自動車保険配布スキンパーツ1 <   2006年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

自動車保険配布スキンパーツ1 櫻満開

世間は今日からGW。

ちぇりーさんの会社も暦通りながら、今週末を終え、月火出勤していただくと5連休。

社員さんの皆さんにはリフレッシュしていただきたいですね。

はい、もちろんちぇりーさんもリフレッシュさせていただきます(笑)。

その第1弾というわけではないですが、今日は久しぶりに一日家族でお出かけしました!

メンバーは、爺チャン(娘からみてですが)、ママさん、娘、そしてちぇりーさんの4名。

いきあたりばったりでしたが、条件は高速道路を避けること。

予想通り?三河方面に車を進めることになりました。

勘八峡から足助に向けて矢作川を眺めながら、ほどなくZIZI工房に到着。

あら引きフランクと手作りパンをゲットして、奥三河の穴場段戸湖へ。

ピクニック気分で向かうはずが、寒い寒い!

おそらく気温は10度を割っていたのではないでしょうか?

標高900M超を侮ってはいけませんね。

湖の周りの櫻の木もしっかり蕾のままでした。

昨年の同じ時期は新緑で包まれていましたが、今年はまだまだ時間がかかりそうです。

さて、あまりの寒さに食べ終わったら速攻で移動。

ちぇりーさん、助手席でうたた寝をしていたら、

”馬だ!馬だ!”

の声で目を覚まし、ここは何処?と思いながらあたりを見まわすといましたいました。

ポニーですね。

早速車を降りてふれあいタイム!

d0004717_205547.jpg


ホント動物が好きなんだなあと、今更ながら娘のキャラにほのぼのした気分。

ちなみに場所はこんな所でした。

d0004717_2085795.jpg


みなさん、探してみてくださいね。

ところでもう一つビックリしたのが、ソメイヨシノが満開だったこと。

d0004717_20105810.jpg


奥三河はこれからが春本番なんですねえ。

帰路、孫世話に従事していたバアチャン(娘からみて)と妹夫婦のマンションで合流して、只今ちぇりーさんの自宅で山菜パーティーです。

やっぱり家族で団欒はこころが和みますね。

明日の日曜日は早朝事務処理後、ママさんと娘と一緒に小ユニットで行動しようかな?

予定では長浜でしたが、名神の渋滞情報も参考にして。

GW初日は、なかなか充実したスタートでした。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-04-29 20:16 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 捶丸

昨晩、日経のWEBサイトを覗いてみたらこんな記事が・・・

『ゴルフの元祖は中国の球技?・中国が主張 』

ネタ元は共同通信社のようですが、少し転載してみますと、

中国ゴルフ協会と故宮博物院などの研究チームは26日、12世紀の北宋時代に中国でゴルフの原型に当たる球技「捶丸」が始まっていたと発表、文献などに基づいて復元した木製クラブやボールを公開し、「捶丸がゴルフの元祖といえる」と主張している。

記事では、貴族階級を中心とした元代から明代にかけての様子や、清朝における衰退についても言及していました。

ゴルフの歴史といえば、夏坂健さんのエッセイですが、ちぇりーさん、このネタに憶えがあり、20冊を超える夏坂さんの蔵書(大袈裟な!・・・でも一応、文庫版のダブリは除いて、全て持ってるはずです!大好きですから・・・)を掘り返してみますと、ありましたありました(笑)!

“ゴルファーを笑え”・新潮社

14年前にゲットした本ですが、元はその1年前に週刊ゴルフダイジェストに連載されていました。

あの頃は、夏坂さんのエッセイを読むのがホント楽しみでしたね。

さてその夏坂さんの著作によると、なんでも12世紀どころか、西暦943年に刊行された南唐の史書の中に既に記載されているとあります。

今回の報道よりも古いということになりますね。

ちなみに「捶丸」は、“ツイワン”と読みます。

そして、明代には「丸経」というルールブックも発行され、

その中では、

「この競技は長い時間を一緒に過ごすため、お互いが礼節を重んじ、相手を思いやり、己の利になる振る舞いは厳重に慎め」とあり、さらに、「疑わしきときは、相手の場合は善意に解釈し、己の場合は不利を選択しろ」と命じている。

なんてことが、記載されているそうなんです。

夏坂さん、このエッセイでは、

“捶丸、ゴルフ、どちらであろうと、このゲームの根底に流れる思想だけは、太古の昔から凛として見事ではないか。改めてゴルフに乾杯だ!”

とまとめられています。

しかしながら、これって、今の中国の外交姿勢とはかけ離れた印象ですよね。

ちぇりーさん、中国人には悪い印象は持っていませんが(むしろ日中友好万歳を地でいっています・・・)、北京政府にはヘキヘキします。

日本のマスコミ報道にも問題があるのかもしれませんが、なんであんなに威張り腐るのか不思議です・・・

外交は戦争という解釈もあるようですが、それにしてもあの国はデタラメですよね!

どこが、礼節を重んじているのか・・・

まあ、批判見めいたことを書いても仕方ありませんので、これぐらいにしておきますが・・・

それにしても、久しぶりに夏坂ワールドに触れることができ、有意義でした。

でも、なんで今頃こんなネタが記事になったのか・・・

背後にある事情を勘ぐりたくもなりますね。

ちぇりーさん、早く師匠と大洗でラウンドできるよう、準備をしないと。

もちろん仕事も家庭も何もかも上手くいってのゴルフですから。

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-04-27 05:54 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 危機回避

おはようございます!

昨日、ちぇりーさんの会社の営業車のフロントガラスにヒビが入ったことが発覚!

対向車のダンプから石が飛んできたようです。

この車、同様のことが数ヶ月前にもあったばかり・・・

日頃お世話になっている近所の整備工場で緊急度の度合いを見ていただくことにしましたが、安全確保への出費はいたしかたありませんね。

それにしても、運転中は危険が一杯!

1年ほど前、ちぇりーさんも前方を走行しているダンプが住宅の廃材を満載していたので、危ないなあと思っていたら、突然ベニヤ板が宙を舞い、伸身の2回宙返り3回捻りを披露した後、ちぇりーさんの愛車のボンネットにハードランディングしてきたことがあったことを思い出しました。

もちろん着地失敗。おかげで、ボンネットは擦り傷を負ってしまいました。

大事に至らなかったのは幸いでしたが、運転中も危機回避を意識しないと・・・

だから運転嫌いなんですが・・・

危機回避といえば、人間関係も危険がイッパイ。

これについては、自ら危険を招いていることも多そうです。

軽率な行動、相手の立場をわきまえない発言、噂話・・・

そんな習性に戒めの警鐘を鳴らしてくれるのが、古典ともいえる?

デール・カーネギー”人を動かす”

原題は、”how to win friends and influence people”なので、邦題とは少しニュアンスが違うかもしれませんが、気づきの多い1冊でした。

実は、ちぇりーさんかなり前にブックオフでゲットしておきながら、長い間積ん読状態だったんです。

昨晩、ようやく読了しましたが、具体例がふんだんに紹介され、読みやすい本でした。

なんて言いながら読破するのに1週間ほどかかってしまいましたが・・・

同じシリーズの”道は開ける”をブックオフで発見したらゲットしようかと思っています。

それにしても、またまた最近読書のペースが落ちてきました・・・汗

花粉も落ち着いてきた事ですし、GWも控えている事ですし、仕事と同様、目標の見なおしと再設定に取り組まないと!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-04-26 05:00 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 責任と権限

昨晩、いつもより早めに帰宅したところ、ママさんがかなりの御怒りモード・・・

何かあったの?

と尋ねてみると、

学校が信じられない!

と返ってきました。

詳しく聞いてみると、なんとこんな話なんです。

娘の学校の対応のお粗末さについては、約1ヶ月前にカキコしましたが、実態はそんなレベルではありませんでした。

昨年の娘の担任は、結局出社できないほどの精神状態だったわけですが、

こんなことがあったそうなんです。

担任の先生が、黒板に赤いスプレー缶で、”バカ!”、”死ね!”という猥雑な言葉を書いて、子供たちには先生が書いた事を口止めしていたんだそうです。

ちぇりーさんの娘もしっかり口止めを守らされていました・・・

発覚したのは、昨日の授業参観の時、他のお母さんからの情報で、ママさん帰宅して娘に確認したところ、事実を確認。

他にも、切れると机を蹴りあげる、子供に手をあげる(ちぇりーさん、体罰を全面的に否定しているわけではないのですが、指導能力がない人間が手を上げることは学校が犯す犯罪です)等々、それはそれは酷い状況だったようです。

あるお母さんは、保護者面談で、”お宅のお子さんは、何を考えているのかわかりません”とも言われていたようで・・・悲しくなりますね・・・

まあ、当事者の担任の先生は実質心の病気だったのでしょう。

それを黙認し、放置する(絶対気づいていたはずです・・・)校長様は、先日カキコしたように紙っペラ1枚でお茶を濁す始末。

ちなみに、その校長様は、1年の任期を終え、4月から教育委員会?か何かしりませんが、ご栄転だそうで、現場にはもういません。

現在は後任の校長先生が、年度早々、動き回って保護者の理解していただくべく奮闘中とのことです。

幸い、新年度からの娘の担任は、大変まともな人物のようで、少し安心していますが、このように教育の現場の実態は、それはそれはお寒いもののようです。

ちぇりーさん、親として、娘の教育に関しては責任が当然ありますが、責任がある分、いや責任をもった行動をとるからこそ、親としての権限があると思っています。

しかしながら、学校教育の現場においては、現実的には先生方に委ねるしかありません。

終わってしまった事は戻せませんので、今後の学校の対応に注目していく。

これも自衛策ですね。

”責任なく権限に正統性はなく、権限なき責任にも正統性はない。”

という言葉を残したのは、GMのアルフレッド・スローンですが、

これはビジネスにも当てはまる事ですね。

地域共育という意味では、時間を割いて、もっと地域の大人として関わりを持たないといけないかもしれません。

ちぇりーさんの取り組みは、マンションの子供たちに挨拶するぐらいでしたので・・・

来月は運動会もあるようなので、それにはしっかり参加して。

朝から重いネタでしたが、ついつい・・・

とにかく、今日も、喜び・熱意・明るさ・笑いをお届けする幸せ配達人を目指して!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-04-25 04:56 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 CSRからCSMへ

おはようさんです!

本日も新しい朝を、そして新しい週を迎える事が出来ました!

感謝感謝、な~んて少々爺くさいかも。

でも、実質人生の半分を過ごしてしまったちぇりーさん、近頃身にしみて感じる事です。

”人生2度なし”ですから!

さて昨日は、前日に引き続き、日本青年会議所経営資質向上委員会の小委員会ということで、講師にNPO法人・三方よし研究所・岩根順子副理事長をお招きし、”近江商人の商いの心”と題して、ご講演いただきました。
☆講演の詳細は、二日連続で、ツイテル社長さんのブログをご参照下さい!

近江商人といえば、”三方よし”とくるのは、今では一般的だと思っていたのですが、そう言われるようになったのは、平成3年に開催されたあきんどフォーラム以降のことだそうで、ちょっぴり意外でした!

これ発見!

ちぇりーさん、この”三方よし”という言葉は、江戸時代あたりから使われていたかと勝手に思いこんでいました。もちろん、その理念は、実際脈々と受け継がれていたようですが・・・

我々、委員会ではCSRと日本企業の伝統的倫理観という切り口から、今回”近江商人”を取り上げているのですが、本日学んだことから、CSR(Responsibility)というよりもCSM(Mission)ですね。

”仕事をすることは神から与えられた『使命』である”と言う言葉を残したのは、マックスウェーバーだそうですが、日本人の場合、神というのは特定の宗教ではなく、八百万の神々に置きかえると解りやすいかも。

そして上記の事をよりわかりやすく捉えられるのが、下記の概念図。
☆NPO法人・三方よし研究所様のWEBサイトより転載致しました。

d0004717_44344.gif


”神”とかいうと怪しくなりますが(苦笑)、”世間”と考えれば、すーっと落ちてきませんか?

ちぇりーさんも、今一度、自分の”使命”を認識し、いかに楽しんで取り組めるかを工夫して前進したいと感じました!

よし、来週の日曜日は、体感目的も兼ね、家族で近江路を楽しんで来ようっと!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-04-24 04:14 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 まけへんで!

食中りなのか、胃腸風邪なのか不明だとのこと・・・

休日診療所での診断です。

ちぇりーさんが小委員会に参加している間、ママさんが娘を連れていってくれました。

朝方は38度前後あった熱も、おかげさまで落ち着いたようで、帰宅した頃には、”チャングム”のDVDを観ていました。
☆ひさしぶりにチャングムの映像を観ましたが、ホント綺麗な映像ですねえ。

この調子なら明日は登校できそうですね。

お騒がせいたしました。

さて昨日も少々カキコしましたが、西宮冷蔵の水谷洋一社長さんの講演は、パワーがありましたねえ。

話し方もまるで講談師のようで、楽しむ事ができました。

またそのキャラクターも強烈。

池野めだかさんそっくりのビジュアルもさることながら、”不正義に対する毅然とした姿勢”には圧倒されました。

何でも以前は代議士秘書も経験されていたとのこと。

講演の詳細は、ツイテル社長さんのブログでも紹介されていますので、是非是非!
☆目指せ、ランキング№1!

昨晩の懇親会では、同じ立場に立たされたとき、自分はどんな行動ができるのか?という話題で盛り上がりました。

現在、再建へ向け奮闘中の水谷社長さんですが、20名近くの社員さん路頭に迷われてしまった(表現はあまり良くありませんが、悪意はありませんので、ご容赦下さい!)ことも事実なので、何が正解なのか、考えさせられました。

これはリスク管理の範疇なのかもしれませんが・・・

いずれにしろ、物凄いパワーを授けていただいたことには変わりませんので、感謝感謝です。

そのおかげか、ちぇりーさんの花粉も治まる兆し?

油断大敵ですが、元気イッパイで新しい週を迎えられそうです!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-04-23 16:40 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 緊急事態

いやあ、びっくりしました!

着信時間は20時07分。

懇親会で盛り上がっていたちぇりーさんの携帯に飛び込んできたのは、

”大変だから、早く帰ってきて!”

というママさんからの悲痛な叫び。

娘がお腹が痛くてのたうちまわっているとの情報で、速攻で帰宅することに。

地下鉄と名鉄をダッシュで乗り継いで、なんとか21時前には、マンションへ到着。

帰路、携帯でママさんと連絡を取り合いましたが、症状から見て食中りの可能性?

盲腸か?とも想像していましたが、帰宅時には眠りこんでいました。

枕の横の洗面器とタオルが何とも痛々しい・・・

でも、とりあえず大したことないようで一安心。

ママさんも気疲れからか、オネムモード。

明朝様子をみようと、一足早く休んでもらう事に。

落ち着きを取り戻したちぇりーさん、今ようやくパソコンに向かって一日を振り返っています。

そうなんです、懇親会というのは、今年度出向させていただいている、日本青年会議所経営資質向上委員会だったんです。

今日は午後一から、八重桜が満開の大正浪漫漂う洋風建築・市政資料館前のウイルあいちにて開催された日本青年会議所経営資質向上委員会・4月委員会に参加してまいりました。

日本全国から約50名のメンバーが名古屋の地に参集したわけですが、CSRについて含蓄のある意見交換が飛び交い、充実した時間を過ごす事ができました。

特に、あの雪印食品を告発した、西宮冷蔵・水谷社長さんの力のこもった講演は、我々に勇気と元気を授けていただきました。

TOPの意思決定と判断力、実行力。

正義を全うする志。

大変感銘を受けました。

実は講演は2時間以上にわたり、聴く側もイッパイイッパイだったのですが、ご本人は、5時間でも足りないそうで、そのパワーに圧倒されました。

明日は、同じ会場で朝イチから小委員会。

家族のピンチとはいえ、懇親会の途中退席、柚木委員長はじめスタッフの皆さん、委員会メンバーのみなさん、特に2次会でお話したかったツイてる利一社長さんにはホント失礼をいたしました。

明朝の娘のコンディションを確認して、可能であれば小委員会に元気な顔で参加したいと存じます。

委員会メンバーの皆さん、錦の夜の水先案内人をまっとうできず、申し訳ありません。

娘よ、とにかく早くよくなっておくれ!

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2006-04-22 21:42 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 新作!

黄砂、まだまだ影響がありますねえ。

なんでも黄砂の粒子は、スギ花粉よりも細かいという話もあるようなので、そんなことを耳にするだけで、デリケートな?ちぇりーさん、鼻がムズムズしてきます。

黄砂が健康に及ぼす影響については、まだまだ研究が始まったばかりのようですが、花粉同様、ビジネスチャンスの臭いも?

いずれにしろ、こんな状況は早く終わっていただき、清々しい初夏の空気で深呼吸したいものです。

さて、300回を節目に、模様替えをしてみようかと、プレビュー画面でスキンの変更をいろいろ試してみたのですが、現状のスキンにすっかり愛着を持ってしまったようで、他のスキンではどうにも落ち着きませんでした。

引き続き、このジャーマンカラーでお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

そんな中、ジャケットだけは変更してみようかと、ちょっぴり悩んだ末、

“こんなんでましたけど~!”・・・イズミアツノ風・・・皆さん、覚えてますか~♪

はい、Donald Fagen新作“MORPH THE CAT”です。

ところが、ちぇりーさん、ネタ振りしながらも、まだ手に入れてないんですよ!

ムズムズが治まったら、花粉症の全快祝いにゲットしようかな?

The Nightflyにノックアウトされたのは確か高校一年生の時。

     Bridgestone Sound Highway! ベストヒットUSA!

     ♪Don’t worry,baby~♪

いやあ、一生懸命TVにかじりついていた時代ですねえ!

2枚目のKamakiriadは、確か、東京でサラリーマン生活をしていたときですね。

実は、こいつはあんまり思い入れがないんですよ。

そして、今回13年ぶり?新作

なんか巷の評判では、良いらしいじゃないですか~!

期待しましょう!

それにしても、途中steely dan名義の作品はあったものの、

およそ四半世紀で3作品という寡作ぶり。

でも良質の音楽は、時が経っても、色褪せないですよね。

まさに“as time goes by”ですね。

寡作ぶりといえば、ちぇりーさん、prefab sproutthe blue nileも大好きなんですよ。

この手がお好きな方、今度声掛け宜しくお願い申し上げます!

いやいや、すっかり音楽ネタでひとり盛り上がってしまったちぇりーさん。

たまにはこんなカキコも良いですかね。

こじつけですが、ちぇりーさんも、いつまでも色褪せないように、新鮮な気持ちで!

明日は、自分で言うのも何ですが、超ハードスケジュール。

心構えだけはしっかりと!

黄砂なんてぶっ飛ばせ!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-04-20 19:52 | Comments(0)

自動車保険配布スキンパーツ1 祝!300号!

第100号は、暑~い盛りの7月28日でした。

第200号は、冷え込み厳しい12月14日でした。

そして本日、春うららかな陽気に誘われながら、なんとか第300号をカキコしています。

・・・300号の頃には、3割バッターにはなっていなければと思うちぇりーさんです。・・・

200号を振り返ると、こんなことカキコしてますが、現実は3割どころか、体調不良で打席に入る回数も減っているのではないかと思われる状況。

キャンプの過ごし方が悪かったのか・・・?

WBCにうつつを抜かした代償なのか・・・??
※昨晩、WBCのWがスポンサーの名前(固有名詞)だって話を聞いたんですが、本当ですか?ご存じの方、情報お寄せ下さい。
 
イチロー選手のスランプとはレベルもその内容も全く違いますが(冷汗)、ギックリ腰に始まり、風邪、花粉症と体調不十分のまま今回の節目(昨日カキコした節目というのは300号という区切りのお話しでした)を迎えたのは否定できません。

そんな、ドヨヨ~ン・モードを断ち切るキッカケはやはり気づきなんだと感じます。

昨日も今月の“致知”の特集に触れましたが、“節を越える”には、平坦な道はありえないということですね(ちぇりーさんの場合、ちょっぴり大袈裟ですが・・・)。

“困難に直面し、身を切られるような思いに悩みつつ、勇気を鼓舞してやってきた。崩れそうになる自分を自分で叱りつつ、必死で頑張るうちに、知恵才覚というものが必ず、浮かんできた”

松下幸之助翁の言葉だそうです。

そのまんま実践するだけなのですが、実践できる人は・・・

“平坦な人生を歩んでいる人は一人もいない。”

藤尾社長(致知出版社)さんは結ばれていますが、節を越えたご褒美として見えてくるものがきっとあるはず!

そんな好奇心も抱きながら、楽しく節を越えていきたいものです。

次の節目は、残暑厳しき折か、はたまた秋風みにしみる頃か・・・

とにもかくにも、明るく楽しく元気よく!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-04-19 07:39 | Comments(2)

自動車保険配布スキンパーツ1 一陽来復

おはようさんです!

今朝、出勤前にTVをつけていたら、こんな言葉を紹介していました。

”一陽来復”

これは、『四書五経』の中の『易経』に出てくる言葉だそうで、なんでも『易経』では、全ての現象において、陽の気(=良い運気)が多くなったり少なくなったり、逆に見れば陰の気(=良くない運気)が少なくなったり多くなったりを繰り返している、と説明されているそうです。

バイオリズムみたいなものでしょうか?

そういえば、ずいぶん前に、神田昌典さんの”なぜ、春は来ない?”を入院中の先輩に、お見舞い代わりにプレゼントしたことを思い出しました。

丁度、今月の”致知”でも特集”節を越える”の中で、『易経』について触れられていましたね。

さて、その”一陽来復”ですが、

”段々と陽の気が少なくなって、ついには陽の気がなくなり陰の気ばかりになりました。でもその後、再び陽の気が復活してきました。これから陽の気がどんどん増えますよ”という感じなんだそうです。

ちぇりーさんも、先週は風邪に花粉と陰の気が漂っていたようですが、そろそろ陽の力が復活する頃合い?

と、古典を勉強したことがないくせに、勝手に決めつけていますが、陰も陽も受け入れて、その時流・環境に沿った行動を取りたいものです。

”時、処、位”

”天の時、地の利、人の和”な~んて言葉もありますが、

何れにしろ、自分らしく毎日を表現していきたいですね。

節目?を前にそんな気持ちで本日もスタート!

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2006-04-18 07:04 | Comments(2)