自動車保険配布スキンパーツ1 <   2013年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 払拭できない煩悩・・・そして、おかげさまで1周年♪

久しぶりに未明のオフィスからのカキコです!

本日は振り返りネタということで・・・

日曜日の午後、大峯体験修行と吉野散策で、心地よい疲労感に包まれながらの帰路の車中、助手席に座った同行者から、絶叫の後、勝ち誇ったような雄叫びが上がりました!

日本ダービーで三連複を的中させたことがよほど嬉しかったようで、後部座席に陣取った爆睡モードの同行者も、その声で叩き起こされた格好です。

う~む、表の行場・西の覗きで煩悩を捨ててきたはずなのに・・・

しかしながら、17万1300円(100円勝ち馬投票券を1000円分購入)が転がり込んできたわけですから、ついつい力が入ってしまったんでしょうね!

そうそう、上には上がいるようで、同じレースでお笑い芸人さんが、三連単549万5000円を的中させた(100円を1万円分購入)とネットで記事が紹介されていましたね・・・(^_^;)

今回、行を終えた同行者は、1点買いではなく、10種類各1,000円、計1万円を注ぎこんで、上記金額を手に入れることになりますので、差し引き16万1300円の儲けということになるのでしょうか・・・

以前、JRAの還元率は75%と聞いたことがありますが、こういうこともあるんですね!

そういえば、先日、競馬の負け分は経費として認められるというような判決が出ていましたが、大阪地検が控訴されたようで、上級審の判断がどうなることやら・・・(^_^;)

そうそう、的中させた同行者は、後日facebookでこんなことをコメントしていました。

  人間は「煩悩から離れられない」神は正に小生にそう告げたのだろう。煩悩を一瞬でも捨てようと臨んで満行を果した小生に万馬券を的中させるとは・・・

上手いこと表現しますね・・・(*^_^*)

ところで、その帰路の車中で、先達を務めていただいた山崎先輩に許可をいただき、1枚だけ伊東ゆかりさんのCDをBGMにさせていただきました。

d0004717_23524344.jpg


☆ブックオフでお値打ち(amazon最安値より下回っていました・・・(^o^)丿)に購入することができた『愛のさざなみ 昭和フォーティーズ』<キングレコード>・・・名曲カバーがたくさん収録されています♪

実は、この日、5月26日は、伊東ゆかりさんのCDを初めて聴いた記念日なんです。

それも、たった1年前の出来事でして・・・

その記念すべき初体験CDが、こちらの1枚。

d0004717_23533220.jpg


『伊東ゆかり ベストアルバム』<渡辺音楽出版株式会社>

いやいや、一発でノックアウトされてしまいましたね・・・(*^。^*)

直ぐに次の作品を探してしまったのは言うまでもありませんね。

d0004717_2354875.jpg


『GOLDEN☆BEST 伊東ゆかり シングル・アンド・ポップス・コレクション』<SONYMUSIC DIRECT>・・・2枚組でこちらも名唱揃いです♪

そして、amazonでは入手不可だったのに、金山駅の演歌専門CDショップにふらっと立ち寄った際、出会ってしまった3作品目には、ホント魅了されましたね♪

d0004717_23545438.jpg


『伊東ゆかり・しんぐるこれくしょん』<コロムビアミュージックエンタテインメント>

実は、この3枚で半年近く楽しんでいたのですが、11月に初めてソロコンサートに行ったことがきっかけで、その後、コツコツと中古盤をamazonで探すようになってしまいました。

d0004717_23552618.jpg


『ステージ・ドアーズ』<小澤音楽事務所>・・・まさにコンサートの流れそのものです♪

d0004717_23555375.jpg


『ビコーズ・ユー・アー』<アルファレコード株式会社>・・・「愛せる人を探すだけ」、この1曲だけでも価値があります♪

d0004717_23565016.jpg


『Beautiful Days』<アルファミュージック株式会社>・・・EPO、来生えつこ等のサポートが秀逸♪

d0004717_23572173.jpg


『あなたのわたし』<株式会社BMGファンハウス>・・・これは比較的新しい目の作品・・・2005年ですね

d0004717_2358639.jpg


『マイハピネス~シング・ザ・ビューティフル・デイズ』<アルファレコード株式会社>・・・ジャケット買いしてしまいました・・・(^_^;)

d0004717_23584393.jpg


『YUKARI ITO MUSIC DIARY 伊東ゆかりツイン・ベスト』<アルファレコード株式会社>・・・アルファ時代のベスト盤ですが、実はブックオフで格安で見つけました♪・・・というか、amazonはじめネットでも見かけたことがないので、かなりレアアイテムだと思います(帯には限定プレス盤2枚組と表記されていますね)!・・・収録曲も良く、ご縁を感じたアイテムです(*^。^*)

そして、先月の歌手生活60周年記念コンサートの会場で、握手券も目当てに購入した新作がこちら・・・

d0004717_23592153.jpg


『Memories of me』<徳間ジャパンコミュニケーションズ>・・・まさか、純粋な新譜を聴けるとは想像もしていなかったので・・・気分は最高ですね♪

そして冒頭の『愛のさざなみ』と同じタイミングでブックオフで見つけたこちらのベスト盤!

d0004717_001256.jpg


『伊東ゆかり ベスト・ヒッツ』<キングレコード>・・・半分以上は知っている曲でしたが、「ワン・ボーイ」聴きたさに衝動買いも大正解の1枚でした♪

振り返ってみると1年で12作品(CD15枚)も購入していたんですね。

我ながらビックリです・・・(@_@;)

このカキコをしながらyoutubeをBGMにしていたら、81年の映像を楽しむことができました!

d0004717_011278.jpg


☆30年以上前・・・この頃に出会っていても、その良さは分からなかったような気がします(*^_^*)

おっと、amazonでこの作品の値段が下がっていることを発見しました・・・少し前までは3千円台が相場でしたから、1700円台は破格ですね!・・・買っちゃおうかなあ・・・(^_^;)

d0004717_02947.jpg


『Touch Me Lightly』<ユニバーサル インターナショナル>

ちぇりーさん、コレクターではないので、ゆかりさんのCDでもお値打ち感がないと手を出さないんですよ!

そしていつかご縁をいただきたいのが、こちらの作品。

d0004717_084364.jpg


『伊東ゆかりCD-BOX』<ビクターエンタテインメント株式会社>・・・5枚組のBOXですが、どこにも売っていません(SOLD OUT状態)・・・定価までで見つけたら即買いなのですが・・・(^_^;)

なんだか、日曜版みたいな内容になってしまいましたが、伊東ゆかりさんをたっぷりコネタにできて最高の気分です♪

残りの人生9,786日目の本日、梅雨空をブッ飛ばして、明るく愉しく元気よく!

おっと、その前にさっさと帰って寝ないといけませんね!

今夜もいい夢が見られますように♪

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-05-31 00:10 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 人間はなぜ戦争をするのか・・・ちぇりーさんはなぜ経営をするのか

昨日の私の履歴書・・・岡本綾子さんから、またまた含蓄ある言葉を紹介いただきました。

  悩むのでなく考えなさい。アスリートは考えることを優先しないと進歩しない

う~む、なるほどですね。

“アスリート”を“ビジネスパーソン”、もしくは“経営者”、“リーダー”と置き換えても良さそうな印象です。

ちぇりーさん、カミングアウトすると、実は考えることが大の苦手でして・・・

考えるふりをするのは得意かもしれませんが・・・自爆

そういえば、以前、師匠から「人が成長するプロセス」について学んだことを想い出しました。

  考える → 発言する → 実践する → 反省する

いや、実際、今はそんなレベルではないとは思いますが、以前は、

  思いつく → とりあえずやってみる → 頓挫する → 懲りないまま

なんて「人が錆びつくプロセス」の繰り返しだったような・・・自爆

その上、いろいろチャレンジしているなんて自己肯定していましたから、今から考えると噴飯を通り越して冷や汗ものですよね。

おっと、朝から自虐ネタはこれくらいにして、切り替えてまいりましょう!

はい、残りの人生9,787日目の本日は、久しぶりに書縁のご紹介ということで。

d0004717_7311629.jpg


45.『人間はなぜ戦争をするのか 日本人のための戦争設計学・序説』 日下公人著 クレスト社

いやいや、これは大当たりの1冊でした。

きっかけは、本のソムリエさんのメルマガ。

実は、ちぇりーさん、本のソムリエさんのメルマガで紹介されていたものを久しぶりに読了しました。

調子に乗ってカミングアウトすると、本のソムリエさんのメルマガ自体、ここ最近、ほとんど読むことなく、購読解約しようかとも思っていた矢先、素晴らしい本をご紹介いただけたんですね。

本のソムリエさん、ありがとうございます!

引き続き、購読させていただきますね♪

さて、その大当たりの日下さんの著作ですが、まえがきからいきなりキツイパンチをお見舞いしてくれます((+_+))

  日本人は、戦争を「道徳」で考え、「個人の良心のレベル」で答えを出そうとする。これは、ほとんど宗教である。<p1>

  われわれはそれを歴史に学ぶことができる。だが、不幸にして日本の場合、戦争の歴史は真実を離れて単なる道徳の教科書になっている。「反省」と「謝罪」と「不戦の決意」が結論で、なぜそうなるかについてまで考えることは禁じられている。そんなことを考える人は、それだけでたちまち反省が足りないとされる。
  では、「反省」派の人たちに問いたい。あなたは何を反省しているのか。第二次世界大戦の実際を知らなくては、反省もできないではないか。
  「不戦決意」派の人にも聞きたい。あなたはどうすれば戦争を防げるか研究したことがあるか。戦争の実際を知らないのでは、予兆を捉えて予防することもできないではないか。
  「謝罪」派の人にも問いたい。日本は何をしたか、何をしていないか。それを「日本国家」と「日本軍」と「日本人一般」と「日本人の一部」に分けて考えてみたことがあるか。それから、他の国はもっとひどいことをしていないのかどうか。50年前(・・・この本の出版は1996年ですから70年近く前になりますね・・・)の世界の常識はどんなものだったのか、それを知ったうえでの謝罪でなければ値打ちがない。<p4>


いやいや、まさに今、政治を生業とする皆さんに読んでいただきたいですね!

  歴史を調べてみると、パシフィストがいるとむしろ戦争が起こっている。絶対に一歩も引かない、必ず戦う、と両方が思っている時はなかなか戦争にならない。<p57>

それ以上に、ちぇりーさん、改めて自身の無知さに呆れ果ててしまいました・・・

著者の日下公人さんの書籍を手にするのも初めてだったのですが、極右的にもならず、ある意味、至極真っ当なフェアなスタンスで述べられていると思います。

それにしても、この本が17年前に出版されていたとは、驚かざるを得ませんね。

まさに、今国難に巻き込まれている日本の危うさを予言してくれているようです。

そもそも、「道徳」や「宗教」、「良心」という次元で、戦争を捉えてはいけないと!

最近のマスコミを賑わす政治屋の言動を見ていると、同じ失敗を繰り返すつもりなのかと思わずにはいられませんね。

  日本人は、原爆と水爆の区別も知らないで核論議をしているのだから、北朝鮮から見ればこんなに脅かしやすい相手はいない。<p63>

ちぇりーさん、まさにこの日本人に当てはまります・・・威力の違いくらいにしか認識していませんでした・・・((+_+))

  野党第一党だった社会党は、かつて「自衛隊にはお嫁に行きません」というポスターを貼ったが、それでも黙々と訓練をしてきた自衛隊は、世界最高の紳士である。侮辱されても黙っていられるのは、最高に知的である証明である。<p106>

まだ、社会党に元気があった頃の話なのでしょうが、それにしても情けない話ですよね・・・その一方で、自衛隊、ホント素晴らしい!

  戦後、高級軍人の回顧録に「胸中を察してほしかった」というような記述がある。つまり、本当に総攻撃をすると思って指令を出していなかった。部隊の側も理解してくれるだろうと思っていたのに、突撃してしまったというのである。・・・・・・<p134>

  アメリカの戦記も、日本兵は最後になると全員そろってバンザイ突撃をして、機関銃の前にわれ遅れじと進んできてくれるから、残敵掃討の手間が省けてありがたいと書いている。・・・・・・<p135>

  降伏とは指揮官同士の話合いで決定する。指揮官の命を帯びた軍使が白旗を揚げて、条件交渉をして降参する。ハーグ陸戦規定はそうなっている。個人投降の規定はない。個人投降は殺してもいい。個人投降を必ずしも受け取る必要はない。・・・・・・<p146>

もう、情けなくて情けなくて、本当に情けなくて、涙が零れてきました・・・

少し横道に逸れますが、ハーグといえば、先日ようやく我が国も批准する方向だと報道されたハーグ条約ですが、アメリカでは「子供を散々拉致している日本人が、どうして北朝鮮拉致のことをあそこまで(核問題以上に)非難できるんだ?」という声があるという話を聞いたことがあります。こういう話題は、マスコミではほとんど取り上げてくれません。諸外国からどのように見られているのか、これもしっかり知ることが大切ですね・・・

  イギリスはもっと悪いことをしているのに絶対に謝らない。絶対に謝らない国に対しては謝れと言う声がなくなってしまうのは不思議である。なぜ、日本にだけ謝れという「アジアの声」があるのかといえば、日本がその要求に応えるからだ。

謝るなら、過去の話を蒸し返すなら、政治家はしっかりした戦略に基づいて、立ち振る舞っていただかないと・・・今回の橋下発言は、こういう意味でも愚の骨頂だと思います(ToT)/~~~

冒頭で、フェアなスタンスと触れましたが、・・・・・・開戦前の石油備蓄の真実、海軍と陸軍との摩擦、山本五十六への意外な低評価(というかボロクソ)・・・・・・知らなかった情報も多く、考えさせられましたね。

d0004717_734396.jpg


d0004717_7345271.jpg


d0004717_735491.jpg


d0004717_7351660.jpg


d0004717_735267.jpg


ちなみに、今回、新品を探せず、中古本をamazonクリックで手に入れましたが、送料込みで350円(本体100円+送料250円)は、大変お値打ちだと言わざるを得ませんね。

著者の伝えたいことは、この1点に絞られるような気がします。


  戦争を知る事が平和への真の近道である。つまり、戦争から目を背け、話題にもせず勉強もせず、知ろうともしないことが、次なる戦争を誘発するのだ。


ある意味、一億総がかりで、戦争へのリスクを高めているといえる日本の現状を予言されてたようで、怖くなってしまいました。

もちろん、ここでも大事なことは鵜呑みにしないこと。

だからこそ、興味を持った方々には、是非手に取っていただきたい・・・

はい、中古本のamazon底値は、現在64円ですから・・・

そして、ちぇりーさん、この本から学ぶべきことは、やはり、経営の目的を明確にするということ。

そのためにも、先ずは、「考える」を実践するために、戦略的に時間の塊を確保しないといけませんね!

う~む、本日も取れそうにありませんが、何か?・・・

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-05-30 07:36 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 やっぱりMeijiがナンバーワン♪・・・応援歌も聴いてください♪

昨日、梅雨入りした名古屋にも嬉しいニュースが届いてきました。

3季ぶり35回目の優勝(^o^)丿

d0004717_6215059.jpg


いやいや、母校の後輩たちがやってくれました!

無敗で最終節を迎えた法政さんを、引き分け挟んで四日間に亘る熱戦の末、見事栄冠を勝ち取りましたね♪

d0004717_6221864.jpg


☆歓喜の瞬間です!

d0004717_6224355.jpg


☆4連投と獅子奮迅の活躍の山崎君・・・来年のドラフトの目玉ですね♪

d0004717_6233893.jpg


☆決勝のホームイン!

全校から勝ち点をゲットしての完全優勝というのも嬉しいですね~!

d0004717_6262074.jpg


今回、2位に甘んじることになった法政さんの勝率は、

12試合で、9勝2敗1引き分けということで、勝率が.818・・・勝ち点4

一方、優勝を飾った母校の勝率は、

16試合で、10勝4敗2引き分けということで、勝率が.714・・・勝ち点5

勝率で1割以上も上回っているにもかかわらず、この結果は、法政さんにとっては、さぞや悔しいことでしょうね・・・

まあ、勝ち点制というルールですから仕方ないですが。

過去の記録を振り返ってみると、歴代の優勝回数は、こんな順番になるんだそうです!

 44回 法政大
 43回 早稲田大
 35回 明治大
 33回 慶應義塾大
 12回 立教大

流石、野球は法政さんですね!・・・まだまだ大きく水を空けられています・・・<(_ _)>


母校は今回の優勝で、来月から始まる全日本大学選手権に出場できるわけですが、秋の神宮大会も含めた全国大会の優勝回数を確認してみると、

  法政大   大学選手権 8   神宮大会 3  合計 11
  明治大    大学選手権 5   神宮大会 5  合計 10
  慶應義塾大  大学選手権3   神宮大会 3  合計  6
  早稲田大   大学選手権 4   神宮大会 1  合計  5
  立教大   大学選手権3   神宮大会 0  合計  3

ここでも、やはりトップは法政さんなんですね・・・

それでも、今回母校が優勝すると、全国大会優勝が11度目となり、法政さんに肩を並ぶことができます!

いやいや、今から楽しみですねえ♪

ここは6度目の優勝を祈願して、第一応援歌『紫紺の歌』で〆させていただきましょうか♪

  光輝みつわれ等が 母校明治の名をおいて~♪

  若き血に勇める 猛き精鋭今ここに♪

  起てり~♪ 土(ち)を蹴りて~♪ 闘志はもゆる~♪

  神技の精華 無敵の明治~♪

  明治~♪ 明治~♪ 輝く栄冠戴く我等 オ~!

  明治~♪ 明治~♪ われらが明治~♪


はい、作曲はもちろん、古賀政男先生です(^o^)丿

☆こちらのリンクは音が出ますので、ご注意ください!・・・勝手リンクですが・・・(^_^;)
 → http://jtkanehira.com/1s/obs8.html

いやいや、残りの人生9,788日目の本日は、盛り上がってのスタートです♪

盛り上がりついでに、こっちもいってみましょうか!

☆娘もここでチアやってほしいなあ・・・完全なる親バカ!・・・昨年の映像のようですから、団長は加藤君だったかな?・・・こちらも是非見てください♪・・・『狙い撃ち』から『ハイパーユニオン』最高です(*^。^*)
 → http://www.youtube.com/watch?v=RRFC83NpQOU

ようし、駅伝も、ラグビーも続いてくれよ~(*^。^*)

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2013-05-29 06:27 | Comments(3)

自動車保険配布スキンパーツ1 情熱と挑戦

いやいや、シニアパワー全開ですね!

昨日コネタにした三浦雄一郎さんのエベレスト登頂の件も凄かったですが、先ほど出社前に見ていた朝のニュースバラエティでは、井戸木鴻樹選手が全米シニアオープンで優勝されたとの報が!

これも、快挙ですよね♪

過去の優勝者を眺めてみても、ビッグネームが目白押しです。

アーノルド・パーマー、ゲーリー・プレーヤー、リー・トレビノ、ジャック・ニクラウス・・・

この面々の中に、井戸木鴻樹選手の名前が刻まれるわけですから、ホント立派だと思います。

それにしても、日本のシニア、ガンバリますね!

そうそう、シニアといえば、先ほどの番組で、好みの岡安弥生さんのコーナーで、『シニアコン』が話題として取り上げられていました。

参加条件は50歳以上の男女ということでしたが、良く考えてみると、ちぇりーさんも参加資格を得るのも、そんなに先のことではないと改めて知らされることに・・・

シニア世代かあ・・・心はまだまだ幼気な少年なのですが・・・(^_^;)

スポットを浴びていたのは、62歳(だったかな?)の経営者。

6年前に奥様をがんで亡くされて、3人の子供も独立し、今は一人住まいということで、出会いを求めて参加されたようです。

出会いかあ・・・確かに、求めないと、チャンスは転がり込んできませんよね。

求めても、という話もありますが・・・(-_-;)

プチ特集のまとめでは、シニア世代になってパートナーを求める一番の動機は、好きな人と一緒に暮らしたいという思いからなんだそうです。

う~む、懲りないなあ・・・と思ってしまうのは、ちぇりーさんの天邪鬼さでしょうか・・・というか、実感だったりして・・・(@_@;)

そのシニアといえば、今朝の私の履歴書も良かったですね!

  『情熱と挑戦』

以前、ご自身が漏らしたこの言葉を、お知り合いの方が、1997年二度目の日本女子オープン優勝直後に、筆を走らせて、岡本さんに贈られたそうなんです。

その時の岡本さんの年齢は、46歳・・・なんと、ちぇりーさん、まさに「今でしょ!」

d0004717_7163897.png


そう、そして老け込むのは、まだまだ早いっすよね♪

はい、確実にシニアの世代にまっしぐらではありますが、さらに楽しい人生を歩んでいくことができるよう、残りの人生9,789日目の本日も、しっかり前進してまいります!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-05-28 07:12 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 山から下りて気づいたこと!

  人生、人が夢を見て、そうしてそれをあきらめなければ、夢が実現する。エベレストの頂上というのは、夢を見てあきらめず実行すれば夢がかなうという(ことを教えてくれた)、僕の宝物です。(それが)僕の心の中にプレゼントされました。

80歳にしてエベレスト登頂を達成された三浦雄一郎さん。

  エベレストに登頂して何が見えましたか?

という記者の質問に対する答えです。

  夢を見ること。

  あきらめないこと。


世に数多ある成功法則本や自己啓発本に、もう100年以上も紹介されるづけている、この真理。

三浦雄一郎さんは、その実現に向け、周到に、そして真摯に準備を重ねてこられました。

一方で、比較の対象にはなりませんが、ちぇりーさん、大峯修行体験をなんとか万行でき、山を下りてくることができましたが、これは単なるラッキー・・・

しかしながら、そんなラッキーも、素直に受け入れ愉しむことに改めて気づけたことが、今回の一番大きな収穫かもしれません。

  留守を守る家族がいること。

  会社を守る社員さんがいること。

  五体満足に産んでくれた両親、そしてご先祖様がいること。

  会社をサポートしてくれる、お客様、協力会社さんがいること。

  一緒に愉しむことができる仲間がいること。

  そんな環境を与えてくれたサムシンググレートに、唯々感謝!

いろんなご縁を感じざるを得ませんね。

三浦雄一郎さんのような大きな夢は描けないかもしれませんが、愉しむことを諦めることなく、残りの人生9,790日目の本日も、顔晴ってまいります♪

おっと、たった今facebookを確認したら、今回先達を務めていただいた山崎先輩からコメントが・・・

  「南無高祖神変大菩薩 南無大日大聖不動明王 オンアビラウンケンソワカ 月の7日は役行者さんのご縁日、28日はお不動さんのご縁日 悪い事はせんように!精進を怠らんように!第一に親孝行!また来年も御礼参り来るんやで!わかりましたか?」

  「ハイ!」

d0004717_7112977.jpg


無心で「ハイ!」と叫んでいたっちぇりーさん、来年も行をさせていただくことは決定のようです・・・m(__)m

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-05-27 07:09 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 よう、おまいり〜( ̄^ ̄)ゞ

いやいや、想像を超える荒行でしたm(_ _)m

昨日初体験させていただいた、大峯山修行( ̄^ ̄)ゞ

正直、あんなに辛く、厳しいものとは…((((;゚Д゚)))))))

それでも、先達さんの丁寧で愛あるご案内のおかげで、こうやって筋肉痛襲われながらも、カキコできていることに感謝∞ですねm(_ _)m

d0004717_436539.jpg
[#

☆今回、先達を務めていただいた山崎先輩、頼もしかったです( ̄▽ ̄)

特に裏行は、自身まだまだ執着にまみれていることを、改めて気づき機会となりました(>人<;)

まだ死にたくない…そんな思いが体の動きに思いっきり出ていたようです(; ̄ェ ̄)

体験されたことのある方なら、そうだろう、そうだろうと頷かれることだと存じますし、そうでない方は、なんのこっちゃというレベルでしょうが、一夜明けて素直にそんな思いがフツフツと…

いずれ、時間が確保できれば、ゆっくりコネタにしてみたいと思いますが、残りの人生9,791日目の本日は旅先からということで、ショートバージョンでお許しくださいm(_ _)m

d0004717_45771.jpg


お許しといえば、本来なら日曜版をお楽しみいただく日なのですが、先日ご案内させていただいたとおり、振替で別の機会までお待ちくださいませm(_ _)m

d0004717_4474370.jpg


☆見よ、この煩悩が取り払われた澄み切った表情を(⌒▽⌒)

ところが、こんな女性を目の前にすると…

d0004717_451158.jpg


秘技、隠し撮り( ̄^ ̄)ゞ

d0004717_4535835.jpg


う〜む、結局、性根は簡単には…(~_~;)

本日は朝から天河神社(三年連続ですね)、吉野を参詣して、夜名古屋に帰る予定です(⌒▽⌒)

蔵王権現さまに再会できるの、楽しみだなあ(((o(*゚▽゚*)o)))

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-05-26 04:28 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 いざ、出立( ̄^ ̄)ゞ

いよいよ、当日の朝を迎えました!
5時集合ということで、いつもより少しだけ早起きして、iPad miniからの投稿で
す。

体験修行をするにあたり、己の過去を振り返るということで、2005年10月からつ
けている朝日記を確認してみると、いろんな発見がありました。

2006年5月25日(木)・晴れ
この日は、当時お世話になっていた整体の早瀬先生に、急遽診ていただいた、な
んて書き込んでいますので、体が悲鳴を上げていたようですね・・・(-_-;)
ビジネスの方は、当時定期開催していた『社内変革会議』を実施していたようで
すが、当時を振り返ると、自分自身が変革できていないのに、よくもこんなネー
ミングをしたものだと、赤面ものですね。
賢人の一言は、トルーマンの”我々のゴールは我々の時代の平和でなく、永続的
な平和だ。”というものですが、今から考えると、チャンチャラおかしいですよ
ね・・・
同時並行で進めていた四行日記の宣言文が、かなり青いです・・・(^_^;)
「私は魅力溢れる人間です。」・・・ただのバカでしたね・・・自爆

おっと、こんなことやってると、集合時間に間に合わなくなってしまいますので、
今朝は、賢人の一言のみ紹介しておきましょう!

2007年5月25日(金)・雨
『人間は一個の小宇宙』:人間の生命の中には、この宇宙の中に存在するありと
あらゆる一切のものが、ことごとく存在しているという不思議な事実がある。
・・・中村天風

2008年5月25日(日)・雨のち晴れ
”才能は常にそれ自身であり余る程の量に気付いていて、分かち合うことに反対
しない。”
・・・アレクサンドル・ソルジェニツィン

2009年5月25日(月)・晴れ
『人生の峠路』:諸君たちは、その欲すると欲せざるとにかかわらず一日一日、
否、一刻々々、この人生の峠路に向かって歩みつつあるのであり、実はその一歩
々々が、諸君らの方向を決定しつつあるわけです。
・・・森信三

2010年5月25日(火)・曇り時々雨
【聞き上手の活学】:話し上手より聞き上手ということがある。自分が接するあ
らゆる人から、その専門の智識体験をきき、わがものにすることが出来れば活学
というべきだ。
・・・安岡正篤

2011年5月25日(水)・曇り
”知識労働の生産性向上には、あるべき姿を明らかにすることが必要である。”
・・・P.F.ドラッカー

2012年5月25日(金)・曇り時々小雨
<風>:ともに あゆめば 風 ひかる
・・・坂村真民

いやいや、振り返ってみると『致知』の影響が出まくりですね・・・(^_^;)

気づいたのは、天気が悪い日が多いこと・・・そういう意味で、本日は快晴のよ
うですから、これはツイてる!

その残りの人生9,792日目の本日、2013年5月25日(土)は、どんな言葉を書き込む
ことになるのか・・・

今から楽しみですね!

楽しみといえば、こんなの持ち込んでも大丈夫かなあ(⌒-⌒; )

d0004717_3542071.jpg


それでは、行ってきま~す♪

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2013-05-25 03:54 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 大峯体験修行・・・準備編

三浦雄一郎さん、80歳にしてエベレスト登頂、スゴイですね♪

昭和ヒトケタ世代の星ですよね!

素直に、日本人として大先輩の快挙を喜びたいと思います!

ところで山登りといえば、いよいよ明日に迫ってまいりました。

ご縁をいただき、初めて大峯山に登ることができます。

おかげさまで天気も良好のようですから、体力さえついていけば、気持ちよく登ることができることでしょう!
☆そういう意味では、先日荒天予報(結局季節外れの大雪でしたね)で断念した日光は、ホントご縁がないようですね・・・これで3回目の断念でしたから・・・

さて、今回ベースとなる洞川温泉には、過去に2度ほどお世話になったことがあります。

一昨年に日帰りで、そして昨年は家族3人で一泊させていただきました。
『急遽、奈良の山奥へ行って参ります!』
 → http://cherrychan.exblog.jp/15787147/
『蔵王権現さんに導かれたご縁・・・奥さんとも戦っています』
  → http://cherrychan.exblog.jp/15810945/

しかしながら、今回は体験修行が目的ということで男ばかりの集団で・・・まあ、それも愉しみではありますが・・・(^_^;)

今回団長を務められる山崎先輩(毎年参詣されているそうです)からご案内いただいた行程をご紹介すると、

  早朝5時に大府市内に参集・出立
  ↓
  伊勢湾岸道〜東名阪道経由で黒滝にてコンニャクを食し、9時過ぎに洞川着
  ↓
  買物(装備)を済ませ龍泉寺で水行
  ↓
  発心門
  表の行場(鐘掛岩、西の覗き)
  宿坊 山上護持院
  裏の行場(胎内潜り、平等石)
  大峯山寺御参拝
  ↓
  旅館にて精進落とし
  洞川散策

なんて感じで、いやいや、初日からハードスケジュールですよね。

今回のメインである、大峯山寺は、標高1719Mを誇る山上が岳の山頂にあるということですから、物見遊山感覚ではなく、しっかり備えないといけません。

d0004717_6251383.jpg


☆西の覗きの風景・・・高所恐怖症のちぇりーさん、大丈夫か?・・・まさかの失禁かも!

楽しい夜を過ごした翌日、2日目の行程は、

  旅館を8時出立
  ↓
  大峯本宮 天川弁財天社を参詣
  ↓
  吉野山へ
  吉野町観光ボランティアの会のガイドさんによるご案内
  銅鳥居
  金峯山寺(仁王門、蔵王堂)
  吉野の四ヶ寺(東南院、喜蔵院、櫻本坊、竹林院)他、役行者の御霊蹟巡り
  ↓
  15時頃、吉野を後にして、一路集合場所の大府市へ

はい、二日目も、なかなか盛りだくさんの内容ですね。

この日は、ちぇりーさん的に、特別拝観中の蔵王権現さまに再会できることが楽しみなんですね!

ところで、事前に団長の山崎先輩(ベテラン者)から、こんなアドバイスをいただいております。

d0004717_6254718.jpg


☆山崎先輩、カッコいい♪

  皆さんは大峯山の入門編ですから…
  準備する物として、初日の服装は低山なので、軽装=大丈夫といったもののGパンや綿パンはNGです。 長袖長ズボン、クイックドライ 速乾の肌着・シャツと着替え、汗拭き用タオル、厚手靴下、履き慣らした軽登山靴、雨具(傘は駄目)、リュックかウェストバックに納経帳・朱印帳、お賽銭として五円玉100枚、小遣いに、飲み物(お茶等)と行動食食糧(カロリーメイト等)。必要な方は、経典、線香・蝋燭・・・
  正式に修験者として参拝でしたら白ズボンに白シャツです。白衣と杖・鉢巻・数珠・袈裟などは洞川で購入します。皆様、新客さんなので龍泉寺の水行がありますので希望される方は下穿き(ふんどし)とバスタオルを御用意願います。

d0004717_6264699.jpg


いやいや、有難い情報ですよね。

追加情報も充実した内容で・・・

d0004717_6271695.jpg


洞川(現地)で購入出来るものです。杖←自然な物か八角の物、輪袈裟、数珠、白衣、鉢巻。
御札は龍泉寺¥1000、大峯山寺¥10000購入は自由です。

d0004717_6273388.jpg


う~む、なかなかの重装備ですよね!

ちぇりーさん、探し回って白のジャージだけは調達していますが、まあ案ずるよりということで・・・

d0004717_6281158.jpg


古着ですが・・・(^_^;)

d0004717_6274892.jpg


☆山崎先輩からお借りしたガイド本も忘れずに!

おっと準備といえば、気持ちよく出立できるためにも、その前に残りの人生9,793日目の本日をしっかりやりきって!

夜は業界のミーティングですので、アルコール摂取はほどほどに・・・

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-05-24 06:28 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 『意見と事実、そして真実』

昨日の今日でしたが、タイミングだったのですね。

今朝の私の履歴書、日本女子オープン初優勝のエピソードが紹介されていましたが、人間の記憶ってホント曖昧だということを裏付けられることに・・・(・。・;

12番パー3までは合っていましたが、セカンドショットは、ザックリではなくバンカーからのホームランだったんですね・・・<(_ _)>

そして今朝も懐かしいプレーヤーの名前が・・・

プレーオフを争った村井真由美選手・・・小さな体でしたが、この年は3勝と一番強い時期だったかもしれません。彼女は6年後に、女子オープンというビッグタイトルを手に入れます。

そして木村敏美選手・・・彼女のアイアンショットの切れ味は男子並みで痛快でしたよね!ツアー通算10勝という実力者。現在はペットショップの経営もされているようです。村上涼子さんを見るたびに木村プロの顔を想い出してしまいますが・・・自爆

d0004717_793885.jpg


☆こちらが木村敏美さん

d0004717_710014.jpg


☆こちらが村上涼子さん

d0004717_7101727.jpg


☆こちらが木村敏美さんのお仕事姿

d0004717_7104591.jpg


☆こちらが村上涼子さんのお仕事姿

おっと、またまた前ふりが長くなりそうですので、軌道修正を!

はい、昨日の朝ミーティング、流石に『推論のはしご』まで言及することはできませんでした。

まあ、30分という限られた条件の中で、お客様情報共有をメインにしていますので、昨日も勉強(研修)タイムに確保できたのは12~13分くらいでしたから・・・・

そんな中、ちぇりーさん、お客様情報共有タイムから、丁度よい題材を見つけましたので、『意見と事実』について的を絞ることにしました。

先ずは、ペアになっていただいて、『意見と事実』について、ディスカッションしていただき、各ペアから短時間で発表いただいたのですが、いやいや期待通りの内容で、進めやすかったですね!

2分ほどの持ち時間で社員さんから出てき内容はこんな感じです。

  □意見
  ・自分で思ったこと
  ・自分で考えたこと

  □事実
  ・本当のこと
  ・実際にあったこと
  ・出来たこと
  ・現実
  ・自分が見たこと
  ・見えているもの
  ・聞こえているもの
  ・真実


中には、こんなユニークな発想もありました。

  意見(思い)が、計画を立て実行することによって、実現し、それが事実となる

なんだか、勇ましくって、イイ感じですね!

d0004717_7112517.jpg


社員さんから意見が出尽くしたところで、ちぇりーさん、こんな感じで切り出してみました。

  会議中、自分の意見を発言したら、否定されたり、反応が芳しくない時って、不快な気分になるよね?

ほぼ、全員が頷いてくれました。

はい、ここで学びが生まれるんですよね。

そんな時、発言者は、何故、自分以外の皆は反応がイマイチなんだろうという、問いかけを自身の中で起こすこと!

ちぇりーさん、続いてこんな問いかけをしてみました。

  自分の見たことは幻覚ではないのか?

  自分が聞こえた音は幻聴ではないのか?

  自分がそう見てしまうだけのことではないのか?


社員さん、確かにそうかもしれないという反応を見せてくれましたが、実はちぇりーさんはじめ、多くの方々が、同じレベルで無意識にそのような捉え方をしているように感じます。

また一方で、

  そのような意見が出てくる背景は何か?

という受け止め側の姿勢も大切ですよね。

先週の研修会で、

  顧客価値を高めるために、対話のレベルを上げていこう!

という認識を共有できていたことも、社員さんの腑に落ちた要因だと考えられます。

そして、『事実と真実』の違いについて駆け足で・・・

ちぇりーさんがたとえ話に出したのは、地動説と天動説。

最近、報道が目立つ冤罪もこれにあたるかもしれません。

その大きな要因は、思い込みという厄介な概念。
☆冒頭のザックリも、ちぇりーさんの思い込みでしたから・・・(^_^;)

そこで、ようやく『推論のはしご』につながっていくわけですが、こちらについては、やはり朝ミーティングの限られた時間では、なかなか伝えるのが難しいかもしれません。

次回の社内研修会の予定は、6月21日(金)AMですが、前週末の土曜日には、伊那フォーラムにも参加予定ですので、平日ながら盛りだくさんの濃い内容になりそうですね。

はい、残りの人生9,794日目の本日も会話(雑談)力と対話力を高めながら、明るく愉しく元気よく、顔晴ってまいりましょう♪

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-05-23 07:03 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 会議のお作法

今月の私の履歴書、岡本綾子さん、面白いですよね♪

ちぇりーさんのお友達も、各方面で情報発信されているようですが、今朝も心地よい懐かしさを感じながら読むことができました。

パティ・シーハン、パット・ブラドリー、パティ・リゾ、ジェーン・ゲディス、ジェーン・ゲディス、ジュリ・インクスター、ベッツィ・キング、ナンシー・ロペス・・・

いやいや、往年の名選手の名前だけでも、あの頃の映像が蘇ってきますね!

そうそう、パティ・リゾはアヤコさんと恋仲だったというのは、当時のファンの間ではよく知られていましたよね・・・(^_^;)

ちぇりーさん的には、近日中に認められるであろう、日本女子オープン初優勝のエピソードを今か今かと待ち焦がれています。

1993年ですから、ちぇりーさん、当時、東京時代だったのですが、舞台は地元の名門?東名古屋カントリークラブ西コース。

食入るようにNHKの生中継をTV観戦していたことを想い出します。

確か、12番のパー3だったと思うのですが(15番だったかな・・・)、アプローチをザックリやった後のチップショットが直接カップインしてパーで凌げたホール、これが優勝へのターニングポイントだったと記憶しています・・・かなり曖昧な記憶ですが・・・
☆確か、優勝インタビューでも、アプローチのミスに対して、『私、何やってるんだろう・・・』なんてことを零されていたような・・・これまた超曖昧・・・(^_^;)

ちぇりーさん自身、これまで何度もプレーしたことのあるコースですので・・・そういえば、最後のラウンドはまさに東名古屋カントリークラブの西コースでしたね・・・(^o^)丿
☆もう5年以上前のことですか・・・何だか感慨深いものがありますね

おっと、前ふりが長くなってしまいました・・・その日本女子オープンのお話は、またチャンスがあればということで、本題に移りましょう!

先週末の土曜日のお話、研修会開催日ということで、朝から継続テーマについて意見交換に取り組みました。

今回の進行役を、制作のIくんに任せてましたが、社員の皆さんから多くの意見が飛び出し、ちぇりーさんがファシリテーターを務めるより良かったかもしれません・・・(^_^;)

一通り意見が出尽くしたと思われるタイミングで、I君からBOSSからも、と意見を求められましたので、皆さんから出たアイデアを板書しながら、整理して説明を加えてみましたが、ようやくこんなスタイルが実現するようになったかと思うと、ホント嬉しかったですね。

まとめ話をした後は、少し時間をいただいて、AAR(After Acton Review)という意味も含め、今回の意見交換の場を振り返っていただきながら、こんなことを切り出してみました。

今日のこの場って、会議と言えるかな?その会議にもいろいろ種類があるんだけれど、どれに当たるだろう?


  会話(雑談)
  議論
  討議
  対話


これには、社員さんも最初はハトがマメ鉄砲をくらったような表情をされていましたが、以前研修会の際、皆で学んだ「みる」の定義【見る、観る、診る、視る、看る、監る、覧る】を例に出して、それぞれ意味が違うんだということを復習ならびに理解していただいたら、腑に落ちてくれたようです!

「みる」と同様、これらを英語に訳してみると、


  conversation
  discussionn
  debate
  dialog


となり、そもそも語源が違うことが単語を眺めても予想ができますよね。

もちろん日本語からも、ある程度、その本質が推察することが可能です。


  会話は、字面のとおり会って話をする・・・時と場合によって、大変大切な潤滑油のような働きをしてくれますよね

  議論は、目的をもって意見を出し合うこと

  討論は、相手を討つということですから、かなり攻撃的です。法廷や国会の論戦がこれにあたるのでしょうか・・・

  対話は、対等な立場で目的を持ち、相互理解、相互尊重しながら、意味を共有し話をすすめること


流石にアウフヘーベンなんて用語は持ち出しませんでしたが、対話のレベルを向上させることで、第3の案を創出しようという方向性は、何とか共有できたのではないでしょうか!

d0004717_6514022.jpg


そして、残りの人生9,795日目の本日も、朝礼の後は週一の朝ミーティングですので、土曜日の研修会を踏まえ、できれば『推論のはしご』について、全員で勉強したいと思います!

おっと、その前に、『「意見」と「事実」』あたりからかな・・・(^_^;)

はい、本日も真夏日という予報ですので、水分補給はしっかりと!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-05-22 06:51 | Comments(0)