自動車保険配布スキンパーツ1 <   2009年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 4行日記宣言文

本日は1月最終日。

先日、新年を迎えたばかりと思っていたら、もう12分の1を過ごしたのですね。

振り返ってみると、あっという間の中にも、いろんなことがありました。

もちろん、やり切れていないことも多いのですが、1年前より、また2年前よりはましになっているような気がします(甘い評価ですかね・・・汗)。

先ほどまで、朝のルーティンとなっている、朝日記に取り組んでいたのですが、2005年の10月から始めましたので、これももう4年近く続いているんですね。

朝日記についての詳細は、また別の機会にさせていただきますが、ちぇりーさん、同じタイミングで、4行日記というのも始めています。

こちらは、一日の締めくくりに(就寝前が望ましいですが、爆睡して、翌朝になってしまうこともしばしばですね・・・苦笑)、取り組んでいるものです。

1行目に、本日経験した事実。

2行目に、そこから得た気づき。

3行目に、そこから得た教訓。

4行目に、明日へ向けてのポジティブな宣言文。

4行日記については、書籍もいろいろ出ているようですが、実はちぇりーさん、ネットの記事で見つけて、たった4行だから、これなら自分にも続けられそうだと、軽い気持ちで始めたものなんです。
☆ちなみに、その関連書籍は1冊も読んでいないのですが・・・我流ですね・・・汗

4行日記は、フランクリン手帳に書き込みスペースを確保し、最後の宣言文だけ、朝日記に転記していますので、先ほど1月の最終日だからいい機会だと、この3年間の宣言文を振り返ると、こんな感じでした。

2006年1月31日  私は緩急をコントロールできます

2007年1月31日  私は行動で縁と恵みを活かします

2008年1月31日  私は明るく楽しく元気よく幸せに暮らします

朝日記だけでは、何の気づきから、こんな宣言文が飛び出したのかわかりませんが、なかなか面白いものです(超自己満足ですね)。

この宣言文のルールは、必ず“私は”で始め、必ずポジティブな内容で、最後は言い切ることなんですね。
☆これも我流ですかね?

2009年1月31日、本日はどんな宣言文で締めくくることができるか、朝からワクワクですね。

酔っ払って爆睡していたりして・・・汗

はい、本日もポジティブにいってみましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-01-31 05:50 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 冬の色

昨日、移動中にNHKラジオから流れてきた、懐かしいメロディ。

お~、百恵ちゃんじゃないですか。

曲は、『冬の色』。

いや~、この時代の百恵ちゃん、意味深な歌詞ばかりですよね。

この曲も、15歳の女の子が歌う内容じゃないですよね。

初期の曲は、ほとんど千家和也さんが作詞されているのですが、ある意味凄い世界です。

21世紀を生きる女性には、理解不能でしょうね。

ちぇりーさん、この曲が流行った頃は、まだ小学3年生?だったと思いますので、ウブだったせいか、百恵ちゃんの歌はいま一つ抵抗がありました。

ところが、40超えると、これが何とも言えず良いんですねえ。

CDとか、持っているわけではないのですが、昨日のように忘れた頃にラジオとかから流れてくると、ついつい口ずさんでしまいます。

ちなみに、この『冬の色』百恵ちゃん自身、初のナンバーワンシングルのようですね。

  あなたから許された口紅の色は
  からたちの花よりも薄い匂いです

なんとも文学的な表現ですよね

  いつでもあなたが悲しい時は
  私もどこかで泣いています
  恋する気持ちに疑いなんて
  はいれる隙間はありません

このあたりは理解不能な世界でしょうねえ・・・苦笑

  あなたからいただいたお手紙の中に
  さりげない愛情が感じられました

お手紙ですからね・・・笑・・・でも良いなあ

  倖せのほしくないぜいたくな恋は
  世の中にめずらしいことなのでしょうか
  突然あなたが死んだりしたら私もすぐあとを追うでしょう
  恋する気持ちにためらいなんて感じる時間はありません

当時の男性陣は、これでイチコロだったんですね・・・阿呆やなあ・・・笑

  あなたなら他の子と遊んでるとこを
  見つけても待つことが出来る私です

これは男性にとって都合が良すぎますね。

まあ35年前の世界ですから、日本も変わったということなのでしょう。

でも、歌詞の内容はともかく、この曲が流行っていた頃の良い面を、相当置き去りにして
いるような気がしているのは、ちぇりーさんだけではないような・・・

時代が移り変わっても、曲げてはいけない、変えてはいけない原則を、しっかり見つめなおし、実践したい。

そんなことを、とってつけたように感じるちぇりーさんです。

う~ん、それにしても今朝は与太話?

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-01-30 05:13 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 急がば、回るな!

昨日の日経一面のコラム“春秋”の題材は、今をときめく石川遼選手。

マスターズ出場から、球聖ボビー・ジョーンズの28歳での競技ゴルフ引退に話は弾んでいきますが、晩年のボビー・ジョーンズは、難病の脊髄空洞症を患ってしまい、車椅子生活を余儀なくされてしまったことは、あまり日本のマスコミでは語られないようですね。
☆このあたりは、夏坂健さんのエッセイ「われらが煌めきのボビー・ジョーンズ」を思い出しますね・・・涙・・・夏坂さん、来年の1月でご逝去されてから10年なんですね・・・ちぇりーさん、ゴルフから離れてしまって数年経ってしまいましたが、ゴルフはもちろんのこと、人間としても未熟さを痛感する今日この頃です・・・汗

おっと、話題は石川遼選手でしたね。

面白かったのは、石川選手の座右の銘はブログの名前にもなっている「イソガバ、マワルナ!」とのこと。

ちぇりーさん、これは、と刺激になりましたね。

ちぇりーさんなりに解釈してみると、

  成長に、近道なし!王道を進め!

ということでしょうか。

王道というのは、感謝の念を持って、構想を立て、やるべき事に愚直に取り組み、一つひとつ結果を積み上げていくこと。

石川選手の努力は技術・体力面だけでなく、精神面でも相当なものがあると感じています。

初めて、哲人を感じさせる日本のトッププロですね。

嫌いなものがしいたけというのは、まだまだ微笑ましいですが。

それにしても、石川選手、大きく見えます。

プロフィールによると、身長は173センチとのことですから、そんなに大きくないんですよね。

身体のバランスを維持しながら、タイガーくらいの体躯を身につければ、メジャー制覇も夢じゃない。

後は、ゴルフの歴史を語れるようになったら、最高ですね。

そんなことに思いを馳せていたら、夏坂さんのエッセイで学んだことを思い出しました。

  飛距離が自慢の幼稚園

  スコアにこだわる小学生

  景色が見えて中学生

  マナーに厳しい高校生

  歴史が分かって大学生

  友群れ集う卒業式

☆ちぇりーさんの場合、小学生の途中から不登校状態ですね・・・涙

☆中学生といえば、土日の受験、ともに花が開きましたね。やるもんだなあ。
メインは、今度の日曜日ですから、この波に乗って合格を勝ち取ってほしいものです。

ゴルフに限らず、すてきなご縁に恵まれて余生を過ごせることができるよう、日々新たに生ききりたいものですね。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-01-29 05:36 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 毎日がお正月

それは、お客様からの情報でした。

先週、お世話になっているO様からのメールの追伸として記されていました。

  ※今、NHK教育テレビで毎週火曜日の夜、松下幸之助の特集の
  番組がありますが、ご覧になっていますか。スケールの大きさ、
  人間の大きさにただただ感動しています。

早速NHKのサイトで調べてみると、既に全3回のうち2回が終了。

あら、残念と思っていたら、1週遅れで、何と早朝5時過ぎから再放送をやっているではないですか!

これなら第2回目から、追いつくことが可能ということで、昨日早朝は第2回、昨晩は第3回と、楽しませていただきました。

紹介されていたエピソードは、知っていたことばかりでしたが、時折流れる幸之助さんの肉声は見る(聴く?)価値十分でしたね。

第2回では、「巨耳の人」ということで、偶然にも昨日当ブログに登場していただいた語り部の北康利さんが、幸之助さんの情報収集能力と部下の活かし方について、アツク伝えられていました。

ちぇりーさん、収穫としては、「水道哲学」を語られ、「創業命知の日」と位置づけられた「第一回創業記念式」の式典会場となった堂島中央電気倶楽部の映像を初めて見ることができたことでしょうか。

まだ、残っているんですね。

整然と並べられたパイプイスが印象的でした。

夜の部の第3回は、「日に新たに」。

幸之助さんの言葉でも特に有名ですよね。

3年前に朝のルーティンにしていた、PHP文庫の『松下幸之助「一日一話」仕事の知恵・人生の知恵』を改めてとりだすと、ありましたありました。

5月4日ですね。

  「日に新たな経営を」

  ・・・・・・時代とともに改めるべきは改めていかなければならない。
  その時どきにふさわしい日に新たな経営があってこそ、正しい経営理念も永遠の生命を持って生きてくるのである。

な~るほど。

調子に乗って、『道をひらく』を取り出してみると、これにもありましたありました。

  「日々是新」

  年があらためれば心もあらたまる。心があらたまればおめでたい。
  正月だけがめでたいのではない。心があらたまったとき、それはいつでもおめでたい。
  きのうもきょうも、自然の動きには何ら変わりはない。照る陽、吹く風、みな同じ。
  それでも心があらたまれば、見るもの聞くものが、みな新しい。
  年の始めは元旦で、一日の始めは朝起きたとき。年の始めがおめでたければ、朝起きたときも同じこと。
  毎朝、心があらたまれば、毎日がお正月。あらたまった心には、すべてのものが新しく、すべてのものがおめでたい。
  きのうはきのう、きょうはきょう。きのうの苦労をきょうまで持ち越すことはない。
  「一日の苦労は一日にて足れり」というように、きょうはまたきょうの運命がひらける。
  きのうの分まで背負ってはいられない。毎日が新しく、毎日が門出である。
  日々是新なれば、すなわち日々是好日。素直で謙虚で、しかも創意に富む人は、毎日が明るく、毎日が元気。
  さあ、みんな元気で、新しい日々を迎えよう。

まさに朝のスタートに相応しい、力強く、爽やかな言霊ですね(笑)。

はい、本日も、

  明るく楽しく元気よく爽やかに

いってみましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-01-28 05:30 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 国を支えて国を頼らず

まだ二次補正、成立しないみたいですね。

リーダーシップの欠如の表れでしょう。

そんな悠長なことやってる場合ではないような・・・

さて、昨日のオバマさんの演説ネタ、同じタイミングで師匠も話題にされていてビックリしました。

と言いますか、同じ話題を取り上げていたということが嬉しかったですねえ。

内容は、師匠の足下に及ぶべくもなく月とスッポンですが(師匠は濃いですよ~)、素直に朝から舞い上がってしまったちぇりーさんです。

そんな訳で、しつこく同じ系統のネタということで・・・苦笑

昨日は、オバマ大統領から、ケネディ大統領、そして上杉鷹山という流れだったのですが、その間に肝心な方がいらっしゃいました!

はい、福沢諭吉さんですね。

ちぇりーさん、年末に42歳にして初めて『学問のすゝめ』を読了したという話をカキコしていましたが、何というタイミングか、年が明けて届いた致知2月号には福沢諭吉さんに関する記事が掲載されているではないですか!

求める者は、ご縁を掴むチャンスをいただけるわけですね。

ご縁といっても、教養のご縁ではありますが(笑)。

『国を支えて国を頼らず』

現代人に最も必要な意識だと、作家の北康利さん(早く『同行二人』が読みた~い)は声高に投げかけてくれます。

  国が悪いから国民も堕落するのだと考えるのではなく、一人ひとりがしっかりすれば、一人ひとりが「独立自尊」を考えれば、一人ひとりが「立国は私なり」という思いを抱いていけば、その集合体である国家は、必然的に自立した品格あるものになるはずです。

  いまのマスコミは、国民の感情を煽るように、国が悪いんだ、政治家が悪いんだと主張していますが、その中で「あなたたち国民がしっかりしなければ」と訴えるメディアはどこにも見あたりません。

  諭吉は生前、「この人民ありて、この国家あり」と言いました。すなわち、人民がこの程度のレベルだから、国もその程度のレベルなのだと。・・・・・・

ちぇりーさんも、全くその通りだと思います。

いつも言うことですが、そもそも選挙に行かない輩が多すぎます。

知らない間に、とんでもない国になってしまわないように。

とんでもない世の中にしてしまわないように。

そんな意味で、年明けに読んだ『虚像(メディア)の砦』の印象も蘇ってきましたね。

報道されるニュースが大本営発表だったら・・・

あの五木寛之さんは、終戦を迎えた平壌で、支持通りに留まっていたら、進駐してきたソ連軍にいいようにされ、愛する母を失ってしまいました。

そんなことにならないためにも、時間を確保して学びを続けなければなりません。

そして何が正しい情報かを判断する軸は、人間関係、信頼できるネットワークですね。

それで、しくじっても後悔しないでしょう!

最後に、北康利さんが致知誌面で紹介されている福沢先生の言葉を紹介します。

  「この程度の国民だから国家もこの程度なのだ。学問をしろ、馬鹿者どもめ!」

おっと、もう一つ追加ということで。

これは北康利さんの有り難いお言葉です。

  ・・・・・・人間は自分のために一所懸命生きると時に崇高になるのではありません。周りのため、人のため、国のためになろうと思った時に、初めてそこに徳が生まれ、品格が生まれてくるものだと思うのです。

ちぇりーさん、一からやり直しですね。

はい、始めるのに遅すぎることはないということで。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-01-27 04:47 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 リーダーの言霊

初めて、じっくり読みました。

オバマ大統領の就任演説。

一昨日の日経朝刊8・9面を割いて、全文対訳で掲載されていました。

いやあ、カッコイイですねえ。

力強いっすねえ。

流石、スピーチライターを使ってるだけありますね(笑)。

記事によると、オバマ大統領の演説は、大統領選に名乗りをあげた2年前から、27歳のジョナサン・ファブロー氏が執筆されているそうです。

若いのに凄いですね。

大統領の演説ともなると、その生い立ち、バックグラウンド、経験、志、人柄、人間関係等、全てのキャラクターを熟知して、如何に効果的に国民に伝えることができるかということを考えなければいけませんから、ある意味大統領以上に政治通、人間通でなければいけないと思うのですが、27歳とは驚きですね。

もちろん大統領職を演じきり、言霊として伝えるオバマさんの能力も凄いのですが、本当の闘いはこれからですよね。

零細企業経営者のちぇりーさん、当たり前ですが、スピーチライターを雇うことはできませんので(というかする必要もない?)、今後も心の中から湧き出た言霊を発信していきたいものです。

今回のオバマ大統領の演説で印象に残ったフレーズは、こんなところでしょうか。

  想像力が共通の目的と結びつき、必要性が勇気と交わったとき、自由な男女が何を達成できるかを忘れている。

  先人らがファシズムや共産主義にミサイルや戦車だけでなく、強固な同盟と永続する信念で立ち向かったのを思い起こしてほしい。

  我々の安全は、大義の公正さ、模範の持つ力、謙虚さと自制がもたらす静寂から生じるものだということも知っていた。

  我々はこの遺産の守護者だ。

  世界が変わったため、我々もそれに合わせて変わらなければならない。

  我々が立ち向かう挑戦は新しく、それに立ち向かう手段も新しいかもしれない。しかし我々の成功の礎となる価値観は古い。それは誠実さと勤勉、勇気と公正、寛容さと好奇心、忠誠心と愛国心などだ。これらは普遍の真理である。

  いま求められているのは新たな責任の時代だ。

  希望と美徳によって、氷のように冷たい流れにもう一度勇敢に立ち向かい、いかなる嵐が訪れようとも耐えようではないか。

それにしてもアメリカの政治家の言葉って重みがありますよね。

ワシントン、リンカーン、ルーズベルト、キング牧師、ケネディ・・・

『悪の枢軸』なんて言葉で有名な方もいらっしゃいますが・・・

中でも、やっぱり印象的なのは、ケネディ大統領でしょうか。

  ・・・And so my fellow Americans,
  Ask not what your country can do for you.
  Ask what you can do for your country.
  My fellow citizens of the world
  ・・・Ask not what America will do for you,
  but what together we can do for the Freedom of Man.

  ・・・そして、わが同胞のアメリカ人たちよ、
  あなた方の国があなた方のために何をしてくれるかではなく、
  あなた方があなた方の国のために何ができるかを問おうではないか。
  わが同胞の世界の市民よ、
  ・・・アメリカがあなた方のために何をしてくれるかではなく、
  われわれと共に人類の自由のために何ができるかを、問おうではないか。

いや、いつ読んでも、あの名調子が木霊しますね~。

  あ~すく、のぅっと!

そういえば、ケネディ大統領が敬愛した政治家として有名なのが、財政窮乏の米沢藩を立ち直らせた上杉鷹山。
ちぇりーさん、30過ぎまで詳しく知りませんでしたが、青年会議所活動を通じて東海市とご縁が深まって初めて、細井平洲先生との繋がりから興味を持つようになりました。

ケネディ大統領の有名なスピーチの原典?は、鷹山公の下記の言葉にありそうですね。

  国家は、先祖より子孫へ伝え候国家にして、我私すべきものにはこれなく候
  人民は国家に属したる人民にして、我私すべきものにはこれなく候
  国家人民の為に立たる君にて、君の為に立たる国家人民にはこれなく候

  ・・・上杉鷹山『伝国の辞』

上杉家の家訓という話もありますが、どうなんでしょうか。

そして鷹山公といえば、

  為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり

というのが決定打でしょうか。

うわ~、キリがありませんから、この辺で止めておきますね(苦笑)。

つまるところ、一人ひとりが自覚と意識を持って、役割を全うすること。
☆難しいんだな、これが!

はい、氣を高めて今週もスタートです!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-01-26 04:57 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 快挙!

8年ぶりの横綱決戦。

白鵬にも意地がありますね。

この決定戦が終わるまでにカキコが間に合うかなあ・・・

さて本日の日曜日は、久しぶりにどっぷり娘と丸一日過ごすことができました。

昨日から始まった受験本番ですが、その昨日はママさんが付添い、そして本日はちぇりーさんが付添いということで、朝から二人で試験会場へ。

昨日は第3希望、本日は滑り止め?という位置づけでしたが、本日の方が全然難しかったようで、教室から戻って来た時は“超ムズイ、超ムズイ!”と連呼していました(苦笑)。

結果は、火曜日(本日分)、水曜日(昨日分)と出てきますので、まあ果報は寝て待てということで(どうなることやら)。

ところで、本日の受験生は学校側の発表によると643名。両親で付添いに来られている家族もいましたので、約700名の保護者が講堂に集合したのですが、ちぇりーさん、朝から顎を外してしまいました。

学校側から本日の予定についてガイダンスが始まる際、当然のように担当の先生が、

「皆さん、おはようございます。」

と挨拶をされたところ、何と

「おはようございます」

と挨拶を返したのは、ちぇりーさん唯一人だったんですよ(蚊の鳴くような声があったのかもしれませんが・・・)。

これって、教育以前の問題では・・・涙。

公立中学の教育環境・レベルの低下が叫ばれていますが、その前に挨拶もまともにできない保護者はどうなんだろうと、朝から考えさせられました。

う~ん、何だか最近、愚痴っぽいなあ・・・加齢のせいだったりして・・・汗

さて、帰りに回転寿司で腹ごしらえをして、土日とそれなりにプレッシャーに耐えた娘と久しぶりに楽しもうと、帰宅してから二人で庭代わりの緑地公園へ出かけてきました。

もう梅が咲き始めているんですね。

d0004717_184188.jpg


☆紅梅(ちぇりーさん撮影)

d0004717_1842091.jpg


☆白梅(娘撮影)

バドミントン、ゴーカート、パターゴルフ、お散歩と冬の緑地公園を満喫してきたのですが、あんな快挙を目撃することになるとは!

パターゴルフ・コースに到着したのが受付終了時刻の数分前ということで、ハーフ9Hしか受付してもらえませんでしたが、その分集中力を発揮したのか、午前中の入試のフラストレーションが爆発したのか。

なんと、娘は、ホールインワンを達成!

d0004717_1853717.jpg


☆得意げな娘

しかも3番ホールと6番ホールの2ホールで!

しかもあがったスコアがちぇりーさんと同グロスの28打。

d0004717_1862326.jpg


☆証拠のスコアカード!マジ凄いなあ・・・

パー30ですから2アンダーですよ!

最終ホール、何とか追いついてオヤジの面目を保つことができましたが、最後の60センチのパットは痺れましたね。

本人も相当嬉しかったようで、ゴーカートの助手席を許してくれました。

d0004717_1865697.jpg


☆幼稚園以来かも・・・苦笑

おっと、優勝決定戦が始まりました。

お~、朝青龍、勝ちましたね。

勝負強いですねえ。

1週間後の2月1日は、娘にとって本命の入試ですから、少し実力より上の志望校になりますが、勝負強さを発揮してほしいものですね。

それにしても、麻生さん、表彰状を読み間違えなくて良かったですね。

本日一番の快挙だったりして。

はい、今から楽しい夕食の時間です。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-01-25 18:07 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 クリフォード・ロバーツ氏を御存じですか?

マスターズ出場正式決定!

主催者発表されましたから、本当に大丈夫そうですね。

史上2番目の年少出場とのこと。

上には上がいるんですね(苦笑)。

それでも、石川選手、USツアーに出場したことのない選手が招待されるなんて異例中の異例でしょうね。

ティーンエイジャーですから、おそらく地元のマスコミもかなり注目して扱うのではないでしょうか。

でもせっかくの機会ですから、石川選手にはオーガスタを楽しむ余裕を持ってプレーして欲しいものです。

ある意味、失うものは何もないわけですから!

それにしてもシンデレラストーリーという表現は語弊があるかもしれませんが、こんなに早くマスターズに出場できるなんて、おそらく本人が一番ビックリしているのではないでしょうか。

日本のゴルフ界も、本当の意味で新時代到来を象徴する出来事になれば良いなあと思っています。
☆ちぇりーさん自身、ゴルフから離れてしまっていますが・・・

マスターズといえば、こちらの本が印象的でしたね。

d0004717_5553310.jpg


『オーガスタ―知られざるマスターズの素顔』
スティーブ・ユーバンクス著 赤野間征盛訳 ベースボールマガジン社


10年以上前に読んだ本ですが、あまり一般には?紹介されていない濃いエピソードが満載です。
☆表紙カバーの小窓がいい感じです。

オーガスタの創設者である、ボビー・ジョーンズ、アリスター・マッケンジーは有名ですが、マスターズ・トーナメントの権威を上げた立役者、クリフォード・ロバーツについては、日本ではほとんど語られることはないですからね。

ゴルフ本好きにとっては、堪えられない1冊だと思います。
☆少し割高なのが玉に瑕ですが・・・\2,625也~

そういえば、ここ数年、新書版のゴルフ本がたくさん出版されてますね。

ちぇりーさん、ほとんど読んでいないのですが、先日本屋さんで前述のベースボールマガジン社から、摂津茂和さんの『不滅のゴルフ名言集』が3分冊・新書版で書棚に並んでいたのには驚きました。

良い時代になりましたね(笑)。

何事もバランスが大事ですが、日本のゴルフの場合、あまりにもその歴史や伝統に対する敬意が欠けすぎていると感じています。

こじ付けかもしれませんが、ちぇりーさんがゴルフから離れてしまったのは、ラウンド中に携帯電話を持ち込む輩が出てきたことも大きいです。
☆初心者以外は6インチプレース(リプレースじゃないですよ!)やめましょう!コース保護が目的とは思えません。

そんなにまでしてゴルフやらなければいいのに・・・
☆ちぇりーさんの場合、熱が入っていた頃は、前夜からプレー終了後、御一緒した方と別れるまで、適度な緊張感を持って楽しむことが魅力でした。間にランチを挟むのは論外、腹が減ってはというなら、軽い麺類で十分でしょう!アルコールなら、冬場限定で体を温める目的で、ウイスキーが入ったスキットルを忍ばせるのが粋と感じるのはレトロなんでしょうかねえ・・・

すみません、ついつい愚痴っぽくなってしまいました。

新書から触れることで、読むゴルフの楽しさに多くの方が気づいてくれることを、願います。

願いといえば、本日から娘の受験が始まります。

ヒトミさんのご子息は、既に終えられたとのこと。

東海地区は比較的遅めのスタートなんですね。

本日は、本命ではなく腕試し的要素が強いのですが、実力を発揮して合格を勝ち取ってほしいものです。

その娘はテーブルで、ルーティンとなった朝の勉強中。

元気つけて、送り出してやりましょう!

いざ、出陣!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-01-24 06:00 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 祝、マスターズ出場!

石川遼君、マスターズ出場へ!

快挙ですね。

ゴルフに対するひたむきな姿勢がマスターズ委員会の心を動かしたのか、水面下のロビー活動(失礼しました)があったのか、わかりませんが、とにかく明るいニュースです(笑)。

過去には日本ツアーの賞金王になっても招待されなかった事例がありましたので、正式に招待状が届くまで分かりませんが、まず間違いないでしょう。

あのタイガーウッズでさえ、初めて出場したのが19歳でしたから。

石川選手の今回の意義は、とにかく出場すること。

優勝争いなんてのはちょっと絵空事に近いですが、予選通過、16位タイ以内なんて結果を残したら、大騒ぎですよね。

近い将来は、USツアーで活躍することが想像されますが(その前に、今後ツアースポンサーがどれだけ付くのか心配ですが・・・)、世界のゴルフファンにその爽やかな魅力を伝えていただきたいものです。

さて話は変わって、一昨日のダブルヘッダーの前半戦。

参加したのは、某大手生命保険会社主催の『お客様感謝の集い』。

ちぇりーさん、契約者じゃないのですが、青年会議所の先輩が外交員をやられているので、そのご縁で参加させていただきました。

ツイてる!

乾杯のご発声を兼ねて、お客様代表として税理士さんがスピーチをされたのですが、話題はオバマ大統領一色(笑)。

  ミッシェル婦人の堂々とした振る舞い

に始まり、締めは、

  オバマ大統領のスピーチから、一国の運営も企業経営も同じで、

  課題をしっかり受け止めて、個の力を結集すること

と結論づけられていました。

同感ですね。

その税理士さんの顧問先のあるプレス工場は、売上にあたるパンチ数が、トヨタショック以降、前年同月が240万パンチだったのが、今年は40万パンチ。

売上が6分の1になったということですね。

お隣でご一緒させていただいた工作機械メーカーの下請け会社の方のお話によると、受注が半分の落ち込みなら、全然良い方とのこと。

これは深刻です。

確かに、石川選手の明るいニュースの一方で、今朝の日経の一面を眺めると、

・日銀見通し 2年連続マイナス成長

・トヨタ、海外で正社員削減

・ソニー、営業赤字2600億円

・米住宅着工件数、最低に

・米マイクロソフト 社員5% 5000人削減

と暗いニュースばかりで、朝から、嫌になっちゃいますね。

景気は『気』ですから、マスコミさんの重要な役割として、良い『気』を後押しして欲しい。

そんなことを感じる今朝のちぇりーさんです。

気づけば、本日は金曜日。

明日は、娘の最初の受験校の本番です(笑)。

実力が発揮できますように!

はい、ちぇりーさんも、自ら良い『氣』を発信できるよう、氣合い入れて発進!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-01-23 07:44 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 やっぱり飲み過ぎ?・・・汗

いやあ、今朝は苦しかったです。

昨晩は久しぶりのダブルヘッダーということで、出かけてきたのですが、二日酔いで通常通り起きることができませんでした。

弱くなりましたね・・・

何とか朝礼の10分前にはオフィスに到着しましたが、いつもより一時間半は始動が遅れてしまいました。

反省!

少し疲れ気味だったのは確かなので、抑えたつもりだったんですが。

乾杯ビールに赤ワインをグラスに3杯。

河岸を移して、日本酒しぼりたて3杯、お店のオススメ日本酒1杯、泡盛ロックトリプル・・・

あれ、やっぱ、少し飲み過ぎかな・・・汗

猛省!

そんな中でも、午前中はプレゼンがありましたので、身体に鞭打ってお客様先へ。

鞭打った甲斐あってか、大変良いお話しになりました。ツイてる!

午後は、MDM研修・商売繁盛セミナーに参加した後、営業のM君と合流して、お客様訪問。

時間待ちには飛び込み営業してみたりと、なかなか充実した一日でした。

飛び込みをして感じることですが、やはり営業というのは、招かざる客なんだということ。

そんな中でも、本日おうかがいさせていただいたオーナー様は、丁寧に応対いただけ、人柄を感じました。

ちぇりーさんも、社内のスタッフに伝えていることは、飛び込み営業の方が来社されても、決して邪険に対応しないでということ。

もちろん、無駄な時間を使うことはありませんが、アプローチ方法に気づきがあったり、反面教師にしたりと、学びは有るモノですし、とにかく笑顔で応対してあげれば、その営業の方も心が折れずに済みますから。

訪問する姿勢としては、こんな有益な情報をお届けに参りましたということですね。

今朝の朝礼でも社員さんに伝えさせていただいたのですが、どこからご縁が繋がるか分からないのが世の中というもの。

はい、明日もすてきな笑顔を届けていきたいモノですね。

週末は冷え込みが厳しいようですから、皆さん引き続きご自愛ください。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2009-01-22 18:34 | Comments(0)