自動車保険配布スキンパーツ1 『意見と事実、そして真実』

昨日の今日でしたが、タイミングだったのですね。

今朝の私の履歴書、日本女子オープン初優勝のエピソードが紹介されていましたが、人間の記憶ってホント曖昧だということを裏付けられることに・・・(・。・;

12番パー3までは合っていましたが、セカンドショットは、ザックリではなくバンカーからのホームランだったんですね・・・<(_ _)>

そして今朝も懐かしいプレーヤーの名前が・・・

プレーオフを争った村井真由美選手・・・小さな体でしたが、この年は3勝と一番強い時期だったかもしれません。彼女は6年後に、女子オープンというビッグタイトルを手に入れます。

そして木村敏美選手・・・彼女のアイアンショットの切れ味は男子並みで痛快でしたよね!ツアー通算10勝という実力者。現在はペットショップの経営もされているようです。村上涼子さんを見るたびに木村プロの顔を想い出してしまいますが・・・自爆

d0004717_793885.jpg


☆こちらが木村敏美さん

d0004717_710014.jpg


☆こちらが村上涼子さん

d0004717_7101727.jpg


☆こちらが木村敏美さんのお仕事姿

d0004717_7104591.jpg


☆こちらが村上涼子さんのお仕事姿

おっと、またまた前ふりが長くなりそうですので、軌道修正を!

はい、昨日の朝ミーティング、流石に『推論のはしご』まで言及することはできませんでした。

まあ、30分という限られた条件の中で、お客様情報共有をメインにしていますので、昨日も勉強(研修)タイムに確保できたのは12~13分くらいでしたから・・・・

そんな中、ちぇりーさん、お客様情報共有タイムから、丁度よい題材を見つけましたので、『意見と事実』について的を絞ることにしました。

先ずは、ペアになっていただいて、『意見と事実』について、ディスカッションしていただき、各ペアから短時間で発表いただいたのですが、いやいや期待通りの内容で、進めやすかったですね!

2分ほどの持ち時間で社員さんから出てき内容はこんな感じです。

  □意見
  ・自分で思ったこと
  ・自分で考えたこと

  □事実
  ・本当のこと
  ・実際にあったこと
  ・出来たこと
  ・現実
  ・自分が見たこと
  ・見えているもの
  ・聞こえているもの
  ・真実


中には、こんなユニークな発想もありました。

  意見(思い)が、計画を立て実行することによって、実現し、それが事実となる

なんだか、勇ましくって、イイ感じですね!

d0004717_7112517.jpg


社員さんから意見が出尽くしたところで、ちぇりーさん、こんな感じで切り出してみました。

  会議中、自分の意見を発言したら、否定されたり、反応が芳しくない時って、不快な気分になるよね?

ほぼ、全員が頷いてくれました。

はい、ここで学びが生まれるんですよね。

そんな時、発言者は、何故、自分以外の皆は反応がイマイチなんだろうという、問いかけを自身の中で起こすこと!

ちぇりーさん、続いてこんな問いかけをしてみました。

  自分の見たことは幻覚ではないのか?

  自分が聞こえた音は幻聴ではないのか?

  自分がそう見てしまうだけのことではないのか?


社員さん、確かにそうかもしれないという反応を見せてくれましたが、実はちぇりーさんはじめ、多くの方々が、同じレベルで無意識にそのような捉え方をしているように感じます。

また一方で、

  そのような意見が出てくる背景は何か?

という受け止め側の姿勢も大切ですよね。

先週の研修会で、

  顧客価値を高めるために、対話のレベルを上げていこう!

という認識を共有できていたことも、社員さんの腑に落ちた要因だと考えられます。

そして、『事実と真実』の違いについて駆け足で・・・

ちぇりーさんがたとえ話に出したのは、地動説と天動説。

最近、報道が目立つ冤罪もこれにあたるかもしれません。

その大きな要因は、思い込みという厄介な概念。
☆冒頭のザックリも、ちぇりーさんの思い込みでしたから・・・(^_^;)

そこで、ようやく『推論のはしご』につながっていくわけですが、こちらについては、やはり朝ミーティングの限られた時間では、なかなか伝えるのが難しいかもしれません。

次回の社内研修会の予定は、6月21日(金)AMですが、前週末の土曜日には、伊那フォーラムにも参加予定ですので、平日ながら盛りだくさんの濃い内容になりそうですね。

はい、残りの人生9,794日目の本日も会話(雑談)力と対話力を高めながら、明るく愉しく元気よく、顔晴ってまいりましょう♪

ではでは!
[PR]

by cherrylayla | 2013-05-23 07:03 | Comments(0)

<< 大峯体験修行・・・準備編 会議のお作法 >>