自動車保険配布スキンパーツ1 <   2012年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 2012年1月はこんなご縁を・・・その2

今朝は幾分冷えも小康状態といった感じでしょうか!

雪国の皆さんのことを考えたら、本当に恵まれていますよね。

そういえば、昨日、ちぇりーさん的に、ショッキングなニュースが・・・

山本卓眞さんが鬼籍に入られてしまいました。

ちぇりーさん、社会人になった当初は、お世話になった会社の社長さんだったんですよね。

実は、一度だけ間近で接したことがあるんです。

当時は既に会長職になられていたのですが、若手社員がにわかホテルマンに変身するエグゼクティブセミナーの設営スタッフとしてお客様の接待のために研修施設に泊まり込んでいる際、お客様の対応を終えられた山本会長が、我々を労ってくれたんですね。
☆入社2年目か3年目のことでした・・・

いや、とにかく感激しましたね。

ビックリしたのは、もの凄く背の低い方なのですが、オーラが半端ではなく、メチャ大きく見えたんですね。

それもそのはず、死生観が違います。これはあるright系の団体で講演された時の、講演録からの転載ですが、こういう修羅場をくぐってこそのオーラなんでしょうね・・・

  私が特攻を命じられたときにはもう兄はすでに戦死しており ました。兄は特攻隊長としてレイテ沖で戦死。ですから、兄と同じ運命と、迷うことはありませんでした。

  いかに敵戦車への攻撃を有効ならしめるか?もっぱらそれを 考え続けていたのです。兄も同様のことを考えていたそうです。 飛行機に整備、羅針盤、あるいは機関砲をはずして爆弾を余計に積むとかですね。まさに精根をこめた特攻攻撃。兄貴は精根 をこめたと思います。

良い悪いは別にして、こういう経営者は、もう出てこないのではないでしょうか。

改めまして、合掌!

さて、話はいきなり変わって、昨日の続編です。

暫しお付き合いくださいませ。


7. 自己信頼[新訳] ラルフ・ウォルドー・エマソン著 伊東奈美子訳
☆いやいや、これは問題作!危険な書と申し上げても過言ではありません。ちぇりーさん、まだ1度しか読んでいませんが(今回コネタにする際、マーカー部分は再読しました)、とても170年前のエッセイとは思えません。ページのボリュームは少ないのですが、一生かかっても身につけられるかどうか・・・“あなた自身をおいて、あなたに平和をもたらすものはない。”身近に置いておきたい強烈な1冊ですね。

8. 新しい世界史へ・・・地球市民のための構想 羽田正著 岩波新書
☆確かに、何故今までこんなことに気づかなかったんでしょうか(汗)。西欧中心の世界史を当たり前のように受け容れていたちぇりーさん。実はそこからマインドコントロールが始まっているのかもしれません。歴史観について、改めて問いただされているような気がして、有意義でしたね。多様性を認めることが21世紀を生き抜く前提条件なのかもしれません。

9. 官邸から見た原発事故の真実・・・これから始まる真の危機 田坂広志著 光文社新書
☆師匠がオススメされていて、京都遠征に持参した1冊目。京都といえば、伏見の師範も先週末の日記で“現代日本人必読の書”と表現されていました。先日のNHKスペシャルに出演されていた際も、本書と同じ発言をされていましたが、どこまで視聴者に届いたでしょうか。新書ですし、興味をもった方は直ぐに手にとっていただきたいですね。

10. 散歩もの 谷口ジロー・久住 昌之著 扶桑社文庫
☆これは、超ゆる〜い1冊。京都遠征では2冊目です。名作『孤独のグルメ』には及ばないものの、吉祥寺で青春時代を過ごしたちぇりーさんとしては、もう堪らない作品ですね。
残念なのは、文庫本では絵の素晴らしさが再現できていないのではということ。お手軽なカタチで楽しむことができるのは嬉しいのですが、作品の趣旨からすると・・・贅沢な悩みといえばそうなのですが・・・このシリーズ、続編出ないかなあ

11. 50代にしておきたい17のこと 本田健著 だいわ文庫
☆京都遠征持参3冊目。はい小一時間もあれば、読めてしまいます。参考になるというより、自身が取り組んでいることと照らし合わせることができ、有意義でしたね。そうだ、最近読む本がないと、大きな勘違いをしている娘に、このシリーズの10代版を勧めてみようかな。何か発見があるといいのですが・・・そういえば、彼女は本日進学試験だったけど、余裕の表情だったなあ・・・苦笑

12. 50歳を超えても30代に見える生き方・・・「人生100年計画」の行程表 南雲吉則著 講談社プラスアルファ新書
☆先週あたりから、ようやく印刷できたのか、大型書店あたりで平積みになっています。既に13万分を突破とのこと。売れてるみたいですね。しかしながら、先日もコネタにしていますが、全てを実践するのはなかなかではありません。それでも、土曜日の午後あたりから、風邪の初期症状を自覚したちぇりーさん、この本のエッセンスを取り入れたら、本格的な発症をすることなく、治まったようです。それだけでもツイてる!


というわけで、本日も6冊ご紹介しましたが、実はもう1回分ありまして・・・苦笑

はい、このシリーズでは、やはりこちらが強烈すぎました・・・

d0004717_7465541.jpg


みなさん、くれぐれも取り扱いにはご注意ください。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2012-01-31 07:47 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 2012年1月はこんなご縁を・・・その1

冷えますね〜!

週末は立春を迎えるというのに、予報によると明日からはこの冬一番の寒波ということ。

皆さん、お元気ですか?

ちぇりーさん、昨日の朝、目が覚めると、喉がイガラッぽくって、ヤバイと直感!

朝から一日、読書をすることで、鋭気を養うことができ、今朝も何とか本格的な発症を抑えていますが、引き続き注意して、何とか乗り切りたいですね!

さて、その読書といえば、この1月は久しぶりに読了本が多いので、いつもより少し早く、分割でご紹介させていただきます。


1. 杉原輝雄 魂の言葉 生きるということ 杉原輝雄著 日本文芸社
☆杉原さんの訃報にふれた当日、衝動買いした1冊。年末から読みかけて年始に読了しましたが、がんという病気は進行し始めると手が付けられなくなることがよくわかりました。生きる希望があるときは、“死んだら皆終わり。だから、せめて生きている間は、いい人と出会って、美味しいものを食べて、泣いたり、笑ったり、怒ったりする。だから人生には意味がある”と達観されていたのに、死を待つのみの段階に至ると、“そんな難しいことはわからない”という心境を激白されています。キューブラー・ロスさんが亡くなる直前の状況を思い出してしまいました・・・合掌!

2. 会社と仕事を変えるデザインのしかけ 中野由仁著 クロスメディア・パブリッシング
☆これは、なかなかお得な1冊。知っていることも多かったのですが、それ以上に出来ていないことに改めて気づかされることになりました。ビジネスチャンスのヒントも満載で、お正月に読めて良かったですね!

3. ザ・コーチ - 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』 谷口貴彦著 プレジデント社
☆こちらは、以前ネットでそのエッセンスを知り、これまでも自身がスピーカーを務める販促支援セミナーでも活用させていただいていました。『夢』『目的』『ゴール』『目標』『ビジョン』『志』・・・混同されがちなキーワードを、スッキリ整理することができます。“上司が関心を持つのは、部下の行動と成長と感情。上司は結果に責任を持ち、部下は自分の行動と成長に責任を持つ”・・・日々是精進ですね!

4. 新版 小予算で優良顧客をつかむ方法 神田昌典著 ダイヤモンド社
☆これは、少々期待はずれというか、そもそも何を期待して買い求めたのか・・・そこを深く掘り下げていかないと、この感覚が無駄になってしまいかねません。なんて言いながら、走り書きのメモを沢山書き込んでいましたが・・・苦笑・・・“マーケティングとは、自分の声を必要な人に届け、必要な人を集める知恵”・・・おっと、そのお手伝いをすることと自分の名刺に書いてありましたね(笑)

5. 繁盛店の「ほめる」仕組み 西村貴好著 同文館出版
☆これは、超衝動買い・・・というか、先日の「ほめ検」会場で、講師のサイン欲しさ?(交流を深めるため)に会場で購入。御法度3D、ほめ達3S+1等の講演内容までは網羅されていませんが、全てのサービス業に通じる考え方は、大変参考になりますね。“叱るだけで人が動くなんて、人はそんなに甘くない”“わらしべ長者は、最初の藁にアブという付加価値をつけたところがポイント”・・・使える内容がわかりやすい事例で掲載され、ツイてる!

6. 人生の目覚まし時計 富田欣和著 PHP研究所
☆師匠をはじめ、信頼できる筋が絶賛されていたところ、父と訪れた書店で見つけ、これまた衝動買いした1冊。しかしながら、ちぇりーさんには今ひとつ響きませんでした。思わせぶりに月読宮さんのことを出すなら、もう少しここに突っ込んで欲しかったかなあ・・・ところで、島の話が出てきますが、やはり壱岐のことなんでしょうか・・・このあたりも何だか中途半端な印象が・・・個人的に残念な1冊でした・・・涙


ということで、まずは6冊をご紹介させていただきましたが、この中では3.が予選通過というところでしょうか。

d0004717_7719.jpg


続編も出ているようなので、読んでみようかな。

はい、明日も引き続き、書籍のご紹介をやってみたいと思います。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-01-30 07:08 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 国宝阿弥陀三尊

きょうと〜 おおはら さんぜんいん♪

という歌でも有名な三千院門跡。
☆『おんなひとり』という曲名なんですね。知りませんでした・・・笑

先日の京都遠征の2日目を利用して、初めて参詣させていただきました。

京都駅からバスに揺られて1時間。

生憎の霙模様でしたが、よかったですねえ!

何が良かったって、その三千院門跡の魅力を垣間見ることができ、有意義でしたね。

拝観料は700円と強気の設定でしたが、とにかく見どころ満載。

お昼ご飯の時間も確保せねばならず、帰りのバスの都合で、三千院門跡の中には1時間半程しか滞在できませんでしたが、もっとゆっくりしたかったというのが本音です。

しかしながら、今回はオフシーズンでしたから、そう思ったのかもしれませんね。

紅葉の時期は、参拝客が芋洗い状態で、清らかな空気に浸る、なんてことはできないのかもしれませんね。

ちぇりーさん的に、ハマったのが、国宝・阿弥陀三尊坐像。

あんな至近距離で拝謁できるとは・・・

阿弥陀如来の優しい表情だけでなく、脇を固める聖観音、勢至の両菩薩が正座をして、少しうつ向き加減なのが新鮮で強烈な存在感でしたね。

この姿勢、“大和坐り”とも呼ぶんだそうです。

撮影禁止でしたので、ネットから拝借した画像を・・・

d0004717_6124160.jpg


それにしても、またまたディープな京都を体験することができましたね。

この大原エリアだけでも、まだまだ見どころは満載のようです。

帰宅して、早速ママさんに報告すると、自分だけ行って抜け駆けだ!なんて反応でしたので、近いうちに車を使って再訪してみたいですね。

そのママさんは、昨日は仲のいい同級生のお見舞いということで横浜へ!

昨日のコネタではないですが、健康って有難いですね。

しみじみ、そう感じます。

そんなちぇりーさんも、今朝は何だか喉がいがらっぽいので、気をつけないと!

皆さんもくれぐれもご自愛くださいませ。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2012-01-29 06:14 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 50代を臨みながら、生活習慣を考える

これまた、ちょっこし前のお話・・・といっても先週末のことですが、京都で開催された実践塾に参加する道中で、なかなか興味深い本を読みました。

実は、今月は、年始、東京出張、京都遠征と新幹線で移動する機会が多かったせいもあり、久しぶりに多読(といっても十数冊ですが・・・)ができています。

今回の京都遠征でも、名鉄、新幹線、京都の地下鉄、京都のバス等での移動中に、4冊読了することができました。

当初、3冊もあれば十分だと思い、昨日コネタにした田坂さんの新書と軽目の文庫本を2冊鞄に入れたのですが、2日目の昼過ぎには読み終えてしまい、京都市内で4冊目を買い増したという、なかなかイイ感じの読書ペースでしたね。

本日は、その中から共通するキーワードを持つ2冊をコネタにさせていただきます。

そのキーワードは、『50代』。

ちぇりーさん、昨年11月の誕生日を迎え、四捨五入すると、ついに大台になってしまいましたが、そんなことからも求める心が芽生えていたのかもしれません。

その1冊目は、名古屋から持ち込んだ文庫本。

d0004717_6361872.jpg


『50代にしておきたい17のこと』本田健著 だいわ文庫

著者の本を読むのは2年ぶりくらいかもしれません。

実はこのシリーズ、先日49歳を迎えた社員さんの誕生日に、『40代にしておきたい17のこと』をプレゼントしていました。

先程、amazonで『50代』の方を確認すると書評はイマイチのようですが、ちぇりーさん的には、既に意識して既に実践していることも多く、そういう意味では間違ってないんだと自信を持つことができた1冊でしたね。

集中すれば、1時間もかからずに読めてしまうのも良かったですね!

集中といえば、こんなフレーズをメモしていました。

  得意なこと、好きなこと、人に喜ばれることに集中する。

これをメモしているということは、自身、まだまだ出来ていないと自覚してますね。

メモといえば、先程振り返った中で、もう一つのテーマだけご紹介させてください。

  自分を変える、人生を変える簡単な方法は、時間の使い方を変えること。

  時間は命、今日与えられた時間は今日のうちに使い切る。


これは、40歳になる手前から意識して実践していることですね。

ライフスタイル(早寝早起き、人付き合い等)を能動的に変えることで、流されにくくなったような気がします。

そして、京都市内で買い求めた『50代』というのが、こちらの1冊!

d0004717_6372396.jpg


『50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表』
南雲吉則著 講談社プラスアルファ新書


いやいや、こちらも超読みやすかったですねえ!

新書ですが、帰路の新幹線と名鉄でサクっと読めちゃいました。

論旨は極めて明解です。

要は正しい生活習慣を身につけようというもの。

喫煙は論外としても、糖尿病やガンは悪者ではないという視点は新鮮でしたね。

また、免疫力を高めすぎてもいけないという話や、風邪をひいたら安静にしてはいけないという話も目からウロコでした。

ちぇりーさん的には、本書のまとめである下記項目について、自身と照らし合わせることが有意義でしたね。

1.早寝早起き<睡眠のゴールデンタイムは22時→2時>
 ☆これは、ほぼ実践できていますね!ちなみに著者の場合は、22時に寝て3時に起床という生活を何年も続けているそうです。ちぇりーさんは、その日のうち、時間帯としては22時から23時半くらいに布団に入って、3時半から5時くらいに起きるパターンが通常です。これは楽しみながら継続していますね(笑)。

2.完全栄養の摂取と一汁一菜で腹6分目
 ☆これは、ほとんど出来ていません。著者の場合、ベジタリアンで、アルコールも高級ワインを一日にグラス2杯までと徹底されています。ちぇりーさん、今回の気づきから、できるだけ腹8分目に抑え、お腹がすくまで食事をしないということを始めていますが、食いしん坊の呑助だから、ちょっと自信がないなあ・・・汗

3.薄着をして身体を内面から守る
 ☆これ、なかなか厳しそうです。“冷え性の人こそ体を冷やす”・・・逆療法とも思えますが、そうでない方も、冬場に帽子、タートルネック、マフラーはもってのほかということで・・・驚。ちぇりーさん、出来る範囲で、とりあえず「頭寒足熱」から始めています。

4.朝一の濃いめのゴボウ茶
 ☆これは超面倒くさそうなので(苦笑)、毎日飲む羅漢果茶で引き続き大丈夫と思っています。羅漢果自体、アンチエイジングにも効果があるはずですので、何もかもではなく、自分に合ったスタイルでいきたいですね!皆さん、羅漢果茶、作り方は超カンタンですからオススメですよ。・・・おっと、宣伝入ってるなあ!

5.たくさん歩いて電車では座らない
 ☆著者は“スポーツをすると健康になれない”と言い切っています。もちろんこれは50代に向けた話ですが、確かに急に過激な運動を始めては、問題がありそうです。ちぇりーさん、ウォーキングすらままならないので、駅まで歩く、車中では座らない、駅では必ず階段を利用する等、改めて出来るところから実践しています。なんて、超お疲れの時は座ってしまいますが・・・まあ、無理は禁物ということで。

6.スキンシップや感謝の気持ちを大切にする
 ☆う〜む、前者は難題・・・というか、家庭においては特にそうかも・・・非核三原則ならぬ悲性三原則を15年以上続けているちぇりーさん、スキンシップを積極的に外に求めるわけにもいかず・・・自爆。はい、これも何もかもではなく、トキメキと好奇心で代用して、引き続き感謝の気持ちは忘れることなく!・・・これは毎日のルーティンに入っているからオッケーですね!

皆さん、如何でしょうか?

自身の生活習慣を見直すという意味でも、なかなか有意義な新書ですよ!正直当たりでした(笑)!

こういう読書もイイですね!

今月は、今日を含めても残り4日間ですが、あと数冊はご縁がいただけそうですかね。

そうそう、『50』代といえば、麗しい方々もたくさんいらっしゃいます♪

d0004717_6394049.jpg


d0004717_6395426.jpg


d0004717_640999.jpg


それぞれ若いときは、こんな感じでしたね!

d0004717_640359.jpg


d0004717_6404929.jpg


d0004717_641422.jpg


いやいや、素晴らしい(笑)!

そして、本日は土曜出勤日を活用して社員さんとヒアリング。

どんな情報を聴かせてもらえるのか、今から楽しみです!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-01-28 06:41 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 リスクマネジメントの3つの原則+α

まだまだですね。

全然出来ていないです!

こんなに小さな組織でも、報連相ができていない!

ここ何年も、毎日のように報連相、報連相と伝えてきたつもりでしたが、浸透していなかったことが昨日発覚しました!

当事者である大ベテラン社員さんが週明けまで不在なので、今一度月曜日の朝礼時に少し時間を確保して緊急ミーティングを開催することにしましたが、本当に残念でしたね。

かばってあげる気持ちもあったのかもしれませんが、ダメなものはダメと今一度意識を高めないといけません。

これも指導力不足!

指を自分に向けないといけませんね。

そんなことを反省していたら、ふと先日師匠から薦められた田坂広志さんの新書のメモを思い出しました。

d0004717_7165263.jpg


『官邸から見た原発事故の真実・・・これから始まる真の危機』 光文社新書


  リスクマネジメントの3つの原則

  1.最も厳しい仮定に立つ
  2.最悪を考えて万全の対策をとる
  3.空振りの損失は覚悟する


そして追加でもう1つ

  いかなる状況の変化にも対応する

ちぇりーさん、改めて振り返ると、無自覚に、根拠なく楽観的過ぎていたように感じます。

真の危機に陥る前に、今一度褌を締め直して!

d0004717_7174141.jpg


おっと、この画像は以前にも一度利用していましたね・・・秋山眞之の『褌論』

それでは新入荷を!

d0004717_7185755.jpg


はい、本日より、厳しい姿勢ながらも、明るく楽しく元氣よく、顔晴っていきましょう!
☆説得力が・・・汗

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-01-27 07:19 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 忘れる前にやる!

昨日は週に一度の朝ミーティング。

朝礼では時間が限定されているので、30〜40分程確保して、レベルアップに向け活用しています。

毎回、手短にアイスブレイクも採り入れているのですが、これはちぇりーさん自身のトレーニングにもなって、有難いですよね。

今回は、朝礼時に話題が提供されていたトキメキについて、2分間ほどペアで意見交換していただきました。

通勤中の女子高生の仕草から映画・TVに出演している女優さん等、異性への興味というトキメキもあれば、若い人を応援したいという気持ち、コミュニティをまとめることができたこと等、多様なトキメキが紹介されて面白かったですね。

続いて、最近物忘れの激しいちぇりーさん、自戒を込めて、ウッカリ・凡ミスを避けるための予防法について、KJ法的にアイデア出しをお願いしました。

  メモを取る、メモを確認する、口に出す、誰かに伝える、報連相、声がけ、指差し呼称、脳トレ・・・

等々、たくさんのアイデアが出てきて有意義でしたね。

そんな中でも、ちぇりーさんがグッときたのが、

  忘れる前にやる!

というもの。

これ最高ですね!

50代の女性社員さんのアイデアだったのですが、そういえば、彼女の年頭の決意が、“決断したら迷わず進む”というものでしたから、その意気込みがホンモノであることが垣間見えますね!

いやいや、引き続き応援していきたいですね!

  ☆こちらは懐かしいCM

d0004717_6393827.jpg


  デカケルトキハ〜、ワスレズニ!

ちぇりーさん、フランクリン手帳のtask listに長らく転記し続けている項目も少なくありませんので、社員さんに改めて教えていただいたようで、有難いですね♪

はい、本日もフットワークを軽く、明るく楽しく元氣よく、顔晴っていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-01-26 06:35 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 くすぐれ!母性本能♪

早速FBでも交流することができました!

先日、京都での実践塾でお世話になった川越胃腸病院総務部長の小川卓さん。

都市銀行の融資担当から転身されて20年以上、すっかり望月院長先生のfumigation leadershipに燻されて、艶が出て輝いているといった印象ですね。

気づき満載の中で、小川さんのお話で特にグッときたのが、こちら。

  支援してもらえる工夫を、自分から出来る人

正直、この視点は持っていなかったですね。

振り返ってみると、実は無意識にしているケースも少なくないような気もしますが・・・

懇親会の場で、小川さんに、

  要は母性本能をくすぐるということでしょうか?

とお話すると、その解釈で良いと思いますよ、と意外なお答えが!

本当に優しい方なんですねえ(笑)。

もう一つ、印象的だったのが、

  大岡裁きは意味がない

というもの。

こちらは続きがありまして、

  リーダーは土俵を作ってあげて見守ってあげればよい

というオチにつながります。

質の高いコミュニケーションが前提条件であることは間違いなさそうですね!

ところで、今朝のタイトルが母性本能なので、こちらをちょっこし深堀を!

こんなジャケット見つけちゃいました!

d0004717_6565215.jpg


ちなみに歌はこんな内容です。

  どこかたよりない だけど憎めない
  男らしくない だけど捨てられない
  母性本能 母性本能
  なぜうずく なぜさわぐ
  あゝ 罪なひと
  子供みたいな 甘えん坊
  だから憎めない
  だから 捨てられない”

  あなた欲しくない だけど眠れない
  溺れたくはない だけど逃げられない
  女ですもの 女ですもの
  酔いしれて みたいのよ
  あゝ 悪いひと
  やはりわたしも 意気地なし
  だから眠れない
  だから逃げられない

  母性本能 母性本能
  なぜ燃やす なぜこがす
  あゝ 恐いひと
  夢のつづきで しばるのね
  だからはなさない
  だから捨てられない


いやあ、凄い歌詞ですねえ。
☆「母性本能」作詞 丹古晴巳 作曲 中川博之 編曲 神保正明 歌 森雄二とサザンクロス

あゝ、小川さんの品格が、ちぇりーさんの悪ノリで・・・大汗

はい、スタイルはなかなか変えられないので、熊崎さん向けにサービスです!

d0004717_658054.jpg


d0004717_6581644.jpg


ほとんど、開き直ってますね・・・苦笑

それにしても、同じ小川さんをコネタにしながら、U本社の岡村さんのブログとは内容も品格も・・・う〜む、比較しても仕方ありませんが、同じ社長でもこれほどとは・・・大汗

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-01-25 06:58 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 ほめ達3級取得しました!

丁度10日前のお話、先々週の土曜日のこと、

「ほめ達!」3級検定+ほめる達人という生き方セミナー

という講座を受講してきました。

きっかけは、先日復活された京都の師範のブログ記事。

面白そうだなあと主催団体のWEBサイトに立ち寄ると、名古屋でも開催されるということで、衝動的に申し込みをしていました。
☆会場は満員御礼状態でしたね!

講座の内容を紹介すると、ネタバレになってしまいますので控えますが、大変有意義で楽しいひとときを過ごすことができます!

d0004717_7484547.jpg


それでも、少しだけエッセンスをご紹介しようかな(笑)。

  「ほめる」とは、「人」、「モノ」、「起きる出来事」の価値を発見し伝えること

  「ほめる」は人の為ならず

  人を輝かせれば輝かせるほど、その照り返しで人は輝く


続きは、是非講座に参加して体感してみてください!

オススメですよ〜♪

ちなみに次回名古屋での開催は、7月21日(土)とのこと。

近いところでは、2月18日(土)に大阪で開催されるとのことですが、既に満席でキャンセル待ち状態のようです!

詳しくは、一般社団法人日本ほめる達人協会のWEBサイトでご確認ください!

ちぇりーさん、調子に乗って、理事長の西村さんとツーショット!
☆事務局の方に撮影していただきました!感謝♪

d0004717_7473339.jpg


う〜ん、流石理事長、笑顔力もレベルが高いですね!

引き続き見習いながら、明るく楽しく元氣よく、顔晴って、ほめ達道に邁進です!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2012-01-24 07:48 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 イランに対する古典的手法・・・

う〜ん、何とも釈然としません。

イランはそんなに悪い国なのでしょうか?

d0004717_7422790.jpg


ちぇりーさん、状況をよく分かっていないことを承知で述べさせていただきますが、

イラクの大量破壊兵器デマ情報、大東亜戦争時のABCD包囲網等、

やってることは全く同じような気がします。

まさに開戦直前、非常事態の様相です。

驚いたのは、先程サクっと目を通した日経には、こんな非常時というのに全くイランの状況について触れられていないこと・・・

一方でどうでもいい記事やどうでもいい広告・・・特に、”日本の雇用を守る「開国」”という全面広告のコピーは、噴飯ものでしたね・・・コピーライターはどんな経営者が顔を出しているのか、知っていたのでしょうか・・・

流石マスゴミ!

少なくとも我々国民を悪い方向へ煽動するようなことだけはお控え願いたい。

こういうときこそ、国民の力が試されるような気がします。

月曜日の朝から、そんなことをふと感じてしまいました。

まあ、そんな中でも、引き続き善きことにフォーカスして、明るく楽しく元氣よく、顔晴っていきましょう♪

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2012-01-23 07:39 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 Hの関係

いやいや、昨晩帰宅してから京都の振り返りをしていたのですが、たくさんの学びがありましたね。

実践塾本編もそうですが、懇親会時、全国から集まった皆さんと意見交換する中でも、気づきが満載でした。

中津川の熊崎さんから教えていただいた『Hの関係』もその1つ。

おっと、ちぇりーさんだからといって、『Hな関係』と誤読しないでくださいよ!

『Hの関係』ですから!

どんなお話かというと、従来の人間関係というのは、『人』という文字が表すとおり、人と人とが支え合うという関係が基本でしたが、ともすれば一方的な依存体質になりかねない恐れがありました。

まあ、高度成長期までは、それでも全体が右肩上がりだったので許されていたのでしょう!

それに対し、『Hの関係』は、一人ひとりが自立・自律して、お互いが手を握り合って、引っ張ったり、引っ張られたりする対等な関係というもの。

平成に入り、男女共同参画社会なんて言葉も定着しましたが、女性の社会進出に伴い、恋愛関係はまさにこの関係性が一般的になっていると感じますね。

ちぇりーさん、先程、『人』では依存体質と表現しましたが、『Hの関係』は7つの習慣でいうところの『相互依存』のステージに当てはまるのかもしれません。

共に手を差し出している(差し伸べている)カタチが、欧米の自己啓発セミナーっぽく感じたりします・・・苦笑

ちぇりーさん的には、『人』も『Hの関係』も臨機応変にバランス感覚を重視しながら、活用していきたいですね。もちろん、自立・自律することが前提条件ですが!

はい、こちらはお約束通り、『Hな関係』・・・

d0004717_5534715.jpg


熊崎さん、こんなもんでよろしかったでしょうか・・・

あっ、もう少しノーマルに・・・

d0004717_55915100.jpg


ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2012-01-22 05:54 | Comments(0)