自動車保険配布スキンパーツ1 <   2006年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 感謝の気持ち

いやあ、夏ですねえ!

爽やかですねえ。

梅雨入り前の短い期間だとは思いますが、せっかくのこんな陽気は楽しまないともったいないですよね。

なんて言いながら、お仕事に邁進しているちぇりーさんですが、ふと立ち止まって数分でも初夏を感じることができたら、贅沢ですよねえ。

プチ幸せを楽しみたい今日この頃のちぇりーさんです。

さて、先日、辛辣な指摘が感謝されたというカキコをしてみましたが、その方から改めてお礼の連絡がありました。

週明けに、簡単なメッセージを添えて、伊那食品の塚越さんの「いい会社をつくりましょう。」を彼に贈ったのですが、大変喜んでいただきました。

ツイてる!

少しばかりお役に立てたのかなあと、自分まで嬉しくなってしまいました。

ただ、本の贈り物って難しいですよね。

今回の場合、テーマは経営ということで、話の内容から参考になればと塚越さんの著作をセレクトできたのですが、一般的に本の贈り物って押しつけがましいと解釈される可能性もあり、躊躇することも多かったんですよ。

余計なお節介、と思われてもつまらないですし・・・

ただ、それも勝手な想像ですので、贈ってしまったら、こちらからは本の感想について尋ねないというルールを作って、そして徹底すれば、少々気持ちが楽になるような気がします。

人は内面に抱いているものしか気づけない、という話を聞きかじったことがありますが、まさに気づきというのは本人次第ですよね。

そしてそれを実践し継続するレベルまで落とし込まなければ、変化を期待するのは難しいかもしれません。

彼と再会したときに、彼の方から本の気づきについてお話しを切り出してもらえると、更にツイてる!

それにしても感謝の気持ちを届けていただけるだけで、こんなに嬉しいんですから、ちぇりーさんからも、もっともっと感謝の気持ちを発信していけば幸せが拡がる予感。

心を込めて“ありがとう”ですね。

明日から6月。

夏のアツサを味方に付けて張り切っていきましょう!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2006-05-31 18:19 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 善意を素直に受け止める

素直な心になるのってなかなか大変ですよね。

実は昨日電車に乗っていたらこんな光景に出くわしました。

”どうぞ、お座り下さい!”

インターナショナルスクール?の学生さんとおぼしき少年が、座席から立ち上がりながら、立っていた女性に声をかけました。

”大丈夫です!”

”どうぞどうぞ。”

”大丈夫ですから。”

”どうぞ、どうぞ。”

”大丈夫ですよ。”

3度ほど掛け合いがあり、少年は仕方なく元の席に腰掛け、持っていたペーパーバックに目を走らせました。

車内には少々気まずい雰囲気。

この手の話ってよくあることで、新聞とか雑誌のコラムでも、

”人の行為は素直に受け入れましょう!”

”少年の善意の行動を摘むな!”

な~んて、展開になりがちなんですが、ちぇりーさんこの女性の立場もわからないでは・・・

外見からですが、50歳代前半だったのではないでしょうか?

ビミョーですよね。

もちろん、人生の先輩として明日の世の中のために善意を受け入れるべきだったと思いますが、老人と見られてしまったことは彼女なりにショックだったのかも知れません。

スマートなのは、さりげなくアイコンタクトをしながら、無言で立って、その席から離れるというのが良さそうですが、今の世の中、その間隙をついて、コドモやオバタリアンに占拠される可能性も否めません。

目上、年上の人物を立てるという、儒教的な教えが浸透していれば、こんなこともないのかもしれませんが・・・

何れにしても、素直な心の大切さを改めて感じることが出来たちぇりーさんでした。

お二人さん、気づきをありがとうです。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-05-30 07:10 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 成長する者

おはようございます!

土曜日は月イチのお客様セミナー設営後、帰路に寄り道したブックオフで掘りだしものをゲット!

”哲学のえほん”植村光雄著

200円でした。

解りやすいというのは、芸術かもしれませんね!

これについては、機会があれば、またカキコします。

それにしてもツイてる!

さて、今日は親ばかネタですみません。

実は先日、娘の運動会を観戦?したのですが、娘の成長に驚かされてしまいました。

数週間前に、リレーの選手に選ばれたと聞かされていたちぇりーさん、労うも、ホンマかいな?という思いも半分。俄かには信じられませんでした。

というのも、以前にもカキコした覚えがあるのですが、娘は極度のウンチ君と認識していました。

バドミントン、ゴーカート、自転車・・・

まあ、ちぇりーさん、親としては、絵とか作文とか得意なものがあるので、好きな事で伸びてもらえればと楽観はしていましたが・・・

ところが、運動会での娘の頑張る姿を見て仰天!

真剣な顔つきで第4コーナーを駆け抜ける勇姿。

結果はダントツの1等賞。

リレーも離される事なく頑張りました。

夕食時、1等賞も凄かったけど、パパは一所懸命な走りに感動したんだよ、と伝えると、

だって、1等賞になりたかったんだもん。

思いは実現する、ですね。

実は、娘自身もしっかり準備していたようで(苦笑)、よっぽどちぇりーさんより成功センスがあるかもしれません。

昨日は、夕方から、二人で緑地公園のボートで遊んできたのですが、これまたビックリ。

手漕ぎボートを操縦できるようになったんですよ。

ちょっと頑張りすぎて手が痛くなってしまったようですが、それにしても娘の成長に圧倒されました。

両方の事例に共通するのは、楽しむ事ですね。それも真剣に!

週末はたくさんのことを教えられました。

気づけば、5月も残りわずか。

いよいよ夏に突入ですね。

ちぇりーさんも負けてはいられません。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-05-29 04:22 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 いい会社をつくりましょう・・・最終回

昨日の夕刊で早くも最終回。

塚越会長さんのお話は、何度うかがっても気づきが満載です。

知ってはいる(わかっている)けどできないこと。

多くありませんか?

”スーパーなどの駐車場に車を止めるとき、うちの社員は店からなるべく遠いところに置くようにしています。”

”マイカー通勤では、本社への進入時に右折を禁止。右折待ちで渋滞を起こさないためで、遠回りでも左折にしています。”

言うは易しですよ。

モラール(やる気)とモラル(道徳意識)の連動。

そしてシナジー。

その結果として地域に必要とされる会社になること。

伊那食さんは、憧れですね。

実は、昨晩、所属組合青年部の例会に参加したのですが、その懇親会の席で、あるメンバーさんに辛らつな指摘をしてしまいました。

ちぇりーさん、酔いに任せて言いすぎたかなあ、と反省モードに入りつつある頃、その本人から

”物凄く胸に響いた。ありがとう。”

と感謝されてしまいました。

いや、ちぇりーさん、自分自信のことでイッパイイッパイという器のレベルなので、恐縮するばjかりなのですが、ちぇりーさんの発言が、何かしら良い方向へ作用することができるなら、その甲斐あったと、自分自身も嬉しく感じています。

今日は営業の帰りに、その言いすぎてしまった彼氏宛にと、塚越会長の”いい会社をつくりましょう”を買い求めました。

サプライズは、表紙タイトル文字も書体を変えていること。

何か、変えるべき要因があったのか、どなたか、また詳細情報ご提供くださいませ。

そして、改めて今日一日を振り返ると、嬉しい事ばかり(詳細はチャンスがあれば後日)


そんな気持ちを高めるためにもストイックに進めていくだけですね。

それでも幸之助さんは、そのエリアに足を踏み込まれると、今に至るビジョンを思い描くんでしょうね。

今後も他の分野でもお世話になるばかりと存じますが、是非とも宜しく御願い申し上げます。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-05-27 21:39 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 いい会社をつくりましょう・・・その4

SERENDIPITY

伊那食品さんでは、偶然に発見する力を重視されています。

そのために、常に全社員さんの一割は研究室のスタッフとして人員配置されています。

商品力という独自能力ですね。

そしてお客様本位の販売展開による関係づくり。

まさに経営品質

ちぇりーさんの友人に“練り物”で伊那食品さんを目指している素敵な経営者がいるのですが、努力の甲斐あって最近成功事例が増えてきているようです。

周りに元気者がいるのは刺激になりますね。

ちぇりーさんも刺激というか、影響を及ぼすことが出来る人物であり続けたいモノです。

ところで冒頭のSERENDIPITYという言葉の語源になったといわれるのが「セレンディップの三人の王子」という物語なんだそうですが、ちぇりーさん読んだ事がないんですよ。

読まれた方、感想・オススメ度など、情報お寄せ下さい。

何れにしろ、偶然に発見する力というのは、そもそも興味がなければ気づきませんよね。

ひょっとしたら、世界的な大発見レベルの現象が傍らで起こっていても、見逃している事は、40年近い人生の中で、何度もあるのかもしれません。

意識付けと言いますか、まさに中村天風先生のお言葉

”有意注意の人生でなければ意味がない”

ということを肝に銘じて前進ですね。

それには目的を持って真剣に一所懸命。

気づけば週末。

明日の土曜日は晴れてくれるといいのですが、予報では・・・涙

とにかく、まずは今日も素敵な一日でありますように。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-05-26 04:55 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 いい会社をつくりましょう・・・その3

気づけば日付が変わっていますね。

昨日は良い天気でしたねえ。

ちぇりーさん、陽気に誘われついつい水分補給を多めにしてしまいました。

自宅では起き抜けの水分補給としてママさん特製の麦茶。
☆新谷先生のお話では、良質の水を500ccだったかな・・・先生は牛乳と同様、お茶についてもは否定の立場ですので・・・

出勤途中にコンビニで、KIRIN NUDA(セール中で¥110也)。

そして営業途中に立ち寄ったコンビニで新製品を発見!

ヘルシア・ウォーターです。

へルシア好きのちぇりーさん(といっても最近ご無沙汰していますが・・・)、早速衝動買い。

どんな、味がするのかと、速攻で飲んでみると、喉越しまではスポーツドリンク、そして後味はカテキンの苦み!

なかなか個性的です。

思い出したのが、以前よく飲んだ伊藤園のカテキン・ウォーター

最近見かけませんが、二日酔い明けには大変お世話になりました。

ちぇりーさん、ヘルシア・ウォーターは、もう少し甘みを控えめにしていただけると言うこと無いんですが、なかなか好みの味ですね。お値段ももう少し控えめにしていただけるともっと嬉しいです!

でも、今回のヘルシア・ウォーターがブレイクすれば、他社のカテキン系飲料もさらにバリエーションが多彩になって消費者としては楽しみが増えるかもしれません。

業界の相乗効果ですよね。

さて、業界といえば、昨日の塚越会長さん、寒天業界が犯してしまった過ちについて述べられています。

寒天相場の暴騰で、お客様の立場を考えず、業界全体が儲け主義に走ってしまった結果、信用を失ってしまった経験は、まさに商道徳に背く行動だったんですね。

そしてこんなことも語られています。

“人件費の安さを求めて低開発国を渡り歩くような現地進出では信用されないし、根無し草になってしまうのではないでしょうか。”

塚越会長さんの憂いは、常に三方よしという軸からもたらされているようですね。

偉大な経営者というのは、本当に懐が深いです。

今夜のちぇりーさんは、新規のお客様の販促ヒアリング。

長丁場になりますが、締めていきます!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-05-25 00:52 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 いい会社をつくりましょう・・・その2

連載2回目は、塚越会長さんの苦難の時期の紹介です。

貧しい幼少時代、父親との死別、栄養不足からの結核発症、3年間に及ぶ入院生活、赤字会社の立て直し、劣悪な労働環境を改善・・・

これらの苦難の道程があったからこそ辿り着いた

“社員の幸せのために経営をしよう”

という基本理念。

塚越会長さんは、実体験から。

ちぇりーさんは、本やセミナーや対話から。

その差は明白です。

塚越会長さんは、寒天の製造技術を独学で学び、設備投資できない状況を社員さんのやる気を引き上げることで生産性を向上させ、難局を克服されました。

やる気を引き上げるためには、とにかくTOPが率先垂範

実は、塚越会長さんの連載記事の内容は、著書“いい会社をつくりましょう。”<絶対オススメです>を読んで知っていたのですが、今回、改めて自分の至らなさに気づくことに・・・

塚越会長さんのように、

“会社で気になるのは数字でなく雰囲気”

という境地に辿り着くことはできるのでしょうか?

塚越会長さんの生き様からは、与えられた仕事に一所懸命取り組むことから道が開けるということも教えられました。

ありがとうございます。

さて、そんな感謝の気持ちを昨日は早朝から感じることができました。

倫理法人会モーニングセミナーです。

ちぇりーさん、いつもより1時間ほど早い3時30分に起床して5時50分頃会場に到着。

何といっても印象的なのが、世話役の方々の素敵な笑顔と挨拶。

そして机の上の資料が乱れることなく整頓されている様子。

朝からテンション高いですねえ。

朝の挨拶、倫理法人会の歌斉唱、テキスト輪読、会長挨拶の後、講話ということで84歳の経営者の大先輩が約45分、気づきの多いお話しをしていただきました。

内容は、鏡の法則といいますか、原因と結果の法則といいますか、いわゆる成功哲学なんですが、まとめとして京セラの稲盛さんを例に挙げられ、

“「人生の目的」とは「魂を磨く」こと”

という稲盛さんの考えをご紹介いただきました。

たまたま、先日ブックオフでゲットした稲盛さんの“生き方”を起き抜けに読んでいたので、何だか巡り合わせも感じました。

そんな勢いで、昨晩は帰宅後読書タイムを確保して“生き方”一気読み!

内容はこれまでの著作の集大成のようなものなので、かなりハイスピードで読み進めたのですが、こういう話は何度読んでも気づきがあります。

塚越さんもそうですが、稲盛さんも、もちろん松下幸之助翁も、偉大な経営者というのは必ず壁を乗り越えられています。

もちろん一昨日のカンブリアの美樹様も!

それに比べたら、ちぇりーさんが直面している壁なんか低い低い!

しかしながら、侮ることなく、やるべきことをやり切ること。

今朝はちょっと熱が入って時間かかっちゃいました・・・

これも行動管理ができていない現れ?

でも自分で元気出せたから良いことにしておきましょう!

今日も素敵な1日を過ごせますように。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-05-24 05:15 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 いい会社をつくりましょう・・・その1

昨日から日経夕刊で、かんてんパパこと伊那食品工業の塚越寛会長さんの連載が始まりました。

ツイてる!

“ひとスクランブル”の“人間発見”欄です。

いきなり出だしから塚越ワールド炸裂!

“昨年12月期の経常利益は前年同期比4~5割増ですが、大変残念な結果と言わざるを得ません。売上も利益も7%程度の伸びでよかったのに増えすぎました。”

48期連続増収増益を達成されたからこその説得力。

実績だけでなく、塚越会長さんの生き方そのものさんですね。

座右の銘である二宮尊徳翁の言葉。

“遠きをはかる者は富み、近きをはかる者は貧す。”

“目先の利益を追わず、着実な低成長を年輪のように重ねることで、会社が永続し、会社に直接間接にかかわる人々が幸福になるのです。”

言うは易ですが、ちぇりーさんの理想です。

ちぇりーさんの会社は、情けないかな、現状そんな悠長なこと(表現が適切でないですね・・・反省)を言ってる場合ではなく、まずは目先の段階なのですが、スケジュールをしっかり線引きして、何とか塚越会長の考えに近づけるよう結果を出すべく取り組んでいきたいですね!

振り返れば、塚越さんに初めてお話しをうかがったのは、2003年2月22日。

師匠を追っかけた先が、たまたま伊那の地だったんですから、ご縁というのは不思議なものです。

それにしても3年たってもちぇりーさん、たいして成長していないことをまたまた痛感。

目の前のことをやり切っていない証拠かもしれません・・・涙

美樹様も、昨晩の”カンブリア宮殿”でアツク語られていました。

”今日の現実を変える勇気を持て!”

うんうん。

そんな中、今朝は再三お誘いを受けていた倫理法人会のモーニングセミナーに初めて参加してきます。

熱心に勧誘していただいたM社長さんの取り組みにも頭が下がります。

営業活動にも同じことが言えますが、勧めるにはまず自分が惚れ込むことですね。

M社長の行動からも気づきをいただきました。

せっかく参加させていただきますので、素敵なご縁があることを期待して。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-05-23 04:14 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 今年も発症!

やはり発症しました。

夏草アレルギーです。

ちぇりーさんではありません。

生意気娘なんです。

昨日お昼を挟んで、自宅から車で30分ほどのところにある”佐布里池”に遊びに行ってきたのですが、小1時間の散策でいきなりでした。

お昼ご飯を食べ終わった頃から、目の周りが赤くなり始め、気づけば白目も真っ赤っか!

相当痒いらしく、買い物に連れていくのは中止して、マンションに隔離する事に。

それにしても覿面ですね。

そういえばとカキコを振り返ってみると、まさに1年前同じネタを発信していました。

今日、ママさんが眼科に連れていってくれるようですが、夏草の花粉(娘の場合、ブタクサの花粉に反応するようです)が収まるまでは、格闘が続くようです。

それにしても辛そうだなあ・・・

ところで、このアレルギーって多すぎませんか?

そういうちぇりーさんも、スギ、ヒノキにやられっぱなしだったんですが、何か現代人の背後に大きな変化が潜んでいるような・・・大袈裟ですかね・・・

まあ、何れにしろ、うまく向き合っていくしかないですね。

新しい週が迎えられた事にも感謝して!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-05-22 04:52 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 自助・互助・公助

ホントに和民へ行ってきました。

2週連続です。

ビックリしたのは、旬のメニューが先週と変わっていたこと。

先週は中華特集ということで、紹興酒を楽しんだりしたんですが、昨日は何と名古屋特集!

味噌串カツは無難かなと食べてみましたが(これは値段も味も要研究だと思いました。今後に期待?・・・1本180円は割高です!)、白玉小倉あんピザは流石に躊躇しました(苦笑)。

グランドメニューが安定していますので大きな不満はないのですが・・・

名古屋メニューは奥が深いと実感。

あの和民でも、一朝一夕には真似出来ませんね。

さて、この家族5人で和民会の前に、ちぇりーさん、組合の地震防災セミナーに参加してきたのですが、意外に?気づきがありました。

ちぇりーさんの会社、プライバシーマークの取得目前なのですが、環境整備という意味では、緊急連絡網は整備しているものの、セミナーで啓蒙されていた、”防災マニュアル”を準備していませんでした。

県のHPから雛型はダウンロードできるようなのですが、防災訓練も開催したことがない事実を改めて認識。

学校や自治体では徹底されていると思うのですが、名の通った企業でも、防災訓練はテナントビル任せで、なかなか主体的に行われていないのではないでしょうか?

まあ、そもそもその前に、家庭の状況はどうなっているのか?

講師の方は、最低限3日分の飲料水と非常食は常備するようにと注意を促されていました。

なんでも、過去の事例から、東海・東南海・南海地震は連動して発生する可能性が非常に高く、発生時の最大の敵は広さにあるそうです。

要は、近隣の自治体や有志の方々の救援活動がしばらくは見込めないそうなんです。

何とか自力で3日は生き延びないといけないんですね。

あまり心配しすぎてもいけませんが、備えあれば憂いなし。

平素からのご近所さんとの交流も大切ですね。

そんな意味では、ちぇりーさん今朝は町内清掃に参加。

地道な活動ですが、いざという時は、近所で団結しないと・・・

治安維持も基本はこれかもしれませんね。

今後もできるところから実践です。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-05-21 18:40 | Comments(3)