆宣言します、ちぇりーさん、応援し続けましょう・・・<(_ _)>

d0004717_1244328.jpg


☆熟専のちぇりーさんも参りました・・・<(_ _)>

いやいや、まだまだ紹介したいのも山々ですが・・・また新しい展開になったら改めて特集してみましょうか♪

そして、残りの人生9,581日目の本日は、連日の痛飲で臨時休肝日にしようか考え中・・・(^_^;)

まあ、夕方辺りの体調で判断ですかね・・・(^_^;)

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-12-22 03:58 | Comments(0)