自動車保険配布スキンパーツ1 <   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 イギリス王室の威厳

華やかなセレモニーでした。

ウイリアム王子のロイヤルウェディング。

夕食を愉しみながらも、思わずTVの画面を注視してしまいました。

王子の実母であるダイアナ妃のご成婚の際は、ニュースの映像くらいでしか見た記憶がなかったのですが、報道によると今回のロイヤルウェディングはTV視聴だけでも全世界で20億人が見守っていた勘定になるそうです。

時節柄、日本の皇太子ご夫妻が出席を辞退されたことは、致し方ないところですが、少々残念な気持ちも・・・

それにしても、会場となったウェストミンスター寺院、圧巻の映像でしたね。

荘厳な雰囲気とスケールは、大英帝国の威信を全世界に向けて発信できたことと存じます。

キャサリン妃も本当に美しい。

凛とした雰囲気がすてきでしたね。

その一方で、ウイリアム王子が終始にやけ顔を披露されていたのも、微笑ましかったです。

余程、嬉しかったんでしょうね。

凛としたといえば、エリザベス女王夫妻の矍鑠たる姿も印象的でした。

女王陛下が85歳、フィリップ殿下は90歳とのことですから、相当健康にも気を遣われているんでしょうね。

王室の存続に関しては、国内外でも様々な意見があるようですが、その威厳と影響力はまだまだ大きいということが実感できました。

東日本大震災、中東政情不安等々、暗いニュースが多かった中、久しぶりに明るく爽やかでいて重みのある映像に触れることができ、感謝!

そして、本日も良いモノを見ることに意識を高めて、1日を愉しみましょう。

ミキティ、顔晴ってほしいなあ!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-04-30 05:50 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 京都の粋人さんに感謝!

先程、ホテルに帰ってきました。

師匠の京都セミナー。

セミナー中、師匠のパフォーマンスを砂被りで勉強できたり、大久保先生をほぼ独り占めできたり、川畑社長さん始め、すてきな皆さんと有意義な交流をすることができました。

気づきの詳細は名古屋に帰ってから改めてf^_^;

そんなご縁を提供いただいた人見さんに感謝(^O^)
今夜はセミナーの内容を振り返りながら、今暫く余韻に浸りたいと思います。

引き続き、すてきな一日に恵まれますように。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2011-04-29 00:16 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 『なぜ、社員10人でもわかり合えないのか』

なかなか刺激的なタイトルですが、大変わかりやすい内容でした。

わかりやすいのと、取り組みやすいというのは別問題ですが・・・

きっかけは、日曜日に届いた土井さんのBBMのメルマガ。

社長必読!という見出しに反応して、メルマガに目を通したところ、面白そうだと思い、午後から参加する会合の往復移動時間で読んでみようと、自宅に一時帰宅する途中で本屋に立ち寄り、平積みされていた本書を早速購入してみました。

  『なぜ、社員10人でもわかり合えないのか』 日経トップリーダー編 日経BP社

d0004717_410143.jpg


結果は、移動時間中に、アッという間のイッキ読み。

大変読みやすく、このカキコをするまでに、マーキング部分を2度再読し、理解を深めることが出来ました。

そして今、こうやって転載することでインプットは十分だと思います。


  五感を研ぎ澄ませ顧客が欲しいものは何かと徹底的に掘り下げ、その事実を組織内で深く共有していれば、そうやすやすと食いはぐれることはない。<p3>

  商品が売れたからといって、うれしいとは思いません。役に立たない商品だって売れますから。『売れているから』と安心して、顧客満足の裏にあるユーザーの不満を知らずにいたら、必ず商品は先細りになります。<p34>

  作り手同士がいくら話したって、駄目です。気を付けているつもりでも、作り手側の理屈に終始してしまう。それが経営における諸悪の根元なんですよね<p46>

  常にユーザーに関心を持っていれば、自分の仕事の殻に閉じこもることもなくなる。<p49>

  関係するものは対立するものではなく、共存するものと考えています。相手の役に立つことを常に考えていれば、必ず信頼を得られるはずです。会社と社員の関係においてもそうで、双方が常に相手の役に立つことを考えていれば、共に成長、発展するものだと思います。・・・・・・会社でも個人でも、社会に役に立っていれば、社会は、見捨てないはずです。<p60-61>

  中小企業は大企業よりも、お互いを理解しやすいというのは危険な思い込みです。むしろ、中小企業ほど注意が必要でしょう。社員が少ない分、特定の仕事を1人の社員が丸抱えするからです。特に経験が長くて、記憶力もいい人はどんどん専門性を身に付けて、その分野の『ヌシ』になってしまう<p90>

  夫は仕事をし、妻が家事をするという役割分担が明確であればあるほど、ヌシ化が進む。夫は妻がどれだけ家事で苦労しているのか全くわからず、妻が入院でもしようものなら、夫は日常生活に支障を来し、“機能不全”に陥りかねない。<p91>

  長い言葉には、逃げ口がたくさんあるんです。<p116>

  ブランドとは何か。これを明確にしなければ、ブランド力の向上をいくら考えても意味がない。<p118>

  クレームとはお客様に言われて気付いた問題<p121>

  言葉がはっきりしていないと、本人ですら何をやっているのかよくわからなくなり、時間をかけても結果らしい結果を何も出せないことがあるものです。・・・・・・だが小さな組織でも、世代や生活環境、それまで経験してきた仕事などで、同じ言葉でも異なる意味で使われることが、実は日常的に起きている。だから組織の大きさに関係なく細心の注意を払って言葉を使わなければ、コミュニケーションが阻害される。・・・・・・仕組みで動かざるを得ない大企業より、暗黙の了解に頼りがちな中小企業のほうが、仕事の進め方を変えるのは難しいかもしれない。<p125-127>

  メモを取りなさいと言うと、誰でも一生懸命に取るのですが、肝心の整理ができていない人が案外多いのです。<p136>

  掃除ができるということは、心に余裕があることです。余裕とは、周囲の気持ちを考える心の余地を持っているということ。・・・・・・さらに周囲を気遣う心の余裕は、ユーザーの気持ちをくみ取る能力にもつながります。自分の仕事で精一杯という人に、ユーザーが喜ぶ商品つくりができるわけがありません。<p156-157>

  小宮山社長は、この「無所属の時間」を長年実践している。朝4時の起床から2時間。自分が属している場所、時間を忘れて、静寂の中で人生や社会のことを俯瞰的に見つめ、ひたすら考えている。こうすると「過去・現在・未来」がよく見通せるという。・・・・・・「なぜ?」と問わなければ、現在は過去、未来と分断され、人は、現在にしか生きられない刹那的な存在になってしまう。そして、「現在にしか生きられない人間は、成長できない」。<p191-192>

  時を重ねる中で、すべてのものは必ず環境とともに変化していきます。私たちが私たちであるために、私たちをもっと根本から動かす何かがDNAではないでしょうか。・・・・・・万物が流転するこの世界にゴールはなく、あるのはプロセスだけ。<p199>


あとは、何を採り入れて実践するかですね。

ちなみに題材となったコミーさんという会社の存在、ちぇりーさん全然知りませんでした。

圧巻は、社内定義されたコミー用語集。

これだけでも、一読の価値があるかもしれません。

この手のビジネス書を久しぶりに読みましたが、超オススメです。

それにしても、今月もたいして読書量が増えなかったなあ・・・いや、まだ数日ありますから。

はい、京都往復の移動時間も活用して、もう数冊チャレンジしてみましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-04-28 04:11 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 両家で食事

日曜日から、大泉の両親が泊まりに来ています。

土曜日、三河地区で親族の十三回忌があり、当日は兄弟揃って三谷温泉で宿泊され、日曜日の夕方、ちぇりーさんのマンションに遊びに来てくれました。

月曜日は、ママさんが車で京都を案内。

ちぇりーさんはランチスポット情報、駐車場情報の提供でアシスト。

お義母さんは、30年ぶりの京都ということで、平安神宮、南禅寺、哲学の道、銀閣寺、平等院あたり、親子水入らずのひとときを楽しまれたようです。

そして昨日の夜は、ちぇりーさんの両親と一緒に3世代7人揃って栄のダイニングバーで食事を楽しみました。

こちらのダイニングバーは、娘とツーショットで利用したこともある、リーズナブルながら基本を押さえた良いお店で、以前コネタにしたこともありましたね。

それにしても、両家の両親が揃って食事をするのは何年ぶりでしょうか。

正直記憶がありません。

大泉の両親には気を遣わせてしまったかもしれませんが、この先、何度もあることとは考えにくいので、そういう意味では貴重な時間を共有できたのではないかと思います。

有り難いのは、両家の両親ともすこぶる元気ということ。

唯一の60代の母も、来年は数えで70歳と古希を迎えますから、ホント感謝∞です。

なかなか難しいかも知れませんが、今度は東京で実現するとイイなあ。

はい、感謝力を高めてGW前をしっかりやりきっていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-04-27 05:19 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 春雷と朝顔

昨日は朝から天気がいいのかなあと思っていたら、9時頃から、雷がゴロゴロと鳴り始めてしまいました。

雷が鳴り始めると急に気温も下がってきましたので、急遽前線が通過したのかも知れませんね。

5月はすぐそこで、春雷というには時期的に少しズレているような気もしますが、何だかお天気までおかしくなってしまったような感じです。

天気予報で20度の予想と確認していたので、スプリングコートを持たずに行動していたのですが、完全に体を冷やしてしまいました(涙)。

念には念をとわかっていたはずですが、できていない自分を改めて反省です。

しかしながら、このお天気というのも、実は地震というか地殻変動と密接に関連しているのかもしれません。

よくよく考えてみれば、地球というのは、大気圏も含めて定義されると思われますので(学術的には全く知りませんが・・・汗)、システム的には当たり前のことなのかも。

トンデモ情報で、地震雲の存在等、昔から騒がれたりしていますが、科学的に根拠が証明されていないだけなのかもしれません。

ちぇりーさん的には、意識を高めるきっかけとして活用できれば十分だと思っていますが、昨日の春雷は、なんとなく何か大きな事象を暗示しているような気がしました。

もちろん、何もなければ良いのですが・・・

そんなことよりこの春、雷以上に衝撃的だったのは、朝のNHKニュースから、お気に入りのお天気キャスター・渕岡友美さんを見かけなくなってしまったこと。

これも昨日知ったのですが、なんと、以前の4~5時台の担当から7時台に変わられてしまったようで・・・涙

う~ん、日テレの西尾さんといい、土日の守本アナといい、朝のテンションを上げる美女(ちぇりーさん的に)がドンドンいなくなってしまうのは、本当に辛いですね。

どなたかちぇりーさん好みの朝の顔がいたら、教えてください!

他力本願ではマズイって、何かベクトルが違う気もしますが・・・

はい、何れにしても本日も顔晴っていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-04-26 03:43 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 希望

先日、移動中にNHKラジオから流れてきた曲を聴き入ってしまいました。

曲名は『希望』。

歌っていたのは、大好きな石原裕次郎さん。

ちぇりーさん曲はどこかで耳にしたことがあったのですが、裕次郎が歌っている印象がなかったので、帰宅後手持ちの60曲入りBOXセットを取り出して確認してみると、そこには収録されていませんでした。

仕方なくネット検索してみると、オリジナルは裕次郎ではなく、倍賞千恵子さん主演の舞台用の曲として書かれたものなんだそうです。

ちぇりーさんの耳に残っていたのは、岸洋子さんというシャンソン歌手が歌っていたバージョンだったようですが、この曲でレコード大賞も受賞されているんですね。

  「希望」 歌詞:藤田敏雄 作曲:いずみたく

  希望という名のあなたをたずねて
  遠い国へとまた汽車にのる
  あなたは昔の私の思い出
  ふるさとの夢 はじめての恋
  けれど私が大人になった日に
  黙ってどこかへ立ち去ったあなた
  いつかあなたにまた逢うまでは
  私の旅は終りのない旅

良い曲ですね。

ラジオでは今回の大震災の復興をテーマにした番組の中で流されていたと思いますが、被災地となったふるさとを思う方々が、どんな気持ちでこの曲を受け止めていたのか、考えると胸が痛みます。

ところで「希望」といえば、昨日の幸之助さんのお話も「希望」に関する内容でした。

  仕事を遂行するのに犠牲があってはならない、働くことを楽しみつつ、希望に満ち満ちて欣喜雀躍の中に成果をあげていくべきものと考える。諸君もどうか私と同様に考えていただきたい。もちろん、生活の周辺を見ると悩みのタネばかりであろうが、楽しく見、楽しく考えるように努めていただきたい。さすれば、楽しく人生が過ごせることと思う。

タイトルは『愉快』(4月24日)というものでしたが、なるほど含蓄のあるお言葉です。

どんな境遇におかれても、決して「希望」を手放してはいけない。

それが人生における最も重い試され事なのかもしれませんね。

今週はGW前、木曜日は夕方から京都で師匠のセミナーに参加しますので、抜かりのないように一つひとつ案件をクリアしていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-04-25 05:27 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 美しき首脳

来日中のギラード豪首相が、外国の首脳としては初めて被災地を訪問されました。

ちぇりーさん、足を運んだこともないくせに、豪州については、あまり良い印象を持っていませんでした。

今回も来日中に調査捕鯨反対について言及されたりと、またいつもの持論の展開かと報道に触れて閉口していたのですが、今回の行動力は素晴らしいですね。

素晴らしいといえば、その容姿も個性派ではありますが素晴らしいではありませんか!

ティモシェンコ元ウクライナ首相が表舞台から去られてしまった今、ちぇりーさん的美人政治家ランキング(首脳編)にランクインしてもらわないといけないかもしれません。

それにしても諸外国の女性政治家は、何と美しい方の多いことよ!

イタリアのマーラ・カルファーニャさん機会均等大臣なんか、ホント驚かされます。
☆まあ彼女はもともとモデル(ヌード専門?)さんで、ベルルスコーニ首相とのゴシップでも話題になったようですが・・・ポルノ女優も国会議員に当選する奔放な国ですから特に珍しいことではないかもしれませんね。懐かしい、チッチョリーナ♪

d0004717_5124716.jpg


その一方で、レベルが低いと言わざるを得ないのが、我らがニッポンのセンセイたち!

そんな中でも、ちぇりーさん的には、田中美絵子議員がイチオシです。

d0004717_5133113.jpg


というか、ビジュアルが超好みです。もう少し背が高いと言うことないのですが・・・って、何を期待しているのやら・・・汗・・・山尾しおり議員も捨てがたいのですが・・・って、しつこい!

d0004717_5135618.jpg


でも捨てがたいといえば、やはり前出のティモシェンコ氏は別格です。

d0004717_5141358.jpg


いやいや、休日らしく与太話が展開されておりますが、何が言いたいかといえば、やはり美しいモノは素晴らしいということ。

心も経営も立ち振る舞いも・・・

この結論には誰も文句つけられないでしょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-04-24 05:14 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 心を整える。

とてもすてきな1冊でした。

サッカー日本代表・長谷部誠選手の処女作(幻冬舎)です。

d0004717_5313211.jpg


帯広告の“プロサッカー選手初の自己啓発書”というフレーズが気恥ずかしくて、レジに持ち込もうか一瞬躊躇したのですが、その帯広告の下段に

印税は全額、ユニセフを通じて「東日本大震災」支援のために寄付させていただきます。

という一文が掲載されているのを発見し購入することにしました。

これが、予想以上の大当たり。

長谷部選手の真摯な生き方に脱帽です。

2010ワールドカップでゲームキャプテンを担った人間力が垣間見えますね。

プロ野球界では、松井秀喜選手が読書にも時間を割いていると知っていましたが、長谷部選手も読書は人間を作り上げるためには必須だと考えられているようです。

この著書の中でも、第5章『脳に刻む。』というタイトルで読書への思いを紹介されています。

いや、この章だけでなく、随所に読書から学んだ気づきが鏤められていますね。


  「一日1回、深呼吸をして、必ず心を鎮める時間を作りなさい」(稲盛和夫氏の本より)<p14>

  ドイツには「整理整頓は、人生の半分である」ということわざがある。<p19>

  愚痴で憂さ晴らしをするのは自分の問題点と向き合うことから逃げるのと同じ。ゆえに逆に愚痴を言わないように心がければ、自ずと問題点と向き合えるようにもなるのだ。<p24>

  自分と向き合う方法は、主に2つある。ひとつは孤独な時間を作り、ひとりでじっくりと考えを深めていくこと。僕にとっては読書も、ひとり温泉も、ここに含まれる。そしてもうひとつは、尊敬できる人や仲間に会い、話をすることで自分の立ち位置を客観的に見ることだ。<p52-53>

  ・・・・・・変化を受け入れなければ進化することはできない。<p68>

  コミュニケーションにおいては、どちらも対等な関係であるべきだ。<p87>

  「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助さんが言うように運というのは、自分が何か行動を起こさないと来ないものだと思っているからだ。さぼっていたら、運なんて来るわけがない。それにただがむしゃらに頑張っても運が来るとは限らない。普段からやるべきことに取り組み、万全の準備をしていれば、運が巡ってきたときにつかむことができる。多分、運は誰にでもやってきていて、それを活かせるか、活かせないかは、それぞれの問題なのだと思う。<p110>

  「スペイン語で運(la suerte)は女性名詞。だから、アルゼンチンの人たちは『運を女性のように口説きなさい』と言うんだ。何も努力しないで振り向いてくれる女性なんていないだろ?それと同じで、運もこちらが必死に口説こうとしないと振り向いてくれないんだ」(長谷部選手の代理人ロベルト畑氏の話から)<p110-111>

  「判断に迷ったときは、人として正しいかどうかを考えるようにしている」(稲盛和夫氏の本より)<p113>

  努力や我慢は秘密にすべきだ。なぜなら、周囲からの尊敬や同情は自分の心の中に甘えを呼び込んでしまうから。<p114>

  自分が発する言葉というのは自分自身に語りかけているところがある。口にした言葉は自分の耳を通じて、自分の心に届く。<p115>

  僕は本を読んでもその内容を鵜呑みにはしない。疑うわけではないけれど、まず自分の場合はどうだろうか、この意見に同調できるだろうかと考えてみるのだ。<p119>

  遅刻というのは、まわりにとっても、自分にとっても何もプラスを生み出さない。まず、遅刻というのは相手の時間を奪うことにつながる。・・・・・・時間に遅れるのはどこかに甘さがあり、本気で取り組んでいないという証拠だ。きつい言い方をすれば、まわりに対する尊敬の念が薄いと思われても仕方がない。<p144-145>

  最悪を想定するのは、「失敗するかもしれない」と弱気になるためではなく、何が起きてもそれを受け止める覚悟があるという「決心を固める」作業でもあるからだ。<p163>

  「人の上に立つ人間は、孤独である」・・・・・・そして家族の支えがあるからこそ、どんなに窮地に立たされても、自分を見失わず、孤独に勝ち、前に進み続けられる。(日本代表岡田前監督のエピソードから)<p164-165>

  その日その日にの愉しみを優先するのではなく、先を見据えることが必要だ。周囲の様子、傾向、失敗を自分に置き換えて、自分の未来を想像することも必要だと思う。「自分だけは大丈夫」。そこに明確な根拠は何もない。<p174>

  楽な方に流されると、誰かが傷つく。<p175>

  「正解はひとつではない」・・・・・・「考えは生き物。常に変化していい」<p178>

  脱皮しない蛇は破滅する。人間もまったく同じだ。古い考えの皮をいつまでもかぶっていれば、やがて内側から腐っていき、成長することなどできないどころか、死んでしまう。常に新しく生きていくために、わたしたちは考えを新陳代謝させていかなくてはならないのだ。(超訳ニーチェの言葉【脱皮して生きていく】より)<p181>

  「あえて難しいと思った方を選択する」<p182>

  道に迷ったときは、「どちらが難しいか」を考えると同時に、「どちらが得るものが多いか」も考えるようにしている。たいていの場合、「難しい道」と「得るものが多い道」は一致するが、そうではない場合もある。それは自分が今いる場所で、まだ何かをやり遂げたとは言えない場合だ。・・・・・・もし今いる場所でまだ何もやり遂げられていないのなら、新たな道を探したりせず、そこに留まる方が「得るものが多い」はずだ。<p186-187>

  ・・・・・・挑戦し続け、その場その場で全力でもがき続けると、人間は変われるということだ。<p187>

  どんな指導者にもそれぞれの良さがある。それを引き出せるかどうかは、教えられる側の心構えにもかかっている。<p194>

  「直にして礼なければ即ち絞す」(孔子の言葉より)<p206>

  ・・・・・・けれど本当に感謝する気持ちがあれば、お世話になっている人のために何かすることを面倒に思ったりはしないはずだ。少しでも時間や労力を取られるなあと感じたら、それは心から感謝していない証拠かもしれない。感謝する能力は意識次第でいくらでも伸ばせるし、それに感謝は自分のためでもある。もし自分が感謝の気持ちを忘れなければ、まわりがどんどんに自分にポジティブなエネルギーをくれるはずだ。<p208-209>

久しぶりに大量に転載してしまいました(苦笑)。

これは、娘にも是非読んでもらいたい1冊ですね。

ちなみにp122から紹介されている長谷部選手の「オールタイムベスト5」というのは次のラインナップです。

『本田宗一郎 夢を力に 私の履歴書』(本田宗一郎著 日経ビジネス人文庫)

『道をひらく』(松下幸之助著 PHP研究所)

『悩む力』(姜尚中著 集英社新書)

『人間失格』(太宰治 新潮文庫)

『アインシュタインは語る』(アリス・カラプリス編 大月書店)

単純ですが、ちぇりーさん、長谷部選手に急に興味が湧いてきました。

人格面はさておき、ピッチの上では、是非ローター・マテウスのような選手を目指してほしいですね。

そして、先日のコネタではないですが、『心を整える。』ことは、免疫力を高めることにも直結すると思います。

ちぇりーさん的には、毎朝こうやってカキコするのも『心を整える。』貴重な時間なのかもしれません。
☆内容はさておき・・・汗

本日の午前中は、土曜出勤恒例のプチ研修会。午後は久しぶりに固まった時間が確保できそうですので、整理整頓をしっかりめにして、ビジネスマインドを整えようかな(笑)。

皆さんも有意義に週末をお過ごしください。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-04-23 05:26 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 アロマからブーケ、そして粕漬け臭へ

ゼロの日にやらかしてしまいました・・・

飲酒歴四半世紀(若干計算が合わない???)で初めての経験です。

といっても、酒気帯びで検挙された訳ではないですよ。

20日の水曜日、いつもより早めに仕事を終え、娘にメールしたところ、丁度名古屋駅を出るところというので、ソッコーで帰り支度をして、車で鳴海駅まで迎えに行きました。

車に乗り込む前に、いただき物のワインを布袋に入れて、後部座席に鎮座させました。

この時、しっかり固定するなどしておけばよかったんです。

ちょっと娘を待たせてしまうなあと、ついつい流れに沿ってスピードを上げていたところ、突然前方の車がブレーキを、一瞬発見が遅れたちぇりーさん、急ブレーキで何とか停止できたのですが、そのコンマ数秒後、ガチャっという鈍い音と共に、白ワインのアロマが・・・

ウソでしょと思いながら、次の大きな交差点で右折するため、片側四車線の一番右車線を走行していたため路肩に止めることも出来ず、達観してそのまま鳴海駅に向かいました。

駅で娘を数分待たせたようですが、普段通り助手席に乗り込もうとする娘に事態を伝え、割れたビンの処理を始めたちぇりーさん。

いやいや、悲しいやら、情けないやら・・・

しかも割れてしまったのは、ちぇりーさんが家飲みで楽しむ安ワインではなく、97年モノのピュイイフュッセ・・・涙

アロマからブーケに変わる頃には、ポテンシャルの高さを想像できましたので、安く見積もっても市価で5千円はくだらない代物だと思います・・・号泣

その惨状を見て娘が一言。

  ママに内緒にしておこうか?

ちぇりーさん、諦観して、

  いや、それは止めておこうと

即答しました。

帰宅後、ママさんからは、97年モノでびしょ濡れになった布袋の洗濯をお願いしたところで、若干の罵声を浴びせられましたが(ワインのクラスは伝えていません・・・爆)、まあ想定内の反応だったので、どうということもなかったのですが、大変だったのはその翌日。

朝、出勤時にドアを開けると、何とワインセラーの香りが・・・

それが、お昼時には温室効果もあってか、粕漬けの運搬車のような臭いで充満することに。

営業さんには、大変申し訳ないことをしてしまいました。

しばらくは、粕漬け臭とお友達となってしまいそうですが、その後どんな匂いに進化するのか・・・実は、ちょっぴり楽しみだったりして・・・

それにしても、ワインの日である20日(20:vingt→vin:ワイン)に何て事をしでかしてしまったのか・・・

それでも無事でよかった!と、ツイてることに感謝して!

改めてハインリッヒの法則を意識しないといけませんね。

何れにしろ、皆さん、安全運転で!

我ながら、強引な〆だなあ・・・

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-04-22 00:02 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 実践知のリーダーシップ

昨日の朝礼のこと。

司会担当のIさんの話題は、TVで仕入れたコネタのご紹介でした。

「百聞は一見に如かず」には続きがあり、百見は一験に、一試に、一行に如かず。

ちぇりーさん、頷きながら、Iさんを嬉しそうに見ていたのだと思います(笑)。

そして、シンクロしたのは、昨日の日経1面に掲載されていた野中郁次郎先生のコラム記事。

まさに野中先生の『実践知』を如実に表す格言だと思います。

大切なことは、一験、一試、一行を、反省し、改善し、継続することで、『知』にまで高めることなんですね。

記事の中で野中先生は、今回の大震災復興には、現場からイノベーションが持続的に生み出される共同体を目指すことが大切だと語られています。それには知識国家が前提とのこと。

これは、あらゆる組織にも当てはまることだと思います。

そして、いつもながら野中先生が声高に言われるのは、『共通善』という概念は日本人のDNAにしっかり刻まれているということ。

そういえば、その昨日、藤原正彦さんの『日本人の誇り』という新書が発売されるという広告の掲載されていました。

ひょっとしたら、表現は違えど、このDNAについても触れられているかもしれませんね。

そして、ちぇりーさん的にビビッときたのは、野中先生の記事の冒頭のフレーズ。

  リーダーにとって重要なのは現実と向き合う力、そして深く現実を見つめ未来を語ること。

もちろん、明るく楽しく元気よく、爽やかに語らないといけません。
☆ついつい、艶めかしく語ってしまいまして・・・コラコラ!

そんな中、先程京都の粋人さんの日記を拝見すると、お~、野中先生の記事に触れられているではないですか!

何だか朝から嬉しくなってしまいました。

本日もプチ幸せをたくさん感じることができますように!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-04-21 05:37 | Comments(0)