自動車保険配布スキンパーツ1 <   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 どん底からの成功法則

昨日からの雨がまだ降り続いています。

先ほどストレッチをしながら止まないかなあと思っていましたが、無理のようですね。

残念ながら本日のウォーキングは中止にしました。

引き続き臨機応変に、楽しんで取り組みたいですね。

さて、久しぶりにまとめ読みできましたね。

週末の東京出張の移動時間を読書タイムに充て、3冊読了したのですが、何れも満足いく内容でツイてる!

1冊目は、正直、最初はあんまり期待していませんでした。

ブックオフの105円コーナーで見つけた1冊。

d0004717_4254938.jpg


『どん底からの成功法則』 堀之内九一郎著 サンマーク出版

先日、楽しんだペーパーバックス『成功本50冊「勝ち抜け」案内』で紹介されていたのを思い出し、買い求めたものでした。

ちぇりーさん、“マネーの虎”という番組の存在は知ってはいましたが、見たことはありませんでした。

そういう意味では、最低限の予備知識で臨んだのも良かったのかもしれません。

ホームレスから、年商100億円を超える企業を作り上げた男、という肩書はなかなかインパクトがありますよね。

その中身は、8つの成功法則が記されていましたが、この本の肝は別のところにあると感じました。

それは、ホームレス仲間から投げかけられたこの言葉。

  オレ、頭悪いから難しいことはわかんねぇけどよ、商売っちゅうものは、金儲けのためにやるもんなのかい? こんなふうに毎日商売していて楽しいかい? オレ、ちっとも楽しいなんて思えねぇ。これならずっとゴミを拾ってるほうがマシだわ。商売ってよ、自分が楽しむためにやるんじゃないのかい?<p19>

好きこそものの上手なれ、ではないですが、楽しいこと、好きなことだからこそ、大きな壁も乗り越えられる。

だからこそ、経営者の倫理観・道徳観・人間観が重要なんですね。

ちなみに8つの成功法則とは、

その1 まず、真っ暗闇のどん底に膝をつき、地面の冷たさを知れ
その2 プールの水を「とりあえずおちょこで」汲み出しはじめられる人間になれ
その3 まずは「小さな欲」をとことん満たすことから始めよ
その4 「儲け方」でなく、お金の「使い方」を必死に考えよ
その5 とにかく「速さ」にこだわり突風で勝負せよ
その6 小指の先ほども疑わないくらい信じきれる師匠をもて
その7 裸の自分をさらして、視線の奥のホンネを見抜け
その8 分かれ道では絶対に、「得しそう」でなく「楽しそう」を選べ

というもの。

肝は、その8に集約されているのかもしれませんね。

どのような状況を『どん底』と感じるかは、個人差があると思いますが、踏んばることができるのは、やっぱり『楽しいこと』だから。

そんなことを改めて教えてくれた堀之内さんに感謝!

大変読みやすい文体でしたので、名古屋→東京間の往路で十分でした(笑)。

未読の方は是非手にとってみてください。

平成19年度も本日が最終日。

新年度に向けて、心ウキウキ、楽しくいきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-03-31 04:27 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 間もなく満開!

昨晩、東京から帰ってきました!

品川から乗車してマンションに到着するまで約2時間。

ホント便利な世の中ですね~。

その東京は、桜が満開でしたね。

花見見物の人出のせいか、どこも混雑していたようです。

ちぇりーさん、ゆっくり花見といきませんでしたが、午後からたっぷり5時間弱、師匠の実践塾に参加。

世話人のT先輩のお力で、新宿野村ビルの20F会議室をご提供いただき、会費も無料!

損保ジャパン様、ご厚意に感謝申し上げます。

年度末ということもあるのか、若干参加者は少なめでしたが、全国から集まった気高き有志(苦笑)の花に触れることが出来、有意義なひとときを過ごすことが出来ました。

ありがとうございました!

今回は半年ぶりの参加ということで、鈍った脳味噌のリハビリも兼ねていたのですが、知識以上に志が大切なのだと、改めて感じることが出来ました。

内容については、またの機会に!

さて、名古屋の開花状況は、満開の手前。

今朝のウォーキングは、オフィスまで足を延ばしてみたのですが、夜明け前の小学校の桜は5~7部咲きといった感じ。

午後から天気が崩れるようですが、踏ん張ってもらえれば、家族3人で緑地公園あたりにお花見に行きたいですね。

ところで、マンションからオフィスまでは約5キロの道のりなんですが、ナップサックを背中にしょって40分弱で到着。

一月続けると、結構体力が復活するものですね。

継続は力なり。

はい、良い習慣は一つでも多く身に付けていきたいモノですね。

そういえば、今回の東京遠征の移動時間で、良書を3冊読了することができました。

やはり、読書の時間も引き続き確保していきたいですね。

いよいよ、新年度に突入しますので、初心を忘れず、気持も新たに発進です。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2008-03-30 06:14 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 コモエスタ赤坂

セニョール、セニョリータ!

いやあ良い天気ですねえ。

今朝の東京は快晴です!

幕張で襲われた雷雨、赤坂の土砂降りが嘘のようです。

当初の予定では、今頃は上野の国立博物館で国宝薬師寺展を楽しんでいるはずなのですが、前夜のアルコール量が効いたのか、9時まで爆睡。

予定変更で、ママさんの実家で、お義母さんとおしゃべりしながら、のんびり過ごしています。

昨日は、午後から幕張でパートナー様と新商品のお打ち合わせ。

都内に戻って、半蔵門で別のパートナー様に挨拶訪問をさせていただき、その後赤坂へ。

学生時代のクラスメイトが、昨年赤坂にオフィスを構えたので、表敬訪問(苦笑)。

独立して丸3年、今では顧問先も40社を超え、着実に成長されている姿は、逞しかったですねえ。

経営者のアドバイザー的な業務もやられているので、1時間ほどでしたが、自社の経営について参考になる意見交換をもすることができツイてる!

同級生が経験を重ねている姿を垣間見るのは、刺激になりますねえ。

20時過ぎに、もう1匹合流して、ご飯でも食べようかということに。

ちぇりーさん、クラスメイトのオフィスを探している途中で見つけたカジュアルイタリアンを提案したところ、ランチがなかなかイケてたからそこにしようということになりました。
☆スペイン料理じゃなくてゴメンナサイ(笑)!

40過ぎの野郎3人だったので串焼きあたりがお似合いだったかもしれませんが、いやいや、これが大当たり。

赤坂(溜池山王)というロケーションでは考えららないほどお値打ちでしたねえ。

味もカジュアルイタリアンでは水準レベル。

翌日はゴルフだから早めに切り上げようという話だったのですが、気づけばラストオーダーまで盛り上がってしまいました。

特筆は、ワインのコストパフォーマンス。

何でも、レストランとワインショップを融合させたというコンセプト通り、ワインが小売価格で提供されているんです。

一般的なイタリアンレストランの半値以下で楽しめるのは嬉しいですよね。

そのワインもリストから選ぶのではなく、ワインコーナーから自分で持ってくるカジュアル感がこれまた楽しい雰囲気でした。

オープニングは、とりあえずのモレッティで乾杯した後、ここから怒涛の赤3本。

いやあ、至福のひとときでしたね。

1本目

d0004717_11224129.jpg


ヒデがケース単位で買うとかいう触れ込みの定番ですね。久し振りに飲みました!

2本目

d0004717_11234294.jpg


ちぇりーさんの大好きなアリアニコ。これも久し振りのご対面!

3本目

d0004717_11243518.jpg


調子に乗って、プチ贅沢にアマローネをチョイス。これは3人とも唸るほど旨かった~♪

仕上げは、グラッパでお互いの今後の成長に乾杯!
☆ただの飲んだくれかも・・・汗

いやあ、名古屋にもこんなお店できないかなあ。

ちなみにお店の名前は、 Il Sale さん。

機会があれば是非是非!

ようやくアルコールが抜けてきたちぇりーさん、午後からは新宿で開催される師匠の実践塾に半年振りに参加してきます。

はい〆の挨拶は、グラッチェではなく、グラシアスで!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-03-29 11:35 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 無人島ウィー

昨日、一昨日の2日間で社員さんとのヒアリングを開催することができました。

皆さん、真剣に、そして前向きに捉えていただいており、TOPとしてメチャツイてる!

引き続き4月からも宜しくお願い申し上げます!

ところで“ウィー”って、オッパッピーではないですよ(ベタベタ・・・汗)。

まさか新作が絵本とは・・・

d0004717_7444841.jpg


イオン大高店のM書店には入荷しなかった『無人島ウィー』です(苦笑)。

今週の月曜日でしたか、購入した当日の夜、あっという間に読了。

まあ、絵本ですので、10分もあれば読めてしまいますね。

でも今回の出版で、美樹様はまた一つ、大きな夢を実現されてしまいました。

“いつか、世界でたったひとつの教科書を作りたい!”

それにしても、美樹様はどこまで有言実行を重ねられるのでしょうか。

1,050円の投資で、ステキな空気に心が満たされ、カンボジアの子どもたちに貢献が出来るという、一粒で2度美味しい絵本です。

一人でも多くの方にお求めいただけますように!

ちぇりーさん、本日は久しぶりの東京遠征。

午後からですが、幕張、半蔵門、赤坂となかなかハードなスケジュールが待ちかまえていますが、折角の機会ですので、しっかり東京の空気を楽しんできたいと思っています。

皆さんもステキな週末を!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-03-28 07:46 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 白戸家のお父さん

おはようございます!

今朝は風が冷たく感じました。

花冷えってやつでしょうか。

それでも、歩き出してから10分もすると身体が温まってきて、気持ちいいですね。

早朝ウォーキングをスタートして約1カ月。

すっかりルーティンに組み込まれて、馴染んできました。

無理しないことが継続している要因かもしれません。

夜明けが早くなってきましたので、もう一月くらいしたら、住宅街コースではなく、緑地公園散策にコース変更しても安全かもしれませんね。

今から楽しみですね。

さて、楽しみといえば、最近のちぇりーさん、お気に入りのCMがあるんですよ。

『白戸家の人々』

s社の割引プランのPRなのですが、面白いですね~。

特に今流れている、”お母さんの校長先生編”と”お兄さんの白昼夢編”は最高です。

とにかくお父さんのキャラクターが最高。

ちぇりーさん、特に気になり始めたのが、”お父さんのいい日旅立ち一人旅編”。

あっ、すいません・・・

のタイミングが絶妙ですね。
☆お父さんの声は北大路欣也さんだという話を聞きましたが、本当なんでしょうか?

実は、ちぇりーさん以上に夢中なのが娘なんです。

笑いのツボは父親譲りとは認識していましたが、ドハマリ状態ですね。

二人が笑い転げている脇で、白い視線を浴びせているママさんという構図は、ちぇりーさん『離見の見』でいっても、なかなか微笑ましいものがありますね。
☆世阿弥さん、例えが陳腐で恐縮です・・・汗

ちぇりーさん家も白戸家に負けないキャラの持ち主が集まっていますので(爆)!

それにしても校長先生役の樋口可南子さん、ステキですねえ。

おっと、まとめはそんな話題かい!

はい、『校長先生編』を見てからオフィスへ出発!

元気出るぞ~♪

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-03-27 05:54 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 インド人もびっくり?

「ジャガー」と「ランドローバー」を買収か?

タタ・モーターズ、勢いありますねえ。

インドで最大の財閥らしいですが、まさにBRICSの隆盛を表す記事ですね。

大型書店のビジネス書コーナーにも平積みになっていたことを思い出しましたが、今回の記事はなかなかインパクトがありますよね。

元植民地の企業に、イギリス高級ブランドが買収されるということですからね。

フォードも背に腹は代えられなかった、というところなのでしょうか・・・

先日、インド出張から帰ってきたコンサルタントのK氏(学生時代のクラスメイトなんです)から、インドレポートを楽しく聞かせてもらったのですが、相当な格差社会のようですので、今回の記事は、大多数のインドの方々にとっては、まさに、

インド人もびっくり

なんでしょうね。

それにしても、最近は想定外クラスの事件が多すぎて、感覚が麻痺している感じです。

次のインパクトは、日本国債のデフォルト、なんてことにならないよう祈っています(苦笑)。

でも、あり得ないことではないですからね・・・汗

そういう意味では、ますます仕事の価値が問われる時代。

どんな時代がやってきても、必要とされる企業でありたい、必要とされる人間でありたい、そんなことを感じる週半ばのちぇりーさんです。

明日は、今日の午後に引き続き、朝から社員さんとのヒアリング。

ステキな時間が共有できますように。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-03-26 17:55 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 イオン大高ショッピングセンター

おはようございます!

気持ち良い朝ですねえ。

昨日は雨でお休みした早朝ウォーキング。

今朝は、旧東海道の町並みを楽しみながら有松駅まで往復してきました。

マンションに帰る頃には、ようやく少し明るさを感じることが出来るようになってきましたね。

確実に一日一日夏に向かって歩んでいるんですね。

有松駅前には小型のイオンがあるのですが、イオンといえば、いよいよ本日グランドオープン!

イオン大高ショッピングセンター

名古屋市内で6店目?となる今回の出店は、その規模も市内最大級とのこと。

ちぇりーさん、グランドオープンに先駆けた先週20日(春分の日)のソフトオープン(変な言葉だなあ・・・)時に、足を運んできました。

ソフトオープンとは、近隣住民向けのお披露目という性格のものらしいのですが、地元ラジオ局が付近の幹線国道が午前中から大渋滞と放送していたくらいですから、ソフトオープンの意味があまりなかったような・・・

何でもピーク時は、駐車場に入るまでに2時間以上かかったそうです。

ちぇりーさん、当日はママさんと二人で16時半頃出向いたのですが、丁度空いていた時間帯か、家を出てから10分ほどでスムースに入場することが出来ました。
☆19時半頃出庫した際は、入庫の車で渋滞が発生していましたので、ツイてる!

店内は、オープン初日ということで、流石に活気に溢れていましたね。

ちぇりーさんはスニーカーを、ママさんはフライパンとソックスを、娘用にはコクヨのキャンパスノートと弁当箱を、それぞれ特売価格でゲットしたのですが、ちぇりーさん意外に感じたのは、結構売れ残りが多かったことです。

値段は安いんですよ。

確か、WiiFitなんか7千円台だったようですし(間違っていたらゴメンナサイ)、ル・クルーゼのホーロー鍋なんか2万5千円が1万円ポッキリ。

どちらも数量限定だったのですが、夕方にして、たくさん売れ残っていました。

ちぇりーさん、この安いのに売りきれない状況から、改めて安売り一辺倒のデフレ商法は終わったと感じましたね。

必要なものを必要なときに必要なだけというオンデマンド志向と、本当に魅力ある欲しいものという本物志向に集約されていくことは間違いなさそうです。

実際、素材高騰に端を発する最近の物価高で、100均やドラッグストアの特売品からカップヌードルが消えて久しいですが(謎のスープヌードルに変わっていますね・・・何かパッケージがチープなんですが、味見された方いらっしゃいますか?)、安いだけでは売れない、そんな空気が確実に浸透したようですね。

実はちぇりーさん、娘も行ってみたいということで、一昨日の日曜日、今度は3人でこれまた同じような時間帯に再訪してみたのですが、30分もいられませんでした。

見るべきところが少なすぎ・・・

ちぇりーさん、店内の大型書店で美樹様の新刊を購入しようという目的もあったのですが、店員さんに確認すると入荷していないとのこと・・・涙

物量は充実していても、欲しい商品を取り揃えていないというのは、本当にガッカリしますね。
☆その本は、昨日市内の老舗の本屋さんで無事購入することができ、昨晩布団に入る前に早速読了しました(笑)。その本屋さんでは、平積みしてありましたので、バイヤーの目利き度に大きな差があるんでしょうね。というか、購買ターゲット層の違いかもしれませんね。

結局、日曜日は、帰りがけに地元の食品スーパーで食材を調達しましたが、商品も選びやすいですし、居心地がよかったですね。

結論、ちぇりーさん一家には不要なスポットかなあ・・・映画館が併設されることになれば、また展開も違ってくるのでしょうが・・・苦笑

それにしても、イオングループの出店攻勢は凄いですね。

他の地区の状況は把握していませんが、素人目にも造りすぎなんじゃないかなあ・・・

D社のようにならないことを陰ながらお祈りしております。

もしそんなことになってしまったら、取引業者さん、大迷惑ですもんね。

まあ他社のことの心配はさておき、引き続きちぇりーさんもお客様ならびに世の中に必要とされるサービスを提供できるよう、社員さんと一緒に前進します!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-03-25 07:16 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 『手紙屋』から学ぶ大切なこと

『手紙屋 ~ぼくの就職活動を変えた十通の手紙~』

d0004717_6251785.jpg


先日読んだ喜多川泰さんの3作目です。

白状します。

下心というか、新卒募集にあたって、今一度学生さんの気持ちを想像してみようという色気を出して購入してしまったことは否めません。

でも、読んで良かった!

帯には、“主人公といっしょに働くことの意味を見つめ直す本”とPRされていましたね。

前作同様、結末は予想できたものであったのですが(苦笑)、その内容は40を過ぎたちぇりーさんにも響くものがありました。

『相手の持っているものの中で、自分が欲しいものと、自分が持っているものの中で、相手が欲しがるものと、お互いがちょうどいいと思う量で交換している』<p38>

  『見返りとして何がもらえるかを考えて自分のすべきことを決める人ではなく、報酬に関係なくそのときそのときに自分のベストを尽くして毎日を生きようとする人』<p83>

『だからすべての法人は、生存するために二つのことを達成しなければならないこと つまり「多くの人から長期間にわたって必要とされ続けること」そしてもう一つは、「収入内の生活をすること」 最低限、これらのことができなければ、法人としての人生は終わってしまうのです。』<p117>

  『人間は目の前に壁があると、どうしてもその壁を乗り越えることだけに意識を集中してしまいます。実は乗り越えることよりも、どう乗り越えようとしたかのほうがはるかに重要なのですが、視野が狭くなり、どんな方法であれ乗り越えさえすればいいというような気になってしまうのです』<p166>

  『素晴らしい人生を送るために必要なこと。それは―――「今、目の前にあるものに全力を注いで生きる」こと』
  『人生という大海原に漕ぎ出すときに、その船が誰のものであるか、自分が船長か船員か、船は大きいか小さいかなんて、実はどうでもいい。大事なのは、
その船が何を目的として航海をするか、だ。』
  『人生の目標を持ったときから、あなたの人生が始まる。目標をしっかりと持てば、“今日を生きる”という確固たる生き方ができる。』
<p175~p178>

『さあ、あなたは何をして将来多くの人たちを幸せにしますか?あなたの活躍で世界をどのように変えますか?』<p195>

『失敗した人は才能を理由に挙げる。成功した人は情熱を理由に挙げる』<p227>


青臭いのは承知ですが、どれも大切なことばかり。

先日の師匠のブログにも紹介されていたフレーズ、

「一番大切なことは 一番大切なことを 一番大切にすること」

を思い出しましたが、これって随分前に、自身のブログでも発信していましたね(苦笑)。

”一番大切な事は自分が心から思う一番大切な事を
       いつでもどんな時でも一番大切にする事である・・・”

「いつでもどんな時でも・・・」


教えていただいたのは熊谷のKTJ先輩でしたね(笑)。

まだまだ身に付いていないということは、成長のスピードが遅い証拠(涙)。

はい、改めて肝に銘じて年度末の最終週を前進です!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-03-24 06:30 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 『坂の上の雲』は永遠につかめない目標か?

順調に撮影も進んでいるようですね。

NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』。

昨晩、『特集・坂の上の雲』というタイトルに誘われて、チャンネルを合わせましたが、内容は肩透かし・・・

『その時歴史が動いた』のような内容を期待していたのですが、番組の宣伝でした(苦笑)。

それでも、見応えがあるドラマに仕上がりそうな予感を受け、それなりに有意義なひとときを過ごすことが出来ました。

ちぇりーさん、原作は4年程前に出会ったのですが、きっかけはビジネス誌の読書特集で紹介されていた記事だったと思います(プレジデントかダイヤモンドだったような憶えがあります)。

そういえば、先日コネタにしたプレジデントの読書特集にもお約束のように紹介されていましたね。

びっくりしたのは、そのファンサイトの多さ!

先ほどgoogleで検索してみたら、出るわ出るわ(笑)。

特に「坂の上の雲マニアックス」は趣味の域を超えてますね(苦笑)。

今後も活用させていただきます。

ちぇりーさん、実は司馬遼太郎フリークというほどでもなく、あの名著『竜馬がいく』さえ未読という状況。

他に読了したのは『功名が辻』と『世に棲む日々』だけですね。

そんな浅い体験と知識しかないのですが、『坂の上の雲』に対する思いは別格のものがあります。

もちろん、乃木希典に対する評価についてをはじめ、いわゆる司馬史観に対して批判的な意見があることも承知していますが、やっぱりこの作品は、一人でも多くの日本人に読んでほしい!

素直にそう思います。
☆四の五を言わず、とにかくオモシロイ読み応えのある歴史小説に変わりはありませんので!

そういえば、これまた数年前に読んだ五木寛之さんと稲盛和夫さんの『何のために生きるのか』でも、『坂の上の雲』について触れられていたことをWEB検索から思い出しました。

以下、五木寛之さんの発言の抜粋です。

"坂の上の雲"という言い方がありますね。司馬さんと話していて、僕はおもしろいなあと思ったのだけれど、『坂の上の雲』が高度成長の応援かのように思われた時期がある。それを司馬さんは苦々しく不愉快に思っていましたよね。『坂の上の雲』というのは、希望の象徴のように言われているけれども、そうではない。脱亜入欧のなかで、ヨーロッパに学んでアジア諸国をゴボウ抜きにして坂を駆け上っていく。峠のてっぺんに立って雲はつかめるか。坂の上の鼻だとか果実だったらつかめるが、雲は山のかなたの空と置く、向こうを流れているだけ。つまり”坂の上の雲”は永遠に到達することのできない目標ということなのですね。永遠につかむことのできない夢、ということなのです。深いアイロニーが背後にある題名ですね。

この永遠につかめない目標を、傲慢にも追いかけてしまったため、不幸な昭和史を綴ってしまったというのは短絡的でしょうか・・・

いや、何をカキコしたいのか、まとまらなくなってしまいましたが、ちぇりーさん、辿り着くべき目標をしっかり確認しながら、毎日を仕上げていきたいものです。

結果、目標に辿り着けなくても、成長というご褒美をいただければ良しとする。

安易な取り組みは御法度ですが、田坂広志さんの教えに落ち着きましたね(苦笑)。

それにしても、ホントに強引なまとめになってしまいました(汗)。

とにかく、2009年秋から3年にわたる放送に期待しましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-03-23 11:44 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 不将不逆、応而不蔵

昨日は相当体調が悪かったようで、平日に珍しく、22時には爆睡モード。

前夜の反省から、キチンと布団を敷いて床につき(当たり前だ!)、8時間睡眠をしっかり摂ったせいか、すっかり体調も回復。

最近、自分でも驚くほど睡眠時間が長いちぇりーさん。

”春眠暁を覚えず”というよりも、身体が必要としている時は、ストイックになりすぎず、臨機応変な対応が良いみたいですね。

早朝ウォーキングは割愛してしまいましたが、元気に土曜出勤を楽しんでいます(笑)。

その昨日の合同企業説明会、ある学生さんとの対話の中で、飛び出してきたのが『水滸伝』

古典に疎いというか、遅まきながら勉強中のちぇりーさん、『水滸伝』はノーケアでした。

その学生さんは、意識的に古典に親しむようにしているようで、『お主、若いのになかなかやるわい』といった印象。

4月の会社説明会で、また古典ネタで盛り上がってしまうような予感(笑)。

ご縁が深まることを期待したいですね。

さて、古典といえば、先日読了した伊藤肇さんの『十八史略の人物学』

今年に入って、伊藤肇さんの本は3冊読んだのですが、古典に準えた経営者のエピソードが満載で、興味深かったですねえ。

『十八史略の人間学』 致知出版社

『現代の帝王学』 PHP文庫

『十八史略の人物学』 プレジデント社

それぞれ、新品、ブックオフ、古書扱いと出自は違いますが、なかなか読み応えがあります。
☆被る内容も多いのですが(苦笑)。

ちぇりーさん、中でも特に印象に残ったのが、

『不将不逆、応而不蔵』

という言葉。

『荘子』の中に出てくる、「応対」の基本です。

『将(おく)らず、逆(むか)えず。応じて蔵せず。』

“将(おく)らず”とは、“心配ごとや苦労があっても、それにこだわって、くよくよしない”こと。

“逆(むか)えず”とは、“とりこし苦労をしない”こと。

“応じて蔵せず”とは、“何か事がおきたときには、直ちに応じてテキパキと処理するが、いったん、処理したあとは「蔵せず」で、すっかりわすれてしまう”こと。つまり、“そのことに執着しない”ということなんですね。

これぞ、言うは易く行うは難し、ですね。

ちぇりーさん、過去の失敗やネガティブな情報に囚われることなく、即断即決でポジティブに達観できる人物に近づけるよう、引き続き取り組んで参ります。

座右の銘に追加ですね。

仕事だけでなく、家庭でも、人間関係でも、そして自然現象に対しても、『不将不逆、応而不蔵』で応対できる人間でありたい。

そんな理想像を思い描く土曜日のお昼休みのちぇりーさんです。

皆さん、今日は早めに帰宅しましょうね。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2008-03-22 12:05 | Comments(0)