自動車保険配布スキンパーツ1 <   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 『氣』と『集中』・・・賢人の教え

今朝は、久しぶりにお寝坊さんでした。

睡眠不足とドイツ敗退の影響か、昨日は大ボケの連続・・・ちょっと書けないくらいヤバかったです・・・涙

もっというと、実はここ2週間、メチャンコ体調が悪かったんです。

微熱が続き、身体が固まり、腰痛に悩まされるわ、鼻水は止まらないわ、怠いわで、冴えませんでした。

元々疲れていた身体にとどめを刺したのは、その2週間前コネタにもした煙害に間違いないと認識しています。

愛煙家の皆さん、お願いですから、公衆の面前で喫煙は控えていただきたい、切にお願い申し上げます。

そんな体調も、ここ数日でかなり回復モードにシフトチェンジしてきましたので、コネタにしてみましたが、やはり適切な睡眠時間は大切ですね。

そんな土曜日の朝、いつものルーティンをスタートすると、安岡先生の言葉が心に響きました。


  【元 気】
  われわれは「気」を養うということが、一番根本の大事だ。いわば生のエネルギーを養うということ、いい換えれば「元気」ということが一番である。元気がないというのは問題にならぬ。しょぼしょぼして、よたよたして、一向に反応がないなんていうのは、論ずる価値がない。とかく人間は有形無形を論ぜず、元気というものがなければならない。元気というものは、つまり生気である。生のエネルギー、生々しておるということである。



そうなんです。この2週間、体調は優れないものの、得意の空元気で何とか乗り切り、昨晩の睡眠(7時間半は寝られましたね・・・笑)で回復の総仕上げをすることができました。

ちぇりーさん、安岡先生に触発され、「気」といえば、このお方ということで、中村天風先生の一日一話を書棚から取り出してみました。

d0004717_850614.jpg


再読も兼ねて朝のルーティンにしたのは、2007年のようでしたね。

朝日記で確認すると、5月28日にこんな言葉が転載してありました。


  『気を込めてやる』
  明瞭な意識を持続するための最も適当な訓練法は「何事を行う際にも決して気なしに行わぬこと」である。毎日、時間と仕事とを特定して「気を込めて物事を行う訓練」をする。
  たとえば手紙を書く間とか、または読書する間だけ絶対的に真剣になって行う。あまり興味を持たぬこと、気乗りのせぬことや、気の急くようなこと、大して値打ちのないこと、または、なれきって熟練していることなどを行う際は、特に気を打ち込んで行うように心がけるのである。



流石、天風先生、良いですねえ♪

  「気を込める」とは集中すること。

仕事も趣味にも、そして人生にも共通する必要条件ですね。

そんな、気づきを得た本日は、お昼までデスクワークの後、午後から母校校友会愛知県支部総会の設営です。

急遽、記念講演いただく大先輩・伝説のラガーマン、松尾雄治さんのアテンドも仰せつかりましたので、それこそ「気を込めて」取り組まないといけませんね!
☆ご縁もありがたいです!

ママさんは、学校の父母会行事で、朝から一日永平寺参禅。

娘は、期末テスト対策で一日お勉強。

一人ひとりが、それぞれの役割で「気を込めて」集中!

本日もすてきな1日でありますように♪

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-06-30 08:50 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 守宮くんに守られて

ドイツ、完敗でしたね・・・

いつもより少しだけ早起きして、久しぶりにサッカー観戦をしていましたが、負けるべくして負けたのかもしれません。

あの伝統のゲルマン魂が感じられない・・・

ちぇりーさんにとって、一番のドイツサッカーの魅力だったのですが、ファン歴30年以上としては辛い姿ですね。

いや、個々の選手のレベルは素晴らしいと思います。

しかしながら、最後まで諦めないのがドイツサッカーのはず。

ピッチのコンディションが悪かったのはお互い様。

イタリアに一度も勝ったことがないという相性もあるのでしょうか。

何れにしろ、早起きも実らず(実るわけないか)大変残念でしたね。
☆イタリアの2ゴールは素晴らしかったですが・・・

その一方で、嬉しかったのは、昨日のこと。

今年も守宮くんが登場してくれました。

d0004717_6254823.jpg


ちぇりーさんのオフィスの守り神。

今朝はまだ姿を見せてくれませんが、引き続き愛らしい動きで楽しませてもいただきたいですね。

週末、そして月末、気づけば2012年も半分が過ぎようとしています。

振り返りも怠らず、やり残しの無いよう、しっかり仕上げていきましょう!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2012-06-29 06:25 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 やってみたらこうだった・・・抵当権抹消登記篇

初めてチャレンジしてみました!

いや、チャレンジという程でもないのですが。

不動産登記の申請です。

今回、ある金融機関(契約締結以降、レターのみで全く訪問されない政府系ですね)からの借入を返済したため、抵当権抹消登記をする必要が生じたんですね。

いつもは登記業務といえば、不動産だけでなく法人登記(役員変更等)についても、お世話になっている司法書士の先生か金融機関の方でお任せしているのですが、今回は返済終了後、該当金融機関から書面が届き、勝手に手続きしろとの案内が・・・司法書士に依頼することを前提にした書類でしたが・・・

ちぇりーさん、たまたま印鑑証明発行の目的で法務局に足を運ぶ予定があったので、書類一式携えて、ものは試しと登記相談窓口の門を叩いてみました。

おそらく、法務局OBの方が対応されていると思われますが、待ち札通り最初は3番窓口に案内され、指導されたとおり記入・捺印した後、今度の待ち札は2番窓口。

いやいや、いろんな方がいますねえ。

3番と2番の方、全然タイプが違いました。

3番の担当者は、全く愛想無しの不親切を画に描いたような人物。

一方2番の担当者は、挨拶もしっかりされ、大変気持ちよく応対いただきました。

その2番の方の指導の元、申請書類を完成させ、申請窓口に提出すると、数日後には登記が完了するとのこと。

え~、こんなに簡単なの?とビックリモードでしたが、そうは問屋が・・・

申請した翌日、法務局の方からオフィスに電話が入り、書類に不備があるとの指摘・・・

ちぇりーさん、電話で、相談窓口の方の指導の元申請した経緯を説明すると、法務局の担当者が平謝りモードに!

なんと、法務局の窓口担当者の対応と登記相談窓口の担当者の指導に不備があることが判明したんですね。
☆こんなことあるんですね!

翌日、改めて法務局へ出向き、指摘された不備の対応をして再申請すると、当初の予定日に登記完了していました。
☆もの凄く丁寧に対応いただきました・・・当たり前か(苦笑)

実費負担は、登記印紙の2,000円のみ。

一般的に司法書士さんにお願いすると、2筆扱いですから、おそらく報酬は1万円超なんでしょうね。

今回は簡単な登記申請だった上、ついでもありましたので、自分で試してみましたが、本格的な?登記申請は従来通りお世話になっている先生にお願いしようと思っています。

しかしながら、やってみて、正直な感想は、

  思ったよりたいしたことなかった!

というもの。

d0004717_6574296.jpg


☆こちらは昨年コネタで紹介していましたね♪

ヒトミさん、こんなところでよろしかったでしょうか!
☆分かる方には分かっていただけるかも・・・苦笑

はい、本日もチャレンジ精神を失うことなく、明るく楽しく元気よく、顔晴ってまいりましょう♪

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2012-06-28 06:57 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 談合3兄弟と「五交」

  カサにかかって 談合 談合

  3党つるんで 談合 談合

  国民なめきって 談合 談合

  談合3兄弟

  一番癌は 民主 民主

  政教一致の 公明 公明

  あいだで蠢く 自民 自民

  談合3兄弟

  官僚想いの 民主 民主

  既得権益 公明 公明

  自分がいちばん 自民 自民

  談合3兄弟

  こんど当選するときも

  ねがいは そろって 同じこと

  できれば こんども

  権益の

  たくさんついた 毒だんご

  談合

  談合 談合 談合 談合

  談合3兄弟

  談合3兄弟

  談合3兄弟

  談合!



d0004717_701370.jpg



だんご3兄弟がヒットしたのは1999年・・・20世紀のことでした。

いまだに20世紀の最悪政治から脱皮できない日本の政治屋の皆さん・・・

マスゴミ、一部の識者は、「決める政治」のスタートと賞賛の声すら上げ始める始末。

もちろん、収支バランス、社会保障制度を考えれば、10%への増税もやむを得ないことかもしれません。

しかしながら、プロセスはめちゃくちゃ(個人事業主、零細企業のオーナー経営者とは違うんです!)、リーダーは信頼できない人物(チャーチル気取りとは言い過ぎでしょうか・・・今朝の一面の表情、ワザと選んだんですかね、鵺のような顔つきです)、そこに「決める政治」というキーワードを持ってくるとは・・・

d0004717_712965.jpg


今朝の安岡先生の一言を、全国民が噛みしめましょう!


  【五 交】
  世に五交というものがある。
  一を勢交(勢力者に交を求める)。
  二を賄交(財力ある者に交を求める)。
  三を談交(能弁家に交を求める)。
  四を窮交(困窮のため苦しまぎれに交を求める)。
  五を量交(利害を量って得な方に交を求める)。
  いずれも恥ずべきもので長くは続かぬが、かく挙げてくれば真の交わりというものも人世には得難いものである。



次回の総選挙まで、このことは絶対に忘れない!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-06-27 07:00 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 投票結果

大増税法案の投票前に、一足早く結果が発表されました。

AKBではないですよ。

プロ野球オールスターゲームのファン投票です。

ちぇりーさん、小学生時代に、はがきで1~2度投票した記憶がありますが、最近は、オールスターゲームを見ることすら、ほとんど無くなってしまいましたね。

野球に興味を持つ前の小学校低学年時、オールスターゲームは芸能人が出場するものだと思って、チャンネルを合わせたら知らないオジサンばかりで大変ガッカリした憶えがあります・・・多分小学校2年生くらいかなあ

d0004717_725212.jpg


ちなみに、今回の投票の結果、地元ドラゴンズと杜の都イーグルスからは、誰も選ばれませんでした。

まあ、人気投票ですから特に目くじらたてることではありませんが、日本ハムって人気あるんですね!

ビックリしました。

ビックリといえば、政局に無頓着のちぇりーさん、大増税法案は、造反議員が続出しても馴れ合いで衆院通過する様相とは、今朝の一面を見るまで知りませんでした(汗)。

だまし討ちにあったとはいえ、我々は選んだ責任がありますので、今回の結果は甘んじなければいけないのでしょうが、施行前に政権が代わったらリセットできないのでしょうか。

子ども手当もいただきましたし(その一方で負担増もありましたが)、エコカー補助金も支給いただく予定ですから、偉そうなことは言えませんが、自身を含め、結局何も考えていない我々国民一人ひとりに病巣の根があることは間違いなさそうです。

師匠からも、官民問わず現在の組織を取り巻く環境はトップも如何に舵取りをしたら良いか分からない、だからこそチームのメンバー一人ひとりが考えなければならない、という教えを授けていただいています。

日本国というチームも例外ではありませんね。

そんな国民の大多数の思いと異なる投票結果が予想されている本日。

やっぱり、いい加減目を醒まさないといけないのは、間違いなさそうです!

  ネバー、ネバー、ネバー、ネバー・・・

  心から、心から、心から・・・

野田さん、貴方、ノーサイドではなく、完全にオフサイドですから!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-06-26 07:25 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 『王国のゴルフ』・・・訳者あとがき

月曜には珍しく、昨日のゴルフネタの続きです。

週末、久しぶりに名著『王国のゴルフ』を再読しましたが、やはり強烈なのは訳者あとがきでしたね。

シーヴァス・アイアンズとのラウンドが中心の第一部も強烈ですが、第二部は正直ほとんどついていけない世界なので(苦笑)・・・しかしながら、この歳になってみると初めて手にした当時ではわからなかったことがスッと入ってくるところも少なくなく、面白かったですね。

はい、山本光伸さん、お願いします!

  ・・・・・・そして次に、ゴルフを観戦し、そのあまりの悠長さに唖然としてしまった。あれはどう考えてもスポーツとは言いがたい。失礼な言い草ながら、老人のお遊びとしか思えない。まことに我が国は若者の顔をした老人たちの天国である。それにあの高額の賞金・・・たかだか老人の遊びにあれほどの賞金を出すなど気違い沙汰である。それも、外国ではほとんど通用しない、二流三流のつまらないプレーに対してである。・・・・・・  日本を少しでも住みよい国にしたいと思うなら、ゴルフなどやめてしまったらどうか。・・・・・・

凄いですよね!これがゴルフ本の訳者あとがきの出だしですから・・・しかも日本語版の出版は91年3月(原書は1972年出版、今から40年前なんですね)ですから、まだまだバブルの余韻が漂っている中での辛辣な発言・・・山本さん、クール♪

  我が国においては、現在、ゴルフ、テニスなどのノンリスクスポーツが全盛であることは承知のとおりである。プロは別として、要するにこれらのスポーツは健康のため、汗をかいてお腹をへっこますためのものであって、女性化した平和な世の中の申し子であることは一目瞭然だろう。平和の世にこそ来るべき戦乱に備えるべきだと信ずる私としては、若者がゴルフやテニスだけにうつつを抜かすのはどうしても好きになれない。人間として信用できない気がすると言ってもいいぐらいだ。

平和の世にこそ・・・という行は、現在の日本の閉塞状況を暗示していたようで、興味深いですよね。

そして、いきなり訳者自身、スタンスを明らかにしてくれます。

  なんだか、読者の怒りの声が聞こえてくるようだ。せっかく本書を楽しみに読もうと思っているのに、わが愛するゴルフを訳者がけなすことは何事だ! 誤解のないように言っておくが、私はゴルフが大好きなのである。大好きだからこその苦言なのである。

実は、ちぇりーさん、読書に臨んでは、帯広告と目次に目を配らせた後は、本編の前に必ず「まえがき」と「あとがき」から読み始めるのですが、訳者の山本さんが心配されていた通り、当時のちぇりーさん、ムッとしながら読んでいた記憶がありますね。・・・まあ、まんまと訳者の術中にはまっているわけですが・・・

しかしながら、激しく共感したのは次の行・・・

  ところが、ところがである。一流の運動選手はほとんど例外なく、哲学者的な風貌を持つものだが、どうして日本のプロゴルファーはおしなべて安っぽいタレント風なのだろうか。芸能人とプレーしながらの彼らの口八丁ぶりには本当に驚かされるし、何か勘違いしているとしか思えない。考えてみれば、ゴルフほど日本において矮小化されてしまったスポ-ツはほかに例を見ないのである。

これは、20年以上経過しても状況は変わりませんね。ベン・クレンショーのような、ゴルフの歴史にも造詣が深い品格を備えたメジャー・チャンピオンは、日本から出てくるのでしょうか?

そして、その20年以上経過した現在、ゴルフコースに携帯電話を持ち込むことが常態化されているというお話・・・大好きだからこそ、許せません!
☆昨日読了した新書から、菊谷さんは、この点についてはかなり寛容だったようで、これまた発見でしたね!・・・マナーモードならコース内でも良いという見解でした(涙)!

山本さん、あとがきを、こんなフレーズで締めくくられています。

  アマチュアの方はもちろん、プロの方にも是非とも本書を読んでいただきたい。そして、チョコレ-トのやり取りと接待の場と堕した日本のゴルフの在り様を、その本来の姿に戻すべく奮闘していただきたいものである。

やはりゴルフは、かくありたいですよね。

ところがギッチョンチョン!

先日、山の神と娘から鋭い指摘が・・・

食事中にスマホいじって、facebookにアクセスしているあんたはどうなんだと・・・大汗

自分の事は見えないものですね・・・猛省しないといけません。

やはり品格向上の道のりは遥か遠く長いですね。

ここは、日本の著名ゴルファーで、唯一哲学的というか、道教の大家といった風情を持つ?人生の達人の域に達したと思われる、このお方に登場していただきましょう!

d0004717_6413160.jpg


とほほ・・・じゃなかった、しゃんめえ♪

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-06-25 06:41 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 菊谷匡祐さん・・・私が変わればゴルフが変わる

一向に減らない積読モノ。

ジャンルはいろいろですが、気づいたら埋もれてしまっています。

そんな中、ニックがブログ「食べ物のはなし」で夏坂健さんの著書をコネタにされたり、トレーシーがamazonで夏坂さんの著書を買い求めたなんて話をうかがい、読むゴルフの虫が騒ぎだしたのか、積読の中からゴルフ本を読んでみようと山の中から2冊の本を取り出しました。

  『ゴルファーの品格考』 菊谷匡祐著 パーゴルフ新書

  『中部銀次郎 ゴルフ珠玉の言霊』 本條強 日経ビジネス文庫

前者は1年以上、後者は1カ月ほどの積読状態でしたので、まあ新しい方から手をつけようかと、はじめにを読み始めてビックリ・・・

  (中部銀次郎さんが)競技ゴルフを退いてからは、友人たちとの穏やかなゴルフと酒の席での愉しいゴルフ談議で、有意義な日々を送っていた。そのときのプレーや話をゴルフライターの杉山通敬さんや文筆家の菊谷匡祐さんらが聞き書きをしながらまとめていった。それらがいくつかの中部本となって今も読み継がれている。

ちぇりーさん、このあたりは、そうだそうだと頷きながら・・・

  中部さんは2001年12月14日、癌の病を、ゴルフに接してきた信条のように「あるがままに受け入れ」、天国に召された。杉山さんも2008年2月17日に亡くなった。菊谷さんも2010年1月19日に逝去した。

ちょっと、待った!菊谷さん、死んじゃったの?しかも2年以上前・・・

いやいや、全然知りませんでしたというか、結構ショックですね。

菊谷さんの本といえば、著書というより、翻訳本でお世話になっていました。

d0004717_10454383.jpg


d0004717_6322162.jpg


球聖の名著『ダウン・ザ・フェアウェイ』、ベン・クレンショーの師匠ハービー・ぺニックの『ゴルフ・グリーン・ブック』、そして、ちぇりーさんのゴルフに多大な影響を与えてくれたボブ・ロテラ博士の3部作『私が変わればゴルフが変わる』『人は自分が思ったとおりのゴルファーになる』『今のスイングでいい自分のゴルフを信じなさい』は、菊谷さんの手による翻訳でした。

金曜日の夜、仕事を終え、21時過ぎに突然実家へ。

両親は何事かとビックリしていましたが、仏壇に手を合わせると、直ぐに書棚へ向かいました。

d0004717_6324087.jpg


☆帝王ニクラウスの自伝も菊谷さんの翻訳だったんですね。

d0004717_6325660.jpg


☆この本は面白かったなあ♪装丁も最高です!

ちぇりーさん、菊谷さんについては、まず積読の新書に向き合うことにして、今回は150~200冊ほどのゴルフ蔵書(ちなみに、所謂技術書は1冊もありません・・・あってもメンタル技術本ですね・・・笑)から、下記の2冊を自宅に持ち帰りました。

d0004717_6332649.jpg


久しぶりに『王国のゴルフ』を再読しましたが、実はこの本、訳者あとがきが痛快なんです!

これは別の機会にコネタにしようっかなあ♪

何れにしても、読むゴルフを楽しむことができる週末。

至福のひとときですね。

おっと、今日は、豊中戦でした。

明日の?対戦記が今から楽しみですね!

ニック、ミック、ケビン、トレーシー、期待していますよ♪

ちぇりーさんは、菊谷さんの新書で「品格」を磨いておきますので・・・って、ムリムリ(自爆)・・・こればかりは変えようが

d0004717_6335172.jpg


ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-06-24 06:34 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 身体だけは立派になって・・・

30年ぶりくらいでしょうか。

昨日、オフィスから徒歩5分足らずのお客様にWEBサイト制作のヒアリングで訪問した際、お隣に鎮座する神社を久しぶりに参詣しました。

d0004717_5221166.jpg


☆我ながら、良い写真だなあ!

こちらの神社、小学校の頃は、毎日のように境内へ足を運んでいたような想い出があります。

公園に隣接しているため、定番の遊び場だったんですね。

実は、ちぇりーさんの生家は、その公園の目の前というロケーションでしたが、名古屋に戻ってくると同時に隣の緑区で新婚生活を始めたため、その後、両親が生家を売り払って同じ緑区に住み始めたんですね(苦笑)。

今回、ホント久しぶりにお詣りさせていただきましたが、こんなに小さかったと思うほど、こぢんまりとした神社でした。

それは公園も同じでしたね。

草野球を始めた頃は、ネットを越すとローカルルールでホームランにしていたのですが、大人の目で見てみると内野へのポップフライでも軽々と越えてしまうような広さしかありません。

やはり立ち位置というか、己の変化によって、同じ現象も違って見えるという真理は、こんなところからも実感することができますね。

身体だけでなく、心も器も成長しなければ・・・というか、身体の衰えは本質的に抗えませんので、その分、心と器は是が非でも成長させないと!

それでも、健全な精神は健全な肉体に宿るともいいますので、引き続きバランスよく♪

そういう意味では、のんびりしている時間はありませんね。

本日もすてきな1日を仕上げられますように!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-06-23 05:22 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 ささやかな壮行会

昨日は、お世話になったお客様の壮行会。

といっても、二人だけなのですが・・・

中部エリアの部長職として大活躍されていた方なのですが、この度、7月1日付けで東京本社へご栄転されることになり、ささやかながら酒席を設営させていただきました。

楽しいひとときで、少し飲み過ぎてしまいましたね・・・かなりかも・・・汗

ところで、来月からスタートされる東京生活。

ご家族とは離れての単身赴任。

ご本人は、東京で学生生活を過ごされているので、時代は変われど、一人暮らしに困ることはないと思われますが、一つだけ懸念材料が・・・

実は、ここ数年ゴルフに熱を入れられていたので、東京のゴルフ事情に対応できるかが、問題のようです。
☆5年ほど前?ゴルフを本格的に始められるという話をうかがい、中部銀次郎さんの『もっと深く、もっと楽しく』をプレゼントしたことが懐かしいですね!

中部支社時代は、週末は毎週のように練習場通い、月間平均5ラウンドは楽しまれていたので、とてもそんなペースではお小遣いが足りないような・・・苦笑

ちなみに、明治神宮外苑のゴルフ練習場のホームページを確認すると、

打席料   525円
ボール単価 27円(一番高い打席 1F席か? 土日料金)

ですから、100球で軽く3000円オーバー!

上級管理職とはいえ、単身赴任の環境では、なかなか厳しいですね!

振りかえるとちぇりーさん、コンスタントに90台でラウンドできるようになるまで、当時交際中だったママさんと一緒に東久留米の野火止にある練習場に週一ペースで足を運んでいましたが、確かボール単価は10円台前半だったと思います。
☆打席料込みで、100球で1,500円くらいだったような・・・

本コースも値段が下がったとはいえ、そこは首都圏・・・こちらのように、平日昼食付きで5千円台なんて掘り出し物は、なかなか見つからないでしょうね。
☆ゴルフ人口もメチャ多いでしょうし!

物件も決まり、来週末には、引っ越しされるということですから、早く馴染んでいただきたいものですね。
☆戸越銀座の隣町・・・商店街がある町にこだわりを持たれていたそうです!

d0004717_721960.jpg


東京での再会も約束でき、大変有意義なひとときを過ごすことが出来ました。

その頃には、行きつけのゴルフ練習場も見つけていられることでしょう!

そうそう、名古屋へ戻って来られる頃(上手く話が運べば5年半後だそうです)には、ちぇりーさんもゴルフが出来るよう準備しておきますと約束しましたので、こちらも楽しみですね。

ホント、ご縁に感謝です♪

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2012-06-22 07:02 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 「お客様のために」では、ダメなんです!・・・真のGOLDEN RULE

昨日のシューイチの朝ミーティング。

朝礼から良い流れが出来ていましたね。

というのも、朝礼担当のMさんが、自身の電話での対応において、お客様がどう受け止められるか、どう感じるられるかという点について、情報提供いただいていたのです。

丁度、未明に受信していた、Dr.テラさんのメルマガの内容から、朝ミーティングでは知覚品質について気づきを深めようと思っていましたので、グッドタイミング。

そんなことを感じていると、その朝ミーティング恒例、情報発信・共有タイムでは、営業担当のIさんから、昨年失注していたお仕事が今年は指名でいただけることとなり(笑)、その要因についてヒアリングしなければという話題が提供されました!

いやいや、有難いですね。

限られた時間ですが、自社が何故お客様に選ばれるかという点について、永栄福パートナーの田中さんが問題提起されていた内容を独自編集したプリントを用意していたので(これまたネットツールの活用ですね・・・facebookでした)、事前に示し合わせたような流れで、全員学習することが出来ました。
☆昨日に続き転載させていただきます!ありがとうございます♪

  お客様は数多くある会社の中から、あなたの会社をなぜ選んだのですか。
  あなたをたまたま、偶然、氣まぐれで選んだのですか。
  お客様があなたをなぜ選んだのか、あなたの強味をお客様に伺っていますか。

  自分の強味は自分では当たり前だと思っていて、強味だと自覚していないことが多いようです。
  したがって、自分では自分の強味が分かりにくいものです。

  「貴社は日本の中堅中小企業がマネしてほしいことをたくさんしていますよ」と素晴らしい社長さんをほめたら、「それはどこ」と聞かれてしまったことがあります。
  自分の強味に氣づかずに周りに合わせてやめてしまうと、平凡、普通、月並になってしまいます。

  自分の強みを自覚する必要があります。
  自分の強みを自覚していないと、なかなか自分に自信が持てません。
  自分の強味を生かして、他人が未来を創る前に、自分で未来を創っていきましょう。



肝心なことは、即実践ですから、本日以降の報告がまた楽しみですね。

ところで、先程のDr.テラさんのメルマガには、こんなお話しが紹介されていました。

  カーテンの向こうの3人の人がいる。
  「はさみ貸してください」との声を聞いて、あなたははさみを提供した。
  カーテンをあげたら、
  ・1人は、右手失っていた
  ・1人は、盲目だった
  ・1人は、2才の子供だった
  あなたの右手用の標準はさみは、だれからも感謝されなかった。

  「お客様のために」はダメ。
  「お客様の立場に立って」が正解。

  この違いが大きい。違った景色が見える。

  「あなたがして欲しいように、相手にもしてあげなさい」というキリストの言葉。
  たしか、バーナードショーがおちょくって、反対の事をいっていました。
  「だって、相手はあなたと違うかも知れないんだから」って。

  そうなんですよね。
  この「相手の立場にたって」これこそがポイント。
  そのとおりだと納得しました。



大変わかりやすい例え話ですね。

この比喩というか表現能力、見習いたいなあ!

d0004717_7251375.jpg


☆GOLDEN RULE から一歩前進ですね♪

ちぇりーさんは、本日も伝える力を磨いて、社員さんが成果を出しやすい風土作りにも邁進いたします。

はい、ベースは、明るく楽しく元気よく!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-06-21 07:24 | Comments(0)