自動車保険配布スキンパーツ1 <   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 まだ半分 or もう半分

梅雨空の中、6月も最終日を迎えました。

アッという間というのは使い古された言葉ですが、やはり振り返ってみるとそんなフレーズが零れてきます。

自己啓発書の類で頻繁に登場する、コップの中のミルクの例え話。

要は感謝の念があるかどうかを試されているわけですね。

コップにいつでも飲めるミルクがあることを、当たり前と感じるのか、有り難いと感じるのか?

その差は埋めきれないほど大きいと思います。

それでも人間に与えられた能力として、その気になれば変われるというものがあります。

パラダイムシフト。

昨日のツキイチ社内木鶏でも、そのきっかけを沢山いただくことが出来ました。

藤尾社長の総リードから投じられた初っ端のフレーズ、

  人生をひらくとは心をひらくことである。

  心をひらかずに固く閉ざしている人に、人生はひらかない。

唸るしかないですね。

  よき心構えは、積極性×明朗性。具体的には、

  1.物事を前向きに捉える
  2.素直
  3.感謝の念を忘れない
  4.愚痴を言わない

ということですね。

誌面では、

  心構えも毎朝磨き直さなければならない

とアドバイスされています。

1年の半分という節目、四半期という節目、1ヵ月という節目、二十四節気という節目、1週間という節目、一日一日という節目。

振り返り、反省し、時には自身を褒め立て、心と身体の足を一歩前に進めることですね。

感謝の心と前向きな眼を持って。

はい、まだ半分です(笑)。

なんて言いながら、実は本日で新年から181日目。残りは184日ですから、半分は7月2日なのですが(笑)。

このあたりも臨機応変に!

はい、後半戦も、引き続き

  明るく楽しく元気よく爽やかに!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-06-30 12:32 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 伊那のお土産と言えば・・・

日曜日の23時に帰宅というのは、最近では珍しいパターンです。

おかげで開き直って、先程から日曜日の分、そして月曜日の分と、夜中にブログをアップしていますが、明日は月曜日、大丈夫かなあ・・・

そんな日曜日は、早朝から溜まった事務処理とメール対応に取り組むためにオフィスへ。

限られていたものの、貴重なデスクワークの時間を確保することができました。

朝食のタイミングで帰宅して、食後は娘の期末考査のテスト勉強のお手伝い。

前日の土曜日も朝から、ちぇりーさんが帰宅する20時頃まで、取り組んでいたようです。
☆集中レベルは?ですが・・・

先日の初めての定期試験が散々な成績だっただけに、彼女なりに危機感を持っているのかもしれませんね。

まあ、学校のテストの成績がよいだけでは、あまり意味はありませんが、何れにしろ何か目標を持って取り組む姿勢は大切なことですね。

ちなみに今回お手伝いしたのは、英語なんですが、ちょっと壊滅的なくらいできないんですよね(苦笑)。

とにかく本人が興味を持って能動的に取り組まない限り、進歩は望めません。

そのレベルに到達するまでには、強制的でも反復学習が必要なのですが、まだまだイヤイヤモードですから、これからですね(笑)。

午後からは役員の末席を汚している母校の校友会の総会に参加。

先程まで、その役員を中心とした打ち上げ会に参加していましたので、こんな展開になってしまったというわけです。

現役の応援部チアリーダーには、若さと元気をいただきました(笑)!

校友会のお話は、別の機会のコネタということで、話を土曜日に戻しますね。

第2部の中井さんの講演を終え、高速に乗る前にかんてんぱぱガーデンで、お土産を物色。

寒天入りソフトキャンディーは素朴な味わいで美味しかったですね。

両親、そして会社の皆さんへのお土産としてチョイスしてみました。

さて、留守番をしてくれた娘には、可愛いデザインキャンドルを選んだのですが、会場でも最高のお土産を手に入れることが出来ました。

こちらです。

d0004717_0123277.jpg


実は娘は、この写真の両サイドのお兄さん?の著作の大ファンなんです。
☆真ん中の熟女は誰だ???・・・爆

名前をご紹介するまでもなく、このブログの読者の皆さんなら直ぐわかりますよね。

ダブルKさん、懲りずにまた飲みに行きましょう(笑)!

娘がお二人の著作にハマッタお話は、機会があればコネタにさせていただきますね。
☆娘は私も会いたかった~と、連呼していましたね。

お土産というと、先程までの母校の校友会でも、たくさんいただくことができました。

何故か目が冴えてしまっていますが、読みかけの本でも取り出すと、30分以内には熟睡していることでしょう。

明朝は少し寝不足モードのスタートになる予感ですが、メリハリ付けて乗り切っていきたいモノですね。

そいえば、石川遼選手、トーナメント優勝でターンベリーの切符をゲットされてようですね。

大活躍、期待したいものです。

もちろん自身の大活躍も期待して!

はい、期待だけではなく、やることやって!ですね。

それでは、皆さんお休みなさ~い。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-06-29 00:12 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 初めての伊那フォーラム・・・オオカミ少年篇

開催5年目にして初めての参加となった伊那フォーラム。

当初の予定では、本編(第1部~第3部)終了後、ナイトセッション、大懇親会に参加し、夜中中央道を飛ばして、深夜2時頃名古屋に帰ってくる予定をしていました。

ところが、出発直前、急遽スケジュールを変更、20時までには娘が待つ自宅に戻ることに。

そんなわけで、第2部までの参加で、泣く泣く名古屋への帰路につくことになりました。

それでも、第1部の大久保さんとリッツの高野さんの対談、第2部の千房の中井さんの講演、と大変充実したひとときを過ごすことが出来ました。

とにかく気づき満載の2本立て。

せっかくですから、それぞれのメモと気づきをご紹介させてください。

大久保さんと高野さんの対談からは
・レストランで一番汚いモノはメニュー
 →最小の結果であっても、最大の努力は惜しまない
 →小さなことも疎かにしない
 →積小為大
・一部の人(TOP)に思いがあっても、社員さんに伝わらないと意味がない
 →社員さんと共有できて、現場レベルで徹底できて、はじめてお客様に伝わる
・コンビニのマスク → お客様に売るマスクは無くても、店員はマスクをしている
 →看脚下
・川越胃腸科病院は、あり得ない空間
 →望月院長は神様の使い?
・目は心のマナコ、目はごまかせない、目はmakeできない、心が輝いて目が輝く
 →何事にも順番がある!
・雰囲気は仕事力そのもの
 → ばい菌噴霧器になっていないか?
・姿勢が全て → 背筋を伸ばす
 → 腰骨を立てるという森信三先生の教え
・美しい経営、経営には美しさは必要、皆が幸せになるための経営
 → 美意識を高めること、美学 → 美しいモノを愛でることに意識を高める
・見えない世界が重要
 → 見えない世界が見えるようにするには感性を磨くこと
・ホンモノは360度、井戸水理論 → 水脈まで踏み込む
 → 軸がぶれていないか!
・沸点を経験する
 → 天ぷらは180℃でなければ美味しくあがらない。40℃の油では食べられな

・NPO法人MESHサポートの活動 → 救える命は救いたい
 → 今できることをやる
・素晴らしい人にたくさん触れること
 → 時間は有限、『できる人』『人に好かれる人』との時間を増やす
・こういう病院を作りたいと思った
 → 成功する秘訣は諦めないこと
・真の成功者は、謙虚でおだやか
 → 素直な気持ちを忘れない


中井さんの講演からは、
・サービスしているつもりでも、サービスではなかった
 → お客様視点が出発点
 → サービスに思いをのせる
・くらべず、あせらず、あきらめず
 → 自分はホントは何がしたいのか、何のためにそれをしたいのか、を改めて
自問自答
・尋常小学校修身書
 → 大人もよく学び、よく遊べ
 → 真心を磨く努力を惜しまない
・人間性を高める
 → 会社は共育現場、人生も道場
・商売ってなあ、人柄やで(船場吉兆創業者)
 → 志を伝える難しさ
・花を支える枝 枝を支える幹 幹を支える根 根は見えねんだなあ(相田みつ
を)
 → 花は結果、枝は現場戦術、幹は行動戦略、根は志
 → 原点回帰の必要性、やはり何のために
・声を出して笑うからおもしろくなる
 → 形から入ることも重要、楽しむこと!
・笑は商なり、正なり、昌なり、勝なり
 → 笑顔は無限力
・死に予定日はない
 → 死生観の再発見
・心残りと悔いは異なる、やることやって駄目ならエエヤン!
 → 達観すること、真剣に考え深刻になるな
・体験、経験から学ぶ
 → プラス歴史、先人に学ぶ
 → 賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ
・そんな気がする予感する、思い立ったが吉日、善は急げ
 → やはり直感力、勘を磨くには決断、判断を重ねる
・整理整頓げできない人間に金銭感覚は宿らない
 → ギクッ!・・・大汗
・もったいないの心
 → モノだけではなく、時間もモッタイナイ!
 → 感謝力を磨く
・今日も元気だ働こう
 → 働けることに感謝!仕事があることに感謝!
・デキルヤン!励ましと賞賛
 → ポジティブストロークを出し続ける
・おはようございますと言うその挨拶に気持ちが入っているか!
 → 言霊の重要性
・良いことは続ける
 → 継続力は信用力
 → 習慣の棚卸し、良いことを続けるために行動パターンを見直す
・続けたらホンモノになる、ホンモノは続く
 → 10年偉大なり、20年畏るべし、30年歴史なり、50年神のごとし
 → 偉大レベルにもまだまだ・・・汗
・うつくしいものを 美しいと思える あなたのこころが うつくしい(相田みつ
を)
 → 目の前に起こったことを、素直な心で見つめる

振り返ると、こんな気づきがありましたね。
これらの気づきを全て体系的に自身に落とし込むのは無理ですので、今必要なも
の(響き具合)を、早速取り入れて実践レベルに!

何もかもはできません、取捨選択ですね。

ところで、ちぇりーさん、今回の急なスケジュール変更で、不義理をしてしまったんです。

実は、ご縁をいただいて以来、楽しくメール交換を重ねていた京都のACさんと再会を誓い、大懇親会では膝を付け合わせて、再会を祝いながらいろんなお話をしようと約束していたんです。

その約束を、破ってしまったちぇりーさん、オオカミ少年状態のまま伊那を後にしてしまいました。

帰路、そのACさんから携帯にお電話をいただき、気にしないでくださいと心配りをいただきました。

この失態ならびにACさんの寛容な心に、報いないといけません。

ACさんは親切にも、電話でちぇりーさんが聞き逃してしまった第三部のパネルディスカッションの様子(中井さんの独壇場だったみたいですね。畏るべし関西人パワー!)を教えていただきました。

ACさん、勝手を申し上げますが、ナイトセッション、モーニングセッション、そして全体を通しての気づきを、意見交換という形で改めてチャンスをいただきたくお願い申し上げます。

プレ七夕は、勝手にちぇりーさんが天の川を増水させてしまった格好です。

次回はしっかり橋を架けられますように。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-06-28 23:25 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 巨星逝く(その10?)

ビッグネームの訃報が続きましたね。

マイケル・ジャクソン氏、50歳で天寿を全うされました。

ちぇりーさん、リアルタイムのアルバムというと、Off the Wall、Thrillerあたりですが、特に後者はMTV全盛でしたので、映像でこれでもかと見せ付けられました。

おかげで、曲調以上に絵的に印象が強いですね。

ちぇりーさん、ポピュラー・ブラックミュージックですと、マイケル・ジャクソンよりもスティービー・ワンダーの方が好きなんです。
☆ほら、また脱線!

続いたと書き出したのは、ちぇりーさん、そのマイケル・ジャクソン以上に、というか比べ物にならないくらいショッキングだったのが、ファラ・フォーセットさんの訃報でした。

62歳。早すぎますよね。

ちぇりーさん、以前深夜に偶然、チャーリーズ・エンジェルの再放送を見て胸躍らせた?なんてカキコをしていましたが、カッコいい女優さんでしたよね。

今回初めて知ったのですが、3年もがんと闘病されていたんですね。

ついでに知ったことでは、エンジェル同期のジャクリーン・スミスさんもケイト・ジャクソンさんも乳がんを経験されていたということ。

お二人は、病を克服されご存命とのことですが、ご両人ともアラカン世代。

現在女優さんとして活躍されているか否かは不明ですが、少しでも永くお達者であることを願うばかりですね。

それにしても、がんは今や誰が罹患してもおかしくない病気になってしまいましたよね。

昨年、『がんのひみつ』の読後感をコネタにしていましたが、早期発見であれば治る可能性も高いのが現代の医学。

発生のメカニズムが解明されていないことから、おそらく撲滅はまだまだ先の話だと思いますので、引き続き生活習慣を整えていきたいですね。

生活習慣という意味では、30年以上前に国立がんセンターが、がんを防ぐための12ヵ条を提唱していますので、ちょっとご紹介してみましょう。

1.バランスのとれた栄養をとる(好き嫌いや偏食をつつしむ)
2.毎日、変化のある食生活を(同じ食品ばかり食べない)
3.食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに
4.お酒はほどほどに(強い酒や飲酒中のタバコは極力控える)
5.たばこは吸わないように(受動喫煙は危険)
6.食べものから適量のビタミンと食物繊維を摂る(自然の食品の中からしっかりとる)
7.塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
8.焦げた部分はさける
9.カビの生えたものに注意(輸入ピーナッツやとうもろこしに要注意)
10.日光に当たりすぎない
11.適度に運動をする(ストレスに注意)
12.体を清潔に

これを眺めると、ちぇりーさん該当するのは、9と11でしょうか。

いや、カビの生えたものばかり食べているわけではないですよ(苦笑)。

ただ、カビといえば、ちぇりーさんチーズ、特に癖のあるモノが大好きなんですよ。

ロックフォールやウオッシュ系、シェーブルなんか特に目がありません。

苦手な方にとっては、カビの固まりかもしれませんね。

また、ピーナッツも毎度千葉産というわけにはいかず、柿の種やミックスナッツに入っているモノはほとんど中国産ですから。

運動不足は言わずもがなです・・・汗

まあ、全て節制しているからといってがんに罹患しない保証はありませんから、ストレスを感じない程度に楽しみながら節制できればと思っています。

楽しみといえば、翌朝は朝イチでお客様のオープンハウスの陣中見舞いに顔を出した後、伊那フォーラムへ。

日帰りで伊那を深夜発という強行日程ですが、実践に繋がる気づきをしっかり得てきたいと思っています。

おっと、その前に安全運転ですね!

それを実現させるためには、しっかり睡眠を確保!

みんな繋がってます(笑)。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-06-27 00:08 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 今こそ試される目利き力

いやあ、シャレじゃなかったみたいですね。

東国原知事の発言、あの古賀さんが、いや自民党が手玉に取られた格好です。

元々、国政に出る構想だったと思いますが、ここが天の時と判断されたのでしょうか?

地の利、人の和は大丈夫なのですかね。

民主党が口説き落として、政権奪取後は東国原さんを首相に、鳩山さんは党首のまま、なんて担ぎ方したら、有権者はどんな反応するのかなあ。

さて、そんなタイミングにある方からこんなメールをいただきました。

  自ら動いた者だけが、価値ある明日を手に入れることができる。

  変化というものは誰かに付き従うものではなく、自分自身で作り上げるものだ。

  選択した新たな道は、努力によって最良の道とすればいい。

渦中の東国原知事の自伝『判断力』の“はじめに”に記載されているフレーズのようです。

無理矢理まとめると

価値ある明日を自分自身で作り上げるために万難を排して突き進む。

という感じでしょうか。

ところで、その東国原知事といえば、そのまんま東。

そのまんま東といえば、ツーツーレロレロ?

ツーツーレロレロといえば、クンちゃんこと大森うたえもんですね。

何だかこの話題、随分前にコネタにしたような記憶も・・・流石に1300回以上もカキコしていると、重複もやむを得ない?・・・言い訳ですね・・・
☆おー、googleで引っ掛かりました!2007年3月2日のカキコです(笑)。

おっと、またまた大脱線。

この東国原知事の動きは、志に基づくものなのか、それとも野心なのか?

意外に早く判別できそうな雰囲気ですね。

昨年秋から待ちに待った解散の時期がようやく近づいてきたようです。

皆さん、有権者として選挙に臨む準備できていますか?

この国の将来に思いを馳せ、誰に託すのかしっかり見極めて行動しましょうね!

何でも目利き力なのかなあ、なんてこじ付けで・・・

気づけば週末、足下の仕上げもしっかりと!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-06-26 05:24 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 リーディング・グラス、1周年!

早くも1周年!

えっ、モバイル事業のことじゃありませんよ・・・こちらも先日1周年を迎えましたが・・・いっけね、イベント企画進めないと・・・

1周年というのは、1年前の6月25日レーシックの手術をしたんですよ。

高校一年生、15歳の時から四半世紀以上、眼鏡が顔の一部という生活を送っていましたが、おかげさまで裸眼生活に復活して1年が経過したわけです。

今週末1年検診を受信する予定ですが、これまでの術後定期検診では、術前両目で0.05だった視力が1.2まで回復しています。

実は、ちぇりーさん、加入していた医療保険が適用されるということもあり、勧められるがままにあまり深く考えず、手術を受けました。
☆このノリは、何事につけ、ちぇりーさんの良いところでもあり、悪いところでもあるかもしれませんね(苦笑)。

振り返ってみると、何でもっと早くやらなかったんだろうというのが本音です。

一昔前は手術料が100万円程していたそうですので、流石にその時に勧められていたら躊躇していたかもしれませんが、保険適用と紹介割引の合わせ技で、実質負担が10万円少々とリーズナブルだったことも決断した大きな要因でしたね。

それでも、1年経過しても顔を洗う際、かけてもいない眼鏡を外す動作をしてしまったりと、長年の習慣は恐ろしいモノだと感じています(苦笑)。

レーシックについては、ネット上でも賛否両論、批判的な情報発信があることも承知していますが、ちぇりーさんなりに術後1年経過したところでの、ネガティブな部分を総括してみたいと思います。

その1 ドライアイになりやすい
ちぇりーさん、これモロに影響を受けています。対策としてはクリニックから無償で支給される目薬を一日に4~5回、点眼しなければいけません。乾きを感じない日は、朝1回で済んでしまうこともありますが。

その2 乱視が気になる
目の乾き具合にも大きく左右されるのですが、遠くの物体がぼやけて見えることがしばしばです。定期検診では、さほど気になる数値ではないと診断されていますが・・・

その3 鳥目になる
暗いところは何故か見にくいです。

その4 顔が変わる
今でこそ眼鏡なしの顔が定着しましたが、術後しばらくは本人でも違和感のある顔でした。まあ、ダテ眼鏡やサングラス等のオプションが楽しめますから、これは一時のネガティブ要素ですね。今ではすっかり眼鏡無しの笑顔で定着しています(笑)。

最後に 老眼が気になる
これビックリします。個人差があるようですが、眼鏡時代には気づかない老眼の進行に、視力が改善したことで気づいてしまうんですね。術後、間もない検診で、どうも近くのモノが見えないとドクターに申し出たところ、あ~、それはおそらく老眼ですから、老眼鏡をかけるといいですよ、とあさっりと言われてしまいました。試しに帰りに100均に立ち寄って試し掛けしてみると、これが見える見える・・・実は、今PCに向かっている最中も老眼鏡をかけながら入力しています。かけなくても見えないことはないのですが、長時間のPC作業や読書の際は、習慣になってしまいましたね。

その老眼鏡ですが、リーディング・グラスという呼び方もあるようで・・・でもちぇりーさん、老眼鏡で良いです(笑)。

まあ、思いつくままにレーシックのネガティブ要素を書き連ねましたが、ちぇりーさんとしては前述のように、近視の方は施術された方が幸せだと思います。
残りの人生、眼鏡が必需品という選択は考えられませんね。

特にコンタクトをされている方は、費用対効果を考えると是非チャレンジされた方が良いような(ちぇりーさんコンタクトをしたことがないので、説得力がありませんが・・・だって毎日面倒くさそうですし)・・・

ネガティブな部分を羅列したのは、やはり何かを得るためには、何かを犠牲というか我慢というか、取捨選択しなければならないとうのは、世の常ですね。

新しいことを始めるには、古いことを捨て去ること。

そもそも人間には1日24時間しか与えられていません。

前日の4時間半熟睡法ではないですが、密度濃く意義ある思考ならびに行動にこだわっていきたいモノですね。

さあ、近視の皆さん、眼鏡レスの世界にいらっしゃ~い(桂三枝調?)!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-06-25 05:15 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 父の日はカエルの日?

またまた、おばんです。

本日も連続で午前様。

今夜はモバイル事業の新規事業説明会のスピーカーを担当しました。

ショールームでは、先月に続いて2度目になりますが、40名弱の参加者から、わかりやすい説明だったと概ね好評で、無事お役目を務めきることができました。

もちろん課題も見えていますので、次回は少しでもレベルアップできるよう、成長の足跡を残していきたいですね。

そんな本日は梅雨の中休み、良い天気でしたね。

天気過ぎて、営業中は汗だくになってしまいましたが・・・汗

これだけ暑いとゲロゲ~ロ、ガマ王子じゃなかった、アマガエルさんも大変ですよね。

さてカエルさんといえば、娘から父の日のプレゼントにもらったのが、生ビールカエル!

d0004717_0152880.jpg


日曜日の就寝前、枕元に置いておいてくれました。

皿の上の枝豆、芸が細かいですね(苦笑)。

ちぇりーさん、原則、平日の食卓ではアルコール抜きにしていますが、これだけ暑いと早く帰れた日なんかは、カエル君に誘惑されて飲んでしまいそうですね。

その日曜日は夕方まで岐阜に滞在。

館長S木さん夫妻と別れた後、稲沢の怪人・Kちゃんが新規事業として参入された串焼き店に陣中見舞いに顔を出していました。

客単価、1500円がコンセプトの立ち飲み店舗ですが、名鉄岐阜駅改札から徒歩30秒という好立地とオーナー始めスタッフのみなさんの最高の笑顔がお客様をたくさん招いているようです。

ちぇりーさん、予定以上に飲み過ぎ食べすぎで倍以上の客単価になってしまいましたが、まあ開店祝いということで。

そんな立ち飲みの最中、何時に戻ってくるのか?という確認メールが珍しくママサンから届きました。

少々食べ過ぎてしまったので、夜はつまみ程度と思ってマンションに帰ったら、お皿が5名分テーブルに準備されているではないですか。

ママサンが気を利かして、父の日ということで両親を招いてくれていたようです。

そのための帰宅時間の確認だったんですね。

ちぇりーさん、嬉しかったですね。

急遽、5人で飲めや歌えやの宴の開催。

日曜日の夕食を皆で楽しむことが出来ました。

それにしても、土曜日の激辛から日曜日のダブル夕食と、少々胃腸には負担が大きかったですね。

明日の夜はお客様との会食予定ですから、この二日間は抑えめにして過ごしてきました。

激辛については、師匠からも気を付けなさいとご心配のメールをいただいていました。

T市のMHさんからはエールのコメントをいただきました。

お二人の気持ちがよ~くわかりますので、ご両人には、本当に感謝ですね!

見守っていただけている幸せを噛みしめながら、明日への鋭気を養うべく今から熟睡タイムです。

爽やかな朝が迎えられますように。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-06-24 00:16 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 岐阜で押忍!・・・『空手~大仏』篇

おばんで~す。

月曜日から午前様になってしまいました。

お客様に満足いただけない提案であったため、制作スタッフの社員さんが終電まで奮闘。

先ほど駅まで送って帰ってきました。

明日がデッドラインですから、朝からロケットスタート、フル回転で感性を研ぎ澄まして臨んでほしいものですね。

さて、いよい梅雨らしくなってきましたね。

本格的な梅雨空が週末の日曜日から始まってしまいました。

蒸し暑いと集中力を欠いてしまいがちですから、こまめな水分補給等、体調管理には気をつけたいものですね(先日の激辛事件がありますので、全然説得力がありませんが・・・汗)

さて、そんな先日の日曜日、激辛のダメージも感じながらも、朝から岐阜に行って参りました。

目的は、空手道場体験。

お仕事でご縁をいただいたSさんが館長を務める国際総合空手道連盟・正濤館さんへ入門体験してきました。

押忍!

ちぇりーさん、体験とはいえ、本格的に空手に触れるのは初めてでした。

約2時間の体験でしたが、久しぶりに目一杯体を動かすことが出来、空手道のド真剣さに触れることが出来、大変有意義でしたね。

型を覚えるまでにはいきませんでしたが、おかげさまで肩こりから開放され、良い感じです(あちこち身体は痛いですが・・・苦笑)。

ちなみに岐阜は知る人ぞ知る空手の盛んなところで、世界チャンピオンも多数輩出している、空手の聖地とも言うべき土地柄なんだそうです。

ちぇりーさん、相変わらず知らないことばかりでしたが、そんな聖地で空手道に触れることが出来、ツイてるモードに気をよくしてしまいました。

押忍!

さて、入門体験の後は、Sさん夫妻のエスコートでオススメのお蕎麦屋さんへ。

d0004717_0232623.jpg


  ここのお蕎麦美味いっす!

d0004717_0235614.jpg


  せいろ900円也!

美濃そばと暖簾に表示してありましたが、いわゆるオーソドックスなお蕎麦だと思います。

十割そばということでしたが、その割にはマイルドな触感。尖り具合が程々で、食べやすかったですね。

近くに足を運んだ際は、是非再訪してみようと思います。

お蕎麦で少しお腹が落ち着いた後は、日本三大大仏に数えられるという岐阜大仏へ。
☆自称ということで、富山の高岡大仏さんも三大と名乗られているようです(苦笑)。

d0004717_0243528.jpg


黄檗宗の正法寺さんというお寺の境内にドスンと構えられた大仏殿。
☆ちぇりーさん、黄檗宗のお寺にお邪魔するも初体験かも。

d0004717_025531.jpg


  フェスティバル・・・カーニバルもあるのかな?

d0004717_0252927.jpg


  ド迫力の大仏さま

江戸後期に建立されたようですが、大仏さんの表情が優しげでユニークでしたね。

d0004717_0255253.jpg


  ホント優しい顔つきです。それにしても凄い耳たぶだなあ・・・

ちなみにこの大仏さん、木製ということで、これもまた特徴的です。

d0004717_0263935.jpg


  断面図も展示してありました

一見の価値はあると思いますので、お近くにお越しの際は是非大仏さんを拝んであげてください。
☆ちなみに拝観料は大人200円也。

大仏見学の後は、岐阜の古い町並みを車窓からご案内いただきながら、岐阜駅まで送っていただきました。

すっかり、お世話になってしまったちぇりーさん、この恩返しは仕事を通じてしっかりサポートさせていただくことですね。

S木さん、そして可愛い奥様、ありがとうございました。

また、スケジュールを調整して、体力づくりという意味合いでも、お世話になれればと存じます。

皆さんも一度体験されては如何ですか?

押忍!

ところで、先ほどPGAtourのサイトを確認すると、いつの間にかタイガー3打差です。

あと2つスコアを伸ばしたら、他の選手の自滅でまたまた奇跡の大逆転優勝なんてこともあるかも・・・
☆最悪のTV朝日の中継、今回も呆れるほど酷いですね。酷過ぎてまともに視聴していないのですが・・・ホントマスターズ以外のメジャーはNHKに戻していただきたい・・・プレーから遠ざかってはいますが、一ゴルフファンの切なる願いです

きっと目覚めの頃には最終日の結果が出ていることでしょう!

プレーオフになったらまた翌日持ち越しなのかな?

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-06-23 00:27 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 Avalon

三週間ぶりの音楽ネタです。

今回採りあげるのは、80年代の洋楽アルバムの中でも屈指の出来映え、ちぇりーさん、その昔、無人島レコード(苦笑)の候補に何度もあげたのがroxy music最後のオリジナルアルバム。

d0004717_4431622.jpg


『AVALON』

いやあ、名作ですよね。

AVALONとは、妖精たちが暮らし、現世で役割を終えた戦士たちが休息するという、英国の伝説に登場する幻の島・アヴァロン島。

伝説で有名なアーサー王も、最後の戦いのあと瀕死の体でここを訪れ、今でも目覚めの時が来るまで眠り続けていると言われています。

どこの国にも、ファンタジックな幻想世界伝説はあるのですね。

英国はハリー・ポッターはじめ、この手の話の宝庫かもしれませんね。

さて、音楽の話に戻りますが、その名作『AVALON』の中でも、1曲を選べと言われれば、これになってしまいます。

『Take a chance with me』(ferry/manzanera)

イントロから、かなりヤバイ(表現力が乏しいなあ・・・汗)ことになってます。

歌詞はこんな感じです。

As they say, two can play
But keep that song away from me
In my time too much love
Has made me sad for so long

I was blind, can´t you see
Through the long lonely night
Heaven knows, I believe
Won´t you take a chance with me

Sometimes I get so blue
People say i´m just a fool
All the world, even you
Should learn to love the way I do

I was lost, can´t you see
Through the long lonely night
Heaven knows, I believe
You can take a chance with me

<対訳:青柳つとむ>・・・CDのライナー・歌詞カードから転載

彼らの言うように 2人でなら演奏出来る
でもその曲だけは僕からは遠ざけといてくれ
僕の人生に 愛はもうたくさんだ
長い間悲しまされてきたものさ

僕は盲目だったよ、君に分かるかい
長い孤独な夜を過ごしていたのさ
僕の信じるものは 神だけが知っているさ
君は 僕に賭けてくれなかった

ときどきは僕だって落ち込んでしまう
誰もが僕のことを間抜け呼ばわりだ
世界中の奴らはみんな、君にしろ
僕のような愛の仕方を学ぶべきなのさ

僕は心を乱していたよ、君に分かるかい
長い孤独な夜をすごしていたのさ
僕の信じるものは 神だけが知っているのさ
君は 僕に賭けることが出来るんだ


カッコイイですよね。

一時期、マジでブライアン・フェリーに憧れたこともありましたね。

Roxy といえば、このアルバムも捨てがたい!

d0004717_4435582.jpg


『HEART STILL BEATING』

Liveアルバムなのですが、あの名作ミニアルバム『ハイロード』に収録されている4曲が垂涎です。

特にjelous guyは逝ってしまいますね・・・

すみません、止まりそうにないので軌道修正します。

先述の対訳ですが、実は歌詞カードの印刷ミス?でワンフレーズ抜けていたんです(苦笑)。

そんな訳で、ちぇりーさん一行だけ訳して、書き加えてみました。

さて、どのフレーズがちぇりーさんの訳なのか、分かる方はコメント欄、もしくは個別メールで連絡下さい。

正解された方には、・・・

正解が届いたら考えますね(苦笑)。

今週は梅雨空のスタートになってしまいましたが、気持ちは常に晴れやかに。

ちぇりーさん、まだまだ役割を終えて体を癒すには早すぎますから!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-06-22 04:44 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 未知との遭遇

昨日のツキイチの全社研修会。

社員さんの会社を真剣に考えている気持ちが伝わってきて、大変有り難かったです。

引き続き取り組むべきことは明確になっていますので、それぞれの役割において実践あるのみですね。

大変な時代は、大きく変わるからこそ。

何もかもではなく、やるべきことを。

どうするのではなく、何のために。

先日、改めて師匠から教えていただいた言葉が頭を過ぎりました。

  世の中の変化以上に成長する。人間には進化か退化しかない。滞留は退化のスタートである。
  ☆成長するものだけが生き残るんですね

  業績が悪くなったときが会社を変えるチャンス
  ☆ピンチは放っておけば大ピンチに。初動を早く、チャンスにしていくんですね

  こういう時代だからこそ、皆が知恵を出していかなければならない
  ☆幸之助翁の“衆知を集める”ですね

  何かを変えるときは、具体的に行動すること
  ☆あれもこれもではなく、一つひとつ、一歩一歩確実に

そして、そこには21世紀型のリーダーシップが求められます。

軸をぶらさず、前進ですね。

さて、その研修会が終わり、ランチは社員さんと一緒にオフィス近くの中華料理店・麗慧(リーフィー)さんへ。

土曜出勤の日は、ほとんど毎回お世話になっている馴染みのお店です。

たまたまオープン7周年記念ということで、ラーメン1杯100円なんてワン・コインセールをやっていましたので大繁盛でしたが、丁度タイミング良く全員一緒に座ることができました。

ちぇりーさんは久しぶりの訪問でしたので、せっかくなら社員さんから相当辛いと噂に聞いていた激辛・四川麻婆豆腐にしようかとメニューを見ていたら、リーフィーママさんが、男ならもっと辛いこんなのにも挑戦したら、と勧められたのが、激辛・四川牛モツ煮込み。

厨房横のお店の壁には、これまでの完食達成者の誇らしげな写真が何十枚も貼り付けてあります。

多い方は7回も挑戦して7回とも完食されているとのこと。

ちぇりーさん、実は辛いモノにはかなり自信がありましたので、少々舐めてかかっていました。
☆それに何十人も達成者がいるということも背中を押された要因でした。

結果は・・・

いやあ、あんな辛いモノ初めて食べましたね。

牛モツは8時間ほど煮込んであるというだけあって柔らかくて美味しいんですが、ソースとネギが絡むともう大変です。

付け合わせのキャベツとサービスで出していただいたライスも何の援護射撃になりませんでしたね。

それでも、ちぇりーさん30分以上かけて何とか完食。

d0004717_6541420.jpg


途中、涙目と鼻をぐしゃぐしゃにしながら何度か記憶を失いかけ、意識が遠く朦朧としてしまいましたが、とにかく意地とプライドで?ゴールまで辿り着きました。

四川料理恐るべし。中国を侮ってはいけませんね。

男性社員さんの賞賛の目と女性社員さんの呆れた表情が印象的でした。

店員さんも、ホントに完食しちゃったよといった眼差しでしたね(ということは如何に失敗者が多いかという表れですね)。

完食記念に、平らげたお皿を前に舌をぺろりんと出したちぇりーさんの表情を、リーフィーママさんが撮影してくれました。

来週以降、店内に掲示されるようです。

ところが、地獄の苦しみはこれだけでは終わりませんでした。

というか、ほんの序章でしたね。

身体の異変を感じ始めたのは13時半頃。

それまでも胃の周辺部からボディーブローを感じていたちぇりーさんでしたが、急にストレートパンチやアッパーカット並の津波が襲ってきました。

とても立っていられなくなり、応接室の床を呻きながら転げ回ることに。

なんとしばらく気を失っていたようです。

ホント阿呆ですねえ・・・

昨日睡眠と食事が大切なんて言ってたばかりなのに、ホント恥ずかしいですね。

胃の周辺へのパンチは、15時過ぎから治まり始めましたが、続いて腸の方が・・・涙

いやあ、さながらお笑い芸人の罰ゲームのようでしたが、若手芸人さんの苦労を垣間見る思いでした。

ちぇりーさん、今回の件で、たくさんのことを学びました。

まず、謙虚さが足りませんね。

これくらいなら大したこと無いだろうという驕った気持ちが大失敗でしたね。
☆以前、辛いことでは有名な名古屋市港区にある四川料理屋さんの火の出るような麻婆豆腐を完食した成功体験が調子に乗った一因だったかもしれませんね。
そして直感力が欠けていること。

雰囲気で身の危険を感じなければいけませんね。

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ。

今回のリーフィーさんの激辛メニューの過去の完食成功率をリサーチしてからチャレンジするべきでした。
☆店員さんの驚いた表情から、おそらく成功率はかなり低いのだと思います。

皆さんも、未知との遭遇にはご用心。

それにしても心配なのは、昨晩、小さいほうのトイレの際、汚い話で恐縮ですが、尿が通過する際、管に焼けるような刺激が走りました。

こんな経験初めてでした・・・涙

これから向うトイレが怖い・・・

せめてもの救いはウォシュレットで良かった・・・苦笑

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-06-21 06:20 | Comments(0)