自動車保険配布スキンパーツ1 <   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 11月はこんな7冊・・・伝説の雀鬼の教え

昨日、アナウンサーのカミまくりについて触れたばかりですが、先ほど出社前に見ていた朝のニュースバラエティ?でも、顎を外すような・・・

ビジュアル重視で起用されていると思われる女子アナが、三浦友和さんを紹介するのに、ミウラカズヨシさん・・・

すかさず、横にいた男性アナが訂正されていましたが、ご本人は悪びれる様子もなく、淡々と・・・

やっぱり、何か緩んでますよね。

朝から反面教師の姿を見せていただき、感謝!

さてさて、明日からいよいよ師走。

何だか今年の秋はずいぶん短かったように感じますが、みなさんは如何でしたか?

さて、秋といえば読書ということですが、先月に続きちぇりーさん、ページをめくるペースがスローでした・・・汗

この間、再読本も何冊か手にとっていましたが、やはり新しい情報のインプットが少ないのは、褒められたことではないですよね。

ページを開いたまま爆睡してしまうことが多いところからも、心身のコンディションに問題もあることは、自覚していますが、それは理由にはなりませんよね。

そんなレベルの低いちぇりーさんですが、11月はこんな7冊と新規でご縁をいただきました。


1.死者の書・身毒丸 折口信夫著 中公文庫
☆いやいや、これは手強かった!買い求めたのは今年の7月。楽しませていただいた「見仏記」の中で、いとうせいこうさんが、当麻寺訪問記において紹介され、興味をもってゲットしました。ところが、これが読みづらいやら、難しいやらで、2度ほど途中で断念したものの、掟破りのネットであらすじを確認(松岡正剛さんの千夜千冊を参考にさせていただきました)したあとに改めて挑戦!3度目の正直ということで、無事読了することができました。いろんな意味で深いです!チャレンジしがいのある1冊ですよ。

2.「リーダーの条件」が変わった 大前研一著 小学館101新書
☆これは、個人的に大ハズレ・・・汗・・・正直、amazonの書評が高評価なのが不思議なくらいです。というか、求めていた内容と全く違ったという感じですね。福島原発の事故以降、youtube等で公開されていたBBTでの著者の発言には、共感するところが多かったので、期待が大きすぎたのかもしれません。あくまでちぇりーさんの問題かも?

3. 伝説のソープ嬢に学ぶ接客の極意 沙也加著 双葉新書
☆これも、大ハズレというか、期待した自分がアホでした・・・大汗・・・それでもカキコする前に念のためamazonの書評を確認すると、☆×5なんですね(驚)。う~ん、世間の感覚とズレているのか、少し心配になってきました。誤解のないようにフォローしますと内容はメチャまともというか真面目すぎます!そういう意味では、こちらも求めていた内容と違っていたのかも(自爆)!

4.ありのまま、愛すること。 渡邉美樹著 スターツ出版
☆ここからは当たりシリーズが続きます(笑)。美樹様の著作は、昨年末というか2010年最後の読了本となった『幸せの哲学「存在」対「効果」』以来でしたが、この内容にはビックリしましたね。高杉良さんの『青年社長』を読んで以降、美樹様の情報は概ね把握していたつもりでしたが、初めて知ることばかりでした。ご本人だけでなくお母様も略奪婚、お祖母様も駆け落ちと、恋愛にもアツイ血が流れていたんですね!そんなことは関係なく、ご興味のある方、是非!オススメです。

5.采配 落合博満著 ダイヤモンド社
☆先日コネタにしていた1冊ですが、緑地公園を散策しながらアッと言う間のイッキ読み。鉛筆持参でマーキングしながら歩いていたので、もう一つの目的である紅葉見物が控え目になってしまいました。取り急ぎ気づきをご紹介すると、基本の徹底(時間厳守、ホウレンソウ、挨拶)、PDCA、採用の重要性、自由という責任、自助、なんていうキーワードに集約されます。プロ野球関連本は、あまり経営には役に立たないという先入観を改めさせられました。オススメです!

6.ピンチの本質 ~絶体絶命を乗り切る技術~ 桜井章一著 ベスト新書
☆これも、あまり期待していなかったのですが、大当たりでしたね!著者の作品は、数年前に鍵山先生との共著を読了していましたが、こちらの方が全然インパクトが強かったように感じます。こちらも気づきをご紹介ということで、捉え方、感謝、柔、真剣味、日頃から磨く、諸行無常、謙譲、なんてところでしょうか。特に終了直前に紹介されている宗教観には、大いに納得!オススメです!

7.心が軽くなる生き方のヒント 板橋興宗著、池田明子・聞き手 致知出版社
☆これは購入したものではなく、版元からいただいたもの。年間購読継続特典ということで贈呈いただきました。つい先日、半身浴をしながらイッキ読み。タイトルどおり、随分心が軽くなったような気がします。このタイミングで必要な内容というか、これぞご縁のなせる業という印象です。致知出版社の皆さん、ありがとうございました!


というわけで、1ヶ月を残して、未だ100冊に到達せずという状況は、かなり問題がありそうです。

それでも積読モノが20冊以上はありそうですので、優先順位をしっかりつけて、残りの1ヶ月を楽しみたいですね。

おっと、そして、今月の1冊はこちらになるでしょうか。それにしても迫力あるなあ・・・

d0004717_723056.jpg


  本来、宗教は争いを避けるために生まれたはずなのに、争いごとの火種となってしまっている。たとえ同じ民族であったとしても、生まれ育った場所が違うということは、それぞれに土壌が違う、風土が違うということである。沖縄でバナナは採れるが、北海道では採れない。土壌が違えば、そこで育まれるものも全く異なるのに、宗教はすべての場所でバナナを採ろうとしているようなもの。収穫できるものは環境によって異なるのに、それを一極化しようとすれば、当然そこには矛盾が生じてくるのだ。人それぞれに生きる土壌が違うわけだから、いろんな捉え方があって当たり前。むしろそのほうが自然なのである。


伝説の雀鬼から、大事なことをたくさん教えていただきました。

改めて、感謝!

はい、そして本日11月最終日をしっかりやりきっていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-11-30 07:21 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 基本の徹底

最近、家族で話題になっていることがあります。

放送局のアナウンサーが、原稿をカムことが多いというお話。

最初に気づいたのは、娘でしたが、確かにNHKはじめ民法各局のアナウンサー、カミまくりです。

スポーツ界で活躍されたスポーツキャスターのことではなく、局アナさんを中心としたアナウンサーさんのお話です。

確かに、アナウンサーに求められる資質が、変わってきたため、多少のカミは許容範囲になっているかもしれません。
☆ほとんどバラエティ専門タレントのような存在かもしれませんし・・・

d0004717_739668.jpg


☆ちなみに個人的にダントツは、やはり、こちらの方・・・

d0004717_7391826.jpg


☆地方局のダントツは、もちろん、こちらの方・・・

それでも、ニュース等では、聞きづらいですよね。

驚くことに、注意深く聞いていると、若手だけでなく、ベテランのアナウンサーも結構カミまくっているんですね。

これって、何なんでしょうね。

今月に入って読了した本を振り返ってみると、共通して説いておられるのが、基本の徹底ということだと感じています。

アナウンサーの基本技能として、やはりカミまくりはマズイんじゃないかなあ・・・

こんな気づきを、自身の仕事に置き換えて、戒めていかないと、もったいないですね。

はい、その基本とは、挨拶&ホウレンソウ&時間厳守!

もちろん、最高の笑顔を添えて。

本日も出来るところをしっかりやりきっていきましょうね!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-11-29 07:34 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 人は皆一人では〜♪

地元、愛知県勢、揃って負けてしまいましたね。

昨日の明治神宮野球大会、高校・大学と惜敗でした。

大学は結果、母校が5度目の優勝で単独最多と嬉しいものでしたが、愛工大名電高校には何とか顔晴ってほしかったですね。

まあ、勝者がいれば敗者もいるのが、文字通り勝負の世界。

先日読了した桜井章一さんの『ピンチの本質』で紹介されていたフレーズが頭を過ぎります。

  成功の規模が、がんばりが大きければ大きいほど、数え切れないほどの犠牲の上に成り立っている

それを承知で臨むのが、生きるということですね。

  この社会にいる限り、人間は一人では生きていけない。人は必ず誰かと関わり、誰かに迷惑をかけて生きている

d0004717_7291993.jpg


力強く、逞しく、謙虚に、感謝の気持ちを持って今週も発進です!

そして早くも師走突入間近。

一日一日をしっかりやりきっていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-11-28 07:27 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 地元か母校か?

スポーツの秋、真っ盛り!

紅葉と同じくスポーツ界も佳境を迎えていますね。

ひと足早く、ソフトバンクの日本一でフィナーレを飾ったプロ野球の後は、いよいよJリーグも大詰め。

昨日の結果、優勝の行方は最終節まで持ち越しとなりました。

地元グランパスの逆転優勝の可能性も残っていますので、気になるところですね。

そして地元といえば、本日最終日の明治神宮野球大会では、なんと地元愛知県代表(東海地区代表)が、高校・大学の部とも決勝進出という快挙。

d0004717_601769.jpg


快挙という意味では、アベック優勝が本来的ですが、実はちぇりーさん、複雑な心境で・・・

というのも、高校の部はもちろん愛工大名電高校を応援しているのですが、大学の部は対戦相手が母校でして・・・笑

う~ん、県民の方には申し訳ありませんが、ここは母校を応援するしかありませんね!

知らなかったのですが、なんでも今回母校が優勝すると、5回目の優勝ということで単独で最多になるんだそうです。

いや、何とか優勝を勝ち取って欲しいですねえ!

残念なのは、今回TV中継がないようなんです・・・涙

春(初夏)の全国大学野球選手権は、しっかりTV中継があって、ちぇりーさん母校(高校です・・・愛知県立横須賀高校)の後輩福谷君(慶應義塾大学)の雄姿を楽しませていただきましたが、秋の明治神宮大会は格が落ちるのかなあ・・・
☆福谷君とはFB友達繋がりでもあります(笑)!益々ビッグに成長され、近い将来、母校の総会の記念講演でもやっていただけると嬉しいのですが

そうそう母校といえば、ラグビーも盛り上がっているようです。

先日帝京大学に敗れてしまいましたが、筑波さんの他力本願とはいえ、1週間後の早明戦に勝利すれば、13年ぶりの優勝(三校同時優勝ですが)の可能性も残っていますので期待したいですね。
☆また年末に瑞穂に来てほしいなあ!

秋のスポーツだけでも、こんな楽しみがいただけるなんて、地縁にそして学縁に感謝ですね!

そして、感謝といえば、ボロボロに疲れ切っていた身体を、本日ゆっくり休めることができそうです!

すてきな一日を仕上げられますように!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-11-27 05:53 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 湖東三山その3(永源寺~ヒトミワイナリー)

そば処藤村さんで心とお腹を満たした後は、瑞石山永源寺に向かいました。

こちらは、意外に距離がありましたね、

意外といえば、湖東三山とは全く雰囲気が異なること。

いやいや、一大観光スポットなんですね。

今回、唯一駐車料金も徴収されてしまいました。

そして、こちらは臨済宗永源寺派の大本山。

今回の旅の中では、最も歴史が浅いわけですが、それでも開山は14世紀です(苦笑)。

d0004717_582341.jpg


☆和尚さんが、亡くなられたばかりのようでした・・・驚

いや、先程一大観光スポットと表現しましたが、紅葉の見事さは今回でイチオシでしたね。

それもそのはず、関西の人気紅葉スポットランキングでも、嵐山に続いて永源寺は堂々の第2位のようです(Walker plusより)。ちなみに、3位以降は、大原、西明寺、比叡山、南禅寺と続きます。トップ10に東福寺が入っていないのは?でしたが、やはり来年は渋滞・激混みを覚悟してでも大原に行くしかないといったところですね。

ちぇりーさんの稚拙なコメントは控えまして、ここは永源寺さんの見事な紅葉を写メ画像ですが、楽しんでください!

d0004717_510513.jpg


d0004717_511167.jpg


d0004717_5113773.jpg


d0004717_5115698.jpg


d0004717_5121037.jpg


d0004717_5123481.jpg


ちなみに永源寺は、夜間ライトアップも売りのようで、想像するだけでも楽しくなるような見事さでした。

d0004717_5174480.jpg


☆参道の十六羅漢、岩にそのまま彫ったんですね。金剛輪寺といい、何だか羅漢づいてるなあ(苦笑)

さて、お目当ての寺社仏閣&紅葉巡りを終え、帰路につくことになりますが、その前にお土産タイムということで・・・

当初は、たねやさんの近江八幡日牟禮ヴィレッジまで足を伸ばそうかと思い車を走らせましたが、少し疲労感を覚え始めたところで、ヒトミワイナリーさんを発見。

d0004717_5182285.jpg


以前、テレビ番組で紹介されていたことを思い出し、急遽目的地変更ということで、立ち寄ることにしました。

d0004717_5193141.jpg


☆ワイナリーなのに杉玉が!

これが良かったんですねえ。

独特のワインだけでなく、オリーブオイルやパン工房等、お土産には最適のアイテムが満載。

ママさんも大喜びで、今回のもう一つの目的も大成功でした!

ちぇりーさんが大喜びしたのは、店員さんが超タイプだったこと(爆)。不覚にもお名前は確認できませんでした・・・涙・・・何をするというわけではないのですが・・・苦笑

d0004717_5204090.jpg


☆本日のイチオシです(自爆)

d0004717_5315183.jpg


☆見仏のイチオシは、百済寺の如意輪観音さんでしたね(笑)

買い物の後は、最寄りの八日市インターから名古屋へ直帰。

d0004717_5215081.jpg


☆試飲ワインのせいか、サービスエリアで爆睡中のママさん、楽しんでくれたようで良かった!それにしても羅漢のような寝顔ですねえ・・・思わず手を合わせたくなりますね(爆)

16時過ぎには、自宅近くのスーパーで夕食の食材を物色していましたので、大阪あたりから来る方々と変わらないアクセスの良い観光スポットかもしれません。

d0004717_5231643.jpg


☆早速、夕食にヒトミワイナリーさんの赤ワインで乾杯!

ある意味、香嵐渓よりよっぽど近いかもしれませんね(苦笑)。

来年は、いよいよ大原ですかねえ・・・
☆ちなみに、ママさんは、今から学校の行事(研修という名目のようです?)ということでバスで建仁時へ、激混みでしょうなあ・・・それにしても曹洞宗の学校なのに、臨済宗のお寺へ・・・

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2011-11-26 05:26 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 湖東三山その2(百済寺~そば処藤村)

湖東三山の続きです。

金剛輪寺の美味しいよもぎ餅で精力をつけ、湖東三山のしんがりを務める釈迦山百済寺へ。

“くだらじ”ではなく、“ひゃくさいじ”と読むんだそうです。

こちらのお寺の歴史は古いですよ。

何と推古天皇の御代、聖徳太子の御願により百済人のために創建された古刹で、近江最古級1400年の歴史を誇ります。

そういえば、四天王寺も百済から招かれた金剛重光が中心となって建築されたんですよね。

これが、あの世界最古の企業、金剛組の出発点というのは有名な話ですよね。

百済寺が金剛組の手によるのか否かはわかりませんが、とにかく歴史あることには変わりありません。

凄いのは、本尊が聖徳太子自ら根の付いたままの巨木に刻まれたという十一面観音菩薩(全高3.2m)ということ。別名『植木観音さま』という名で崇められている秘仏なのですが、実は今回カキコしながら検索していたら、とんでもないことを知ることに。

何と5年前に開山1400年記念ということで、特別開帳されていたんだそうです。

しかも、湖東三山全ての秘仏が同時に御開帳という、あり得ない企画だったそうで・・・涙

ちぇりーさん、当時はまだまだ寺社仏閣巡りに興味を持つ前でしたから、仕方ないところですが、おそらく生きている間には二度とないイベントだったんだと思います。

無知って悲しいですねえ・・・

そんな古刹も比叡山に天台宗が開創されると、土地柄か天台の寺院となり、現在に至るようです。

救いは、今回、プチ特別公開ということで、大好きな如意輪観音半跏思惟像が拝観できたこと。しかも撮影オッケーということで、デジカメ、iPhone、3Gケータイの3機種でしっかり収めることができました(笑)。

その本堂は、西明寺、金剛輪寺とは異なり、土足のまま入ることができました。

この辺りが一味違うところなのでしょうね。

d0004717_7261311.jpg


☆一味違うといえば、本堂入口の脇に掲示された住職のメッセージも・・・”大騒ぎ”は笑えますね

何となく雰囲気が、那智山の青岸渡寺に似ているようでした。

d0004717_7303940.jpg


☆本堂横の千年菩提樹、信長の焼き討ちにも耐え、根っこが生きていて蘇生したというお話です・・・ホンマかいな・・・笑

それにしても境内は、紅葉というよりも新緑がお似合いといった印象でした。

d0004717_72557100.jpg


百済寺の紅葉といえば、境内隣接の喜見院が見事でしたね。

眺望も最高のパノラマ庭園は、圧巻でした!

d0004717_7311947.jpg


☆見事なコントラストで映える紅葉

さて、多賀大社にはじまり湖東三山を参詣し終え、予定通りランチタイムへ突入。

予め調べておいたそば処藤村さんへ向かいました。

d0004717_7314096.jpg


いやいや、ここ美味しいです!

久しぶりに旨いそばを楽しみました。

d0004717_7325494.jpg


☆ちぇりーさんは、ざるそばをいただきました!800円也〜、そば湯も最高でした♪

d0004717_7335791.jpg


☆ママさんは、きのこそば!1,000円也〜、一口いただくつもりが、一口ではすみませんでした・・・笑

ナビに頼らないと少々分かりづらいところにありますが、次から次へとお客様が訪れます。

また再訪したいと思わせてくれる名店ですね。

d0004717_732114.jpg


これも大収穫でした。

さて、美味しいお蕎麦で、再度精力をつけたところで、最終目的地へ向かうことに。

引っ張りますが、続きはまたまた次回以降ということで。
☆3回シリーズで終了しますので、ご安心ください。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-11-25 07:34 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 湖東三山その1(多賀大社~西明寺~金剛輪寺)

紅葉シーズン、真っ盛り!

皆さん、今年も出かけられましたか?

ちぇりーさん、昨日の勤労感謝の日は、午後から雨模様ということで、読みかけの本を片手に、久しぶりに緑地公園を散策。

少し肌寒く感じたものの、お目当ての紅葉と読書を楽しむことができました。

d0004717_712094.jpg


☆サクラですかね?

d0004717_7123968.jpg


☆色とりどりです!

d0004717_7131792.jpg


☆イチオシはこちらのイチョウですね

いやいや、こんな時間の使い方はホントやっとかめでしたね。

さて、本格的な紅葉見物といえば、今年も既に体験済みでした。

つい先日の日曜日、昨年に引き続き、ママさんと二人でGo West!

昨年は東福寺~石山寺~三井寺、一昨年は南禅寺~哲学の道を楽しみ、今年は大原方面と意気込んでいたのですが、前日になって、大混雑を考慮して、目的地を変更。

はい、今年は湖東三山の紅葉を愛でることができました。

伊勢湾岸~新名神で甲賀土山から北上するか、二名環~名神で彦根から南下するか、迷いましたが、久しぶりに名神を利用してみようということで、一路彦根インターを目指しましたが、リズムよく移動できて正解でしたね。

6時40分過ぎに、曇り空でまだ薄暗い自宅を出て、あっという間に最初の目的地、多賀大社へ到着。

こちらも久しぶり(4~5年ぶり?)の参詣でしたが、雨上がりの朝の境内は幽玄な雰囲気が漂い、よかったですねえ。

d0004717_714378.jpg


☆さすがに大社の風格です

d0004717_7143539.jpg


☆雨上がりで橋がスリッピーでした

ほどなく、参詣を終え、ここからは初訪問の連続です。

まずは、湖東三山のスタートは、龍應山西明寺。

d0004717_7154414.jpg


初めて知ったのですが、湖東三山は全て天台宗なんですね。

面白かったのは、山門から境内へ続く参道は、名神高速道路を横切るんですね。

これは発見!

発見といえば、まだ8時過ぎで開門間もなかったせいか、参道には野生のサルがお目見え。

十数匹はいたでしょうか。

朝から和ませてくれましたね。

d0004717_7161855.jpg


ビックリしたのは、禅寺のように庭園がしっかり手入れされ、見どころとなっていたこと。

これは、湖東三山に共通する要素でした。

その名勝庭園「蓬莱庭」を楽しみながら、坂道を登ると、本堂に到着します。

d0004717_7164488.jpg


庭園だけでなく境内一面に埋め尽くされた苔は、圧巻でしたね。

残念だったのは、本堂と同じく国宝に指定されている三重塔が工事中で全く見えなかったことでしょうか。

おっと、もう一つ残念だったのは、本尊の薬師如来が秘仏だったことですね。これは、次に立ち寄った松峰山金剛輪寺の本尊、聖観世音菩薩(開山の僧行基菩薩が自ら彫ったという縁起ですから見てみたいですよね)も同じく秘仏でしたね。

その金剛輪寺も、キャッチフレーズの「湖東三山まん中のお寺」というだけあって、車であっという間に到着。

d0004717_7173736.jpg


こちらも、基本的なレイアウトは同じようなスタイルでしたね。

d0004717_7182713.jpg


☆サクラも咲いています!

d0004717_720231.jpg


見どころは参道にびっしり列ぶ千体地蔵。それぞれに風車が配され、独特な雰囲気を醸し出してくれています。

お目当てだった本堂横の血染めの紅葉は、赤の色づきが今一つだったかも。

d0004717_7191085.jpg


ちょっこし残念でしたね。

その一方で、境内に隣接する博物館が無料開放されていて、十六羅漢の展示を楽しむことができました。

d0004717_7193415.jpg


もうひとつ楽しめたのは、その博物館の庭先で購入したよもぎ餅。

これは美味しかったですねえ。

d0004717_7195638.jpg


丁度、小腹が空いた頃でしたので、タイミングも最高でした。

はい、お次は百済寺ですが、続きは明日以降ということで。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2011-11-24 06:59 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 人を恨む行為は、限られた人生をつまらなくする。

一昨日、最高裁が、地下鉄サリン事件などで殺人などの罪に問われた最後の被告の上告を棄却することで、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚はじめ13人の実行犯の死刑が確定し、一連のオウム事件をめぐる刑事裁判が全て終結しました。

被害者家族の何も解決していないという話も報道されたり、そもそも事件の目的が今だ解明されていない印象を受けたりと、法律的には落ち着いても、国民感情、特に関係者にとっては、まだまだ終わっていないというところなのでしょう。

一方で、サリンで愛妻を亡くし、自身も冤罪被害者として名誉を著しく傷つけられてしまった河野義行さんは、早い段階から違った言動・行動をとられてきました。

一昨日の中日新聞の一面でも写真付きで大きく扱われ、

  現行法では合法で正義だが、個人的には、どの命もかけがえがなく、冤罪防止のためにも死刑制度は廃止すべきだと考えている

  マスコミが警察からの非公式情報を基に、危うい橋を渡るシステムは当時と変わっていない

  事件前に戻ることはできない。ならば死刑囚らを恨み続けるような人生の無駄はせず、残された者として楽しく生きる

という内容の発言が紹介されていました。

この差は一体どこから来るのでしょうか?

記事によると、河野さんは、サリン噴霧車の製造に関わり、懲役10年で服役した元信者と、一緒に温泉に行ったり、釣りを楽しむ友達としてお付き合いされているそうです。

そんな話を朝食時の話題にしたところ、ママさんから、頭オカシイ人なんじゃないの?と一蹴されてしまいましたが(汗)、正直ちぇりーさんも、戸惑うところが大きいです。

自分が同じ立場なら(絶対嫌ですが)、そんな行動ができるのか。いや、それは人間として正しい行動なのか。

気になって、以前、致知で紹介されていたことを思い出し、記事を探してみました。

2006年8月号 特集 悲しみの底に光るもの

d0004717_4343562.jpg


記事では、冤罪との壮絶な戦い(警察<国家権力>、マスコミ、病院、世間・・・)について、ご本人ならではの語り口で紹介されていました。

それを踏まえても、締めくくりはこんな展開です。

  私はよく、「あなたはなぜオウムを憎まないのですか」と聞かれます。

  人生は有限です。人を恨むという行為は、その限られた人生を実につまらないものにしてしまうと私は思うのです。恨んで、恨んで、自分の時間、すなわち自分の命を削っていくような人生を、私は送りたいとは思いません。恨むことに費やすエネルギーがあるのなら、逆に妻が生きていてくれたことに感謝するほうに注いでいきたい。

愛する奥様は、この記事の2年後に鬼籍に入られ、奥様の三回忌と自身が還暦を迎えた昨年、人生をリセットしようと鹿児島に移住されたそうです。

ちぇりーさん、河野さんのお話は頭では分からないでもないですが、ここに感情が入ってしまうとコントロールできる自信がありません。

ちなみに、河野さんの人生のテーマは、『いかに心地よく死ぬか』なんだそうです。

致知カレンダーにも本日23日は、河野さんの言葉が紹介されています。

人を恨む行為は、限られた人生をつまらなくする。

ちぇりーさん、分かる範囲で活かしていくしかないですね。

そして、本日は皇太子様が務められる新嘗祭。

この件については、いろんな意見があるようですが、名代としてしっかり務めていただくことで、国の繁栄につながってほしい。

素直にそう感じています。

はい、本日も限られた人生の一日を有意義に!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-11-23 04:28 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 采配

冷え込みが厳しく、脳の血管がプチっといった訳ではないのですが、今朝は与太話を一席?

今朝の中日新聞のスポーツ欄を眺めていたら、来年のドラゴンズの現場首脳陣が掲載されていました。

OB中心とは聞いていましたが、ここまで徹底しているとは・・・

改めて球団オフィシャルサイトで確認すると、こんな具合です。

1軍

監督: 高木 守道(たかぎ もりみち)
投手コーチ: 権藤 博(ごんどう ひろし)
投手コーチ: 近藤 真市(こんどう しんいち)
捕手コーチ: 長谷部 裕(はせべ ゆたか)
打撃コーチ: 宇野 勝(うの まさる)
打撃コーチ: 井上 一樹(いのうえ かずき)
内野守備走塁コーチ: 渡邉 博幸(わたなべ ひろゆき)
外野守備走塁コーチ: 平野 謙(ひらの けん)
トレーニングコーチ: 三木 安司(みき やすし)
トレーニングコーチ: 宮前 岳巳(みやまえ たけみ)

2軍

監督: 鈴木 孝政(すずき たかまさ)
投手コーチ: 稲葉 光雄(いなば みつお)
投手コーチ: 今中 慎二(いまなか しんじ)
捕手コーチ: 中村 武志(なかむら たけし)
打撃コーチ: 川又 米利(かわまた よねとし)
打撃コーチ: 彦野 利勝(ひこの としかつ)
内野守備走塁コーチ: 前原 博之(まえはら ひろゆき)
外野守備走塁コーチ: 上田 佳範(うえだ よしのり)
育成コーチ: 早川 和夫(はやかわ かずお)
トレーニングコーチ: 塚本 洋(つかもと ひろし)
トレーニングコーチ: 住田 ワタリ(すみだ わたり)

まあ、ここまで徹底されてはグーの音も出ませんが、巨人の御家騒動といい、何を考えているのか常人には全く理解不能です。

何だか、ファンサービスのOB戦じゃないんだからといった様相ですが、ドラキチではないちぇりーさんとしては、ドン引きですね・・・涙

それにしても、これで購読部数が増えると思ってるのかなあ・・・

でも意外にそれが現実だったりして。

そんなタイミングで、落合博満さんの最新著作が刊行されたようです。

そのタイトルは『采配』。

日本シリーズを勝ち取っていれば、最高のタイミングだったのでしょうが、あの弱かったドラゴンズを4度もリーグ優勝に導いてくれた手腕は、誰にも否定されるわけがありません。

そういえば、昨晩届いた土井さんのBBMでも取り上げられていましたね。

まだ購入するか決めていませんが、土井さんの赤ペンチェックをそのまんま転載させていただくと、こんな内容なんだそうです。

------------------------------------------------------------
▼ 本日の赤ペンチェック ▼
------------------------------------------------------------

一瞬の勝負に、長々とアドバイスしている時間はない(中略)孤独
に勝てなければ、勝負に勝てないのだ

孤独に勝つ強さはどこから生み出されるのだろうか。私は「野心」
を抱くことではないかと考えている

そもそも、相性で人間関係を築いたり、ものを考えるのは配偶者、
家族、恋人、友人といった私生活の場面だ。社会、あるいは組織に
必要なのは「能力」である

セルフプロデュースとは、目の前の仕事にベストを尽くすこと

3割を超えられない選手の傾向を分析すると、3割を目標にしてい
るケースがほとんど

自分の目標を達成したり、充実した生活を送るためには、必ず一兎
だけを追い続けなければならないタイミングがある

一流の領域までは自分一人の力でいける。でも、超一流になろうと
したら、周りに協力者が必要になる

勝てない時は負けない努力をするんだ

チームスポーツで「仕事をした」と言えるのは、チームが勝った時
だけである

すべては、あの場面で私が監督として決断し、その結果として「ド
ラゴンズは日本一になった」という事実だけが歴史に残るのだ

注意しなければ気づかないような小さなものでも、「手抜き」を放
置するとチームには致命的な穴があく

「このシュート回転するストレートを武器にする手はないだろうか」

「言われなくてもわかっている」で片づける部下は大成しない

嫌われるのをためらっていたら、本当に強いチームは作れない。本
当に強い選手は育たない

自分の腹の中を読まれてはいけない。それがプロフェッショナルの
仕事なのである

できる・できない、両方がわかるリーダーになれ

歴史を学ばないということは、その世界や組織の衰退につながる

選手起用に関して、私はひとつの信念を持っている。それは「痛い」
と言った選手は使わないということだ

職場に「居心地のよさ」を求めるな

世の中がどんなにスピーディになっても、後進や部下の育成は守る
べき順番を守り、必要な時間はかけなければならない

------------------------------------------------------------

『采配』落合博満・著 ダイヤモンド社

d0004717_7123887.jpg


<Amazon.co.jpで購入する>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478016267/businessbookm-22/ref=nosim

ご興味ある方は、上記リンクからamazonで・・・転載させていただいた(しかも無断で)土井さんに若干アフェリエイト収入が入ると思いますので・・・苦笑

そういう意味では、やっぱり率先して、ちぇりーさんも上記リンクから手配しないといけませんね・・・って、実は相変わらず読書量が・・・大汗

それでも、あの打線でシリーズ3勝したというのは、やはり采配力の賜ですかね・・・笑

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-11-22 07:13 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 ムーンライダーズ活動停止!

いやいや冷え込んできましたね!

本格的な冬到来といった感じです。

冬到来といえば、昨日日本シリーズも終了し、野球の話題もストーブリーグ一色に変わりそうですね。

地元ドラゴンズが敗れてしまったことは残念ですが、あれだけ打てなかったら、結果は甘んじて受けないといけませんよね。

昨日も結局最後まで見られず(日曜日の21時からは女性陣にチャンネル権があります・・・トンイ、イサンですね)、21時過ぎには布団に潜り込んでいたくらいですので、まあどちらでも良いのですが・・・苦笑

それ以上に残念なのは、こちらも今朝の新聞で知ったのですが、母校が帝京大に負けてしまったこと。

強い重戦車(死後?)復活には、まだまだ時間がかかるようですね。

その朝刊で、ちょっと驚かされたのは、1面コラム『春秋』の話題がムーンライダーズだったこと・・・

d0004717_743352.jpg


そんな時代の方が執筆するようになったんですね(笑)。

コラムでは、

  鋭敏な感性が休むのは、日本の何かが変わる予兆かもしれない。

なんて、思わせぶりなフレーズで締めくくられていましたが、余兆ではなく、既に始まっていると感じているのは、ちぇりーさんだけではないような気がしています。

どうせ変わるなら、より良い方向へ。

その轡は、我々一人ひとりの手に委ねられています。

そして、その道場は、それぞれの職場にあり、家庭であるはず。

はい、引き続き氣を高めていきましょうね!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-11-21 06:56 | Comments(0)