自動車保険配布スキンパーツ1 <   2009年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 総選挙が終わって・・・お楽しみはこれからだ

想定内?、想定外?

民主単独300議席超

自民単独100議席超

開票速報の特番では、自民が二桁なんて予想が出ていましたので、先ほど朝のニュースで最終確定議席を確認した際は、意外に健闘したじゃないか、なんて印象を持ってしまいましたが、公示時点ではここまで差がつくとは思ってもみませんでしたね。

ただ、ちぇりーさん大変残念なのは、どうも投票率が70%を下回りそうということ。

ここまで盛り上がって4分の3以下というのは、どうなんでしょうか。

世代別の投票率が発表されていませんので、何ともですが、約3割の有権者は権利(義務)を行使されなかったわけですよね。

これは、ある意味重いと思います。

何れにしろ大切なことは、どんな政治が展開されるかということ。

責任政党としての手腕がいよいよ試されるわけですので、楽しみにウォッチしたいと思います。

我々はそんな意識を高めながら、引き続き与えられた役割を全うすること。

浮足立つことなく、まずは8月最終日をやり切り、この新しい一週間を仕上げていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-08-31 04:53 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 総選挙をコネタにする前に・・・八ヶ岳

おはようございます!

皆さん、いよいよこの日がやってきましたね。

1年は待ち続けた総選挙。

期日前投票の投票率からも70%に迫る勢いのようです。

念願の(誰の?)75%・4分の3の参加が達成できれば、まさに政権選択に相応しいですね。

そのちぇりーさん、実は昨日の夕方、期日前投票に行って来ました。

本日行けないこともないのですが、朝はデスクワーク、9時過ぎからマンション管理組合の総会、午後は補習最終日の娘を市内中心部まで迎えに出かけ、帰りは一緒にランチ&ショッピングというスケジュールが組まれていますので、歯車が狂うと投票所に行けないリスクを考えた末の行動です。

その期日前投票は、区役所の駐車場に渋滞ができるほどの混み具合でした。

投票後、某全国紙の出口調査にも協力しましたが、報道通り、選挙当日前から盛り上がっている感を受けますね。

選挙当日といえば、ママさんは得意の立会人のバイトで、早朝から出かけています。
☆このバイト、拘束時間は長いですが、お弁当も出たりとなかなかオイシイバイトだと思います(お友達の紹介がきっかけで始めたもので、不定期ですが、既得権みたいなものでしょうね)。

何れにしろ、明日の朝刊には、某党の歴史的勝利(歴史的敗北?)、なんて見出しが踊っているのでしょう。

ついつい今夜の選挙特番も見てしまいそうだなあ・・・苦笑

さてさて、前置きが長くなりました。

本日のカキコは丁度1週間前に出かけた八ヶ岳レポートということで・・・

実はもっと早めにカキコしようかと思っていましたが、ゆっくりブログに向き合う時間がとれずにいたところ、昨日娘から、家族旅行のことが書いてない!と怒られてしまいまして・・・汗

そんなわけで、今回はシリーズものではなく、2泊3日を1回で無理矢理まとめたダイジェストバージョン?ということでご紹介させていただきます。

その1週間前の日曜日、5時過ぎに自宅を出発、実家で両親と合流し、向かうは小淵沢インター!

今回は、八ヶ岳の麓(甲斐大泉)にある宿をベースに3日間を楽しんできました。

相変わらずのノンストップでアグレッシブにドライビングするのは、73歳の暴走族。

それにしてもホント元気です。
☆運転代わろうかと提案しても、頑なに拒否されてしまいます・・・俺の楽しみを取るな、といった感じですね(笑)。

8時過ぎに小淵沢インターに到着し(飛ばしすぎだ!)、道の駅で最初のトイレ休憩。

程なく移動し、初日のメインイベント、尾白川渓谷ハイキングへ。

いやここはいきなりですが、顎が外れそうになりました。

ガイドブック(マップル)では、ハイキングコースと紹介されていたのですが、何が何が・・・思いっきり登山コースです・・・それも想定外に険しい道のりでした。

d0004717_8304137.jpg


このあたりは、十分に下調べをしなかったミスですが、あの案内ではとてもこんな厳しい状況とは想像もつきません・・・夏山の事故が各地で報道されますが、これも自己責任?73歳から12歳まで(12歳が一番苦戦していましたが・・・)怪我もなく無事帰還できたのは、ある意味奇跡的(大袈裟ではなく)だったと思います。

皆さん、尾白川渓谷は大変良いところですが、それなりの準備をしてアタックしてくださいね。

そのご褒美が下記の景観です。

d0004717_1251505.jpg


☆最初の見どころ千が渕

d0004717_12523531.jpg


☆ここまで来るのに泣きそうになりました・・・涙

d0004717_1253115.jpg


☆絶景の神蛇滝

さて、初日の午前中で、既にクタクタになってしまったちぇりーさん一家、腹も減ったということで、これまたガイドブック便りで付近のランチスポットを選択。

いやいや、ここは大当たりでしたね。

蔵元『七賢』さんに隣接する『臺眠(だいみん)』さんです。

d0004717_8311210.jpg


経営も『七賢』さんがされているのですが、仕込み水のサービスや、ファーストオーダー限定のほろ酔いセット、そして定食類にもこだわり満載で、午前中のショックが和らぎましたね。

食後は、『七賢』さんの蔵の中を見学させていただき、利き酒用のカウンターバーで、何種類も立ち飲みを楽しませていただきました。

d0004717_8313262.jpg


日本酒に興味のない女性陣は、向かいにある金精軒製菓さんでお菓子を物色。

山梨県にも美味しい立派な酒蔵があるんですね。

これは発見でした。

すっかりほろ酔いモードになったちぇりーさん、続いて向かったのは、サントリーの白州蒸溜所。

d0004717_12542511.jpg


☆タイタンの社長によく似た?受付のお姉さん

モルト好きのちぇりーさんですが、白状すると、蒸溜所に足を運んだのは初めてなんです。

いや、ここも良いですねえ。

d0004717_12545667.jpg


☆蒸溜所の駐車場から見た八ヶ岳連峰

同行者4名の大反対で、蒸溜所ツアーは断念せざるを得ませんでしたが、ショップに隣接するバーが良かった!

まあサービスの一環でしょうが、とにかく安い!

白州10年のハイボールが、一杯100円(税込み)です。

まとまなバーの10分の1の値段ですから、嬉しくなっちゃいますよね。
☆綺麗なお姉さんがサーブしてくれます。しかもお摘み付き!

ちぇりーさん、調子に乗って、ラフロイグの15年(300円)を、ハイボールをチェイサー代わりに楽しみましたが、日中から幸せな気分に包まれてしまいました。

後ろ髪を引かれながら、宿に入る前に最後の観光スポット、シャルマンワイン・ワイナリーへ。

ここは正直寂れていましたね。

工場の中も見学させていただきましたが、手入れも正直どうなんだろうと・・・

先程のサントリーとのギャップが凄かったです。

それでも試飲コーナーで、赤・白と数種類楽しみました。

4時半頃宿に到着し、軽く温泉に浸かって、夕食へ。

宿の食事はコストパフォーマンスが良くないということで、清里駅至近のカジュアルイタリアンへ。

両親は妹一家を連れて何度か足を運んだことがあるようで、こなれていましたね。

味はアメリカのお母さんといったところでしょうか。

ここでちぇりーさん、ワインをフルボトルで楽しみましたが、輸入元がお客様というのもご縁を感じましたね。

久しぶりに果実味たっぷりのイタリアワインを堪能することができました。

振り返ってみると初日は午後からずっと飲みまくっていましたねえ。

娘には辛い一日だったかも?

いやサントリーのバーなんて、結構楽しんでいましたから問題ないでしょう!

あれれ、まだ2日分ありますが、マンションの総会の時間も近づいて参りました。

続きはいつになることやら・・・

こんなリラックスモードで、選挙前の夏の家族旅行初日は過ぎていきました。

旅行後の倦怠感はただの飲み過ぎだったのかも?

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-08-30 08:27 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 ジャズ・ヴォーカル史上最高の美人シンガー

いや、ビックリしました。

失業率最悪の5.7%

という、昨日の夕刊の報道ではありません。

体感している足元の景気は、それ以上に悪い印象ですから、数字を突きつけられても、あ~、まだそんなものかというのが正直な印象です。

ビックリしたというのは、同じ夕刊の18面「夕刊文化」に掲載されていたディスクレビュー。

  知的な声の中に豊かな感情

何の変哲もない見出しコピーで一番に紹介されていたのは、ちぇりーさんの大好きな

  イーデン・アトウッド 『ターン・ミー・ルース』

でした。

d0004717_3393395.jpg


編集部のどなたのセンスかは分かりませんが、夕刊の文化面とはいえ、日経に紹介されるとは・・・

でも、嬉しいですね。

実は、ちぇりーさん、こちらの新作、発売前にHMVのネットショップでオーダーして、手に入れて以来この1週間ほど、こればっかり聴いています。

そのディスク・レビューの記事を抜粋するとこんな表現が。

  ・・・・・・ピアノトリオの伴奏で、持ち味である正統派の歌唱スタイルを存分に発揮している。ややハスキーな声質で、スケールの大きな表現力を備えるが、アクが強いわけでも、技巧に走るわけでもない。知的で抑制された中に、豊かな感情をたたえている。選曲がありきたりではなく、よく練られているのも特徴だ。・・・・・・

何とも無難な表現ですが、まあ的は外していないかも。

それよりも、紹介いただいた事実が素直に嬉しいですね。

ビックリネタといえば、ちぇりーさん、この新作を初めて聴いたとき、大変ビックリしたのは、声変わっちゃった、ということ。

もの凄く力強くなりました。

90年代のコンコード時代から、際だった個性を発揮されていましたが、得意のハスキーな高音に走りがちだった歌唱法が、よりハスキー度合いを深めながら、どっしり構えて歌われているんですね。

特にスローバラードの表現力はうっとりしてしまいます。

ちぇりーさん、四十路に差し掛かった大人の女性の魅力を意識して制作されたのかと思いながらライナーを読み始めると、これまたビックリ!

録音された2年ほど前に声帯にできた腫瘍を除去する手術を受けられたそうなんです。

そこから復活して、新しく手に入れられた声質だったんですね。

歌手として相当な試練と重い選択だったと容易に想像できますが、とにかく難局を克服された姿に拍手しかないですね。

そして、これが聴き込むと良いんですよ~♪(笑)。

バックを担当するピアノトリオも素晴らしい。

特にピアノのDavid Morgenrothは快演です!

ちぇりーさんのような古くからのファンにも、初めて聴く方にも超オススメの逸品。

加えて嬉しいのは、今年の後半にかけて来日され、全国各地で講演予定とのこと。

名古屋もラブリーでスケジュールが組まれているようです。

これは見逃せないなあ。

ホントは、大西順子さんの新譜を先にコネタにしてみようと思っていましたが、タイミングということで!

それにしても、美女の声に包まれて幸福感に浸れるなんて最高のひとときですね。

皆さんに、こんな気持ちをお裾分けしてあげたい!

そんなことを素直に感じる土曜の未明のちぇりーさんです。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-08-29 03:39 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 コミュニケーション入門

昨日の午前中は、社員さんとのヒアリング。

ちぇりーさん、まだまだ把握しきれていないことが多いですね。

まあ、そのためのヒアリングでもあるのですが、今更ながらコミュニケーションの難しさを感じます。

そのコミュニケーションと言えば、お盆休みに読了したドラッカー先生の「すでに起こった未来」でも、コミュニケーションについての論文が掲載されていましたね。

そのタイトルは、「情報とコミュニケーション」。

いや、この論文も超オモシロイです!

ちぇりーさんの解釈では、「コミュニケーションは相手を慮ること」というところでしょうか。

ドラッカー先生の論文から気づきのフレーズを抜粋すると、

  「無人の森で木が倒れたとき、音は存在するや」これに対する正解は「否」である。

  コミュニケーションをするのは受け手である

  人は、一つの言葉だけをコミュニケーションすることはできない。言葉とともに、人がついていく

  人間の耳には、ある一定の周波数を超えた音は聞こえないのと同じように、人間の知覚能力も、その範囲を超えるものはまったく知覚できない

  「文章の難解さは、そのもとになっている思考の混乱を意味する。したがって、整理すべきは文章ではなく思考である」物を書く際に、我々は。まず自分自身とコミュニケーションしようと試みる

  コミュニケーションを行なう際には、コミュニケーションの手段が何であれ、まず「このコミュニケーションは受け手の知覚の範囲内にあるか。受け手はこれを受け取ることができるか」を問わなければならない

  コミュニケーションを成立させるためには、コミュニケーションの受け手、つまり本当の意味でコミュニケーションを成立させるべき相手の目に見えるものは何か、それはなぜ見えるのかを知らなければならない

  人間は知覚したいと思うものを知覚する。見たいと思うものを見、聞きたいと思うものを聞く

  コミュニケーションを成立させるためには、コミュニケーションの受け手が、何を見ることを期待し。何を聞くことを期待しているかを送り手側が知らなければならない

  コミュニケーションは常に何かを要求する。コミュニケーションは、受け手が何者かになり、何かを行ない、何かを信じることを要求する。コミュニケーションは、常に動機に働きかける。つまりコミュニケーションは、受け手の願望・価値観・目的に合致すれば強力になるが、もし合致しなければ、まったく受け入れられないか、せいぜい抵抗されるだけである

  コミュニケーションが成立するには、少なくともそのメッセージが受け手の価値観に入り込めなければならない

  最も完璧なコミュニケーションは経験の共有である。論理とは少しも関係がない

  何世紀にもわたって、我々は上から下へのコミュニケーションを試みてきた。しかし、それではいかに熱心にかつ賢く行おうとしても成功するはずがない。なぜなら、コミュニケーションの送り手が、コミュニケーションを行うという前提に立っているからである。しかし、コミュニケーションとは、その受け手の行為なのである

  「従業員への手紙」などは、いかに上手に書こうとも、従業員が何を知覚できるか、何を知覚することを期待しているか、何を知覚したいと思っているかを知らなければ紙くず同然である。送り手ではなく、受け手の知覚に根ざすものでなければ紙くずである


これでもかという相手の立場に立った視点。

ドラッカー先生、畏るべし!

そして論文の最後のフレーズ。

  すなわち、コミュニケーションとは、組織のあり方そのものである。

苦笑いしかできないのは、ちぇりーさんの至らなさ。

もう、グーの音も出ませんね。

またまた課題が見えてきました!
☆課題だらけだなあ・・・

改めて気づいたことは、基本姿勢は誠実である、こと。

そう、Integrity、ですね。

そして週末は、いよいよ総選挙。

われわれ有権者の誠実な投票行動から日本が変わるスタートです。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-08-28 05:40 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 生きる力は日々の反省から

一瞬、新型インフルエンザかと思ってしまいました。

昨日は、夕方になって超ドヨヨンモード。

オフィスへ帰ってきたら、熱っぽくって頭も体も働きません。

それでも何とか必要最小限のデスクワークを終え、帰宅しましたが、夕食を食べながらも、楽しく味わうことができませんでした。

念のため熱を測ってみると、36度台半ば・・・

低温動物のちぇりーさんにとっては十分微熱です。

こりゃマズイと即行でシャワーを浴びて、布団に潜り込みました。

おかげさまで、先程計測すると35度台のいつもの体温に。

それでも体を覆う倦怠感は、疲れが溜まっている証拠ですね。

ON-OFFのスイッチの切り替えが、まだ十分できていないのかもしれません。

そんな昨日の朝刊の全面広告が目に飛び込んできました。

京都は浄土宗の大本山、知恩院さんの広告です。

なんでも再来年が、法然上人が亡くなられてから800年ということなんだそうで、そのイベントというか、大法要のPRなんですね。

ちぇりーさん、気づきをいただいたのは、このフレーズ。

  生きる力は日々の反省から

なるほど、素直に納得です。

ON-OFFの切り替えしかり、まだまだできていないことが多いですね。

本日は意識してメリハリ付けていきましょう。

その本日は、午前中は社員さんとの面談、午後は社外でお客様とミーティング、夜は所属している組合の勉強会の臨時総会とスイッチの切り替えがしやすそうな予定です。

はい、反省を踏まえ、意識して実践ですね。

もちろん、インフルエンザの予防も含め、手洗いうがいの励行で、体調管理にも配慮して。

皆さんも、くれぐれもご自愛下さいませ。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2009-08-27 05:31 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 体づくりは食べることから、心づくりは楽しむことから

昨日の深夜、遠征中未読の中日新聞を開いてみたら、いやいや流石地元紙、中京大中京の全国制覇の記事一色でしたね。

まあ43年ぶりですから、仕方ないことですが、野球に興味のない方にとっては、読むところが無いんじゃないかと思えるほどの取り扱いでした。

ちぇりーさん、気になったのは、その昨日の朝刊ではなく、昨日の日経夕刊と今朝の中日新聞の朝刊。

いみじくも、似たような内容の記事が取り上げられていました。

それは、中京大中京の選手たちの体づくりについて。

技術指導はもちろんのこと、選手たちは体づくりをテーマに掲げ、しっかりとした食事と科学的トレーニングを日課としているそうなんです。

ちぇりーさん、この3日間かなりカロリー過多の生活を続けたため、昨晩は夕食抜きで自己流調整をしてみましたが、このあたりは10代と40代の取り組みの差と捉えてもいいのかなと、勝手に納得しています。

他の記事の中で、印象に残ったのは、大藤監督の選手たちに言い聞かせている言葉。

  「野球しかできない人ではなく、野球もできる人になれ」

体だけでなく、こころの教育もしっかりされての全国制覇という結果なのでしょう。

ちぇりーさん、人生の半分を過ぎたと思われる40代だからこそ、楽しむことで心を育んでいきたいものですね。

本日も氣を高めてスタートできたことに感謝!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-08-26 06:41 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 緊急地震(自身)速報

先程、オフィスに帰ってきました。

週末日曜日から本日まで、清里エリアに滞在。

清涼感溢れる空気を満喫してきましたが、名古屋も随分涼しくなった感じですね。

そんな清里滞在の最終日の本日、朝っぱらから緊急地震警報が発令され、誤報だったとこは皆さん既に報道でご承知かと存じますが、震源が千葉東方沖という一方だったため、山梨県でTVを見ていたちぇりーさん、思わず身構えてしまいました。

まあ、何も起こらなかったのはよかったですが、オオカミ少年扱いになってしまうと、マズイですよね。

活用するのは、我々一人ひとりの判断力に委ねられていることは間違い有りませんが・・・

今回も発令後、数分経っても何も起こらなかったため、あ~、これは誤報なんだと勝手に決めつけていましたが、何事も自身の直感は大切にしたいと痛感しました。

明日からは、通常モードにリセット。

先程帰名して直ぐに参加した、セミナーでの気づきも早速活かしながら!

はい、そんなちぇりーさんの、緊急?自身?速報?でした(汗)。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2009-08-25 22:38 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 43年ぶり

初めて携帯から投稿しています。

中京大中京、43年ぶりの全国制覇。

前回はちぇり~さんの生まれる数カ月前ですからね。

これで野球王国愛知復活といきたいものですね。

ドラも頑張っていることですし!

ちぇり~さん、本日は山梨県からのカキコですが、詳細は明日以降ということで(^0^)/

決勝戦の詳細も後ほどスポーツニュースで確認したいですね。

とにかく、中京大中京の皆さん、おめでとう!

ではではf^_^;
[PR]

by cherrylayla | 2009-08-24 16:20 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 衆院選まで1週間

1週間後の日曜日はいよいよ衆院選。

考えてみれば、一年近く待ちわびていたことになります。

勝ち負けの結果は別にして、麻生さんの就任当初に選挙に持ち込めば、まだ可能性があったように思えますが、過ぎ去った日は取り戻せません。

今朝の朝刊を見ても、民主党は300議席を上回る勢い。

一方で与党は半減の可能性も。

民主党も展開によっては比例代表に候補不足が懸念されるという笑えない話もあるようです。

まあ、そうはいっても下馬評は下馬評。

やってみなければわかりません。

その結果はわれわれの一票の積み上げから。

皆さん、期日前でも全然オッケーです!

ちぇりーさんも当日は何故かマンションの理事会が朝から組み込まれています(苦笑)。

娘は中学校の補習。

ママさんはその選挙のバイトで早朝からお出かけ。

それぞれすでに予定が入っていますが、しっかり投票行動をして、夜の選挙特番を楽しみに?

いや、朝のニュースでいいかなあ。

とにかく一人でも多くの国民の行動を!

目指せ投票率80%!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-08-23 04:47 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 健康診断と新型インフルエンザ考

昨日は年に一度の会社の健康診断。

毎年この時期に日程を分けて全社員さんが受診するのですが、今年はまた診療施設の対応が変わっていました。

年々省力化に取り組まれるのは良いとして、笑顔も省力化されるのはどうかと思いますねえ。

いや、できている方はできているんですよ。

それだけにできていない人が目立ってしまうんですよね。

ラインを流れるモノのような扱いにも何だか・・・

まあ分かりやすさの追究の結果なのかも知れませんが、一期一会を大切にしようという気持ちは感じられませんでしたね。

そういう状況ですから、30分で事足りる健診内容も、格安ゴルフコースのように詰め込み過ぎなのか、約90分もかかってしまいました。

ホントはサッサと終えて仕事に戻りたいんですが・・・

もう一つサッサと終えたい問題としては、インフルエンザの蔓延。

先日もコネタにしたばかりですが、それより倍のペース、この1週間で11万人という凄い感染力ですから、総合病院なんて罹患している方も相当数出入りしているような気がしています。

実は、ちぇりーさん、今回のインフルエンザについては、今週の朝礼で簡単に社員さんに心構え的なポイントをお伝えしただけで、有事の際は緊急連絡網で対処、なんて悠長なことを言っていましたが、現実ベースで考えると、かなり危ういです。

というのも、今月に入ってデビューされた師匠のプライベートブログ「鬼っ子日記」の昨日の記事によると、社員さんならびにご家族をはじめとする関係者に発症してしまった場合、かなり細かい対応を迫られるようなんです。

転載させていただきますと、

  現時点では、発病した場合、保健所に届けなければなりません。
  保健所からの指導では、当事者は熱が下がってから3日間は外出禁止。
  同居している家族で発病した場合、家族は1週間の外出自粛。
  ということは、自分は大丈夫でも子どもが発病すると、お父さん・お母さんは1週間出社できなくなる可能性  があるということです。
  本人だけ予防すれば良いという訳ではないのです。
  新型インフルエンザに家族がなっているのに、出社させたとなると、社会的責任が問われると思うからで   す。

ある医療機関のドクターによれば、罹患するなら家族全員でという冗談のような話も。

これが強毒性に変異してしまったら、パニックでしょうね。

いまだマスク信仰が浸透していることから、マスク業界は既に品薄状態。

ところが、インフルエンザ菌は粘膜感染なので、目の粘膜から感染し、マスクだけでは防げないそうなんです。

現在は夏休み中ということですから、新学期がスタートしたら、大爆発!

なんてことも容易に想像できます。

まずは、手洗いの励行。

そしてこちらも効果が疑われていますが、ちぇりーさん、うがいにはこだわっていきたいですね。

会社としても37度5分以上の発熱は即病院へ、新型インフル罹患発覚の際は、出社ストップ。

ネット接続と携帯等での連絡手段の確保を前提に、遠隔でも最低限の仕事ができるよう環境の確認・整備をする必要がありますね。

ちょっと今から簡単にシミュレーションしてみようと思います。

師匠、気づきをありがとうございました。

引き続きみなさんも、インフルエンザに限らずご自愛くださいませ。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-08-22 04:33 | Comments(2)