自動車保険配布スキンパーツ1 <   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 2012年2月はこんなご縁を・・・その1

本日は4年に一度の2月29日。

何だか一日得した気分ですね。

得した気分といえば、良書とご縁をいただくと、本当に良い気分に浸ることが出来ます。

2月もしっかり良縁をいただきましたので、月末月初恒例ということで、2回に分けてご紹介しますね。


1.客家大富豪の教え 甘粕正著 PHP研究所
所謂自己啓発書の範疇に入る代物でしょうが、これは読み応えのある内容でした。走り書きのメモを取りながら読み進めていったのですが、読後まとめてみると、何とwordでA4・8P分もありました!そして、ストーリーも純粋に読み物として面白かったですね。ちぇりーさん、以前マーヴィン・トケイヤーさんの『ユダヤ商法』にも感銘を受けたことを思い出し、まとめたword文書を片手に復習してみましたが、ユダヤ商法の十戒とかぶるところがかなりありましたね。はい、オススメの1冊ですが、問題はどれだけ実践継続できるか・・・いつも同じだなあ・・・汗

2.十牛図入門 ・・・「新しい自分」への道 横山紘一著 幻冬舎新書
いやいや、これも良かったです!なんて言いながら、何故か長い間積読状態だった1冊。十牛図については、以前(かなり前のような)、京都の師範が日記でも紹介されていましたが、あくまでこちらは入門編。しかしながら新書らしいテイストで、難解な?十牛図の概要を知ることができました。仏教の根本原理は『縁起の理』、なるほどと分かったつもりでいたら、月末にとんでもない本に出会ってしまい、赤面することに・・・ホント、ちぇりーさんって、何にも知らないんだなあ・・・大汗

3. マンガ孫子・韓非子の思想
蔡志忠著、野末陳平監修、和田武司 講談社プラスアルファ文庫
う〜む、ブックオフの105円コーナーでしたから、期待することに無理があったかもしれませんが、お手軽に韓非子でも読もうかと思ったことが、そもそも浅はかでしたね。それでも、初めて韓非子の考えに触れることが出来ただけでも有意義としておきましょうか。やはり、中国古典の入門は守屋親子の問を叩くくらいでないといけないのかなあ・・・はい、選択ミスということでお許しいただきたく候う・・・涙

4. それでも人生にイエスと言うV.E.フランクル著、山田邦男・松田美佳訳 春秋社
先日、今更読了したとコネタにするのが恥ずかしい・・・とカミングアウトしていましたが、未読の方は絶対読むべき1冊です(できれは『夜と霧』と併せて)。しっかりメモを取りましたが、改めて読み返してみると、ホント重いですよね。・・・生きる意味の問題は、具体的な“ここ”と“今”において問われる・・・日々の実践を通してしか、自分の人生に責任を持つことはできません・・・う〜む、限界が見えてきたかも・・・あわや卒倒!

5. 灘中 奇跡の国語教室・・・橋本武の超スロー・リーディング
黒岩祐治著 中公新書ラクレ
これも先日コネタにしていましたが、素直に良書だと思います。物事を掘り下げることは、何と楽しく愉快なことか・・・情けない話ですが、ググりのハシゴをしているとついつい夢中になって、そもそも何を調べようとしていたのか訳が分からなくなることってありませんか?先日も師匠の「経営品質入門セミナー」で紹介されたキーワードから、どんどん掘り下げることができ、楽しかったですね。もちろん、会社での目的は、あくまで成果を上げることですから、取り違えないように!

6.奇跡 岡本敏子著 集英社文庫
噂には聞いていましたが、強烈でしたねえ。官能小説と表現するのは稚拙ですが、ちぇりーさん、読み進めながら、若かりし頃にハマった村上龍さんの『テニスボーイの憂鬱』を連想してしまいました。それにしても、これが77歳の老婆が描く内容かと思うと、冷静さを失いますね。正直、何ども臍下三寸が熱くなりました(自爆)!おそらく、著者が書きたくて書きたくてたまらなかった内容なんだと素直に共感することができました。お見事!


はい、甲乙つけがたい6冊ですが、今回はこちらの1冊にしておきましょう!

d0004717_725187.jpg


岡本太郎さん、敏子さんに興味を持たれた方には特にオススメです!

続きはまた明日♪

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-02-29 07:26 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 赤裸々な私の履歴書

いやいや、一部週刊誌でも話題になっていたようですが、今月の私の履歴書、翔んでましたねえ。

女優の佐久間良子さん、赤裸々な告白が続きます。

それにしても鶴田浩二さんとの不倫話、いくらご本人とはいえ、よく憶えてますよね。

半世紀前のアバンチュールですから、しっかり日記等に書き留めていたことを紹介されたのでしょうか。

  私は「不倫」という言葉は好きではない。だが2人はもはや誰も止めることができない「灼熱の恋」に駆り立てられていた

  私の若い恋心は、湖に浮かぶ木の葉のように激しく揺れ動いていた

お相手の鶴田さんもご逝去されて四半世紀、あの世で、オイオイ!といったところなのでしょうね。

一方で佐久間さん、70を超えても生気漲るといった雰囲気ですね。

d0004717_6402960.jpg


☆確かに美人ですね~♪

個人的には、佐久間さんより年長ですが、こちらの女優さんの方が・・・

d0004717_641539.jpg


☆輪をかけて妖艶ですね・・・犬のお父さんのお母さんですね

しかしながら、熟専ちぇりーさんとしては、もう少し年長ではありますが、こちらの女優さんの方がもっと好みだったりして・・・

d0004717_6413626.jpg


☆岸恵子さん・・・傘寿ですからね・・・ビックリです!

d0004717_642095.jpg


☆ヤバすぎです・・・連れて行ってください、って感じです・・・

d0004717_643282.jpg


☆若いときから、ホント、魅力的ですね。

d0004717_644857.jpg


☆今でも十分光ってますよね!

そういえば、岸恵子さんも鶴田浩二さんとコイバナがあったと伝え聞いていますから、そういう意味では鶴田浩二さん、全盛期は大モテだったんでしょうね!

  古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを欲しがるもんでございます。
  どこに新しいものがございましょう。
  生まれた土地は荒れ放題、今の世の中、右も左も真暗闇じゃござんせんか。

いやいや、やはり目茶カッコイイですね♪

  好いた惚れたとけだものごっこがまかり通る世の中でございます。
  好いた惚れたはもともと「こころ」が決めるもの
  こんなことを申し上げる私もやっぱり古い人間でござんしょうかねえ。

ちぇりーさん、けだものごっこ、してみた~い♪

今朝は全くの与太話で朝から恐縮です・・・大汗

はい、本日も明るく楽しく元気よく、顔晴っていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-02-28 06:45 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 呪いの時代・・・己の無知を呪うとき

久しぶりに読みました。

内田樹さんの著作です。

実は、何故か数ヶ月、積読状態になっていましたが、正直もっと早く読めばよかったというのが率直な感想です。

率直な感想といえば、内田さん、相変わらずの文体なのですが、読者対象をどのレベルに設定されているのでしょうか?

ちょっこし気になる言葉を、著作の中から抜き出してみました。

  トリヴィアル、メタレベル、フレームワーク、マニピュレイト、ブリコラージュ、コンテクスト、ピットフォール、プライオリティー、トレードオフ、クリスプ、リエゾン、イデオロギー、タフ・ネゴシエーション、マッチメイカー、ワーディング、リソース、マウンティング、ノンシャランス、ファナティック、パセティック、コミット、リファイン、ラディカル、インフォーマント、リーダビリティ、マインドセット、メタファー、アマルガム、コロキアル、テクスチュアル、エビデンス、トートロジー、エスタブリッシュメント、ペンディング、スキーム、アドレッセンス・・・あ〜、疲れた・・・苦笑

所謂平均層(これも曖昧な言葉かもしれませんが)が、上記の言葉を正しく理解ならびに説明できることは考えにくいのですが・・・

ペルソナという言葉については詳細な説明がありましたが、上記のカタカナ表現については、読み手によっては、それこそコンテクストから読み取れよ、というノリ(内田さんご自身は、そんなこと思ってもいないと思いますが)に曲解されない危惧を抱いてしまいます。

ちなみに、ママさんに確認したところ、全然わからんと一瞥して白旗をあげていました。

いや、決して批判しているわけではありません。ちぇりーさんも、都度、わからない表現が出てくるとスマホでググッて、へ〜、と知識を得ることができますので、個人的には大変有難いことだと思っています。

自分が急に頭が良くなったような錯覚に陥ってしまうことも、効能の一つなのかもしれません(苦笑)。

外来語だけでなく、日本語の用法についても同様かもしれませんね。

ちぇりーさん、同じ著作に使われていた以下の言葉、しっかり説明できませんし、一部読めなかった字もありました。

  瀰漫、揚言、上御一人、出来、炯眼、麾下、簒奪、背馳、一掬の涙、頤使、侠気、縷々、見所(ミドコロとは読みません)、蟠踞、食言、冠絶、消長、俚諺、真率、換骨奪胎、自家薬籠中のもの、中体西用、周旋、剥落、破鏡、捷径、齧歯類、頽落、客気、満腔、畏れ戦く(ルビが無かったら読めませんでした)、拝跪、地祇、瀆聖、闖入、賦活、共軛、臆断、威徳、通弊、須要の人材、馴致、打擲、改鋳、鼓腹撃壌、拳々服膺、寸鉄人を刺す・・・あ~、ホントに疲れた・・・やれやれ

こちらも、これくらいの言葉は知っておけよなんてノリと受け取る読者も少なくないかもしれませんね。

そういうちぇりーさんも、

  アナウンス、ロジック、コンテンツ、プレゼンテーション、デリバリー・・・

なんて言葉を、普段から、さして深く考えずに使っていますので、やはり相手を慮って言葉を選んで使わないといけませんね。

もちろん、一方で知ったかぶりも多いのですが・・・

恥ずかしながら、侃々諤々と喧々囂々と喧々諤々の違いをわからずに使っていました。

皆さんは大丈夫ですよね(苦笑)?

ところで、肝心の『呪いの時代』の内容は・・・大汗

d0004717_6504523.jpg


いやいや月末の読了紹介で・・・って、数行のコメントで終わったりして・・・それだけ内容が濃いってことですよ・・・苦笑

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-02-27 06:50 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 疚しいぞ!男性限定

女性の時代が定着して久しい現代社会ですが、昨日、オヨヨと思わず見出しに目を奪われました。

  「男性限定」花盛り

日経夕刊の一面記事でしたが、レジャー産業を中心に男性限定の割引サービス等、特典を準備している店舗が増えているんだそうです。

  メンズ争奪戦

なんて表現も紹介されていましたが、なんでもターゲットは40代を中心とした単身世代とのことです。

確かに、これまでは、女性限定サービスが溢れかえっていました。

これはバブル時代から納得がいかなかったことなのですが、女性を釣り餌目的で扱っているとは思えない仲間内のパーティーイベントでも、

  男性7,000円、女性5,000円

なんて会費設定が当たり前のように横行しています。

偏った見方かもしれませんが、30代より下の層は、飲み食いに関しては、そのボリュームならびに質は圧倒的に女性の方が高いと思います。
☆ホントよく食べますし、高いお酒も平気で飲んでます!

草食系(この言葉自体女性中心社会を象徴していますが)男子が激増する中、むしろ状況は逆転しているのではと思えてなりませんが、今回のような記事が扱われるのは、時代の変わり目なのでしょうか・・・むしろ女性中心社会がエスカレートする表れだったりして・・・

いずれにしても、この年齢になったら、一時のトレンドに振り回されることなく、本当に楽しめるものに時間とお金を使いたい。

そんなことをふと思い浮かべる、日曜日の朝のちぇりーさんです。

d0004717_6224023.jpg


☆う~む、こういう男性限定にはそそられるかも・・・

ようし、本日も一日しっかり楽しむぞ~♪

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-02-26 06:19 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 問題と逆境は別のもの

今朝は超ゆっくり目に始動!

前日、何故か1時間半しか寝られず、2時頃から起きていたので、その反動なのでしょう。

たっぷり7時間半睡眠で自動調節したようです。

足して2で割れば1日あたり4時間半なので、おかげさまで朝から目がシャキッ!ですね。

さて、朝といえばちぇりーさん、様々なルーティンを楽しみながら取り組んでいるのですが、プチ朝活ではないですが、ここ何年も一日一言的なものを続けていることは、以前にもご紹介させていただきました。

ちなみに今年は、安岡先生の再読と新ネタとして下記を取り入れています。

d0004717_9161223.jpg


『伸びる会社には必ず理想のリーダーがいる』
ジョン・C.マクスウェル著 児島修訳 辰巳出版


これ、毎朝、いろいろ考えさせられてイイですよ〜♪

常に、実務に、そしてプライベートに照らし合わせることが多く、大変参考になります。

そんな中、2月23日(木)【第8週の水曜日・・・1週間5日ペースで26週で終了するようになっています】は、「問題と逆境は別もの」というテーマでした。

  「問題」とは、何らかの解決策を見つけられるもの・・・アブラハム・カプラン

  「逆境」とは、自力では変えられず、立ち向かうのに忍耐が必要。

  「逆境」を「問題」と捉えると、不満や怒りばかりが積もってしまう。

  「問題」を「逆境」と捉えると、開き直りや諦め、被害者意識のようなネガティブな気持ちが生じてしまう。



その上で、こんなポジティブな思考を示唆してくれます。

  「問題」<problems>は、

  予測でき<predictors>、思い出させ<reminder>、好機であり<opportunity>、

  祈りであり<blessing>、教訓めいた<lesson>、どこにでもある<everywhere>、

  メッセージで<message>、

  解決可能である<solvable>。

如何ですか?

何だか朝から元氣と勇気をいただけますよね!

d0004717_9171736.jpg


☆こちらは原書ですね!

そんな翌日(昨日のことですが)、偶然にも、安岡先生の一日一言は「不遇・逆境の用」というもので、ビックリ!

  いかなる所へ行っても、牢獄に入れられても、島流しにあっても、悠然としてふだんと変わらないようになるには、よほど自分を作らなければならない。そういう意味では、不遇・逆境というものは、自己を練る最良の場所。

シンクロしましたね〜♪

ちぇりーさん、まずは、恵まれた環境にいることに感謝して、日に新たの気持ちで引き続き実践に取り組んでまいります!

そして、本日はご紹介いただいたお客様に表敬訪問。

すてきなご縁が広がりますように!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2012-02-25 09:17 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 Stiff Neck

昨日、「腹」という言葉についてコネタにしてみましたが、「腹」に限らず、日本語というのは体にまつわる言葉がなんと多いことか!

「肩」というパーツだけをとっても、

  肩を並べる、肩をもつ、肩身が狭い、肩たたき、肩の荷をおろす、肩書き、肩で風を斬る、肩の力を抜く、肩を落とす、肩を貸す・・・

これまた、キリがありませんね(苦笑)。

ところで、そんなことを調べていたら、面白いことに打ち当たりました。

  肩がこるのは日本人だけ

ちぇりーさん、重度の肩こり症と自覚していましたので、目が点になってしまいましたが、何でも、外国語に「肩がこる」という表現がないという話なんですね。

Wikipediaでも紹介されていますが、そもそも「肩が凝る」という言葉は、夏目漱石による造語なんだそうです。

もちろん、同様の症例は世界中に存在するようですが、表現されるパーツは「肩」ではなく、「首」や「背中」とのこと。

へ〜、ですよね!

ちなみに、英語で「肩こり」を表現する時は、

  Stiff neck

  首が硬直する

と使うそうなんです。

d0004717_644094.jpg


☆やっぱり肩を押さえてますね・・・それにしても辛そうな表情・・・

ゴルフクラブのSシャフトで使われるStiffですね。

確かにちぇりーさんの場合も、頚椎ヘルニアの影響で、首から肩、そして背中から臀部と痛みまくっていますから、その感覚はよくわかります。

まあ、何れにしても自分の身体ですから、上手く向き合っていくしかないのですが・・・

d0004717_6465220.jpg


☆こんな肩こりなら見ていて楽しい♪

今朝も風は強めながら、ずいぶん暖かく感じられます。

季節の変化を楽しみながら、週末もしっかりやりきって!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-02-24 06:41 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 「腹」という言葉

最近、コネタにすることが多い社内研修ネタ。

本日も、昨日の朝ミーティングでの話題をご紹介したいと思います。

先日の『経営品質入門セミナー』で、改めて教えていただいた、リーダーシップに必要な3要素。

  Head 頭
  Heart 心(胸)
  Gut 腹(腸)

ちぇりーさん、この話題だけでも、1ヶ月くらいコネタが持ちそうなのですが(苦笑)、今回は「腹」に絞ってということで・・・

d0004717_7345513.gif


というのも、その昨日、社員さんに「腹」を使った言葉を挙げてもらったんです。

  山腹、腹いせ、腹立たしい、腹いっぱい、腹黒い、腹の底、腹腹、一腹、腹痛、腹心、背に腹はかえられぬ、腹に落ちる、腹八分目、腹わたが煮えくり返る、腹時計、腹も身のうち、腹に収める

いやいや、出てくるものですねえ。

ちぇりーさん、実は事前に自分でも準備していたのですが、それ以外の言葉が多く、ビックリしました!

社員さんが挙げてくれた以外で準備していた言葉は、こんなところでした。

  腹を割る、腹ができている、腹を固める、腹が癒える、腹帯を締めてかかる、腹のうち、腹を探る、腹蔵ない、腹を括る、太っ腹、腹が据わる、腹を切る、腹を決める、腹に一物、面従腹背、腹が痛む、腹を合わす、腹を肥やす、腹を読む、腹悪し、腹が無い、腹から、片腹痛い

それにしても、日本語って面白いですよね。

何だか、先日ご紹介した、橋本武先生の国語の授業みたいになってきましたが、ホント掘り下げるとキリがないかもしれませんね。

仕事もここだと思ったらしっかり掘り下げること。

雨のせいか、ずいぶん暖かくなりました!

そんな意識で本日もスタートです!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-02-23 07:32 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 知らないことばかり

昨日は移動が電車ということもあり、読みかけの本を読了することができました。

以前、師匠がfacebookで紹介されていたアダム・スミスに関する本です。

ちぇりーさん、恥ずかしながら、

  国富論

  神の見えざる手

くらいの知識しかなかったので、知らないことばかりでしたが、大変わかりやすく表現されて、勉強になりました。

問いかけられたメッセージは、

  真摯にビジネスと取り組み、成果をあげているのか

ということ。

こういう本を手にすると、どんどん逃げ場がなくなってしまいますね。

師匠、良書のオススメ、ありがとうございました。

d0004717_7452956.jpg


何度も読み返したくなる1冊ですね。

はい、本日も明るく楽しく元氣よく、顔晴っていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-02-22 07:43 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 ありがとう存じます

またまた先週の話で恐縮です。

金曜日のランチは、師匠とご一緒させていただき(前夜もお嬢様のW合格で祝杯でしたね)、地元名古屋でありながら、初めてのお店に入りました。

というのも、当初はあの伝説の坦々麺(今回は汁なし)もしくは究極の味噌煮込みうどんあたりと考えていたのですが、前夜お互いに飲みすぎモードだったため、近場で軽いモノということで、タワーズのレストラン街の中から師匠が『やぶそば』さんをチョイス。

こちらの『やぶそば』さんは、あの東京神田の超有名店の暖簾分けになるのでしょうか?

屋号は箸袋から『東京杉並やぶそば』となっていました。

杉並区に本店があるのでしょうか?

ちなみに、ちぇりーさん、神田のお店も利用したことがありませんので・・・詳しい事情をご存知の方、ご指南いただければ幸いです!

ちなみに、ちぇりーさん、当日は珍しくお寝坊さんで、朝ごはんを抜いていたのですが、何となくアルコールが残っている感じだったので、胃に優しそうな山かけを注文しました(先輩、ごちそうさまでした!)。

d0004717_7175028.jpg


お蕎麦の色が、緑がかっていたのが特徴的でした。

普段食べている蕎麦とは、食感も異なるように感じましたが、山かけの選択は大正解だったかもしれませんね。
☆大和芋使用と説明されたとろろの汁は、大変美味しかったです!

そして、特徴的といえば、店員さんの挨拶がこれでした。

  ありがとう存じます

初めて耳にするフレーズです。

ありがとうございます。

ではないんですね。

正直、大変違和感を感じていたのですが、先程、コネタにする際、ググってみると、何と本来の日本語としては、『ありがとう存じます』が正しい用法なんだそうです!

確かに、「ございます」は「在る」、「存じます」は「思う」の敬語ですから、「ありがたく」+「ある」というのは、何だか変な気もしないではないです。

いつごろから、「ございます」が定着したのか、よくわかりませんが、それなら「おめでとう」も同様に、「おめでとう存じます」が本来的な用法なのかもしれませんね。

そういえば、お蕎麦といえば、もう20年前のことですが、東京時代勤めていたオフィスの近くに、メチャ美味いカレー南蛮を提供してくれるおそば屋さんがありました。

残念ながら屋号を失念してしまいましたが、「九段南・蕎麦屋」というキーワードでググってみても、心当たりのある名前が表示されませんので、閉店してしまったかもしれませんね。

考えてみると、美味いカレー南蛮って、名古屋では食べたことないなあ・・・

どなたか、オススメをご指南いただけないでしょうか?

カレーうどんやカレー煮込みなら、沢山知っているのですが、やはり名古屋は麺類といえば、うどん文化圏なんでしょうね。

ようし、今日のランチはカレーうどんにしようかなって、昨晩も今朝もカレーでしょ・・・大汗

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-02-21 07:18 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 社員さんにとって、『すてきな会社』とは?

土曜日の社内研修会の続きです!

中盤で、遊び感覚ということで、社員さんから尊敬する人物を挙げていただきました。

義父、両親という身近な方もあれば、浜田省吾、アントニオ猪木という芸能人や、佐藤可士和なんていうクリエーターの名前も飛び出して、面白かったですね。

それぞれ社員さんからは、尊敬する理由についても発信いただいたのですが、様々なエピソード、特に身近な事例には心温まるストーリーがあって、有意義でしたね。

ちぇりーさん、尊敬する人物の一人として松下幸之助を挙げましたが、以前このブログでもコネタにもしていた、江口克彦さんのハーマン・カーンのエピソードを紹介させていただきました。

d0004717_6375175.jpg


☆ハーマン・カーン氏

d0004717_6392561.jpg


☆こちらは大好きだったミック・カーン氏

d0004717_6412946.jpg


☆こちらはキラー・カーン氏・・・ご存命はこのお方だけですね

この話、人前でするのは久しぶりだったのですが、感情を込めて一人芝居風にやってみると、最後には胸が詰まって涙声になってしまうんですよね・・・

それくらい、この話はハマりますし、社員さんもその感激を共有できたといった反応で、紹介した甲斐がありましたね。

そんな流れから、昨年大幅に組織改編があったことを踏まえ、改めてVisionである『すてきな会社』について、各々が抱くイメージを付箋に書いていただきました。

というのも、現在組織プロフィール見直し中で、せっかくの機会、社員さんの思いを汲んだ表現に仕上げてみたかったんですね。

その社員さんからは、こんなフレーズが集まってきました。

  一つの「強み」がある会社
  「目的」が明確な会社
  「吸収」(学びという意味で)できる会社
  信頼される(お客様、協力会社)
  やりがい(自分自身)
  生活の基盤となる(家庭)
  挨拶ができる
  団結力と助け合い
  信頼し合える
  気配り、心配りができる
  話し合える
  元気で明るい
  お客様からありがとうと行っていただける
  社会に貢献できる
  成長できる会社(企業も人も)

お〜、嬉しい言葉が続きますね♪

ちなみに、従来の『すてきな会社』の前提条件として、

  独自能力を発揮し、お客様ならびに世の中から必要とされる

と定義付けていますので、基本線では浸透していたと少しホッとしました。

大切なことは、これをしっかり成果につなげること。

絵に描いた餅にならないよう、引き続き社員さんと一緒に邁進ですね。

そんなに時間は残されていないと、自らを煽りつつ、今週も明るく楽しく元気よく、顔晴って参ります!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2012-02-20 06:42 | Comments(0)