自動車保険配布スキンパーツ1 <   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 バカポジティブ

昨日ご紹介したポジティブ人間のSさんに触発されたわけではないのですが、今鞄に忍ばせている1冊が、タイトルにもある関根勤さんの『バカポジティブ』
☆実は、3冊並行で読書中なんです。ちなみに他の2冊は、浜口隆則さん、もう1冊が中村俊輔さんです。

軽快なタッチで、読みやすくて、それでいて『な~るほど』と思わせられたりと、イイ感じですねえ。

ちぇりーさん、まだ3分の1ほどしか読んでいないのですが、ページをめくりながらツイツイ顔がほころんでしまうのが自覚できます(笑)。

エピソードに準えて、ポジティブなマインド法則が41個紹介されているのですが、

法則3  自分が言われたらイヤなことは、他人に言わない
法則4  生きているだけで素晴らしい
法則5  物事は肯定から入ろう
法則6  人をホメる人は、人からもホメられる人
法則8  トラウマも、その後の人生の糧となる
法則10 失敗を恥じない

なんて調子で、見出しタイトルだけ見ると堅そうな感じなのですが、必ず笑えるネタが仕組まれている?んですよ。
☆法則13の高田順次に学ぶ処世術、なんて最高ですよ(笑)!・・・高田順次さん、ある意味憧れますねえ・・・

そんな中、ちぇりーさんお気に入りが、

法則12 人間関係の基本はあいさつです

というもの。

関根さんが芸能界に入るか入らないかの頃、お父さんの部屋の壁にはこんな言葉が貼ってあったそうです。

「あいさつひとつできない人間が、他になにができる」

関根さん、当時も運動部の縦社会で揉まれていたそうですが、改めてハッとされたそうです。

このエピソードだけですと、何だか堅苦しそうな内容かと思いきや、そこはラビット関根(懐かしいなあ)さん。

後半の展開は、

爽やかなあいさつができると、キャビンアテンダントにモテる

といった感じで、笑わせてくれます。

各法則の結びとして、【裏関根の法則】が記されていて、この法則の場合、

あいさつをきちんとしているのにモテない場合、あなたの笑顔が気持ち悪い可能性大。

しっかり、オチもあって楽しませてくれますね。

ちぇりーさん、課題は、

“あいつは、あいさつだけは一人前だけど、中身がなあ・・・”

なんて言われないように、ステップアップすることですね。

皆さんも朝一番のあいさつを、すてきな笑顔とともにしっかり届けていきましょうね!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-07-31 06:05 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 あと1%の積み重ね

爽やかな朝です。

小鳥ではなく蝉の大合唱ですが(苦笑)。

どうやら今日も暑くなりそうですね。
☆毎日こんなネタばっかしですみません。
 それ以上に、昨日はわけのわからないカキコで失礼しました・・・汗

さて、最近新規事業スタートでお世話になっているSさん。

この方、なかなか楽しい方で、いわゆる超ポジティブ人間なんですよ。

マイナス言葉は、絶対口にしない、というポリシーも貫かれています。

成功本に出てくるモデルみたいな方なんですね。
☆傍から見ても楽しくなりますね。

そんなSさんから、先日うかがったのがこんな話。

  ちぇりーさん、1.00の百乗は何だかわかりますか?

数学嫌いのちぇりーさん、一瞬アレルギー反応が出かかるも、落ち着いて考えれば、な~んだということで、

  1の百乗だから1ですよね。

  そうですね。では、0.99の百乗は?

  (知らねえよ!)いや、わかんないっす(苦笑)!

  (メモを見ながら・・・苦笑)0.99の百乗は、0.37なんです。
  では、1.01の百乗は?

  わかりませ~ん!

  1.01の百乗は、2.7なんですよ。

お~、ここまで聴いて、ちぇりーさん、ようやく“な~るほど!”

1%実行力(努力)の差が、100日経つと、0.37と2.7という数字にも表れるとおり、大きな差となってくるわけですね。

ちぇりーさん、まだまだムラのある自分に冷や汗・・・

そこへいくと、美樹様は、“毎日120%で生きろ!”と言われています。

1.20を100乗したらどんな数字になるかというと、

82,817,974.5

まいりました(笑)!

いやあ、机上の計算ですがこれだけの差を見せつけられると、ワタミの成功も納得ですね。

大切なのは、やはり継続。

継続は力なり。

もちろん、意義あることを“継続”ですね。

ようし、今日も氣を高めて、行ってきま~す!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-07-30 05:54 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 暑中お見舞い申し上げます!・・・冷汗

いきなり街にクーラーが導入されたようです。

昨日の雷雨の後ですね。

10時で既に33度オーバーの時は、こりゃまた37度コースか、と思っていましたが、お昼前から雷鳴を伴って土砂降りシャワー。

おかげで、気温も25度前後。

秋のような陽気でした。

それにしても良く降りました。

よく降っただけならよいのですが、全国各地で豪雨や突風の影響で犠牲者が・・・合掌

このところの酷暑といい、大地震の頻発といい、やはり何かがおかしいと思ってしまいます。
☆連日の通り魔事件もなんとかなりませんかね。

そしてまた今日も蒸し暑かった・・・汗

33度台止まりでしたが、明日以降が思いやられますよね・・・

それにしても、これだけ温度差があると堪えますね。

今日はアルコール抜きにしようかと思っていましたが、冷たいビールの誘惑が・・・

よし、冷蔵庫に冷えていたら飲むことにしようっと。

冷えてなければ麦茶で我慢だ!

な~んて、確か1本冷えていたような・・・苦笑

おっと、そろそろ娘を迎えに行かねば!

皆さん、明日も暑さに負けず頑張りましょう。

う~ん、なんと内容のないカキコだ・・・冷汗

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-07-29 20:51 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 越中おわらの夕べ in 有松

暑いながらも、昨日は雷雨のシャワーがあって、午後からは随分過ごしやすかったですねえ。

とはいうものの、名古屋の最高気温は37.5度。

お昼過ぎのアスファルトの上は、相当なものでした。

市内の雷雨が表すように、大気が不安定で各地で突風による被害が出ているようです。

先ほど、ストレッチしながら、ラジオ深夜便で致知・藤尾社長のアンコール放送を聞いていたのですが、その最中でも、北陸地方に大雨洪水警報が発令されたりと局地的に豪雨が襲っているようです。

夏の積乱雲のパワー、恐るべしです。

さて、昨日途中書きになってしまった年配のがんばりというのは、蒸し暑さがピークと思われた土曜日の夜の出来事。

有松開村400年記念事業『有松おわらの夕べ』です。

ちぇりーさん、仕事を終えてひと休みしてから、3人で出かけてきました。

マンションから歩くこと約15分。

日没後、かすかな明かりが残る旧東海道に、提灯がならび、何とも言えない雰囲気を醸し出していました。

そこへ、本場越中八尾から約40名の踊り子さんとお囃子隊のみなさんが登場。

胡弓と三味線の音色が、何とも幻想的な世界を引き立てていましたね。

写メが撮れなかったのが残念ですが、楽しく見物することができました。
☆富山までは、なかなか見物に行けませんので・・・人口2万人の町に、3日間で約30万人の観光客が押し寄せるようですね・・・

それにしても、あの蒸し暑さの中、皆さん高齢と思われますが、2時間以上踊り続けるとは、凄い体力と精神力ですよね。

実際、名古屋の蒸し暑さにはビックリされていたと思いますが・・・苦笑
☆設営の皆さんもお疲れ様でした。

今朝も外では蝉が鳴き始めています。

暑さに負けず、高校球児ならびに八尾の皆さんから元気をいただきましたので、さらに氣を高めて張り切っていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-07-28 05:10 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 猛暑の中、甲子園決定!

もう、何日続くのでしょうか。

猛暑といっても程があるべきでは。

昨日は多治見で39度。

お隣の東海市は38.4度。

まさに全国で一番ホットなエリアですね。

そんな中、昨日は嬉しいニュースがありました。

東邦高校、甲子園出場!

実はちぇりーさん、あるご縁で、大会前に東邦高校のベンチ入りメンバーの顔写真が入ったオリジナルポスターを制作させていただいていたんです。

メディカルトレーナーの方からの依頼だったのですが、前々から、

今年のチームは本物。

全国制覇も夢ではない。

と、うかがっていました。

高校野球に疎いちぇりーさん、半信半疑で聞いていましたが、甲子園出場で挑戦権はゲットされたわけですよね。

珍しく今年の夏は、甲子園に注目してしまいそうな雰囲気です。

それにしても、この猛暑の炎天下の中、若いとはいえ、相当な体力と精神力を消耗したはずです。

若い者も、頑張ってるなあと、感じるちぇりーさんでした。

一方、年配の方も頑張ってるなあ、と思わされたのは昨晩のこと。

これについては、また続きを、ということで(苦笑)

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-07-27 07:58 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 国語の乱れに「ぶぜん」!

昨日の中日新聞1面にカラー刷りで紹介され、日経社会面にも同様に掲載されていたのが、この記事。

国語の乱れに「ぶぜん」!?7割が誤解 文化庁世論調査

記事によると、

  「ぶぜん」や「げきを飛ばす」の意味を取り違えたり、慣用句も「足元をすくわれる」と間違えたりする人が7割に上ることが、文化庁の2007年度国語に関する世論調査で分かった。調査では、敬語などの言葉遣いを中心に「今の国語は乱れていると思う」と答えた人が約8割を占めた。<中日新聞:08.7.25朝刊・1面>

ということなんだそうです。

調査は2007年に実施されていますので、その乱れは加速しているかもしれませんね。

なんて言う、ちぇりーさんも、恥ずかしながら、記事で紹介されていた言葉、ほとんど誤解していました。

“ぶぜん”、“げきを飛ばす”、“煮詰まる”、“さわり”・・・

ちぇりーさん、これら全て間違った認識を持っていました。
☆皆さんは、わかっていましたか?

“げきを飛ばす”の“げき”は、“激”ではなく“檄”ということは知っていたのですが、言葉の意味を知らないとは、これこそ本末転倒。

かなり恥ずかしいですね・・・涙

それにしても知らないことだれけのちぇりーさん、もっと謙虚にならないといけませんね。

早速昨日、朝のミーティングで、営業さん、制作さんに回覧しましたが、改めて、研修会等でゲーム感覚で楽しみながら、日本語確認テストをした方が良いような。

そんなことを思わずにはいられませんでした。

8月の研修会は、既に企画が決まっていますので、9月あたりに時間を割いて皆で取り組んでみたいですね。
☆8月は超期待の外部講師を招いての特別企画なんです。

そして、ちぇりーさん、この語句や慣用句の使い方の乱れ以上に、なるほどと感じさせられたのが、コミュニケーション能力の低下。

日経の記事によれば、

日本人全般が抱えていると思う課題を複数回答で尋ねたところ「敬語の知識」が42.1%でトップ。次いで「他人の話を正確に聞く力」が36.8%、「相手の立場や場面を認識する能力」が31.6%と、コミュニケーション能力やいわゆる空気を読む力に課題があると答えた人が多かった。
一方、自分自身の課題を聞いたところ「説明したり発表したりする能力」が29.8%で続き、プレゼンテーション能力に自信がない様子がうかがえる。「自分はプレゼンに弱く、他人はコミュニケーション能力が低い」と感じている人が多いようだ。<日本経済新聞:08.7.25朝刊・38面>


とのこと。

これって、メチャ変じゃありませんか?

乱暴に解釈すると、自分はコミュニケーション能力があると思っていて、他人は・・・

自分は自己主張能力をより高めたい、他人は黙ってオレの話を聴け!

という深層心理が浮き彫りにされた結果なのではないでしょうか。

何だか世相を思いっきり反映した調査なのではと、ドキッとしましたね。

ユダヤの諺に、

口は1つしかないのに、耳はなぜ2つあるのか?それは、口でしゃべるより2倍も耳で聞かなければならないから

というものがあると聞いたことがありますが、コミュニケーションの基本は、まず相手の話に耳を傾けることです。

ちぇりーさんも、まだまだ道半ばですが、改めて意識して実践したいですね。

そういえば、7月17日の東井義雄先生の一日一言も同じテーマでしたね。

  <聞くということ>
  
  聞くということは 相手の存在を大事にすること
  
  聞くということは 相手を理解すること


はい、血となり肉となるよう、取り組みます。

そんな一人ひとりの小さな積み重ねが、きっと、明るく楽しく元気で温かい“すてきな”世の中を醸成するのでは、とひらめくちぇりーさんです。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-07-26 12:18 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 1000億ドル札発行

先ほど、Oha4!を見ていたら、麗しの中田有紀さん(笑)が興味深いニュースを紹介されていました。

“1000億ドル札発行!”

子供銀行の話ではなくリアルな世界での出来事。

ジンバブエのハイパーインフレですね。
☆ジンバブエといえば、ニック・プライスですね(笑)。

ちなみに、現在の価値は、米ドル換算で約1ドルとのこと。

日本円で100円というところでしょうか。

それにしても凄まじい状況ですね。

国債とか発行されていたんでしょうか。

もしそうなら、既に紙切れですよね。

ここまで、インフレが進んでしまった原因はよくわかりませんが、借金の額だけで考えてみると、日本はデフォルトに陥ってもおかしくないですよね。

素人考えですが、ジンバブエのようにインフレが進めば、実質借金は棒引き状態?

もちろん、その間に発生する大混乱を想像すると、避けられるものなら避けたいわけですが・・・

“経済は生活”

という言葉を耳にしたことがありますが、

桶屋の話のように、ジンバブエの火種が、世界中に蔓延しないことを祈るばかりです。

それには、桶屋意識ではなく、北川さんの『北京の蝶々』という意識を持って、一人ひとりが自覚ある行動を!

そこに必要なのは、愛国心とプライドと次世代への愛かもしれません。

なんだか、最近のちぇりーさんには珍しい展開になってしまいましたが、中田有紀さんのニュースからそんなことを感じてしまいました。

気づけば、早いもので週末に突入。

今日は朝から健康診断です。

しっかり診てもらいましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-07-25 05:36 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 明るく温かく+楽しく元気よく

東北でまた強い地震があったようです。

どうなっているんでしょうか・・・

被害が最小限におさまることを祈るしかないですね・・・

さて、海の日に虫取りに付き合ってくれた娘。

一昨日から、長いロードとも言うべき夏期講習がスタートしました。

昨日も、朝から通勤電車に揺られて名古屋駅の本部校へ。

ここでは、他の校舎の同級生たちとの他流試合の雰囲気で、かなり緊張を強いられるようです。

その前に、テキストの量が半端じゃないんです。

測ってみたら、ナップサックの重さを含めて約6キロ。

他に、ママさん手製のお弁当を入れた袋と水筒を提げています。

学校のクラスでは一番のチビスケですから、相当な負担です。
☆テキストの持ち運び等、正直このあたりは塾のほうも考えてほしいですね。

二宮尊徳先生もびっくりです。

本部校の授業を終えると、15時過ぎに一時帰宅して、早めの夕食を食べた後、所属している地元の校舎の自習室へ(その日の宿題と格闘しているようです)。

ちぇりーさんが迎えに行くのは21時過ぎ。

昨晩も待っている間、先生と楽しそうにおしゃべりをしていたようですが、こんな夏休みがとりあえずお盆まで続くかと思うと、ちぇりーさん、自身の小学生時代のなんと長閑なことよと思わずにはいられません。

そんな中、駐車場から部屋に向かって歩いていると、娘からなかなか考えさせられるフレーズが飛び出しました。

  “パパやママたちが一番幸せな時代を生きてきたよね。”

何を言い出すやらと思っていたら、彼女の論旨は次のようなものでした。

  ・爺ちゃんや婆ちゃんの時代は、戦争とかあったり、物が不足したりして、大変な経験をしてきた

  ・私たちも地球温暖化や不景気で、暗い世の中を生きていかなければいけない

  ・それにひきかえ、パパやママたちは、バブルの時代を経験して、世の中がドンドンドンドン良くなっていくバラ色の生活を送ってきた・・・『バブルへGO!』の印象が強いんでしょうか・・・

う~ん、なかなか鋭いと思う一方で、我々世代が娘たちに明るい未来を見せてあげられていない、と痛感しました。

小学生ながら、将来に漠然と不安を感じているんでしょうね。

確かに、毎週のように凄惨な事件が発生し、経済状況も暗雲垂れこめて、われわれ大人でさえ心の拠り所を探すことが困難な情勢です。

しかも、大地震をはじめ自然災害のオンパレード・・・
☆小学校では、例のジュセリーノ氏の予言をクラス中が信じているようです。
 東海大地震のXデーは9月13日?
 そういえば、ちぇりーさんの時代は、ノストラダムスでしたね・・・苦笑

こんな時代だからこそ、必要なマインドは、藤原先生がよく使われるフレーズ。

  “明るく温かく”

昨日のインターネットラジオの中でも、お話しされていましたね。

はい、ちぇりーさんは、オリジナルの

  “明るく楽しく元気よく”

いろんなことがありますが、この心持で前進すること。

そして感謝の気持ちを忘れずに!

娘よ、今日も頑張って!

パパも張り切って行ってきま~す!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-07-24 05:28 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 まさかの夏の恒例行事!

週はじめから、こんな時間になってしまいました・・・

夕方過ぎから、地元の歌手協会さん向けに携帯メールマーケティングのプレゼンを終え、夜のお店の視察に足を運んだのが21時過ぎでしたから、仕方ないといえば仕方ないですよね。

同行のM君、お疲れ様でした。

明朝7時のお迎えも、よろしくお願い申し上げます。

さて、前回の続きです。

“パパ、今日なら緑地公園、付き合ってあげてもイイよ”

ポニョ観賞後、速攻でマンションに帰ってきて、ミッドランドスクエア地下のパン屋さんで調達したサンドイッチでお昼ご飯を済ませた直後に飛び出したフレーズ。

一瞬、空耳かと思いました。

“パパ、嬉しいんでしょ?”

“もちろんだよ~♪”

おー、まさか娘から誘ってもらえるとは思いませんでした。

早速、昨年ダイソーで調達した長さ調節機能付き虫取り網と、以前他の百均で調達していた竹製の虫取り網をそれぞれの手に持って、いざ出陣。

幸い、昨日までの酷暑と比較すると、暑いながらも何とか我慢できそうなコンディションでした。

まずは、ウォーミングアップ代わりに、蝉の捕獲から。

肩慣らしに最適なのは、アブラゼミですね。

だって、うじゃうじゃいますから・・・苦笑

暫くすると、ニイニイゼミを発見!

しっかりゲットできましたね。

d0004717_0494354.jpg


はい、いつも通り記念撮影を終えたら、リリースです。

娘も言い出しっぺだけあって、アグレッシブにアゲハチョウと追っかけっこ。

見事に虫取り網でアゲハを捕らえたものの、手で摘もうとすることに失敗。

撮影前に逃げられてしまいました・・・残念!

その後、場所を池の周りに移して、ターゲットをトンボに変更。

いつものポイントでウチワヤンマを発見するも、今回はゲットすることは出来ませんでした。

その代わりにこのトンボを無事捕獲。

d0004717_0504575.jpg


また、今回は新しいポイントを発見し、何とそこではギンヤンマを発見。

ここでは小一時間粘りに粘ったのですが、ジェット戦闘機を思わせるその飛行能力に、為す術がありませんでしたね。

そんな中でも、娘が振りかざした虫取り編みにかすったりと、なかなかスリリングなひとときでした。

d0004717_0512232.jpg


娘の勇姿です・・・笑

新ポイントで十分な成果をあげることが出来なかった、二人はフラストレーション解消のため、以前オタマジャクシを手ですくった野球グランド横の溝川へ。

いました、いました、シオカラトンボ!

ここのシオカラ君は、暑さに弱くバテ気味なのか、娘でも捕れる捕れる。

d0004717_052336.jpg


娘も自力でたくさんのシオカラトンボをゲットすることが出来、ご満悦でした。

ところで、炎天下の中、2時間強、夏の恒例行事を楽しんだ二人でしたが、娘が終始気にしていたことがありました。

それは、学校の友達、特に男子に目撃されるのが嫌みたいなんですよ。

男の子でさえ、虫が苦手なご時世に、女の子が虫取りなんてイメージが崩れるそうなんです・・・爆

知らないうちに、異性の目を気にする年頃なんですね。

ギンヤンマだけでなく、いろんな発見があった、まさかの夏の恒例行事。

夏はまだまだ早いので、今度はキリギリス系は?

と調子に乗ったら、

キリギリスはキモイ!

と一蹴されてしまいました。

それにしても、緑地公園は意外に甲虫を見かけませんねえ。

一度、研究してから再訪してみようかな。

もちろん、娘の許可を得て、パート2ということで。

40男が一人で虫取り網持って駆けずり回っていては、通報されかねませんので・・・汗

はい、まさかパート2の実現をお祈りして。

おっと、今日も寝る時間が・・・汗

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-07-23 00:52 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 崖の上のポニョ

ぽ~にょ ぽ~にょ ぽにょ さかなのこ♪

先日から、毎日のように娘が口ずさむこのフレーズ。

ちぇりーさん、つい最近まで、何の歌か知りませんでした(汗)。

もちろん、皆さんはご存じのジブリの新作、『崖の上のポニョ』の主題歌です。

小学校や塾で替え歌なんかにしたり、随分流行っているようですね。

実は、3連休の最終日の昨日は、土日は塾通いの娘にとって、久しぶりの完全OFF日ということで、当初は、少し早起きして、愛知県の屋根である茶臼山まで涼みにドライブでも行こうかと計画していました。

ところが連日の疲れが出たのか、娘が起きてきたのは7時過ぎ。

今から用意して茶臼山という気分ではなくなったようです。
☆五平餅の魅力と最後まで葛藤していましたが・・・苦笑

出てきた結論が、映画を見に行こう!というもの。

新聞の映画上映欄を確認すると、おー、どこの映画館もやってますねえ。

『崖の上のポニョ』

ちぇりーさん、カミングアウトしますが、娘と一緒に映画館に行くの、今回が初めてだったんです。もちろん、家族3人でも初体験・・・
☆映画館に足を運ぶのも10年近く?のブランク・・・前回は、娘を実家に預けて、ママさんと有楽町で『13デイズ』でしたね。

う~ん、大変珍しい家族かもしれませんね(苦笑)。

それでも決めたら、速攻で朝食を済ませ、準備に取り掛かりました。

郊外型のシネコンは混むのではというママさんの意見を採用して、名古屋駅前の映画館に足を運ぶことに。

駅から徒歩1分のミッドランドスクエアシネマです。

目当ての『崖の上のポニョ』は、開演20分前に既に△マーク。

長蛇の列の末、応対いただいたお姉さんによると、前2列しか空いていないとのこと。

家族会議の結果、3人横並びで座れれば前でもOKということで、初回上映9時30分に何とか滑り込み。

いやあ、とにかく楽しかったですねえ。

ちぇりーさん、途中2回ほど、涙線がゆるんでしまいました。

とにかく、CGを一切使わず手書きで創られたということに驚きました。

深読みすれば、いろんなメッセージが込められていると思いますが、難しいことを一切考えなくても、十二分に楽しめる娯楽映画ですね。

ポニョ、可愛いですよ~!

あえて、印象的なメッセージを紹介するなら、「女性の強さ」でしょうか。

ポニョが宗介を追いかけながら波の上を走るシーンは圧巻です!

いやあ、良いもの見させていただきました。

そういう意味では、娘に感謝ですね。

娘に感謝といえば、映画を見た後、早々に自宅へ帰ってきてお昼を済ませたら、これまた嬉しい一言が。

“パパ、今日なら緑地公園、付き合ってあげてもイイよ”

お~、それはひょっとしたら、夏の恒例行事のOKサイン?

はい、続きは次回以降のお楽しみということで(笑)。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-07-22 04:37 | Comments(0)