自動車保険配布スキンパーツ1 <   2013年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 2月の書縁は、2冊かも・・・( ̄▽ ̄;)・・・極意には程遠い?

いやいや、過去に記憶がないくらいです。

先日、読書が全然進まないとコネタで嘆いておりましたが、最終日の朝を迎えながら、現在のところたった2冊・・・(T ^ T)

そのうち1冊は先日コネタにさせていただいた島田裕巳さんの新作だったのですが、この島田さんに関して、FBで面白い情報がコメントを通じて寄せられました。

発信元は、松本で活躍されるY先輩。

そのままコメントを転載しすとこんな内容で・・・

  著者の島田さんは、ゼミの大先輩で、卒論のテーマが同じだったこともあり、当時は大変お世話になりました。その後のジェットコースターのような人生は壮絶でしたが、ようやく復活され、「奇跡の人」と業界では呼ばれています。先日20数年ぶりに、パーティーでお会いしたばかりです。

いやいや、これはビックリしましたね!

早速ちぇりーさんからも、

  Y先輩、そうなんですか!島田さん、確かに波乱万丈ですが、最近は凄いペースで出版されてますよね。数冊拝読しておりますが、アタリが多かったので、今回も買い求めてしまいました!

なんて、コメントを返すと、Y先輩から、

  ご自分でも「月刊島田」を目指しますとおっしゃっていました。

というサプライズ情報が・・・

毎月著書を出版されるって、どんな能力の高さなんでしょうか!(・□・;)

月に2冊しか読了できない輩と比べるまでもありませんが、それにしても精力的ですよね!
☆ちなみに島田裕巳さんならびにY先輩の母校は東京大学です!・・・ちぇりーさんは、東京にある大学に通っていましたが・・・自爆・・・そういえば、師匠のお嬢さんも、現役で東大合格でしたね(4月から3年生ということで、本郷キャンパスなのでしょうか?)。

そして、本来なら、もう1冊を紹介するところですが、こちらが優れものでして・・・笑

いや、読むだけなら、比較的文字も大きいですし、アッという間のボリュームなのですが、考えさせられることが多くて、昨晩も読み返してしまいました。

新年度スタートまで、丁度1ヶ月ですが、そんなタイミングで読み終えることができて、大感謝です!

そんな書縁を導いてくれたのが、同級生(愛知県立横須賀高校)の一流経営者・A君でした。

d0004717_7382139.jpg


18.『超一流の人の「健康」の極意』 小林弘幸著 ポプラ社

上記画像も、A君のタイムラインから拝借しました(^_^;)

A君ご本人は、まだ超一流ではないと謙遜されていますが、ちぇりーさんから見れば、雲の上の存在なんです。

そして、そのA君が、FBでこんな投稿をしていたのが、きっかけだったんですね♪

  「超一流の人の健康の極意」読み終わりました。自身の思考・行動習慣を見直すための指標になる良書だと思います。

  今年のテーマは「整える」…

  精神を整える。
  肉体を整える。
  人間関係を整える。
  社内システムを整える。
  組織・人財を整える。
  グループを整える。
  社会を整える。
  そして日本を整える。

  しっかりとイメージしながら前進していきたいと思いますo(^▽^)o



これぞ、『誰が語るか』・・・ですね!

ちなみに、本の中で紹介されている23番目の極意は、

  超一流の人は、読書家である

というもの・・・( ̄▽ ̄;)

はい、残りの人生9,878日目の本日も、そんな書縁をいただけたことに改めて感謝しながら、新年度スタートに向け残り1ヶ月、何を整えるかについても考えてみたいと思います!

というより、一からやり直しということで・・・

まあ、とにかく顔晴ってまいります♪

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-02-28 07:41 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 歴史秘話ヒストリア・・・梶浦由記に魅了されて・・・脱線覚悟(^_^;)

普段、ちぇりーさん、あまりTVを見ないのですが、チャンスがあれば見たいと思っている番組もないわけではありません。

もちろん、興味のあるスポーツ中継やドキュメンタリーはタイミングが合えば楽しんでおります。

それでも、レギュラーモノというと、やはり数える程でして・・・

そんな中でも、たまに無性に見たくなるのが、下記あたりでしょうか。

月曜日でいえば、BS-TBSの『吉田類の酒場放浪記』・・・それでも、もう1年以上見てないかも( ̄▽ ̄;)

そして、本日水曜日といえば、NHK総合の『歴史秘話ヒストリア』

実は、先週も、テーマが『空海からの贈りもの~天空の聖地・高野山~』だったので、間に合うように帰宅し、楽しく拝見させていただきました。
☆なんて言いながら、それでも今年2回目でしたが・・・(^_^;)

いや、それにしても、やはり波長が合う番組というか、直ぐにでも高野山を再訪してみたくなるから、有意義でしたね。
☆もう4年前になるですね!・・・早っ!・・・当時のブログを見たら、山から降りてきて、SDLのM先生にコテンパンにやっつけられたことを想い出してしまいました・・・(T ^ T) 『問題は成長の糧』 → http://cherrychan.exblog.jp/9654880/
☆それでも、この時の遠征では、すてきなご縁もいただけて嬉しかったですね♪

おっと、早くも脱線モード・・・

先週の高野山ネタでは、空海の弟子・智泉のエピソードについて、ちぇりーさん全然知りませんでした・・・

ちょっこしググってみると、昨秋紅葉を楽しんだ西明寺を創建した方なんですね!

いやいや、知らぬとは勿体ないことで・・・( ̄▽ ̄;)
☆知っていたら、昨秋の参詣も、また違った思いを持って臨めたというのに・・・(-。-;

ところで、この番組の大きな魅力は、音楽なんです。

音楽担当は、梶浦由記さんという方なんだそうですが、その世界観というか何というか、ビンビンとちぇりーさんの琴線に迫ってきます♪

オマケ的には、案内役を務められる渡邊あゆみ穴!

d0004717_719369.jpg


本日は日曜版なので特集を組みませんが、彼女も穴生活でいろいろありましたが、今でも存在感を誇っていますよね!

久能木姓から黒田姓へ、そして今は渡邊姓と変わっていますが、埋もれさせてしまうには惜しい才媛だと思います。
☆NHKって、局が局だけにimmoralな関係があからさまになると・・・有働由美子穴、道傳愛子穴・・・契約キャスター等では、古瀬絵理穴、半井小絵穴が記憶に新しいところですよね。

おっと、今朝のタイトルは梶浦由記さんだったではないですか・・・

未聴の方は、是非♪・・・ちぇりーさん真剣にCDを買おうかどうか考え中です♪

d0004717_7192354.jpg


考えるといえば、もし、井上あさひ穴から関係を迫られたら・・・考える間もなくGO♪自爆

d0004717_71937100.jpg


う〜む、今朝の穴の共通点は、目を閉じているところでしょうか・・・(^_^;)

はい、残りの人生9,879日目の本日は、前夜のアルコールがかなり残っているようで・・・

それでも、AMからお客様訪問が予定されていますので、しっかり顔晴ってまいります1

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2013-02-27 07:20 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 宗教はなぜ必要なのか・・・日本には敬神崇祖があるじゃないか!

昨日は業界のミーティングを終えた後、帰社し、段取りをつけて帰宅できたのは、23時過ぎでした。

会議弁当では物足らず、空腹感とどう向き合おうか指南しながら、FBで同級生経営者(高校時代)がオススメされていた本を読み始めたら、面白くって、どこでキリをつけようかなと、思案しながらFB投稿てみたら、これまた同級生(大学時代)が、本を閉じて外に出れば・・・今宵は満月だよ!・・・とFBコメントで教えてくれました。

寒空に目を向けると、ホントすてきな満月が顔を見せてくれています。

いやいや、何だかロマンティックでしたね♪

進まなかった読書にも、ようやく勢いがつきそうです。

そう、読書といえば、先日、2月は全然進まないなんてカキコしていましたが、そんな中、ようやく1週間ほど前に読了できたのが、こちらの1冊。

d0004717_7435510.jpg


17.『宗教はなぜ必要か』 島田裕巳著 集英社インターナショナル

ちぇりーさん、なんだかんだで、この手の本が好きなんですね。


  宗教が必要とされた第一の理由は、死を意味づけ、それを無意味なものとはしないということにあります。私たち日本人は、仏教が伝来してから長い年月をかけて西方極楽浄土についての信仰を築き上げ、なんとか死に意味を与えようとしてきたのです。もし日本に仏教が伝えられず、神道しかなかったとしたら、果たして神道の枠組みのなかで死を十分にいみづけることはできたでしょうか。それはかなり疑問です。<p39>

  ☆難しいことはよくわかりませんが、神様にも仏様にも、気軽にお近づきになれる日本って、本当にイイ国だと思っております♪

  今の日本の社会で行われている成人式は形骸化していて、若者がはじめて晴れ着を着る機会にしか過ぎなくなっています。しかし、伝統的な社会では、子どもと大人とは厳格に区別されていて、成人式を経て大人の仲間入りをすることが、その個人の人生において決定的に重要な出来事とされていました。<p67>

  ☆イニシエーションに関する件なのですが、幼気な子供たちに、稚児行列なんて参加させたりしていますが、稚児とは何かと少し掘り下げてみると、愕然とすることを知らない人って少なくないように感じます(^_^;)

  宗教体験のなかには、「エクスタシー」と呼ばれるものがあります。エクスタシーは、ギリシア語の「エクスタシス」に由来しますが、それは外に立つことを意味します。このエクスタシーの状態では、魂がからだから抜け出て、現実の世界とは異なる神聖な世界を経験することになります。・・・・・・宗教の中心には教えの体型があるわけですが、それは抽象的なもので、果たしてそれが本当に正しいものなのかどうか、なかなか確信を得ることができません。・・・・・・<p76-77>

  ☆新興宗教にSEX教団がある、なんて話を耳にしたりしますが、あながち・・・苦笑・・・エクスタシーといえば、世の男性の多くは本当の意味でエクスタシーを体験したことがないのではないでしょうか・・・男性諸君、指を自分に向けて、よ〜く考えてみよう!

  ・・・・・・一部の知識人は、純粋な信仰のあり方を重視し、それに傾倒して、高度な宗教哲学を築き上げていくことになりますが、そうした宗教観が社会全体に共有されることはあり得ません。やはりそこには、たしかなご利益が必要です。信仰することによって具体的に得るものがなければ、長く信仰を保つことはできません。<p100-101>

  ☆個人的には、苦しい時の神頼みは、全然アリだと思っております。もちろん、結果如何に関わらず、お礼参りはしっかりと!

  ・・・・・・日本人は、あらゆるものを道としてとらえようとしてきました。たとえば、茶道や華道、書道などは、芸術的な表現であるにとどまらず、精神的な価値を追求していく宗教的なものとしてとらえられています。武士道もそうした道の一つにほかなりません。<p136>

  ☆この後、商いについても触れられていますが、まさに商人道、経営道というものが存在している国ですね!

  私たちは、神や仏によって定められたものがあるから、モラルを守るわけではありません。むしろモラルを守って生活することが、社会生活を円滑に送る上で、あるいは人生をまっとうなものにしていく上で、自分たちに好ましい影響を与えるからこそ、それに積極的に従っていこうとするのです。・・・・・・日本人が、自分たちのことを無宗教だと言ってはばからないのも、宗教に頼らなくても、社会にモラルが行き渡る仕組みができあがっているからです。<p142-143>

  ☆日本には、お天道様がいたわけで・・・

  村の鎮守として祀られた神などの場合は、それがいったいどういう神なのか、明治以前の時代には、それさえ定かではありませんでした。明治の時代になって、神道が国の管理のもとにおかれるなかで、村の鎮守の祭神にも名前が与えられていきますが、それ以前は、ただ「お宮さん」とか「鎮守さま」などと呼ばれているだけでした。今でもその感覚は消えていません。<p149>

  ☆アミニズムの否定は、ちぇりーさん間違っていると思っております!

  ・・・・・・ユダヤ教の神は、「ねたむ神」と言われます。・・・・・・キリスト教の神は「愛の神」と呼ばれています。・・・・・・イスラム教の神は、「慈悲の神」なのです。・・・・・・それに対して、日本の宗教の世界においては、神は絶対の存在ではなく、人間がすべてを委ねることができる究極の親にはなり得ません。・・・・・・そして、究極の親として神に頼れない以上、私たち日本人は自分たちが親となり、親としての責任をまっとうしなければならないと考えてきました。・・・・・・日本の社会のなかで、ずっと「祖先崇拝」ということが重視されてきたのも、この点が関係します。・・・・・・祖先として祀られるということは神になることを意味します。日本人は自分自身が神となることで、絶対的な存在にすがらないでもすむ社会を作り上げてきたのです。<p164-p169>

☆今こそ、敬神崇祖家庭力がまさに問われてるわけですよね!


帯広告には、”5つの理由”なんて切り口で誘いますが、

  死と向き合うために、宗教体験の魅力、ご利益、共同体のモラル、親として

という要素で、わかりやすく情報提供していただける良書という印象でした。

宗教に興味がない方にこそ手にとっていただきたい、そんな本ですね。

ちなみに、ちぇりーさんも、特定の宗教・宗派には全く興味がありませんが・・・真言立川流くらいでしょうか・・・自爆(^_^;)

はい、残りの人生9,880日目の本日も、敬神崇祖の気持ちを胸に、顔晴ってまいりましょう♪

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2013-02-26 07:53 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 酒蔵のまち・・・大高

昨日は、午前中から飲んだくれてしまいました。

地元、大高の銘酒・神の井さんと山盛さんの鷹の夢の酒蔵見学会。

前日のお昼頃、FBメッセージで高校の同級生数名に打診すると、Fくん一家(奥様とご子息)とMくんから賛同をいただき、計5人が10時前に大高駅で待ち合わせて、向かいました。

それにしても、朝からスゴイ人でしたね。

ウォーキングを兼ね、片道約25分のアップダウンコースを楽しみながら、見学会オープンの20分ほど前に駅に着いたのですが、駅はオジサン連中で溢れかえっていました。

1時間少々かけて、二つの蔵を見学・試飲させていただきましたが、名古屋市内で酒蔵巡りができるなんて、いいものですね。

d0004717_773560.jpg


先日、那古野塾で新酒と秘蔵酒を振舞っていただいた山盛さんにもご挨拶ができ、有意義でした!
『鷹の夢を見よう♪』


d0004717_794899.jpg


☆神の井さんの仕込みタンク

d0004717_7101838.jpg


☆朝イチから試飲コーナーに列んでいます♪

d0004717_71107.jpg


☆山盛さんの麹室前に祀られていた松尾さま・・・久しぶりに参詣してみたいなあ♪


いいものといえば、ほろ酔い気分で駅まで戻り、ランチを兼ねて、駅前の仕出し屋さんで昼前から2時間ほどゆっくり飲んだくれてしまいましたが、懐かしい旧友との交流もいいものですね。

d0004717_713354.jpg


☆Fくんのご子息は、春から小学生!

嬉しかったのは、Mくんのご子息が、われらが母校(愛知県立横須賀高校)に推薦で入学が決まったようで、ご縁のある同窓生が増えたことは、同窓会役員としても一入でしたね。

Fくん一家とはこちらのお店で別れて、Mくんと二人で駅のロータリーに面した鉄板焼き屋さんで閉店まで粘って、奥様の前では話せない話題で盛り上がっていましたが(爆)、お昼から至福のひと時をすごすことができました!

d0004717_7144360.jpg


今回、買い求めたのはこちらの純米酒2本!

d0004717_715986.jpg


週末を中心に登板予定です♪

あれれ、山盛さんのお酒は?・・・なんてツッコミが・・・まあお酒は嗜好品ですから・・・(^_^;)

はい、残りの人生9,881日目の本日は、休肝日(今月ノルマ達成まであと3日・・・( ̄▽ ̄;))ということで、明日以降に備えてまいります!

もちろん、業務もしっかりやりきって!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2013-02-25 07:16 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 ビューティフル・サンデー♪・・・好みだからしょうがない・・・(^_^;)

さわやかな日曜〜♪

ふりそそぐ太陽〜♪

ヘイヘイヘイ イッツァ ビューティフル・デ〜♪

今週もやってきました日曜日。

はい、今週もたくさんイイコトがありましたので、上機嫌で日曜版のカキコをしてみたいと思います!

本日は、変化球も何もなく、真っ直ぐど真ん中ということで、こちらのお方♪

d0004717_5141693.jpg


はい、2代目元CCガールズの森洋子さんです♪
☆ちなみに初代では、藤森夕子さんが好きでした!

d0004717_514456.jpg


上記のとおり、ゴルフもお上手とのことですが、ゴルフ断ち中のちぇりーさん、彼女から誘われたら、簡単に再開してしまうかも・・・自爆

d0004717_515779.jpg


ど真ん中といえば、現在40歳ということで、アラフォーど真ん中ですが、奇跡の40歳といっても過言ではないかもしれません!

オフィシャルブログのタイトルは、「森洋子のいざ美しく!」という、愛嬌のあるものですが、最新の写真を眺めても、全然イケてますよね♪
http://ameblo.jp/mori-yoko/

d0004717_516516.jpg


数年前には、オッパイを露にされたヌード姿も提供されているのですが、ここは日曜版ということで、セミヌードでご勘弁いただき、愉しんでまいりましょう♪

d0004717_518564.jpg


☆いきなりオトナの雰囲気・・・メヂカラ凄いですよね!

d0004717_5191678.jpg


☆こんな表情で誘われたら・・・誘われないって!

d0004717_521328.jpg


☆珍しく、可愛らしい感じのショット・・・スタイルいいなあ( ・∀・) !

d0004717_522963.jpg


☆後ろからのショットもすてきです・・・背骨のライン、く~♪

d0004717_5232637.jpg


☆一緒に露天風呂に入ったら、落ち着きませんよね・・・だから、ないって!

d0004717_5243266.jpg


☆一緒に遠くへ行きたい・・・知~らな~い~♪ま~ちを~♪

d0004717_5263843.jpg


☆これ、ランジェリーなんでしょうか?・・・脱がすのがもったいない、って、お前じゃ脱がせないって!

d0004717_5283838.jpg


☆間違いなくアートですね・・・この絶妙なるバランス・・・神に感謝♪

d0004717_530665.jpg


まさに非日常・・・だからこそ日曜版なのですが・・・自爆!

そんな彼女も、このスクープ記事からメディアに紹介されることも少なくなってしまいました!

d0004717_5315058.jpg


それでも、ちぇりーさん、イイんです!

蜜教の信者ではありますが、カミングアウトすると、教祖さまより彼女の方が好みなんです・・・でも教祖さまは慈悲深いので、受け容れていただけることでしょう♪・・・完全に阿呆モード・・・(^_^;)

それにしても、ベッドでこんな写メ、一度は撮ってみたいなあ・・・妄想自爆!

d0004717_5351457.jpg


ということで、残りの人生9,882日目の本日は、AMから同級生と待ち合わせて地元の酒蔵に出向いてまいります!

昼前には、ヘベレケかと・・・既に脳みそは日曜版的にヘロヘロですが・・・(; ̄ェ ̄)

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-02-24 05:37 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 箴言・・・取り扱い注意!

昨日は、初めての試みということで、平日AMに社内研修会を開催する予定でした。

内容は、先日の中部経営塾であべま先生から学んだTA交流分析をベースに、ちぇりーさんがこれまで学んできた内容を盛り込んだオリジナル。

その研修会ですが、前日まで、時間を確保して準備していましたが、残念ながら急遽延期することに。

というのも、おかげさまで繁忙期ということで、お客様対応を中心にGEMBAの業務を止めることができなかったのです。

まあ、よく考えてみたら、そもそもこの時期の平日に設営すること自体に無理があったと反省しています。

社員さんにも、その旨を一人ひとりに伝えさせていただき、納得いただきましたが、そういうタイミングというか、ちぇりーさん自身も突発的なお客様対応案件が飛び込んできて、AMは社外へ出ることに。

限られた人数で切り盛りしていますので、仕方ありませんが、仕切り直しということで、業務の流れを考慮しながら、近日中に設営して参ります。

ところで、この研修会の内容をまとめるタイミングで、京都の師範さんが無事退院されたようで、養生日記が娑婆日記に進化されていました。

そのいきなりの一回目が、辛辣な内容で、ビビってしまいましたね・・・( ̄▽ ̄;)

沖縄のその筋では有名な中小企業の社長さんのメッセージを紹介されていたのですが、ちょっこし転載させていただくと、こんな内容で・・・(T ^ T)


  トップやリーダーが本の中にある知識をいくら語っても、成果を生むことも成果が変わることもない。

  社員の行動が変わらない知識は、いくら語っても無意味である。

  実践し経験した知恵を語らない限り成果は変わることはない。

  経営者の一番のなすべき仕事は、今ある、人、商品、金、情報、時間などの会社の資源を最大限に活用して、最高の成果をあげることである。



確かにリーダーの役目は、チームに最高の成果をもたらすことであります!

上記の箴言も、当たり前のことを言われているだけなのですが・・・

d0004717_635425.jpg


“社員の行動が変わらない知識”・・・先日のイチロー選手の記事を回覧したところ、若手社員さんから、こんな言葉が贈られてきました。

  やっぱり、『誰が言うか』ですよね!

ちぇりーさん、悲しいかな、まだまだ、その“誰”という存在に成長していません。

“リーダーシップの道は、厳しく、果てしなく遠い”とは理解しながらも、沖縄のトップリーダーの言葉に向き合ってみて、無力感に苛まれてしまいました。

まあ、懲りないというか、既に気持ちを切り替えて、前を向いておりますが、ホントに迂闊に近づいてはいけない・・・

そんな思いを新たにしましたね。

残りの人生9,883日目の本日、気候のほうも冷え込みが厳しいようですが、心は温かく充実した一日に仕上げてまいります!

それにしても、そんな方と懇意にされている京都の師範さんや限られたお仲間の面々、ホント心の底から尊敬しますね。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2013-02-23 06:27 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 花粉 + 黄砂 × PM2.5 = 一億総マスク姿?

またまたこの季節がやってきたようです。

春の訪れとともに忍び寄ってくる花粉症。

今年は、寒さも和らぐ前に、やってきてしまった印象です。

ちぇりーさんも、数週間前からムズムズするなあと感じていましたが、今週に入り、社員さんからも声が上がるようになりましたので、間違いなさそうですね。

まあ、花粉症と付き合って、30年以上ですから、恒例のコトとは言いながらも、今年はどうも様相が異なるようで・・・

いや、ずいぶん前から、季節柄黄砂とのダブルパンチで、難儀なことだと感じてはおりました。

それが原因で、毎朝ベランダで続けていた呼吸法も止めてしまいました・・・これホントです(苦笑)

それが、今年は話題のPM2.5まで纏って飛散するというから、穏やかではありませんよね。

ところで、このPM2.5、最近になって問題になっているような報道のされ方ですが、環境省のWEBサイトを覗いてみると、平成12年度からの全国の観測データがアップされているんですね・・・

もちろん、今問題視されているのは、中国大陸からやってくるPM2.5であり、その成分も日本で観測されるものと中国のそれと一致するようなので、時事ネタとしては、そんな風潮になってしまうこともわからないではないですが・・・

考えてみると、日本が高度成長期に輩出していた公害物質は、幸か不幸か日本列島の東には、海しかありませんので、迷惑をかける方々が少なかったということもあるのでしょう。

そういえば、名古屋市内を流れる堀川も、以前に比べ、随分綺麗になったと、ローカルニュースのネタになったりしています。

かの国において、この先そんな状況が訪れるとも考えにくいのですが・・・

それにしても、先ずは自衛をしていかないといけませんよね。

通常の花粉症対応マスクでは、役に立たないようですので、amazonで検索してみたら・・・めちゃんこ高いんですね!

d0004717_738230.jpg


20枚入で約4,000円ですか・・・

まあ、健康に害があると理解しながら、お金を払ってでもタバコを吸い続けている方もいますので、価値観によって判断されるところなんでしょうね。

ところで、このPM2.5対応マスク、その容貌が物々しいというか、何というか、とても街中で着けて歩けるような代物では・・・

それでも、携帯電話が世に出たとき、携帯かけながら歩くなんて、何という破廉恥な!と感じた方も多いかと存じますので、この物々しいマスク姿も気づけば当たり前の風景になっているのかも。

ひょっとしたら、お洒落なデザインで市場に投入したら、ブレイクするかもですね♪

ちぇりーさん、今のところ、花粉症同様、無抵抗主義で行こうかと、ユルく考えておりますが、そんなことをカキコしていたら、何だか喉がヒリヒリしてきたような・・・( ̄▽ ̄;)

先ずは、自己免疫能力を高めて、対処したい、そんなことをふと考える残りの人生9,884日目のちぇりーさんです。

はい、どうしても耐えられない方は(精神的な意味でも)、早めにお医者様に診ていただきましょうね!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2013-02-22 07:38 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 言葉は丁寧に使おう!

今週は何かと引用ネタが続いていおりますが、今朝もその流れを汲んで・・・(^_^;)

先週の朝礼で、営業事務を担当いただくIさんから、言葉の使い方について発言がありました。

その数日前、致知3月号のインタビュー記事を読んでいた、ちぇりーさん、まさにその通りだと、その日のうちに記事をコピーしてIさんに渡したところ、グッと来られたようで、何だか思いを共有できて有意義でしたね。
☆致知出版社さん、コピー流用でゴメンナサイm(_ _)m

そのインタビュー記事とは、P44-48に掲載されていた、「命の授業」講演家・腰塚勇人さん。

現在、リハビリ中である京都の師範さんも、病気と怪我に立ち向かわれてこられた方ですが(早い完治お祈り申し上げます)、腰塚さん、凄まじい人生を歩まれていますね。

その歩みについては、是非致知を読んでいただきたいのですが、ここから引用にて印象深いフレーズを紹介させていただきます。


  ・・・・・・人の放つ一言が、人生をどうにでも変えてしまうんだなって。だから自分は言葉を丁寧に使おう。言葉をちゃんと選んで、丁寧に使おうって。

  ☆昨日、イチロー選手が、かなり言葉を慎重に選んで発言している、とコネタにしていましたが、どうせ発するなら、相手にとって役に立つ言葉で伝えてあげたいですよね・・・このあたりは、情けは人の為ならず、じゃないですが、発したものは自分に返ってくることも自覚しないといけませんね!

  事故に遭ったという事実は変わりません。でも起こったことの見方、捉え方は変えることができるんです。そして生き方を「常勝」から「常笑」に切り替えて、いつも笑顔でいよう、いつも感謝をしよう、周りの人々の幸せを願おうと決意したら、毎日の小さな幸せに気づけるようになったんです。

  ☆腰塚さんの立場だからこそ、重みがある言葉ですよね。まさに、イチロー選手の発言通り、『誰が言うか』に尽きますね。立場という意味では、ちぇりーさん、社内外で人前で発言することは毎日のようにありますので、その誰がに値する生き方にチャレンジし続けないといけませんね・・・大汗

  人生は自分がしたことを人からされるだけなんだよ。あなたは生徒にも先生にも凄く厳しかったけど、自分に一番厳しかったよね。そしていっぱいみんなを助けてきたよね。だから今度はみんながあなたを助けてあげたいと思ったんだよ。慌てなくていいからね。でもあなたを待っているから

  ☆受け取り方によっては、めちゃんこ辛辣な言葉ですが、それもどのように受け止め、受け容れるか・・・そう言う意味で、昨日も社員さんから大きな気づきをいただいたちぇりーさん、ホント恵まれています♪


ちなみに、この記事のタイトルは、

  いつも笑顔でいよう

  いつも感謝をしよう

  周りの人々の幸せを願おう


というもの。

d0004717_7202567.jpg


ちぇりーさん、いつも笑顔で接しているか・・・しかめっ面は厳禁ですよね!

ちぇりーさん、いつも感謝をしているか・・・しているつもりではダメですよね!

ちぇりーさん、周りの人々の幸せを願っているか・・・先ずは関心を持つことから!

残りの人生9,885日目の本日は、上記3項目を重点的に意識して、取り組んでまいります!

連続3日の休肝日明けですから、夜の部は満面の笑顔かと存じますが・・・自爆

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2013-02-21 07:20 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 イチロー惑わず

球春も間近・・・日米で今年もプロ野球のキャンプが始まっています。

大リーグでは、イチロー選手も始動したというニュースが聞こえてきましたが、そのイチロー選手といえば、もう1週間前の記事になるのですが、日経朝刊に特集が掲載されているのを見つけました。

丁度、その2日前の朝にNHKでイチロー選手の特集(再放送)を見ていたので、ちぇりーさんのアンテナがその方向に立っていたのかもしれません。

d0004717_723950.jpg


それにしても、イチロー選手、発言に含蓄がありますね。

実は、イチロー選手の著作や関連書籍は未読なのですが、松井秀喜選手とは違った意味で、流石だなあと思わずにはいられませんでした。


  「『何かのために』は聞こえは良い。でも時に思い上がっているようにも思える。人間関係においても言えることだが、誰かの『ために』やろうとすると厄介な問題になることがある。しかし、誰かを『思い』何かをすることには、見返りを求めることもなく、そこに愛情が存在しているから不幸な結果になることが少ないように思う。昨年の3カ月だけだったが、ヤンキースは『思い』を強く持たせてくれた組織だった」

  ☆いやいや、独特の言い回しながら、伝わってきますね!それでも、これが出来るのは、相当な能力に裏打ちされた人材でないと、相当難しいですよね。かねてからの持論ですが、やはりプロアスリート、特にイチロー選手のような超一流の感覚というか考え方は、学ぶことはできても、実際取り入れるには危険であり、参考にならないことが多いように感じています。ある意味、経営品質もそうかもしれません・・・( ̄▽ ̄;)

  「努力をすれば報われると本人が思っているとしたら残念だ。それは自分以外の第三者が思うこと。もっと言うなら本人が努力だと認識しているような努力ではなく、第三者が見ていると努力に見えるが本人にとっては全くそうでない、という状態になくてはならないのではないか。」

  ☆これは、以前島田紳助さんのDVDでも同じようなことを学んだような憶えがあります。ミスター・タイガース掛布雅之選手が、一日に素振りを1,000回自らに課していて、それを凄いですねと言われたことに対し、プロなら当たり前で、その内容(質→1球1球本番の状況を想定して素振りをする等)差が出るという話だったような・・・凡人は、夢中になることが早道かもしれませんね!

  「今はまだ色紙に一言と言われても書けない。大切にする姿勢や哲学はあるが胸を張って一言残せるほどの自分ではない。偉人の言葉を引用する年配の方がいるがあれはダサいと思う。拙い表現でも将来自分の言葉で伝えられたらなと思う。しかし結局、言葉とは『何を言うか』ではなく『誰が言うか』に尽きる。その『誰が』に値する生き方をしたい」

  ☆こんな発言をされると、おいそれと座右の銘はこれです・・・なんて言えなくなってしまいますね・・・はい、ちぇりーさんの場合、思いっきり借り物ですが、座右の銘は、こちらです・・・“悠々として急げ festina lente”

  「僕はずっとエネルギーを注いできたものに携わっている。最も大変なことは自分が好きでもないことをやらされて、それを好きになれと言われ、結果を求められることではないか。それで壁を感じているならばすばらしい。壁が出てきたということはそこに全力で向かっていく気持ちが存在し、さらに労力を費やしてきた証しだと思う」

  ☆前半部分、こんな状況の2世・3世経営者、少なくないかもしれませんね・・・というか、そんなことで、事業を継続できる社会環境ではなくなってきていますが・・・いや、中小企業の後継者に限らず、大企業の管理職も同じような状況かも・・・壁からの行は、これまた流石の表現力ですね♪

  「米国に行ってから、日本語の深さや美しさを自分なりに感じるようになり、日本語をきれいに話したいと思い始めた。日本語でも自分の感覚や思いを伝えることは困難だと感じている。それが外国語となれば、不可能に等しい。英語で苦労する以前に、僕は日本語で苦労している」

  ☆これもイチロー選手独特の言い回しですね。インタビューでも感じていたことですが、そうは言ってもイチロー選手は、かなり言葉を慎重に選んで発言していると思いますし、それにかなり神経を使っているような印象を持っています。


今回、40歳を迎えるタイミングでしたので、『不惑』というタイトルにこじつけた様なものですが、それ以上に、

  「・・・・・・今もホテルでリクエストしているのは、日経新聞。・・・・・・」

というフレーズは、ヤラセ感満載で、いただけなかったなあ・・・ここ端折ればよかったのに・・・残念(´Д`)

まあ、それでも記事の方は、充分愉しませていただきましたので、先ずは感謝しておきますか♪

はい、残りの人生9,886日目の本日は、3日連続休肝日の最終日ですので、引き続き週末摂取したアルコールをしっかり絞り出して、明日からの痛飲に備えてまいります!

体重もベストに戻したことですし♪

d0004717_75429.jpg


☆正月明けのピーク時から約4キロ落とすことができました♪

おっと、その前に業務もしっかりやりきって!

ではでは♪
[PR]

by cherrylayla | 2013-02-20 07:05 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 礼儀、真摯、矜持、継承、感動・・・そして、前へ・・・吉田監督が次世代に伝えたいもの

少し前の話題ですが、母校のラグビー部監督であった、吉田義人氏が、4年間の指導者としての役目を終えられました。

3年契約が満了し、1年延長して臨んだ今シーズン(まだ日本選手権の決勝が残っていますので・・・)。

勝負の年と位置づけられていた4年目のシーズンの結果は、正月の国立に進むことなく、敗れ去ってしまいました。

まあ、以前にもカキコしていましたが、この結果は、12月の早明戦の戦い方をスタンドで観戦して、予想できていたことですので・・・

そんな中、昨日母校ラグビー部のfacebookページで、吉田監督のインタビューが紹介されていましたが、思わず読みふけってしまいました。

  ・・・・・・『紫紺の矜持を取り戻す』・・・・・・

これは、ちぇりーさん自身、堪えましたね・・・母校のOBとして、校友会等を通じて非力ながら、母校の発展のためにお手伝いしているつもりですが、“ただ宴会で盛り上がっているだけ・・・”なんて家族から後ろ指を指されそうで・・・( ̄▽ ̄;)

  ・・・・・・礼儀、真摯、矜持、継承、感動という5つの言葉を礎としたチームの土台を積み上げる事が出来ました。一緒に指導にあたってくれたコーチ、スタッフの努力の賜物であり、何よりも自分自身に矢印を向けて自問自答を繰り返しラグビーに向き合った選手たちの軌跡です。さらに一歩一歩、前へ・・ ・・・・・・

自分自身に矢印を向ける・・・何だか大久保寛司さんの言葉かと苦笑いしてしまいましたが、ラグビーに限らず、何事においても先ず自分に指を向けることからしか始まりませんよね(^_^;)

  日本ラグビーにとって優秀な人材(財)を育てることは、やがて未来永劫、日本が発展していく為の社会寄与することだろうという確固たる信念に従って、これからも活動していきます。『前へ』、やはり、それが私のフィロソフィーなのだと思います。

  前へ・・・

全てのメイジOBが、受け継ぐべきこの言葉・・・

今一度、メイジのプライドを持って、生きていきたい!

そんなことを教えられた気がしました。

その吉田監督、今回の4年間では、戦績という結果を出すことは出来ませんでしたが、継承者は同級生の丹羽政彦君というのが嬉しかったですね♪

現役時代、母校には珍しく全国的には無名の高校から入学し、レギュラーを勝ち取った努力家という印象がありました。

d0004717_711160.jpg


☆大友信彦さんのブログから拝借しました!感謝♪

堅実で献身的なプレーが印象的ですが、どんなリーダーシップを発揮していただけるのか、今から楽しみですね♪

ちなみに、当時、大学選手権を制したベストメンバーはこんな顔ぶれでした!

 1佐藤豪一(3年、國學院久我山)
 2西原在日(4年、大工大)
 3飯塚淳(4年、大工大)
 4青木聡史(3年、國學院久我山)
 5坂元勝彦(3年、都城)
 6佐藤久富(3年、秋田工業)
 7小村淳(3年、函館有斗)
 8富岡洋(4年、東福岡)
 9永友洋司(2年、都城)
 10鈴木博久(3年、本郷)
 11吉田義人(4年、秋田工業)
 12元木由記雄(1年、大工大)
 13岡安倫朗(2年、明大中野)
 14丹羽政彦(4年、羽幌)
 15小杉山英克(3年、秋田高校)

あの元木選手が新入生だったんですから、隔世の感があるのも否めませんが、大方のメンバーの顔が思い浮かびますので、当時は、ホント熱を入れて観戦していたようですね(ちぇりーさん、社会人2年目だったですね)。
☆ちなみに、85年シーズンから95年頃まで大学ラグビーを真剣に観戦していましたが、最強は91年度の小村主将のチームだったように感じますが、往年のラグビーファンの皆さん如何でしょうか(苦笑)?

その母校も、目出度く?4年連続志願者数日本一を達成し<2/14 zakzakニュースより>、益々勢いがつきそうと思いきや、母校を含め関東の私大は軒並み志願者を減らしているという事実・・・しかも今年の18歳人口は、ここ数年で最も多いというにも関わらず・・・( ̄▽ ̄;)

来年度臨まれる全国の受験生の皆さん、明治大学をどうぞよろしくお願い申し上げます♪

そして、全国の皆さん、ラグビーに限らず、母校の応援、どうぞよろしくお願い申し上げます( ̄^ ̄)ゞ

そんなPRをさせていただいたところで、残りの人生9,887日目の本日も、顔晴ってまいります♪

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-02-19 07:01 | Comments(3)