自動車保険配布スキンパーツ1 湖東三山その2(百済寺~そば処藤村)

湖東三山の続きです。

金剛輪寺の美味しいよもぎ餅で精力をつけ、湖東三山のしんがりを務める釈迦山百済寺へ。

“くだらじ”ではなく、“ひゃくさいじ”と読むんだそうです。

こちらのお寺の歴史は古いですよ。

何と推古天皇の御代、聖徳太子の御願により百済人のために創建された古刹で、近江最古級1400年の歴史を誇ります。

そういえば、四天王寺も百済から招かれた金剛重光が中心となって建築されたんですよね。

これが、あの世界最古の企業、金剛組の出発点というのは有名な話ですよね。

百済寺が金剛組の手によるのか否かはわかりませんが、とにかく歴史あることには変わりありません。

凄いのは、本尊が聖徳太子自ら根の付いたままの巨木に刻まれたという十一面観音菩薩(全高3.2m)ということ。別名『植木観音さま』という名で崇められている秘仏なのですが、実は今回カキコしながら検索していたら、とんでもないことを知ることに。

何と5年前に開山1400年記念ということで、特別開帳されていたんだそうです。

しかも、湖東三山全ての秘仏が同時に御開帳という、あり得ない企画だったそうで・・・涙

ちぇりーさん、当時はまだまだ寺社仏閣巡りに興味を持つ前でしたから、仕方ないところですが、おそらく生きている間には二度とないイベントだったんだと思います。

無知って悲しいですねえ・・・

そんな古刹も比叡山に天台宗が開創されると、土地柄か天台の寺院となり、現在に至るようです。

救いは、今回、プチ特別公開ということで、大好きな如意輪観音半跏思惟像が拝観できたこと。しかも撮影オッケーということで、デジカメ、iPhone、3Gケータイの3機種でしっかり収めることができました(笑)。

その本堂は、西明寺、金剛輪寺とは異なり、土足のまま入ることができました。

この辺りが一味違うところなのでしょうね。

d0004717_7261311.jpg


☆一味違うといえば、本堂入口の脇に掲示された住職のメッセージも・・・”大騒ぎ”は笑えますね

何となく雰囲気が、那智山の青岸渡寺に似ているようでした。

d0004717_7303940.jpg


☆本堂横の千年菩提樹、信長の焼き討ちにも耐え、根っこが生きていて蘇生したというお話です・・・ホンマかいな・・・笑

それにしても境内は、紅葉というよりも新緑がお似合いといった印象でした。

d0004717_72557100.jpg


百済寺の紅葉といえば、境内隣接の喜見院が見事でしたね。

眺望も最高のパノラマ庭園は、圧巻でした!

d0004717_7311947.jpg


☆見事なコントラストで映える紅葉

さて、多賀大社にはじまり湖東三山を参詣し終え、予定通りランチタイムへ突入。

予め調べておいたそば処藤村さんへ向かいました。

d0004717_7314096.jpg


いやいや、ここ美味しいです!

久しぶりに旨いそばを楽しみました。

d0004717_7325494.jpg


☆ちぇりーさんは、ざるそばをいただきました!800円也〜、そば湯も最高でした♪

d0004717_7335791.jpg


☆ママさんは、きのこそば!1,000円也〜、一口いただくつもりが、一口ではすみませんでした・・・笑

ナビに頼らないと少々分かりづらいところにありますが、次から次へとお客様が訪れます。

また再訪したいと思わせてくれる名店ですね。

d0004717_732114.jpg


これも大収穫でした。

さて、美味しいお蕎麦で、再度精力をつけたところで、最終目的地へ向かうことに。

引っ張りますが、続きはまたまた次回以降ということで。
☆3回シリーズで終了しますので、ご安心ください。

ではでは。
[PR]

by cherrylayla | 2011-11-25 07:34 | Comments(0)

<< 湖東三山その3(永源寺~ヒトミ... 湖東三山その1(多賀大社~西明... >>